« 富士山すそ野一周ウォーキング3 | トップページ | 江戸城天守閣 »

2014年11月19日 (水)

富士山すそ野一周ウォーキング2

495x700_419x555_419x555

またまた富士山すそ野ウォーキングです。
2回目(忍野八海から山中湖村役場)は3回目の3日後の11月16日に催行されました。

富士急ハイランドを過ぎるとバスの右側席から見える富士山。北北東からの富士山は、右側にこぶがある。とはいえ東側から見えるのとは違いほぼ左右対称の美しい姿だ。420x280
    忍野八海から歩き始めたところから見える富士山。少し雲が出てきた。420x280_2
忍野八海と山中湖の間に横たわる樹林帯にはハリモミが多い。モミと違って葉の先を触ると針の先のように痛い。
アメリカの植物学者ヘンリー・ウィルソン(屋久島のウィルソン株で有名)が訪れ、その美しさを「天下一品」と称賛して世界に紹介したそうだ。しかし台風と環境の変化などで樹勢が衰えたため、植樹が行われ、小さな苗木がたくさん見えた。420x280_3
420x280_4
おやつの時間、近郊のお茶農家の方のお茶とお茶請け。親いも(やつがしら)が軟らかくもちもち、菜の花の漬物の味の良いこと、柿。どれも絶品で都会では味わえない。420x280_5
山中湖花の都公園に到着したら富士山に雲がかかって、その後見えなくなってしまったが、午後再び顔を出した。雲の動きが実に早いのに驚く.420x280_6
この日に一周を完歩する人をお祝いして記念撮影と、ガイドさんのオカリナの伴奏で『ふじの山』を合唱。まさに♪あたまを雲の上に出し・・・♪でした。420x280_7
                   園内の三蓮大水車420x280_8
溶岩樹型 1000年前の富士山噴火で形成された溶岩樹型が原形のまま観察できるゾーンがある。
溶岩樹型とは、溶岩が樹海や森林帯を流れ下ると、樹木が溶岩流中に閉じ込められ、木質部は消失するが、樹木の組織や外形が溶岩流中に印されたもの。420x280_9
420x280_10
外の花畑には今は花がない代わりに、温室の花が楽しめた。
          サイネリア、ベコニア、フォックス・フェイスが見える。420x280_11
                ストレプト・カーパスも見事420x280_12
                  サボテンコーナーが面白い280x420
420x280_13
420x280_14
420x280_15
420x280_16
                   パボニア(アオイ科)420x280_17
                エキスナンサス(イワタバコ科)420x273
昼食は例によって湖畔までバス移動して和定食をいただく。前回より食品が多くて美味しかった。420x280_18
午後は花の都公園から山中湖へ向かって桂川沿いを歩き、湖畔北側に到着、そこから神社や山中宿を巡った。
堀のように細い桂川は1級河川で富士山から流れ出る唯一の川だそうだ。細くても1級河川とは、1級河川の相模川の支流だからとか。支流は何百もあるそうで、知らなかったです。
山中湖の北側に到着した。420x280_19
山中諏訪神社:安産子授けの守護神。起原は崇神天皇の時だが、武田晴信が北条氏との合戦に際し、戦勝を祈り本殿を寄進した。420x280_20
          山中浅間神社 千年以上も昔から山中集落の氏神様420x280_21
    狛犬は3段階あってだんだん大きくなっていく。一番手前の小さな狛犬。420x280_22
          階段の両脇には下枝で作った鹿が鎮座している420x280_23
山中宿:湖畔から少し入ったところには旧国道があって、甲府から鎌倉までの道、旧鎌倉往還であった。山中はこの街道の宿場であり、関所(口止め番所)や道祖神や多くの馬頭観音など昔の名残が残されている。
       山中諏訪明神御旅所は山中諏訪神社からの神輿の宿泊所420x280_24
走る馬が浮き彫りになっている、全国的にも珍しい馬頭観音。この街道は荷馬車や荷駄を背負った馬が行き交った。各家には馬屋を設け大切に飼育されていた。愛馬を慰霊する馬頭観音が多いのもこのためだった。420x280_25
              16時30分の富士山 19833歩でした。420x265

|

« 富士山すそ野一周ウォーキング3 | トップページ | 江戸城天守閣 »

コメント

こんにちは
 
前回からわずか3日でとは、きつくはありませんでしたか?
この日は雲が多目だったご様子ですが、それでもまずまず。
富士山も出たり引っ込んだり色々な表情を見せてくれましたね。
地元農家の方のお茶とお茶受けのサービスがあったとは嬉しいですね。
素朴なお料理と旬の柿がとても美味しそうです。
 

花の都公園へは約5年半前に行きました。クックとの最後の旅。
懐かしくって、PCの中のアルバムを久し振りに見てきました。


山中浅間神社のいちばん小さな狛犬はまさに犬という姿ですね。
狛犬の大元は獅子(ライオン)らしいですが。
すっかり苔むして、彫りも浅めになり長い年月の経過を感じます。
馬頭観音には、馬が暮らしに欠かせない動物で、大いにお世話に
なっていたことが伺えるのですね。
同時にここにもアジアからの文化の流れと変化を感じます。

投稿: ポージィ | 2014年11月19日 (水) 10:41

★ポージィさま

こんにちは。
3日後というのはちょっと抵抗がありましたが、元気に歩けました。気候が寒いというのがいいですね。
ただ晴れているのと違った富士山、これが普通だそうです。気温が上がるにつれて必ず雲が出るそうで夕方になると冷えてまたきれいに望めるのですって。
お腹が空きだしたし、空気もいいし、素材が良いのと料理が上手と揃って、美味しかったです。テレビでレポーターが食べていて美味しいの連発もわかります。
クックちゃんとの思い出の花の都公園ですね。クックちゃんどうしているかしら。私も10年くらい前の夏に行ったときはお花がきれいでした。
ここ山中にも街道があって宿場があったなんて知りませんでした。溶岩の石垣やイチイの生垣なども当時の名残だそうです。随分賑わっていたのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月19日 (水) 11:15

こんばんは happy01
先回からわずか3日後、再び2万歩近く歩かれたのですね。
素晴らしい健脚でちょっと驚きました。
最初の写真の富士山、ほぼ左右対称で本当に綺麗ですね。
これほど美しい山、世界中探しても富士山しかないでしょう!日本の誇りですネ!
ハリモミの木は初めて知りました。
そして溶岩樹型、溶岩でこのようなものができるのですね。
温室の中、いろんな多肉植物の花が咲いていますね。どれも可愛らしく、見方によっては海の中の生き物のよう・・・!
山中湖近くにそのような由緒ある神社や関所があるとは、意外でした。
今回も写真と記事を拝見し、自分も行ったつもりのバーチャルウォーキング、楽しませていただきました。
ありがとうございました。

投稿: 慕辺未行 | 2014年11月19日 (水) 22:21

おはようございます
風邪でブログ休んでるときコメントいただきありがとうございました

富士山がきれいですね
花の都公園には花がいろいろあるようです
サボテンコーナーが面白いようです
黄色い花がきれいですね

投稿: たなちゃん | 2014年11月20日 (木) 07:12

★慕辺未行さま

おはようございます。
今日はとうとう曇ってしまいました。
晴が続いた間に2回も続いて歩き、お陰様で富士山を眺めて来れました。形が優美ですね!
そしてこれまたお陰様で2万歩なら疲れませんので調子がよくなってきました。
ハリモミも溶岩樹型も初めて知りました。溶岩が木を倒し、入り込んで中に閉じこもって組織だけを残すなんて驚きました。
そう、サボテンの花はイソギンチャクのような感じです。花の付き方にはいつも感心しています。
山中湖に宿場があったなんてびっくりですね。当然関所もあったのですね。
こちらこそ楽しい感想をいただきありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月20日 (木) 08:31

★たなちゃんさま

ひどい風邪を引かれましたね。まだ本調子になれないとのこと、どうぞお大事になさってください。
花の都公園は春から秋にかけて次々とお花が咲きますね。雄大な富士山を仰いで素敵な所です。今は温室で楽しむのですね。
サボテンといえば伊豆のサボテン公園にもう一度行きたくなりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月20日 (木) 08:35

この日は私も我が家近くのハイキングを楽しみましたが・・・
朝我が家から見えていた富士山は、歩きだした9時過ぎにはもう雲の中でした。

現地では雲の動きが早いものの、色々な姿の富士山が楽しめたのですね。
3日後の富士山裾野ウォークとは!
そのお元気さに感心いたしますが、tonaさんは日ごろの行いが良いと見えて「晴れ女」なのですね。

山中湖からも鎌倉参りが行われ、宿場町があったとは知りませんでした。
馬頭観音は歴史のある山道で出会うことがありますが、馬の姿がリアルに彫られているのは初めて観ました。

投稿: nao♪ | 2014年11月23日 (日) 06:59

★nao♪さま

同じ日の朝の富士山は、nao♪さんの家の近くからはそんな具合だったのですね。花の都公園で雲がかかったのは11時近くでした。
1日中富士山を追ってみると雲のかかり具合や色などが変わって面白かったです。
このウォークは意外とスピードがあるのです。グダグダ歩いていると疲れますが、この歩調は疲れないです。
このところ天気の良し悪しは半々くらいですが、たまたまこのところ恵まれてラッキーでした。春から後はなかなか恵まれないようです。
私もこの地に鎌倉往還があったなんて知りませんでした。馬頭観音などに当時の面影を見て偲ぶことができました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月23日 (日) 08:26

本当に素晴らしい健脚ですね。
沢山の綺麗な写真をありがとうございます。
富士山裾野ウォークという、そういったツアーがあるのでしょうか?
オヤツや昼食もセットになっているのでしょうか?
参加者の平均年齢はどんな感じなのでしょうか?

投稿: zooey | 2014年11月23日 (日) 09:10

★富士山裾野ウォークは
クラブツーリズム
トラピックス(阪急交通社)
サンケイリビング
などがやっているようです。
私はクラブツーリズムの17回で回るのを選びました。他社の12回コースは1回が12km、17回コースは8kmなので楽で私向きです。
おやつは今回だけでしょうけれども、1回目のお試しは昼食がありませんでしたが、2回目から昼食と温泉つきです。冬は汗をかきませんが、疲れが取れるので温泉はとても良いみたいです。
参加者は今回は50代、60代が多いみたいでした。私のような70代も少しいましたよ。
お天気が良いととても素晴らしい裾野です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月23日 (日) 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60677192

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山すそ野一周ウォーキング2:

« 富士山すそ野一周ウォーキング3 | トップページ | 江戸城天守閣 »