« 富士山すそ野一周ウォーキング2 | トップページ | 大石芳野著『「夜と霧」をこえて』 »

2014年11月23日 (日)

江戸城天守閣

420x280
280x420_2                 
                  昭和記念公園の銀杏並木

雑大で、太田道灌の子孫18代目の太田資暁(すけあき)氏の「江戸の成り立ちと江戸城再建」について聞いてきました。
ちなみに太田国交相も太田道灌の子孫だそうだ。
どこの国にも首都の象徴となる建築物があるので、東京にもと、オリンピック開催まで、江戸城の天守閣を再建して、世界中に認知される名所として観光客を呼び込もうというプロジェクトが太田さんたちのNPO主導で進んでいる。

太田道灌が江戸城を築城したのは1457年で、家康より150年も前だった。
3つの天守閣、家康1606年、秀忠1622年、家光1638年も明暦3年(1657)の振袖火事で焼け落ちる。
将軍家光、家綱の補佐役保科正之が財政困難故再建する必要なしと進言して今日に至った。これはとても賢明なことだった。今の日本も実は一千兆円を超す借金大国だ。1分間に6000万円も債務が膨れ上がっているそうだ。

その大きさであるが、5階建て(マンションでいえば20階建相当)で、高さ59mで銅瓦ぶき屋根で金のしゃちほこがあった。容積は姫路城の3倍だ。木造建築物としては世界最大級という。費用は350億円。柱には直径60㎝のヒノキが千本、壁や柱に杉1万本も使うという。
大阪城も名古屋城も市民の寄付で再建されたので江戸城も出来ないはずはないという。問題は5年かかるということと、五輪に向けてのインフラ整備で人材不足の上、建設費高騰が予想されて2020年までに間に合わないかもしれないということ。
ご先祖が強固な城をいくつも造った、そのご子孫の夢は大きく、熱意も並々ならぬものでした。
オリンピック開催同様賛否両論、様々な意見があるでしょう。姫路城より大きな城が東京駅のそばに出来たら観光名所になり、徳川家が造った江戸の象徴として親しんでいけるのでしょうか。

420x280_2
280x420_3                   メタセコイアと雄花でした

|

« 富士山すそ野一周ウォーキング2 | トップページ | 大石芳野著『「夜と霧」をこえて』 »

コメント

江戸城再建なんて考えてもみませんでした。
でも言われてみると、壮大な計画ですよね。
莫大な費用はかかるでしょうが
ノイシュヴァンシュタイン城が造った当時は無用の長物だったのが、今は世界での観光名所になっているように、造ってみる価値はあるかもしれない。
私は賛成!に一票です~

投稿: zooey | 2014年11月23日 (日) 18:25

★zooeyさま

そうそう、ノイシュヴァンシュタインはまさにそうですよね。かなりの観光収入源です。ルートヴィヒ2世があの世で笑っているような気がします。
太田氏はzooeyさまが賛成くださってきっと喜ばれるでしょう。オリンピックに間に合ったら経済効果が凄いでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月23日 (日) 19:19

こんばんは happy01
江戸城再建?そんな話が進められているのですか?!
・・・(-_-)ウーン...
オリンピックにしても賛成派と反対派どちらもいましたが、反対派の人はオリンピックが始まっても「反対」と言ってオリンピックに一切関心を持たないか・・・と言えばほとんど嘘になると思うのです。
江戸城再建に反対する人も、もし造ってしまえば、見に行く人も必ずいるでしょう。
要は『やったもの勝ち』だと思うのですよネェ!
問題はその数年後で、ブームが去った後は閑古鳥が鳴くようなものでは、造る意味もなくなりますし、造るのであればかつての東京タワーのようなシンボルになるよう努力してほしいですね。

投稿: 慕辺未行 | 2014年11月23日 (日) 22:20

★慕辺未行さま

おはようございます。
オリンピックのこと、まさにその通りですね。
私も反対だったのに、そのことを忘れてその風潮に乗っています。
江戸城再建もそうなのですね。
地方でもいろいろな物が建造され、閑古鳥が鳴いているのをずいぶん記事や映像で見ました。
それらの反省をこのところ何処でもするようになって慎重になったのではと思いたいです。
「おもてなし」の心と同じく、日本のシンボルとして建って欲しいし、つまらない建造物に終わって欲しくないです。
貴重なご意見ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月24日 (月) 08:25

おはようございます
 
まぁ 綺麗な銀杏の黄葉! shinediamondshine
すてきですね… 
 

江戸城の天守閣再建の計画があるのですか。
技術の結集のような木造建の天守閣、大好きで心惹かれますけれど、
その大きさやら使う資材の量、かかる費用、人手不足の建築業界と
東京オリンピックの準備との並行、などなど考えるとクラクラします。
問題がすべてクリアできるなら、再建も良いなぁと思いますが、
う~ん難しい。
日本人は結構お城好きですから、ほんとうに見応えと魅力あるものなら、
観光客はたくさんくるでしょうけれど。

投稿: ポージィ | 2014年11月24日 (月) 08:30

皇居にある天守閣の石垣を見て、いつかはここに
再建されるのではないかと思っていました。
何度も焼け落ちてしまいましたが・・・

しかし、姫路城より規模を大きくするとなると
あの石垣から作り直さないとだめですね。
あのままではお粗末すぎて・・・

投稿: matsubara | 2014年11月24日 (月) 13:11

★ポージィさま

銀杏並木は明治神宮外苑のところ以来です。
銀杏の葉が地面を覆い尽くしてもまだまだいっぱい葉をつけています。

人々の情熱は凄いですね。目の前にはだかるいくつもの難題を果たしてクリアできるのかと思ってしまいますが、いろいろなことを押し進めているようです。姫路城より凄いのが出来れば感動するでしょうね。
さあ、どうなるのか高みの見物者は楽しみです。
それにしても戦国時代、それ以前もいるでしょうが、徳川をはじめ有名な人たちの子孫がちゃんといるのですね。有名な老舗でもちゃんと何代目と称してつながっていっているのに感心します。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月24日 (月) 16:08

★matsubaraさま

本当におっしゃる通りです。
あの石垣の上には姫路城より大きいのは無理です。弘前城とかあちこちで見かける櫓くらいですよね。
あの面積で造るなら、世界に認知されるような名所やシンボルにもなりえません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月24日 (月) 16:12

個人的に再建賛成の者です。
江戸城天守再建は、先方の方も仰っている通り、造ったもの勝ちだと思います。
但し、現存天守台は高さは(地中に埋まってる分も入れると)往時より相当低いと思いますが、断面積も小さくなっているのでしょうか?
国の史跡なので、余程の理由が無くては、修理はともかく天守台の改造や造り直しは難しいと思います。

投稿: AIURA | 2015年2月28日 (土) 21:59

★AIURAさま

コメント有難うございました。
私は1昨年でしたか、初めて東御苑に行きまして天守閣跡を見ました。
とても面積が狭かったという印象でしたのでこんな大きなものが建つなんて信じられませんでした。
AIURAさまの御言葉で地中に埋まっている部分もあるということを知りました。
そうなんですね。政府にかけあうことを始めているようなのですが、難しい問題ですね。見守っていきたいですが、私自身、このお話を聞いたのに、オリンピックの頃まで忘れているか、この世からおさらばしているかです。

投稿: tona | 2015年2月28日 (土) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60699293

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城天守閣:

« 富士山すそ野一周ウォーキング2 | トップページ | 大石芳野著『「夜と霧」をこえて』 »