« 寒さ厳しいお正月 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング5 »

2015年1月 6日 (火)

やはり存在した!

橋本淳司著『水の科学』で、
地球と同じ水があって、生命が存在するかもしれない惑星が3個見つかったことを知りました。
1昨年2013年にNASAの研究チームが発見していたそうで、このニュースを逃していました。
太陽と地球の絶妙なる距離があるように、これら惑星もそれぞれの恒星との間の距離が同じような関係にあるそうだ。
それらの惑星にはどんな形をした生物がいるのでしょう。ひょっとしてわれら人間や周りの動物、植物と同じだったりして。想像するのも楽しい。

この本には、水に関する科学や人間に水が関わるあらゆる問題点が網羅されているのですが、気が付かなかったことも多くありました。
洪水と対極の水不足はさらなる貧困と病気を招いている。適度の水供給が不可能なとき、いろいろな知恵が生まれる。海水を水に変えるなどもう実現しているが、コストの問題がある。
例えば水を使わずに衛生を保つ方法が学生によって発明されたのが興味深い。それはドライバスでこれは無臭で肌に塗ると水と石鹸の役割を果たすのだそうだ。

食料自給率の低い国は他国の水に依存している問題。このことを考えたことがなかったです。食料自給が低い日本は世界に水を使わせている点ではトップクラスです。
例えばトウモロコシ1㎏を生産するのに必要な水は2000ℓで日本は年間に消費する1600万tのほぼ全量を輸入している。その水の量たるや天文学的な数字で約3兆ℓか。トウモロコシの輸出国であるアメリカは干ばつや地下水の減少で大変なことになっている。
その他鶏卵1㎏は水6000ℓ、鶏肉1㎏で8000ℓ、牛肉1㎏で22000ℓ。ほか食料全体を考えたら、私個人も1年間に一体どのくらい水を使用していることになるやら計算もできない。
又工業用水もばかにならない。1日に約1億5000万tの淡水と4000万tの海水が使用されている。そのうち全体の7割を化学工業、鉄鋼業、紙関係が使用している。例えば車1台には120t、新聞紙1㎏にも220ℓ使われているとのこと。家で使う水の節水のことしか頭になかった。
中国の水不足が深刻で、これから日本への影響が出てきそうだ。様々な企業も水によるリスクは、操業・財務・法的にわたる。
海外で多くの水を使用する生産品・原材料に依存するリスクが高い日本は、生産拠点の移転が可能なものは、国内生産へと切り替えることが有効だし、いずれそうなっていくのかもしれません。それには物価が高くなるのは否めない。

                      ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

静岡に行った娘夫婦が買ってきてくれたお土産の中に、こんな大きなどら焼きがありました。
風月堂の直径15㎝の静岡限定「次郎長笠」です。中に栗と餅が入っていてとても美味しいどら焼きでした。430x305
これはミニカップ入りわさび漬け5種 橙(うに) 黄(数の子) 緑(普通) 水色(わさびのり) 青(野菜入りソフト) 一人1回分の量です。一度に少し多く食べたら脳がつんざくような辛さでした。430x287

|

« 寒さ厳しいお正月 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング5 »

コメント

こういう話を読むと日々の節水がバカバカしくなる、よく考えるとおかしな論理なんですがね。
自分ひとりが何かしても安倍政権はなんともならない、みたいな^^。

投稿: 佐平次 | 2015年1月 6日 (火) 10:23

★佐平次さま

本当にそうなんですよ。
何かちょっとパニックになりました。
一人一人誠実に国のためをも思って生活していっても今の政権にはあだで返されているような錯覚に陥ります。変です。

投稿: tona | 2015年1月 6日 (火) 13:19

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もtonaさんならではの幅広くおもしろい記事を楽しみにしております。

 巨大などら焼きですね。ほんとうに頭にかぶれそうです。お一人で一個召し上がったのでしょうか。

 

投稿: Nora | 2015年1月 6日 (火) 14:17

★Noraさま

おめでとうございます。
私こそいろいろ知らないお話を伺うのを楽しみにしております。

150gあったでしょうか。巨大ですので4つに分けました。それが普通のどら焼きの1個分のようです。好きなのですがせいぜい2つまでです!(^^)!

投稿: tona | 2015年1月 6日 (火) 14:29

こんばんは happy01
この広い宇宙・・・地球以外にも生命体が存在する星があっても不思議はないかもですね。
というか、いると思います。
我々人間よりはるかに高度な技術を持った生命体が!
水の問題、たしかに世界レベルるで考えますと私たちの日々の節水がどれほど微々たるものかと思わされます。
しかしそれでも一人でも多くの人が節水に心掛けることは必要でしょう。
私は以前でしたらそのまま流していた台所やお風呂の排水を桶に溜め、4Lペットボトルに移し替えトイレの排水に利用しています。

投稿: 慕辺未行 | 2015年1月 6日 (火) 23:37

★慕辺未行さま

おはようございますsun
他の地球のような惑星のことを考えると楽しくなります。そこではこの地球のように民族が憎しみ合って戦争をしているかしら。

日本は水に恵まれていますからこそ、水の有り難さは教育していかないといけませんね。
節電も。ネオンやありすぎる自販機のその無駄遣いに胸が痛みます。
慕辺未行さま、凄いですね。私はとてもまねできないです。外に置いたバケツにたまった雨水や菜などの野菜を洗った水を植木鉢にやっているくらいです。

投稿: tona | 2015年1月 7日 (水) 08:33

ご無沙汰しました!
本年もどうぞよろしくお願いいたします fuji
 

地球と同じような惑星が3個も発見されていたのですか。
これから詳しい調査をしていくのですね。
地球に存在する生命にとって水は不可欠なもの。
日本は水に恵まれているからか、世界規模で大量の水を
使っていることをついつい忘れてしまいがちですが、
ちゃんと認識していなくちゃいけませんね。
と同時に、やっぱりせめて身の回りでの節水を心がけて
いくことは大切だなと思いました。
私も節水に関してはかなりルーズ。反省です。

投稿: ポージィ | 2015年1月 7日 (水) 09:05

★ポージィさま

明けましておめでとうございます。
年明けから寒くて縮こまっています。これではいけないですね。

太陽系みたいのが宇宙にたくさんあれば、恒星からの距離が地球と太陽のように絶妙な距離にある惑星はたくさんあるように思われます。
3個も発見されたなんて!

わざわざペットボトルの水を買わなくても、首都圏の水道もそのまま飲める清潔な水と強調されていました。浄水器など使わないで、私は1日に1回は水を飲むようにしました。血液サラサラにもよさそうです。
節水は結構頑張っています。でも旱魃地の人に比べたら湯水のように使っているわけで、考えさせられました。ありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2015年1月 7日 (水) 09:29

実は私も似た話を水の話をされた放送大学の清水博士の
講義で聞いたのですが、うまくブログに
まとめられず、飛ばしてしまいました。
2014.2.16と、2013.5.20に書いたとき
水の算出方法がわかりにくくパスしてしまい
ました。もっと詳しく追及すべきでした。

日本がどれほど無駄に水を使っているかが
数字で示されていました。

と言いましてもこれ以上どう節水すべきか
難しい問題です。せいぜい甕にためた雨水を
植物にかける程度では焼け石に水です。

大きなどら焼きは、fbでもびっくりです。

投稿: matsubara | 2015年1月 7日 (水) 16:17

こんばんは。
日本は国土の概略70%ぐらいが山林とのことで世界1水に恵まれた国のようです。
飲料水にする水をトイレに流すなんて本当はとんでもないことですよね。
私は生まれたときから水道水で育ったのであまり節水を知らないのですが、夫は父親の転勤先で井戸水を汲み出す生活だったとかで水をとても大切にしていて洗い物などに利用した水などバケツいとっておきトイレなどに使っています。
私はそれを横目に見ながら水道水で流しているのですが・・・(反省)

投稿: アザミの歌 | 2015年1月 7日 (水) 19:22

★matsubaraさま

matsubaraさまも水の勉強をされていたのですよね。
今回驚きましたのは野菜や米や果物など天の恵みの水で育つというだけでなく、肉や卵や他の加工品なども想像できない多量の水を使ってできるということです。ここまで多いとは思いもよりませんでした。食べ物だけではなく、身のまわりの品々も手に入る前に膨大な量の水がいるということです。
ついつい自分の生活水だけのことしか考えていませんでした。
それも限りがありますね。

どら焼きボールペンより1cmも大きかったです。大きくても食べたい心は抑えきれず、四分の一も一度にいただいてしまいました。

投稿: tona | 2015年1月 7日 (水) 20:49

★アザミの歌さま

日本は本当に水に恵まれ、それも軟水です。国中いたるところに様々な水の風景を目に出来、また温泉も多く源泉かけ流しなんて恵まれていますね。
ご主人様のように本当は水を大切にしたものです。実行されていらして凄いです。
思えば私も疎開先も、そして中学の時に引っ越した茅ヶ崎の自宅も最初井戸でした。お風呂は井戸水を汲んだものでした。最も母親が苦労したのですが。
墨田区は国技館など公共機関はすべて雨水をトイレ用にしているそうです。行政としてはかなり進んでいます。
首都圏の数千万人の水は、このところのゲリラ豪雨でどうやら断水を免れていますが、旱魃になった時が恐ろしいです。

投稿: tona | 2015年1月 7日 (水) 21:04

生命が存在するかもしれない惑星。
そんな惑星の存在が既に研究されていたとは
本当に驚きです。
我々人間にとって水ほど大切なものはない
ですね。日本はこの点恵まれていました。
中国マネーが北海道の山林を買い占めている
のは水資源を狙ってのことだとか。
水の有難さ、大切さを再認識せねばと
思いました。いい本を紹介して頂きました。

投稿: 茂彦 | 2015年1月10日 (土) 10:06

★茂彦さま

こちらにもコメントをありがとうございました。
八ップル望遠鏡のように性能の優れたのが出来て、天体観測も凄いですね。とても想像すらできない世界です。
その宇宙にどうやら地球と同じ惑星があるようで、思っただけでも楽しいです。

中国は世界各国で買占めをしているらしいですね。そして世界各国で人口を増やしていると書いてありました。凄い民族です。残念ながら資源に恵まれながら、日本はダメな方向に向かっているらしいです。

投稿: tona | 2015年1月10日 (土) 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/60930706

この記事へのトラックバック一覧です: やはり存在した!:

« 寒さ厳しいお正月 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング5 »