« 天城踊り子歩道と河津七滝ウォーク | トップページ | ムクノキ 皇帝ダリア »

2014年12月 3日 (水)

ホンダ N360

昭和記念公園で懐かしい車に出会いました。「昭和の時代展」です。全部ピカピカ。25_420x280
                  コマーシャルが印象的だったダットサン210(1958年)24210_1958_420x280
我が家の最初の車 ホンダN360(1969年)色は赤だったような。いきなり車庫入れでミラーを門柱にぶつけた記憶が蘇ってきました。263601969_420x280_2
            次はマツダのファミリア(1967年)でした271967_420x280
それ以降はずっとトヨタのカリーナでした。最初のうちはクーラーがなかったので、特に転勤先の北九州での夏はサウナに入りっぱなしのような暑さでへとへとのなりましたね。
車の値段も何も覚えていません。

この公園では下枝で作った芸術作品がいつも展示されています。今年は水車でした。よく出来ています。28_420x280

|

« 天城踊り子歩道と河津七滝ウォーク | トップページ | ムクノキ 皇帝ダリア »

コメント

懐かしい車ばかりですね~
ピカピカとは凄いです。

我が家はわが系列会社の車以外は乗っていませんでした。
45年前のギャランに始まりコルトばかりでした。
最近はメーカーを変えたことで、元会社仲間から
裏切り者と言われてしまいました。
たまにはよそにも乗って見たくて・・・

投稿: matsubara | 2014年12月 3日 (水) 19:06

★matsubaraさま

全部ピカピカで古い車には見えませんでした。
でも型などがとても懐かしい古さで思わず駆け寄ってしまいました。
ギャランも同じころに出ましたね。懐かしいです。
ふふふ、よその車に変えたら裏切り者ですか。厳しい言葉です。
いろいろな車に乗せてもらいましたが、ジープが印象的です。ただ寒そうなオープンカーには縁がありませんでした。

投稿: tona | 2014年12月 3日 (水) 20:20

昭和記念公園ではこのような催しもやるのですか?
懐かしい車が並びましたね。
弟が車狂で、真っ赤ないすずベレットに憧れていたのを覚えています。
tonaさん宅は真っ赤な「ホンダN360」でしたか・・・
かっこいいわ!!

我が家は主人の姉の連れ合いが日産勤めでしたから、結婚後はブルーバード一筋でした。
違う会社の車を買った姪は、主人の父に「我が家の駐車場は使わせない」と言われたくらいです。

それが同居していた長男の孫がトヨタ系の会社勤めになった途端どこの車でもよくなり、我が家もカローラからマーク2になり、今はマークXです。
でも・・・
主人が亡くなり私だけが使うには大きすぎで不経済!
買い物や病院通いに使うなら軽でも良いかな~?と思っている所です。

投稿: nao♪ | 2014年12月 3日 (水) 21:41

こんばんは happy01
子供のころに見たことがあるような車です。
こうして改めて拝見しますと、デザインがカッコいいですね。
今の時代、逆にこのような車がウケるかもしれません。
それにしても、ミラーの形が懐かしいですね。

投稿: 慕辺未行 | 2014年12月 3日 (水) 22:00

★nao♪さま

色々ならんでいましたが、自分たちに最初に買ったコーナーあたりを眺めて懐かしさに浸りました。
いすずベレットの名前も懐かしいですね。
御親戚に日産にお勤めの方がおられればそこのを買うのが当然ですね。親戚に銀行員がいれば、そこに預金など協力しなくてはならないのと同じです。
姪御さんはよほど他社の車が気に入ってしまったのでしょうかね。車庫使用禁止とは思いがけないことでしたでしょう。微笑ましくもあります。
nao♪さんは大きな車を運転されているのですね。小さな車に変えるのもいいかもしれませんね。

投稿: tona | 2014年12月 4日 (木) 08:04

★慕辺未行さま

おはようございます。
あの頃のデザイン、今になると恰好いいと思われますか。
これらの車を小さいころご覧になったでしょうね。ようやく庶民に車が手に入るようになった頃でした。
ホント、ミラーを見ますと形が骨董品のようです!

投稿: tona | 2014年12月 4日 (木) 08:09

おはようございます
 

懐かしの車がずらりと並んだのですね。
レトロなデザインが味わいあってステキだなって思います。
tonaさんのお宅の初代の車、可愛いです!
このデザインで真っ赤な車で走られたのですね。
性能的にも安全性でも、技術は比べ物にならないほど
発達をとげたのだと思いますが、デザインは昔の車の方が
好きだなぁと思っています。
 
ちなみにわが家は、結婚前の夫がトヨタ・トヨタ、私がスズキ、
結婚後初がホンダ・ニッサン・ホンダ、春に買い替えた現在のもホンダ。
一台もいわゆるセダン型といわれる形がありません。
 

車は鉄の芸術 ラストは自然素材の芸術 ですね。

投稿: ポージィ | 2014年12月 4日 (木) 09:14

我が家もホンダが最初の車、ただし中古でしたが。

投稿: 佐平次 | 2014年12月 4日 (木) 11:34

★ポージィさま

こんにちは。
お忙しいのにありがとうございます。
新車の展示は縁がなくなりましたが、レトロなのはいいものですね。
最初のホンダはとても小さかったです。それなのにぶつけるなんて、運動神経がよくありません。
デザインはどれも大衆車初期のものです。
ただただ懐かしいです。
ご夫婦それぞれで、そして結婚されてたくさんの車を運転されたのですね。セダン型なしですか。たくさんの荷物が積み込めませんものね。
まだまだこれから楽しめますね。いいです!

投稿: tona | 2014年12月 4日 (木) 13:01

★佐平次さま

同じだったのですね。
小さいのであまり遠出はできませんでしたよ。

投稿: tona | 2014年12月 4日 (木) 13:03

車オタクにはたまらない光景でしょうね。
我家は夫の趣味でBMWに乗っていますが
帰省した時にたまに乗る日本のメーカーの方が
ナビがずっと優れものなのです。
海外は道がシンプルだから
ナビがあんまり発達していないのでしょうか。
方向音痴の私にはつらいものがあります。

投稿: zooey | 2014年12月 5日 (金) 21:17

★zooeyさま

おはようございます。寒いですね。
zooeyさまは方向音痴なのですか。意外です。
BMWはエンジンが優れものでしょう。
ミュンヘンでは見ませんでしたが、本社ビルがシリンダー型で有名ですよね。
車って人によって趣味がいろいろで面白いことです。
ナビが発達していないというのも初めて聞く話で興味深いですね。
まだまだ車で移動でき行動範囲が広がっていいですね。家では年齢で10年前に車生活と別れました。

投稿: tona | 2014年12月 6日 (土) 08:42

わぁ~ 昔懐かしい車が勢ぞろいですね。
ホンダN360は通称テントウムシとも呼ばれて
人気車だったと聞いておりました。
それがtonaさん宅で初めて乗られた車だったのですね。
改めてみると懐かしいでしょうね。
手入れ次第で、今も見かける事のある車みたいです。

投稿: pochiko | 2014年12月 7日 (日) 01:00

★pochikoさま

おはようございます。
昨日今日と氷が張って凄く寒いですから、そちらはさぞやと思います。
あら、テントウムシと呼ばれていたなんて知りませんでした。
フォルクスワーゲンのカブトムシはその後凄いブームでしたね。この頃さすがに全然見かけません。
pochikoさんは現役バリバリのドライバーさん、いろいろ詳しくて、また楽しんでおられますね。プチドライブをいつも楽しみにしています。

投稿: tona | 2014年12月 7日 (日) 08:25

ある所にはあるのですね。懐かしい車ばかり。
まだちゃんと動くのでしょうね。
 車も大事に乗れば20年以上持ちます。ただメンテナンスに問題アリですね。
近頃の車は性能もよく、故障も少なく、長く乗れるはずですが近頃は10年乗る人は少ないみたい。
コンピューター制御やらでますます楽ちんになりつつあります。

私が最初に乗ったのは、こちらに来た1969年
トヨタスプリンター(100cc,空冷)でした。
車の多い通りでは、最初はおっかなびっくりでした。

投稿: 夢閑人 | 2014年12月 8日 (月) 19:58

★夢閑人さま

まるで新品のようにピカピカできれいでした。
何十台と昭和の車が揃っていましたが、自分が最初に乗った当たりを懐かしく見ていました。
小さな排気のを最初は乗っていたものです。
型も小さくて小回りがきくものでしたが、教官なしに一人で乗り回すのは私もびくびくものでした。
オートマになりそして今はコンピューター制御なのですか。
10年も前に車をやめましたからとても気が楽です。電車賃は随分かかりますが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年12月 8日 (月) 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60754363

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ N360:

« 天城踊り子歩道と河津七滝ウォーク | トップページ | ムクノキ 皇帝ダリア »