« 三十槌の氷柱 | トップページ | サルディーニャ島とコルシカ島旅行(その1) »

2015年2月12日 (木)

ワンガリ・マータイ著『へこたれない』

UNBOWED・へこたれない・ワンガリ・マータイ自伝・WANGARI  MAATHAI  小池百合子訳 小池さんは元大臣

アフリカ人女性で初めて2004年にノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんは、ケニアの環境問題活動家で、1977年設立の非政府組織「グリーンベルト運動」で植林活動をし、また圧政的政権に立ち向かい、女性の地位向上に尽力していた方だ。
2005年の来日時に覚えた「もったいない」という言葉でその後世界に「MOTTAINAI」運動を展開している。3R(Reduce,Ruse,Resycle)に、自然への崇拝、感謝の気持ち、地球資源に対する尊敬Respectという意味も含めて4R運動へと導く。
ケニアの中央高原地帯の小さな村で生まれたマータイさんは、女子が誰も行かない小学校へ兄の一言で行くことになり、その後高校までキリスト教の学校に行き、英語以外話してはいけないということで英語が堪能になり、優秀だったので奨学金でアメリカの大学、大学院に行った。その勉強ぶりや学生生活を読んでいると生涯でとても幸せな時間だったのが伝わる。
ケニアに帰国してから大学教授になるも、その後の人生は波乱万丈。
開発によってどんどん伐採された国土は荒れていく一方で植樹運動を、虐げられた女性の地位向上運動を、悪政・汚職・暴力・抑制で経済もガタガタの中を政府に立ち向かっていくも、数知れぬ投獄の憂き目に遭い、時には命さえも失いかけた。それでも立ち上がる・へこたれない人なのですね。
しかし世界ではその活動が認められ、ノーベル賞や日本の旭日大綬賞をはじめ数々の賞を受賞している。
残念ながら2011年に71歳で亡くなられた。マータイさんの人となりを知ると同時にケニアの内情も垣間見える読み応えのある1冊です。

        神奈川県・葉山町の仙元山(118m)からの富士山と江の島440x293
               誰かが木で作った作品が並んでいた293x440
            二子山(208m)からの横須賀や東京湾の眺め12_440x293
   バス停まで下りると、阿部倉山の隣の山が夕日に染まって紅葉のようです。16_440x293_2

テロの心配もありますが、15日から10日間旅に出ます。帰りましたらまたよろしくお願いいたします。

|

« 三十槌の氷柱 | トップページ | サルディーニャ島とコルシカ島旅行(その1) »

コメント

へこたれない・ワンガリ・マータイ自伝を
翻訳されたのは小池百合子さんだったのですか~
才色兼備の方とは知らなかったです。

またまたご旅行とはすばらしいです。
今度はどちら方面でしょうか~
帰国後のご報告を楽しみにしています。

投稿: matsubara | 2015年2月12日 (木) 19:06

「MOTTAINAI」運動を起こしたアフリカ女性がいるという話は知っていましたが
この人だったのですね。
しかし数知れぬ投獄、命さえ失いかけたとは…
ナイジェリアに住んでいる友人から
文化度に低さ、民度の低さについて色々聞いていますが
アフリカで女性が活動をするということは
大変なことなんですねえ。

投稿: zooey | 2015年2月12日 (木) 20:43

★matsubaraさま

小池さんはカイロ大学で勉強されたからアフリカの一部にいらしたのですね。
訳文がなかなか素晴らしいです。読みやすいです。
地中海のサルデーニャ島とコルシカ島です。
こんな寒い時期に北半球に出かけるのは初めてで着るものがスーツケースの中でかさばっています。

投稿: tona | 2015年2月12日 (木) 21:20

こんばんは
 

お名前を忘れてしまっていましたが、あぁあの方のこと、と
思い出しました。でも生い立ちや経歴などはほとんど何も
知らずにいました。まだお若いのに亡くなったとのニュースには、
世界にとってそれこそもったいない、と思ったものでした。
ずいぶんと大変な経験や思いもたくさんされてきた方だったのですね。
ケニアのこともほとんど何も知らずにきていますが、マータイさんの
活動が少しでも国の向上や改善に生かされていてくれることを願います。
 

葉山の山から、富士山がこんなに大きく見えたのですね。
江の島もともに見えて、なんだか不思議です。
以前葉山の展望台から眺めたときは、霞のせいか富士山は
全く見えなかったのです。
 

日曜からご旅行なのですね。今度はどちらでしょうか。
楽しい旅となりますよう祈りつつお帰りをお待ちしています。

投稿: ポージィ | 2015年2月12日 (木) 21:22

★zooeyさま

男性が女性蔑視しているのですね。
一方的に離婚されたのもそうですね。この時は凄く悲しんでいました。
それに汚職まみれの政治は国民をますます不幸にしています。
部族間でもこのケニアでも争いがあったりで、アフリカの他の国と同じ悩みを抱えています。そこをマータイさんは果敢にも飛び込んで闘っていくのです。絶対にへこたれないで。
ただ、キリスト教は83%、ムスリムが11%くらいなので、今のイスラム関係の脅威はあまりないようです。

投稿: tona | 2015年2月12日 (木) 21:26

★ポージィさま

お祈りしていただきありがとうございます。今度はサルデーニャ島とコルシカ島です。寒そうなので、もこもこの日本のスタイルで参ります。
マータイさんは私より1歳年上でいらっしゃいます。同じような時代を私はのほほんと、マータイさんは凄い人生を送っておいででした。
ケニアのことに、そして世界の環境のことに全生命をかけた方でした。サイトで演説を聞いてみましたが、本当に立派です。勉強して闘って命尽きたのが本当に惜しいです。引き継いでいく人がいるのでしょうか。そうであってほしいです。

葉山の山はったった100mくらいなのに、絶景ですね。私にはとても素敵な景色でした。

投稿: tona | 2015年2月12日 (木) 21:50

すみません、
間違えて再送してしまいました。
削除してくださいませ。
ご旅行、お気をつけて。

投稿: zooey | 2015年2月12日 (木) 21:51

★zooeyさま、ありがとうございます。

投稿: tona | 2015年2月13日 (金) 08:14

お気をつけて楽しんできてください^^。

投稿: 佐平次 | 2015年2月13日 (金) 10:39

★佐平次さま

どうもありがとうございます。

投稿: tona | 2015年2月13日 (金) 15:56

仙元山や二子山は15年くらい前に田浦の梅林から登り、最後は葉山の御用邸前に出ました。
東京湾から相模湾、そして富士山が望める山頂だったと記憶しています。
今ではこのエリアを「三浦アルプス」というそうですね。
私は今月初めに「湘南アルプス」を歩いてきました。

マータイさんは日本のモッタイナイ精神を理解し世界に広めた人でしたね。
当時とっていた新聞の特集でよく目にしましたが、亡くなられたことは知りませんでした。
10日間の海外旅行、お気をつけて行ってらっしゃ~い。

投稿: nao♪ | 2015年2月14日 (土) 17:30

★nao♪さま

湘南アルプスは湘南平の方ですね。私も以前行ったことがあります。東名など通りますと遠くに見えたような気がします。
田浦梅林から御用邸コースの三浦アルプスも懐かしいです。ただまだ大楠山には登ってないのです。
二子山コースは低いのに結構アップダウンがあって変化に富んでいて面白いです。沢を何度も渡りました。増水していたら行かれないところでした。
マータイさんも亡くなられて4年にもなろとしています。ケニア情勢が聞こえてこないだけ大丈夫なのかと思っています。
ありがとうございます。重々気をつけて行ってまいります。

投稿: tona | 2015年2月14日 (土) 19:39

こんにちは
葉山町の仙元山からの富士山と江の島がきれいに撮れてますね
青い海も気持ちがいいです
紅葉の山もすばらしいですよ

投稿: たなちゃん | 2015年2月17日 (火) 14:43

こんばんは happy01
PC修理に出していまして、やっと訪問できました。
「もったいない」という他の国にはない言葉を広めたマータイさん。
私自身も感銘を受けました。
『物を大事にする』日本人(他国もそうでしょうが)、その精神を日本人ではないマータイさんが広めたこと、ありがたいことであります。
それにしましても、マータイさん自身の人生、それほど波乱万丈だったとは?!
惜しい人を失ったものです。

投稿: 慕辺未行 | 2015年2月22日 (日) 23:38

★たなちゃんさま

遅くなってすみません。
ありがとうございます。
晴れると今の富士山はきれいですね。
葉山からですと海と江の島が一緒なので美しいなあと感動しました。
夕日で紅葉なような山も初めて撮りました。

投稿: tona | 2015年2月24日 (火) 18:42

★慕辺未行さま

夕方帰ってまりました。遅くなってすみません。
PCの修理だったそうで大変でしたね。
私ならちょっと故障したらもうどうしてよいやらです。すぐ娘にSOS発信で迷惑をかけています。
マータイさん、ちょっと日本を訪問されただけで私たちが普段気が付かない言葉を持ち帰られて世界広めたなんて素晴らしい人ですね。
とても頭が良くて勉強家で力強い人で驚きました。あと15年は活躍してほしかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年2月24日 (火) 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/61123780

この記事へのトラックバック一覧です: ワンガリ・マータイ著『へこたれない』:

« 三十槌の氷柱 | トップページ | サルディーニャ島とコルシカ島旅行(その1) »