« 日本画って何? | トップページ | 小惑星の名前が「コクブンジ(Kokubunji)」に決定 »

2015年3月16日 (月)

富士山すそ野一周ウォーキング6、7

Photo2/28(木)快晴 22811歩 すそ野ウォーク第6回は「忠ちゃん牧場~勢子辻」

          忠ちゃん牧場から出発440x293
まずここ裾野市にある「富士山資料館」に立ち寄り、富士山の成り立ちや爆発、自然や歴史、生活、民具、祭りなどの展示を見ました。
富士山は4回噴火し、1回目は数十万年前、4回目が1万年前から起こり、3776mの新富士火山が出来上がったのです。富士五湖や青木ヶ原樹海は平安時代の噴火によって出来たそうです。

旧吉永村の農民であった仁藤春耕は、遭難者が多かったため、明治39(1906)年から5ヶ年をかけて、御殿場にいたる十里木街道などに自費で約120基の道しるべを建てました。いつの時代も偉い人がいるものです。440x293_2
映画のロケ(模型がたくさん並べられていたので、誰かがゴジラみたいな映画か?と言っていました)440x293_3
十里木氷穴 深さ30mで昔は冷蔵庫代わりに使われたという。雪で足元悪く入れなかった。440x293_4
まわりにはミニ樹海が広がり、昭和初期、昭和後期、平成の別荘が点在していました。440x293_5
         昼食を食べた「こどもの国」」は絶好の富士山ビューです440x293_6
                   水原秋桜子の句碑440x293_7
440x293_8
頼朝の井戸
幕府を開いた翌年、源頼朝は東麓御殿場から、南、さらに西麓の朝霧高原にかけて大規模な「冨士の巻狩り」を1ヶ月行った。これは大規模な軍事演習でもあり、全国から15万人の将兵を動員したと言われる。
その際、湧き出た水が小湖を作り、その美しさに感銘し朱塗りの椀を沈めて水神に供えたと言われている440x293_9
勢子の辻に到着
勢子とは巻狩などの狩猟の際、山野の野生動物を追い出したり、追い込んだりする役割の人。
勢子の辻は、その勢子たちの集結、待機場所であったが、後に十里木街道の宿場となった所で、今は何もない。

3/5(木)晴れのち曇り 約2万歩 すそ野ウォーク第7回は「勢子の辻~村山浅間神社」
恐らくこのウォークの中で一番面白くない回と思われるこのコースは、神社が2つあるのみで、緑も花もない季節、ひたすら左右の杉・檜の林を見ながら舗装道路を歩き続けるだけ。富士山も、天気予報ではばっちり晴れるということだったので期待して行ったが、曇って裾野さえ見えなかったのです。
唯一の面白い体験が出来たのが帰りの温泉です。
イスラエルとヨルダンにまたがる死海(海抜-418m)から取り寄せたという塩を、死海と同じ30%の濃度にしたというお風呂に入ったら、簡単に浮かびました。舐めた人によるとすごく苦いとか。

          到着前の須走トイレ休憩所では見えてた富士山300x200
富士山南麓は茶が産業の一つで茶畑があった(昼食のため駿河湾の吉原に下って行ったとき)440x293_10
                     昼食は和食440x293_11
                   店の暖簾が目を引いた440x293_12
          富士山世界遺産の一つの村山浅間神社さえも修復中440x293_13
外国人最初の富士登山者ラザフォード・オールコック卿の、2010年150周年記念碑440x293_14
     冨士登山道の1つ村山口。今は登山者はほとんどないという。293x440

|

« 日本画って何? | トップページ | 小惑星の名前が「コクブンジ(Kokubunji)」に決定 »

コメント

フットワークがすごいですね。先日地中海の
島より帰られたところですのに~

富士山のことは知らないことだらけです。
新幹線の窓からと忍野から写真を撮ったくらいで。

それと52年前に富士五湖に行った程度でした。

まだまだ探究頂き教えて下さい。

裾野市に夫の友人がいるのに行く気配もありませんし・・・

死海のプールは、愛地球博のヨルダン館にあり
入れましたが、まさかそこで水着にはなれないですし・・・
1995年のことでしたでしょうか~

投稿: matsubara | 2015年3月16日 (月) 17:52

こんばんは
 
富士山すそ野一周ウォーキングも7回目まで終られましたか。
もう少しで半周ですね。7回目はいちばん見どころの少ない
コースでしたか。季節が草花の多い季節でしたら良かったのに…
せめて素晴らしい富士山の姿を見られれば…ちょっと残念でしたが
これだけの範囲回数あると、そういうこともあるのですね。
6回目でいらした「富士山資料館」は、私も昨年夏に
富士サファリパークへ行った帰りに立ち寄りました。
でも、見落としたり忘れたことも多く、tonaさんの記事で
再勉強させていただきました。
その他は、頼朝の井戸や「冨士の巻狩り」のことなども初めて
しりました。鎌倉からだと結構距離があるように思いますが、
1ヶ月にも渡ってとは、すごい演習をしたのですね。
私たちにとって富士山は、ずっと今の姿ですけれど、頼朝が見ていた
富士山の姿は今とは少し違う姿だったのだなぁと思うと
なんだか不思議な気もします。このままずーっと静かでいて
ほしいものです。

投稿: ポージィ | 2015年3月16日 (月) 20:21

★matsubaraさま

私も富士山については高さを知っていて、五合目のあたりをぶらぶらとした程度でした。
面白くないところもあるとは思いながら、この裾野だけは17回を歩き切ろうと思っています。
毎回少しずつ勉強になっています。さすが世界文化遺産に入っただけのことはあると感じました。
富士五湖も奈良時代にはまだ出来てなかったのですね。富士山を眺めることのできる貴重な湖です。
地球博に死海プールがあったのですか。
浮くのは結構難しく最初はひっくり返りそうになりましたよ。

投稿: tona | 2015年3月16日 (月) 20:27

★ポージィさま

こんばんは。
半周に近づきました。
冬は枯れ野原でお花もないので迷ったのですが、富士山がきれいに見えるのは冬かなあと思い申し込みましたが、晴れていても富士山だけ雲に覆われることもあるのですね。これは意外でした。
富士サファリパークは横目で見て通り過ぎたのが残念でした。富士山資料館にも寄られたのですね。
頼朝の演習にも驚きました。こんな武士の頭領が三代で途絶えてしまうことを誰も思わなかったでしょうね。
頼朝たちもどんな思いで富士山を見たのでしょうね。今のように都市が発達していないその昔でも演習に使う広い場所はここしかなかったのでしょうか。
徳川家康が鷹狩りを富士山でしたかと調べましたが、行っていないようでした。
大爆発で富士山がなくならないように祈ります。ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年3月16日 (月) 20:49

こんばんは happy01
2週続けて富士山すそ野ウォーキングに参加されたのですね。
毎回2万歩ほど歩かれ、本当に健脚です。
お疲れ様でした。
何度も爆発を繰り返し、今の美しい富士山ができたのでしょう。
いつ、何回見ても見飽きない、それが富士山ですね。

投稿: 慕辺未行 | 2015年3月16日 (月) 21:46

★慕辺未行さま

おはようございますsun
2万歩が何でもなく歩けることに感謝です。
家にいるときなど膝のあたりが何やら怪しいことが多いからです。こうなると何でも老体をだましだましです。
大きな山を変えるほどの爆発は4回で、今の富士山が出来てからも延暦、貞観、宝永とあって、宝永では3つの噴火口ができ、宝永山までできて、ちょっと向きによっては格好が悪くなりました。
仰るように毎日見たとしても飽きない富士山です。

投稿: tona | 2015年3月17日 (火) 08:40

富士山すそ野一周ウォーキング、17回もあるのですか。
あまり面白くないと分かっていても参加なさり、ひたすら歩かれることに脱帽です。
死海のような濃度の温泉には
以前、箱根のユネッサンで入ったことがあります。
確かに面白いように浮かびますよね。

投稿: zooey | 2015年3月17日 (火) 18:23

★zooeyさま

今、他のウォーキングを申し込んでいるのですが、完歩ではなくて、いいとこ取りで行こうと思っていますが、富士山裾野だけは完歩をめざしています。
学校を卒業以外は殆ど最後まで喰いついてやりつくしたことがないので、これと結婚生活は成就したいです。

箱根にもあるのですか。
浮くのが面白いですね。結構長く遊んでいました。

投稿: tona | 2015年3月17日 (火) 19:18

おはようございます
流石、山Gですね
大したものです。神戸家ならrvcarってことになりかねません。
食事も、胃にやさしそうで何よりです。

投稿: OB神戸家 | 2015年3月18日 (水) 08:00

★OB神戸家さま

おはようございます。
裾野ですので、殆ど登山はないのですよ。
ほぼ平坦な道を歩くのですが、いつも2万歩以上、30人くらいで歩きますので、結構スピードがあります。
山Gならぬ山姥でございます。fuji

投稿: tona | 2015年3月18日 (水) 08:14

富士山裾野ウォークも7回目を終え、ほぼ半周ですか・・・
月に2回とは頑張っていますね。
確かにこの冬には良く見えていた富士山も、3月に入ったとたんに見えない日が多くなりました。
せっかく富士山のふもとを歩いているのですから、見えて欲しいですね。

頼朝の井戸や「冨士の巻狩り」のことは知りませんでしたが・・・
頼朝が見た富士山は宝永火山はなかったということですね。
富士山が近々爆発するのでは?という記事を多々見ますが、私も恐れていますよ。

投稿: nao♪ | 2015年3月18日 (水) 14:15

★nao♪さま

たまたま成立したのが月2回になってしまいました。
このあと4月の8回目から富士山が霞んで見えないかもしれませんね。7月8月は暑いので休もうかと思っていますので、別のサイクルにいい季節のに申し込みます。

仰るように頼朝は宝永火山を見てないのですね。静岡側からも形が優美だったでしょう。
富士山の大爆発は東京まで灰が降って来るらしいし、経済的打撃も甚大でしょうね。地震も心配されるし、あの東日本大震災以来、急に恐怖感がつのってきました。
お孫さんたちにその恐怖を味わわせたくないですね。

投稿: tona | 2015年3月18日 (水) 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/61290619

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山すそ野一周ウォーキング6、7:

« 日本画って何? | トップページ | 小惑星の名前が「コクブンジ(Kokubunji)」に決定 »