« ワインにご飯 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング3 »

2014年11月12日 (水)

神戸岩(かのといわ)

ずっと不思議に思って気になっていることがあります。
よく前を通る家なのですが、今まで一度も雨戸が開けられているのを見たことがありません。
しかし、奥さんらしき人を昼間数回見かけています。車も自転車もあり、ゴミも見かけました。
毎年同じで、沢山のプランターに春はパンジー(種から)、夏はケイトウ(種から)、秋は菊が植えられていて水やりなどをしているのも見ました。
一度夜通ったら、雨戸のかかってない上の窓(何て言うのか?昔この窓から我が家に泥棒が入った)から明かりが漏れていなかったし、真夏もクーラーの音がしなかった???

他に変わっていると思った家は、北側の玄関の他は、2階の南1か所だけ窓があるけど(それも高い塀のようなので隠されていてほとんど存在がわからない)、あとは一つも窓のない家があります。換気されないし、電気つけっぱなしか。
又、寒い日でも雨の日でも、ずっと窓を開けはなしている家など世の中には不思議な家があるものです。

         ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。
武蔵五日市駅からバスで30分以上行った、払沢の滝のさらに奥に神戸岩(かのといわ)があります。
北秋川の支流の神戸川に発達した峡谷で、長さ60m、谷底幅4m、高さは西100m、東80mという大岩壁で天然記念物です。
楽しかったのはロープに掴まりながらへつりを60m歩いたこと。とても幅が狭いところがあってスリルがあって面白い。水流の激しい谷底に落ちたら大変だからちょっと緊張したけれども、この緊張感がたまりません。

600x400_420x280
                     人が小さく見える280x420_3
420x280
420x280_2
                     シラヤマギク420x280_3
420x280_4
                       キノコ420x357
420x299
前に見た実なのに忘れた。ベニシタンと教えていただきました。アザミの歌さんありがとうございました。420x280_5
            バス停付近の家のネリネ(ダイヤモンドリリー)280x420_2
420x280_6
                  河原で楽しそうな人々Photo

|

« ワインにご飯 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング3 »

コメント

こんばんは happy01
世の中いろんな人々がいますね。
ずっと雨戸を閉めっぱなしとか、窓がない家に暮らしているなんて、信じられません。
神戸岩へと続く峡谷、スリルがあって楽しそうですね。
こういうところ、以前の私なら大喜びで出かけたことでしょう。

投稿: 慕辺未行 | 2014年11月12日 (水) 22:29

★慕辺未行さま

おはようございますsun
本当に自分の基準価値ととんでもなく違った人がいるものです。どんな人なのでしょうと気になりました。
こんな川に面したへりを伝っていくのは初めてです。高所も好きですが、こういうところもなかなか面白いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月13日 (木) 06:22

何だか怪しそうな家ですが、犯罪とは無関係
なのですね~

加古川にいたころ、子がオーム真理教で逮捕された
家は、ずっと雨戸が閉じられていたことが
ありました。東大生だった気の毒なT君
です。思い出してしまいました。

赤い実の植物は私も過去にアップして名前を
調べましたのに忘れています。ブログを
検索しても出てこなかったです。
旅先で撮ったのですが・・・

投稿: matsubara | 2014年11月13日 (木) 08:42

こんにちは
 

色々な暮らし方があるものですね。わが家にも一部開かずの雨戸が
あります。そのほかに、季節によって冷暖房効率を考えて
雨戸を半分しか開けないこともあったり。
でも、やっぱり開けないときというのは穴倉に篭っているような
気分になってしまいます。窓がひとつもないのは耐えられないかも。
最初に登場のお宅は、空き家だけれど無用心にならないよう、
こまめに通って花を咲かせたりされているのかもしれませんね。
 

神戸岩 見事な岩壁ですね! うふふ ロープにつかまっての
へつり歩きにワクワクされたのですね。tonaさんはスリルを
怖がらずに楽しまれるタイプでいらっしゃいますね♪
水といい植物たちといい、山の恵がたっぷり。素適な場所を見せていただきました。
びっしりの赤い実は、もしやコケモモでは?

投稿: ポージィ | 2014年11月13日 (木) 09:45

物語を感じる家ってありますね。
散歩の楽しみの一つです。

投稿: 佐平次 | 2014年11月13日 (木) 10:55

★matsubaraさま

なるほど犯罪者が出た家などはそういうことがあるのですね。
今日帰り夜7時ごろ通りましたら、玄関と玄関内だけ電気がついていました。
何だかよくわからない家でいかにも謎めいています。
イギリスみたいな外国の本を読むとしめっきりというのがありますよね。それは大きなお屋敷だからですが、こんな日本の小さな家ですからへんです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月13日 (木) 20:51

★ポージィさま

こんばんは。
さっき7時ごろ帰ってきたときに玄関の外灯と玄関に電気が付いていましたがあとは真っ暗です。人がいないのでしょうね。
ポージィさんのおっしゃるようにどこかに家があるのでしょう。用心のためなのですね、きっと。
私も明るくないと耐えられないです。老眼のためよけいです。外から見えないところはレースのカーテンも開けてしまいます。

まだこの年になってもへつり歩き楽しいです。10数人いましたが3人だけでした。
コケモモにそっくりですね。コケモモって亜高山帯より上にはえていると思っていましたので思い付きませんでした。
いろいろありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月13日 (木) 21:01

★佐平次さま

こんばんは。
そちらにも物語を感じる家があることでしょうね。
自分の常識を疑ってしまうこともありますが、でも自分は普通だと思っていますので、私と少し異なる家や人は面白く思ったり不思議に思ったりします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月13日 (木) 21:04

世の中、色々な家があるものですね。
犬を飼うと、その散歩に付き合って
自分だけだったら絶対歩かないような所も結構歩きます。
自分が住んでいる地域にも思わぬ発見があって
驚いたりします。
問題は、不可思議なことを見つけても
どうして?と問いただせないことですね。
妄想だけがどんどん膨らんでいきます。

投稿: zooey | 2014年11月14日 (金) 11:27

★zooeyさま

そちらでもそれはそれで色々な家があるでしょうね。発見の連続でしょう。
私も小さいころから随分見たように思います。
>どうして?と問いただせないことですね
そうそう、そうですよ。
知っている人の間柄でもそうですよね。
本当は知りたいけれどもあまりにぶしつけで質問できないことが多くありませんか。
今ももう二度と会えない人に聞いておけばよかったということがあって、いまだに悔やまれます。ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年11月14日 (金) 12:57

こんばんは。
ちょっと都合でご無沙汰でした。
色々なお宅がありますよね。
我が家の近くでも家が傷むと言って雨戸を閉めているお宅もあったり、留守の時にだけ閉めると分かるので普段から閉めているというお宅があったりで色々ですね。

ちなみに赤い実はベニシタンだと思いますがいかがでしょう。

投稿: アザミの歌 | 2014年11月14日 (金) 22:34

★アザミの歌さま

おはようございます。
今日で3日間晴天続きで昨日から前の畑にうっすらと霜が降り、植木鉢を洗って室内に入れ始めました。

ベニシタンをありがとうございました。
知ったのは随分前で、もうすっかり忘れていました。近所にはありませんので花は見たことがないかもしれません。高山のコケモモに似ていますね。
またこれからもよろしくお願いいたします。

そういえば、実家の隣の家は室内が日に当たると褪せるといって北側以外は雨戸を閉めっぱなしにしていました。そんなに大切にしたのに、15年くらいで事情があって壊されてしまいました。
2例目、考え方が面白いですが、生活を楽しんでなくて、暗い日常ですね。全くこれほどにいろいろな人が日本だけでなく世界にいるわけで、自分の物差しだけで見てはいけないことです。

投稿: tona | 2014年11月15日 (土) 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60640884

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸岩(かのといわ):

« ワインにご飯 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング3 »