« ムクノキ 皇帝ダリア | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング4 »

2014年12月10日 (水)

三本の柱の鳥居

三柱鳥居が京都・太秦の蚕の社にあるとご紹介くださった「楽餓鬼」のgakis-roomさまが、東京にもあるとのことだったので行ってきました。
それは墨田区向島の三囲神社(みめぐりじんじゃ)です。
430x287
「三角石鳥居」と名付けられ、三本の柱が正三角形に組み合わされています。三本の柱は八角柱のようで伊勢神宮外宮と同じです。どうしてこんな形の鳥居を作ったのか、三囲の三に関係あるのか?はわかりませんが、珍しいです。430x287_2
430x287_3
            手前には三本柱の屋根を持つ手水鉢がある200x300
三井家では、享保年間に三囲神社を江戸における守護社と定めた。理由は、三囲神社のある向島が、三井の本拠である江戸本町から見て東北の方角にあり、鬼門だったことと、三囲神社の“囲”の文字に三井の“井”が入っているため、「三井を守る」と考えられたため。(以上ウィキペディアより)

太田記念美術館で11/24まで開かれた『歌川国貞展』で国貞は”浮世絵の大御所であり、江戸のすべてを描いた男”として紹介され、その幅広いジャンルのたくさんの絵に驚いたところです。
三囲神社の鳥居の頭だけが隅田川の堤から見えていた江戸時代に、国貞がその鳥居をバックに浮世絵を描いています。(ウィキペディアより)
220x108
閉店した池袋三越前にあったライオン像も寄贈されている。ライオン像の原形は、ロンドン・トラファルガー広場のネルソン像を囲むライオンだ。430x287_4
         三囲のコンコンさんは目じりが下がった温和な表情だ287x430
三つ穴灯篭・・三囲神社の灯ろうの火袋(丸窓)には三つの穴があいている。これも珍しい。他の火袋部分を見ると四角柱や八角柱や円柱が多くて穴も2個や4個などのように見える。280x420
鳥居に興味を持ったので、この近くの牛嶋神社の鳥居を覗いてみました。
左右に脇鳥居のある珍しいものでした。420x280
「河原のあべ」というお店で食べた天丼の大盛りには度肝を抜かれた。6種類のおかずが別にバイキング形式で付いたので、天丼は三分の二食べたところでギブアップ。420x280_2
吾妻橋から右よりスーパードライホール、アサヒビールタワー、スカイツリー、墨田区役所420x280_3
     アサヒタワービルに写りこむ市役所とスカイツリー(午後1時半ごろ)280x420_2
280x420_3



|

« ムクノキ 皇帝ダリア | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング4 »

コメント

こんばんは happy01
このような鳥居、初めて見ました ∑(゚∇゚|||)
神社の入り口ではなく、中にあるのですね。
三囲という名の通り、鳥居以外にも三柱の屋根や三つ穴の灯篭など、他では見られないものがあるのですね。
脇鳥居も初めて見ました。
ちょっと変わった神社の紹介、ありがとうございました。
天丼のボリュームにビックリ coldsweats02
これ以外におかずが6品・・・私も食べきれません coldsweats01

投稿: 慕辺未行 | 2014年12月10日 (水) 22:26

前の記事についてですが、
皇帝ダリアの茎の事も、ムクの空洞化の
ことも初耳でした。

また、三角鳥居も知らなかったです。
ミステリーみたいで面白いです。

三越のライオンのことは名古屋にも
ありますので、いわれは聞いていました。

それにしても凄い天丼ですね~

投稿: matsubara | 2014年12月11日 (木) 08:57

こんにちは
 
「三柱鳥居」初めて知りましたし初めて見ました。
面白いですね。「三」で真っ先に思い浮かんだのがピラミッドでした。
天文学的なものや、陰陽道的なものなど、いろいろな意味がありそうで
興味を引かれます。あ、陰陽道には天文学も入っているのでした。
脇鳥居付きの鳥居というのも初めてです。みな意味を持って
造られたもののはずですよね。
パワースポットとして、知る人ぞ知る場所のような気がしてきました。
 

天丼の大盛り、すごいですね。運んできてくれたのを見たとたん
しばし固まってしまいそう。とても食べ切れませんね。
お持ち帰りさせていただきたいものですが、食中毒など心配して
させてくれないお店も多いですね。
 

投稿: ポージィ | 2014年12月11日 (木) 09:56

おやまあ、先を越されました。
三囲神社には行ったことはあるのですが、気がつかないまま帰ってきたのでした。

投稿: 佐平次 | 2014年12月11日 (木) 09:58

★慕辺未行さま

この鳥居は神社の敷地の奥の方にありました。
仰る通り三に関係あるものがあって、それが全国的にも珍しいらしいので、見に行って良かったです。
脇鳥居も調べたら、奈良の大神神社の三輪鳥居が典型的だそうです。

凄い天丼でしょう。慕辺未行さまも無理ですか。他のおかずを食べなければもう少し食べられたかも。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年12月11日 (木) 19:45

★matsubaraさま

これからムクノキの空洞が他で見られるといいですね。
皇帝ダリアはあんなに背の高い茎を支えるのですから竹のように強い茎の基部がないとダメですね。納得しました。
三角鳥居の意味は分かりませんが、とても面白いですね。京都には行けませんので殆ど同じのを見に飛んでいきました。
今年ロンドンでライオンを見てきました。
天丼多過ぎですよね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年12月11日 (木) 19:49

★ポージィさま

なるほどピラミッド、全然思いつきませんでした。
陰陽道的などの意味づけ、これもまた全然考えもしませんでした。
必ず意味があるのですよね。まだまだ不勉強です。
脇鳥居を持つのは奈良の山全体がご神体の大神神社の三輪鳥居が典型で、中央鳥居には出入りのための板唐戸を設けている重装な鳥居です。

天丼凄いでしょう。そうですか、お持ち帰りという方法があったのですね。無駄にならなくて良かったのですが。でも食中毒のことも考えなければいけないのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年12月11日 (木) 19:59

★佐平次さま

夫が総務の時、年に4度もの割合で行ったらしいのですが、全然気が付かなかったらしいです。
三柱鳥居だけでなくいろいろありますので、とても楽しんできました。gakis-roomさんに感謝です。

投稿: tona | 2014年12月11日 (木) 20:02

tonaさん、こんにちは(^-^)
gakis-roomさんのサイトも拝見させていただきました~♪
面白いテーマだし…流石tonaさん!…身が軽くて行動が早いですね~♪…見習わないと(^^;

ポージィさんの推測も鋭いですね~♪
真偽の程は判りませんが…歴史に埋もれた秦氏のルーツに関連していそうですね…

暫く離れていたこの類のテーマにのめり込みそうです(*^m^*)

投稿: orangepeko | 2014年12月13日 (土) 16:44

★orangepekoさま

こんばんは。今日は風がとても寒いです。
鳥居もこの度、いろいろあることを勉強させていただきました。角度が付いていたり、反りがあったり、額束がなかったり様々です。
中でもこれは飛びぬけて変わっていますね。
東京でも確認できたのが嬉しかったです。
そう、ポージィさんの推測もはっとさせられました。秦氏と太秦ですね。
無限に広がりそうですね。
成果がありましたらまた教えてくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2014年12月13日 (土) 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60789217

この記事へのトラックバック一覧です: 三本の柱の鳥居:

« ムクノキ 皇帝ダリア | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング4 »