« 大石芳野著『「夜と霧」をこえて』 | トップページ | ホンダ N360 »

2014年11月30日 (日)

天城踊り子歩道と河津七滝ウォーク

昨日13㎞23286歩、歩きました。
天城は紅葉真っ盛りで落ち葉の絨毯が続き、それは見事だったのですが、土砂降りの中を歩き、午後2時ごろ七滝に着いた頃晴れてきました。
ぬれ落ち葉を見ると圧倒的に黄色系のモミジが多いのに驚きました。
大正7年ごろ伊豆を旅した川端康成は、そこで出会った旅芸人一座の踊子との哀歓を元に『伊豆の踊子』を著した。
川端作品の中で最も人気が高く、6本の映画の他、テレビ、舞台、アニメにもなっている。私は百恵ちゃんのを鑑賞。

450x300
                                         伊豆の踊子記念碑420x323
                                 旧天城トンネル(重要文化財) 
主人公はトンネルのそばの茶屋で踊子と出会った。往時の旅芸人はこんな不便な山の中も巡っていたのだ。
このトンネルは明治38年に開通し、北伊豆と南伊豆との距離は短縮し、難所の天城越えは解消した。455mで10分かからないで歩けた。420x280
トンネル付近の二階滝(にかいだる)と界隈の紅葉。河津辺りでは「滝」を「だる」と読む。280x420
420x280_13
420x280_14
420x280_15
10㎞近く踊り子歩道を歩いて、河津七滝ハイキングコースに到着。一番下にある7番目の「大滝」は道が台風?で崩れて行かれなくなり復旧もされない。
ここの滝のそばの岩を見ると殆ど六角形の柱状節理からなっている。420x280_2
5分おきに滝が現れる。小ぶりの滝だが、雨が降った後なので川も滝もゴーゴーと豪快。

                  ①釜滝(岩肌が釜の底のようだという)・落差22m/幅2m280x420_2
②エビ滝(滝壺がエビの甲羅のように見えるそうだ)・落差5m/幅3m420x280_3
      ③蛇滝(滝の周りの玄武岩が蛇の鱗に似る)・落差3m/幅2m420x280_4
                                 ④初景滝・落差10m/幅7m420x280_6
420x280_7
           この岩に願い石を投げると願いが叶うという420x280_8
280x420_6
                       踊子像280x420_4
            水車の発電、公共のトイレに使われる280x420_5
                 ⑤かに滝・落差2m/幅1m420x280_9
  ⑥出合滝(支流の合流点の滝で、ここから河津川になる)・落差2m/幅2m420x280_10
                 沼津あたりからの富士山420x280_11
           沼津から御殿場にかけての東名からの富士山420x280_12

|

« 大石芳野著『「夜と霧」をこえて』 | トップページ | ホンダ N360 »

コメント

こんばんは happy01
踊り子歩道と言うのがあるのですか?
旧・天城トンネルは私も訪れたことはありますが、中を歩いたことはありません。
河津七滝も付近を走り抜けただけでした。
初めて七つの滝、拝見し、名前がどれもユニークで面白いですね。まさか、このような名前がついていようとは?!
『伊豆の踊子』、私も山口百恵さんのは見たような気がします。
それ以前のものも、素晴らしい女優・俳優さんたちばかりが演じていらっしゃいますね。
今回も2万歩以上歩かれたそうで、お疲れ様でした。

投稿: 慕辺未行 | 2014年11月30日 (日) 21:55

★慕辺未行さま

こんばんは。
早速にコメント有難うございます。
小説にちなんで、実際に川端康成が歩いた山道を踊り子歩道と付けたのですね。
トンネルからは下るだけですよ。
慕辺未行さまも旧天城隧道をご覧になっているのですね。そして河津七滝のあたりも通られたのですね。
カニ・エビ・ヘビと動物の名前が付いていて面白いです。
この主人公は川端康成その人だそうですが、夫の弟嫁の親戚ですので、ノーベル文学賞受賞前に結婚式でお会いしました。主人公に若い日を重ね合わせました。
歩くようになって元気になったような気がします。

投稿: tona | 2014年11月30日 (日) 22:18

おはようございます
土曜はお昼を挟んだくらいの時間帯に、強く降りましたね。
昼下がりには止んで日が差してきたのも同じでした。
伊豆の山中では土砂降りでしたか。大変な中、昔の人たちが
歩いた道を歩かれたのですね。
大変な山道ながら、幾つもの滝が目を楽しませ、かっては
喉を潤してもくれたのかもしれませんね。
伊豆の踊り子がこんなに何度も映画化されたとは知りませんでした。
百恵ちゃんのも観てはいないのです。
tonaさんのレポートを拝見しながら、映画も観てみたくなりました。

投稿: ポージィ | 2014年12月 1日 (月) 09:39

いぜんはよくドライブしたのになあ。
もう10年以上ごぶさたの伊豆です。
よく歩きましたね。

投稿: 佐平次 | 2014年12月 1日 (月) 11:00

★ポージィさま

こんにちは。
土砂降りで、ゴアテックスのカッパもそしてザックカバーも効き目がないほど中まで濡れていて驚きました。久しぶりのカッパ、防水機能もなくなっていたかもしれません。
昔の人こそ、今のような便利な物もなかった時代、大変でしたね。山道ですからよけいです。履物も悪く足が痛くなったでしょう。
初景滝のところに山からの水が飲めるところがあって、皆さん飲んでいました。旅人がホッとしたことでしょうね。
映画は今度は美空ひばりのを観てみたいです。
有難うございました。

投稿: tona | 2014年12月 1日 (月) 16:18

★佐平次さま

何故か、伊豆で佐平次さんも車でこの辺にドライブに簡単に来られたのではと思ったんですよ。やはりそうでしたか。
小さな半島のように見えて、実際には結構奥深く、富士吉田より時間がかかったのには改めて驚きました。地図で眺めますと天城峠は殆ど石廊崎の方に近いのですものね。
有難うございました。

投稿: tona | 2014年12月 1日 (月) 16:23

私も見たのは百恵ちゃんのものだったと思います。
天城峠は、もう50年も前の学生時代にワンゲルから
行きました。女子だけで計画を立てました。
男子はあまり興味がなさそうでしたので・・・
でもあの頃はあまり写真もなくて記憶も薄れています。
こちらで詳しく拝見できてよかったです。

投稿: matsubara | 2014年12月 1日 (月) 17:25

絶景どころを歩かれて来たのですね。
伊豆の踊子の銅像や願い石
他にも素晴らしい数々の滝と
富士山の美しい事ったら…思わずため息でした。
美しい紅葉を眺めながらのウォークでしたね。


投稿: pochiko | 2014年12月 1日 (月) 23:44

★matsubaraさま

ワンゲルでは随分あちこち行かれているのですね。青春時代の貴重な思い出が山で羨ましいです。
私は北海道や九州旅行以外は殆どアルバイトの家庭教師で明け暮れしていました。
昔は写真が殆どありませんでしたね。
今は過剰なくらいにあり、デジカメになってからアルバムはありません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年12月 2日 (火) 08:17

★pochikoさま

かつて湘南地方に住んでいましたので、箱根や伊豆は近かったです。
でもこの天城越えコースは歩いていませんでした。紅葉が雨さえ降らなければ、会津のようにとても綺麗だったのですが、思い立っていく所ではないので仕方ありませんでした。
この方面から見る富士山はとても恰好がよいです。
有難うございました。

投稿: tona | 2014年12月 2日 (火) 08:21

河津七滝ウォーキングで13KM 23286歩とは凄いです。
私などにとっては気絶しそうな数字。
滝にもいろいろあって面白そう。5分おきに
滝が現れるのですか?
それぞれの滝にぴったりのネーミングが?
滝三昧とは羨ましい限りです。

投稿: 茂彦 | 2014年12月 8日 (月) 15:46

★茂彦さま

気絶ですか。まさかです。よく歩いておられるでしょう。
茂彦さんが行かれた浄蓮の滝は七滝と割合近いらしいです。
天城山から流れ出る水はこんなにたくさんの滝となっているのですね。
伊豆は見どころ一杯で楽しい半島です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年12月 8日 (月) 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60738867

この記事へのトラックバック一覧です: 天城踊り子歩道と河津七滝ウォーク:

« 大石芳野著『「夜と霧」をこえて』 | トップページ | ホンダ N360 »