« ワンガリ・マータイ著『へこたれない』 | トップページ | サルディーニャ島とコルシカ島旅行(その2) »

2015年2月25日 (水)

サルディーニャ島とコルシカ島旅行(その1)

600x45915日成田を午後2:10発、ローマ乗り継ぎで、イタリア、サルデーニア島の南のカリアリ(サルディーニャ自治州の州都)に到着したのは日本時間で16日朝8時でした。

サルディーニャ島(1)見学1日目(2月16日)カリアリからオリスターノへ

この島は地中海ではシチリアに次ぎ第2に大きな島で、キプロス島が第3位、次に行くコルシカ島は4番目の大きさだ。
カリアリからはシチリア島パレルモやローマよりチュニジアの首都チュニスの方がずっと近い。
人口は165万人。地中海性気候で冬は穏やかで、昼間は15,6度位で厳しい寒さではなかった。
まだ冬で殆ど旅行者もいなく、ホテルも道路もレストランも閑散としていて、東洋人も一人も見かけませんでした。

<カリアリ>
●植物園
冬穏やかだからでしょうか、並木もヤシ、シュロ、ソテツが両島ともに多く、道端にもサボテンが生え、沖縄のような感じだった
このカリアリ大学付属植物園にもサボテンが屋外に植えられているのである。440x293
8_440x293
9_440x293
                    リュウゼツラン104_440x293
11_440x293
                     園内の案内板13_293x440
●旧市街
ローマ円形闘技場がここにもあった。岩場を抉って造られたサルデーニャ最大で約1万人収容。19_440x293
                    展望台から26_440x293
34_440x293
                       裏通り32_293x440
                     ライオン門36_440x293
                聖アゴスティーノ教会の主祭壇37_440x293

バルーミニへの途中にはアーティチョークの畑が広がる。イタリア本土に輸出している。38_440x293

<バルーミニ> 唯一の世界遺産「ヌラーゲ・ス・ヌラクシ」見学
一辺約1mほどの大きな石を接合剤を一切使わず積み上げた円錐形の塔で、高いものでは20mもある。
この複合体の最大級がこの遺跡だ。紀元前16~12世紀頃の建造で、天文台?家?宗教施設?用途がはっきりしていない。
サルディーニャ全体で7000~8000もあるという。42_440x293
43_440x293
44_440x293
45_440x293
46_440x293
近くの邸宅でも床のタイルを修理していたらヌラーゲが現れ、発掘してガラス張りにして見学コースを作っていた。47_440x293
48_440x293



|

« ワンガリ・マータイ著『へこたれない』 | トップページ | サルディーニャ島とコルシカ島旅行(その2) »

コメント

すごいところに行かれたのですね。
17年くらい前に、チュニジアに行ったことを
思い出しました。カルタゴ遺跡などがありました。
あの近くと言われても想像すらできないです。
チュニジアは、いかめしい国境兵士が立って
いたのですが、
ここは、島国ですからそういう緊張感がなくて
よいところです。

投稿: matsubara | 2015年2月26日 (木) 10:16

こんにちは♪
お帰りなさ~い ヽ(´▽`)/ 無事のお帰り嬉しいです。
旅紀行を楽しませていただきますね。
 

サルディーニャ島は予想より暖かかったようですね。
昼間の気温15~6℃といったら、南関東の3月下旬~4月上旬頃と
同じでしょうか。屋外で様々ナサボテンが育ち、
アーティーチョークの栽培もできるのですから、暖かですね。
でも日本からの旅行者はさっぱりでしたか。さらに良い季節に
向かう方のほうが多いのかもしれませんが、観光客が少ない分
ゆったりとお楽しみになれましたね。
ここも石の文化なのですね。全体に落ち着いた雰囲気が感じられて、
遥かな古の時代に思いを馳せられそうです。
すごくたくさん遺されているヌラーゲで、人々はどんな営みを
していたのか、どういう経緯で遺跡となっていったのか…
答えはなくても想像の翼を広げるのが楽しいですね。

投稿: ポージィ | 2015年2月26日 (木) 10:26

またまた遠いところに!
テレビの旅番組で見ていってみたいと思ったところでした。

投稿: 佐平次 | 2015年2月26日 (木) 10:32

ヌラーゲとは初めて聞きました。
一体何のために、どうやって使われていたのでしょうね?
世界には、現代人がどう考えても分からないようなものが
結構あちこちに残っていますね。

投稿: zooey | 2015年2月26日 (木) 17:21

★matsubaraさま

チュニジアに行かれたのですか!テレビで遺跡を何度も見たことがあります。あの辺り出身のローマ皇帝もいましたっけ。
今は危険でもう行かれないですね。
この島は同じイタリアのシチリアに少し雰囲気が似ているかもしれません。
ただマフィアはいそうにありませんでした。
有難うございました。

投稿: tona | 2015年2月26日 (木) 18:40

★ポージィさま

こんばんは。
この後7日間も続く旅ですが、どうぞよろしくお願いします。
そうなんです。意外に暖かくて、手袋マフラーは1回しかしませんでした。日本の冬とかなり違う気候でした。
人が少なくても寂しくはなく、車もすいすい、何事も待たされることなく気持ちよかったです。良い季節は日本と同じく美術館も行列ですものね。
ヌラーゲを造った人たちはアジア・アルタイ高原の遊牧民の子孫ではないかとも言われ、古代メソポタミアからエジプトまたはトロイを経由してやってきたらしです。
メソポタミアの「ウル」遺跡と似ていて、他のヨーロッパにはこのようなのはないそうです。サルディーニャの人々が海を渡って技術のみ持ち帰ったからだとも言われているそうです。井戸や竈みたいのがありましたので住んでいたのかしらとも思いました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年2月26日 (木) 18:57

★佐平次さま

殆どヨーロッパしか行きませんが、この頃とても遠く感じます。年齢的にかなりきつくなってきました。
私はコルシカ島はテレビで2回ほど見たのですが、サルディーニャは見たことがなかったので興味深々でした。
有難うござました。

投稿: tona | 2015年2月26日 (木) 19:06

★zooeyさま

英国のストーン・ヘンジやイースター島のモアイ像などまだ意味がはっきりわかっていないもの多いですね。
時代が違うマチュピチュが思い出されるヌラーゲのこの石積みは、そばで見るとあの時代にどうして造られたのかただただ不思議でした。でもエジプトのピラミッドがダントツに不思議に満ちています。
有難うございました。

投稿: tona | 2015年2月26日 (木) 19:25

こんばんは happy01
お帰りなさい ヽ(´▽`)/
地中海の島々をご旅行されてきたのですね。
キプロス島とコルシカ島の名は聞いたことがありますが、サルディーニャ島は知りませんでした。
紀行文を読みながら私もバーチャル旅行です (^_^)ニコッ!
サボテンがいっぱい w(^o^)w!丸いのは「金シャチ」かな?!
街の様子も裏通りも歩いてみたい衝動に駆られます。
教会の装飾に遺跡、これらも素晴らしい (*゚▽゚)ノ
アーティチョークの畑、スゴイですね。
近くの公園でアーティチョークを栽培しているのですが、この規模で育てているとは?!
イタリアでは食用に利用されているそうですから、これも納得?!です。

投稿: 慕辺未行 | 2015年2月26日 (木) 23:44

★慕辺未行さま

おはようございますsun
いつもバーチャル旅行でお付き合いくださってありがとうございます。嬉しいです。
「金シャチ」を教えていただきありがとうございました。よく見かけるサボテンですよね。
もう一度伊豆のサボテン公園に行って勉強したいくらい、何もわかっていませんでした。
シチリア島のパレルモより小さいですけれども、裏通りはずっときれいでした。
教会の主祭壇は木製で、金を貼った華やかなものでした。

イタリアではアーティチョークを生サラダや炒めて良く食べるそうなのですね。知りませんでした。

投稿: tona | 2015年2月27日 (金) 08:47

無事のお帰り何よりです。
カリアリ大学付属植物園の植物を拝見しただけでも、このサルディーニャ島の暖かさが分かりますね。

そして世界遺産「ヌラーゲ・ス・ヌラクシ」
紀元前16~12世紀頃の建造とは驚きました。
何のために?と、興味が湧きますね。
コルシカ島の名前や画像は見たことがありますが、サルディーニャ島は知りませんでした。
アフリカ大陸に近い島なのですね。

投稿: nao♪ | 2015年2月27日 (金) 22:09

tonaさん こんばんは~&おかえりなさ~い

ローマ乗り換えで18時間もの長旅なのですね。
お疲れになりませんでしたか?

サルディーニャ島は、私も知りませんでした。
コルシカ島のすぐ下にあるのですね。
コルシカ島の場所もわからなかったので、wikipediaで検索しました。
(PCってほんとうに便利ですね。なかったら世界地図を広げて、
百科事典を調べて・・とおおごとです^^)
コルシカ島はフランス領で、サルデーニャ島はイタリア領なのですね。
サルディーニャからコルシカ島に渡るときは,入管手続が必要なのですか?

ヌラーゲ・・の形が不思議で用途が一定しないのでしょうか?
住居にしては高すぎるし、天文台にしては数が多すぎるし・・??
ふかーい意味があるのか、それともただの流行りだったのか。
そんなことを考えると楽しめます。

tonaさんの旅行記を読むと世界が広がっていきます。
続きも楽しみにしています。

投稿: glenn | 2015年2月28日 (土) 20:59

★nao♪さま

有難うございます。おかげさまで何事もなく無事でした。
地中海の島の気候は温暖なのですね。やっとわかりました。
私もコルシカ島はテレビで2度ほど見ましたが、サルディーニャ島は見ていませんでした。
そして州都からはアフリカに一番近いとは驚いた次第です。イタリアらしくのんびりしたところです。時間も「イタリア時間ね」なんて言いながら受け入れました。
また一つ、石の遺跡を見ましたが、本当にモアイのように不思議です。

投稿: tona | 2015年2月28日 (土) 21:23

★glennさま

有難うございます。とても遠かったです。ローマ空港でもかなり待ちましたからね。観光より行き返りの飛行機が疲れて、このことがそろそろ限界です。

サルディーニャ島のことは何も知りませんでした。大きな島で面白いお祭りがあるのです。次回にご紹介しますので見てくださいませ。
ローマで入国手続きしただけでコルシカ島へ渡る時は何もは手続きはありません。便利になりましたね。テロへ警戒もローマ空港では殆ど何も感じませんでした。

ヌラーゲも何ともわからなくて、その当時を想像もできませんでした。
なんだかここで人々が生活していたように思われました。現代人である私は祭祀の概念が薄れているのですね。

投稿: tona | 2015年2月28日 (土) 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/61195274

この記事へのトラックバック一覧です: サルディーニャ島とコルシカ島旅行(その1):

« ワンガリ・マータイ著『へこたれない』 | トップページ | サルディーニャ島とコルシカ島旅行(その2) »