« 富士山すそ野一周ウォーキング8 | トップページ | ハウステンボスと雲仙温泉(2) »

2015年4月12日 (日)

ハウステンボスと雲仙温泉(1)

4/9~4/11まで柳川、雲仙、長崎、ハウステンボスの旅行に参加しました。10日は1日中雨の予報でしたが、幸い降られず夕方から晴れてきました。長崎県の地図をじっくり眺めたのですが、いくつかの半島と壱岐・対馬・五島列島を含む日本一多い島々からなっているし、有明海、島原湾、大村湾、橘湾など入り組んでいて、地図を書きなさいと言われたら唸ってしまう地形です。

1日目・4月9日(木)晴のち曇り  羽田~福岡空港~柳川~雲仙温泉

●柳川 

2年前の今頃この「どんこ舟下り」をしています。柳も芽吹き、藤やツツジも咲いて長閑な風情が漂っていました。写真には撮れなかったですが、柳の花を初めて見ました。行き交う舟の人は殆どが中国の人たちでした。450x300_2
450x300_3
450x300_4
             亀の甲羅干し 全員同じ方に向いている450x300_5
<北原白秋生家> 柳川市立歴史民俗資料館
北原白秋の生家は酒造業で、明治18年に生まれ、この家で19歳まで過ごした。
生家には柳川市に伝わる吊るし飾りの「さげもん」が展示されていました。伊豆・稲取の雛のつるし飾りに似ています。

Wikipediaより
女児の生まれた家庭では、その一生の幸せを願い雛壇は父方の実家から、さげもんは母方の親戚、母、祖母が用意する。
正式には約40cmの竹輪に赤白の布を巻きつけ、細工ものと柳川まりを交互に7列7個の49個をつるす。全高は150cm程。
人生50年と言われた時代に女性は一歩引いて49年と配慮した意味を含ませ、さらに中央に特大柳川まり2連を加え計51個とする事により、人生50年よりも長生きできるように願をかける。これを初節句の際、雛壇の横に左右対で飾る。現在では簡易型の5列5個毬1やガラスショーケースに入ったものもある。(よくわかる写真が貼られています)450x300_6
450x300_7
                     酒造り模型450x300_8
                柳川藩主立花邸御花の西洋館450x326
●有明海 有明フェリーで熊本県長洲港から長崎県島原半島多比良港へ
餌をやっている人がいてカモメが寄ってくる450x300_9
島原半島の雲仙岳が見えてきた。最近できた平成新山(1483m)は普賢岳より高く、長崎県の最高峰とのこと。450x300_10
●雲仙地獄
30あまりの地獄があって最高温度は120℃。温泉と噴気が激しく噴出し、強い硫黄臭が漂っています。450x300_11
                     八万地獄450x300_12
                     大叫喚地獄450x300_13
                     邪見地獄450x300_14
江戸時代には殉教者がここで地獄に投ぜられたり、熱湯をかけられたりして殉教していった。その記念碑が建っている。300x450
夕食 シーフードサラダには15種類の地元野菜が盛られています。鍋は天草四郎が考案したという具雑煮。450x300_15
225x150225x150_2





|

« 富士山すそ野一周ウォーキング8 | トップページ | ハウステンボスと雲仙温泉(2) »

コメント

こんばんは happy01
長崎へ旅されていましたか?!
素敵なところですよね。
私は学生の頃、2年続けて九州を旅して以来、もう30年以上も九州を訪れていないのです。
柳川の川下り、懐かしいです。前日に泊まったユースホステルの仲間たちとともに楽しんだことを思い出しました。
白秋生家もみんなで訪れました。
そして昼食は、旧立花邸のお花でウナギのせいろ蒸しを皆で食べたような記憶があります。
雲仙は訪れていないのですが、普賢岳の爆発と土石流による被害は今も覚えています。

記事を拝見し、若かりし頃の懐かしい旅の思い出がよみがえりました。
ありがとうございました。

投稿: 慕辺未行 | 2015年4月12日 (日) 23:14

★慕辺未行さま

おはようございますcloud
春に3日の晴れ間なしですね。
早速にコメントをいただき有難うございます。
学生時代に旅されたとのこと、私も50年以上も前にユースホステル利用で九州一周しました。
お花でのせいろ蒸しは家族の北九州転勤時に行って食べましたが、今回はツアーなので機会を逸しました。美味しいですよね。
白秋生家は今回全く初めてで、資料館で白秋の詩集を見て昔鑑賞したことを思い出していました。
雲仙地獄は昔から途切れることなく蒸気を出し続け、地球の中を想像させます。この地獄でも殉教があったことを初めて知りました。

投稿: tona | 2015年4月13日 (月) 08:10

こんにちは
 
長崎へご旅行にいらしたのですね。
tonaさんの記事を拝見して初めて知ることの方が多く、
長崎の地への思いが深まる気がしています。
 
この季節の舟下りは気持ちがよさそうです。柳がすっかり芽吹き、
なんと藤の花ももうこんなに咲いていたのですね。美しいです。
晴れてきてよかったですね♪
柳川の雛飾りのしきたりやいわれも興味深く拝見しました。
決まりごとにさまざまな意味と祈りがこめられているのですね。
 
雲仙地獄のもうもうたる噴煙は、地中の生々しさを感じます。
なんと… この場所でキリスト教信者をそんなかたちで処刑した
歴史もあるとは。弾圧の歴史は知っていますが、これまで以上に
残虐に感じました。

投稿: ポージィ | 2015年4月13日 (月) 10:03

ソメイヨシノが終わったというのに、冷たい雨の日が多いこと!
tonaさんは南国九州で、雲仙の温泉とハウステンボスのチューリップを楽しまれたようで良かったですね。
私のブログ仲間も4月5日から同じコースを巡り、ブログにUPしています。
やはり空港到着後、柳川の舟下りを楽しんだようです。
実は1月の新年会を兼ねたオフ会の時に「一緒に行かない?」と誘われていました。
まだ気持ち的に落ち着いていなかったので断りましたが、行けば良かったと後悔もあります。
私は雲仙は泊まったことがありますが、ハウステンボスは(夫が仕事で何度か行きましたが)知らないので・・・
でも結局はこの4月初めは風邪を引いてしまい、諦めが付きましたが・・・

宿のお食事を拝見したら、ブログ仲間の画像と同じでした。
日にちは違っても同じツァーだったようです。
天気予報は曇りと雨マークだったけど、傘の出番は一度もなく「私は晴れ女!」という題名で彼女はブログをUPしていました。
tonaさんも降られずに良かったですね。

投稿: nao♪ | 2015年4月13日 (月) 10:17

ぶらたもり、で長崎の町を見て、吉村昭を思い、亡妻と訪ねたことももちろん思いだしていまし。

投稿: 佐平次 | 2015年4月13日 (月) 10:48

こんにちは(^-^)
一度しか行ったことのない長崎ですが…「ブラタモリ」を観ながら…
違う視点の長崎を楽しんだばかりです~♪…ここも歴史が埋もれていますね…

花の「西洋館」といいながら…日本のお城の雰囲気を漂わせていますね(^O^)

投稿: orangepeko | 2015年4月13日 (月) 12:33

★ポージィさま

ありがとうございます。
柳川と言ったら何となく柳のイメージがありまして、丁度芽吹いた柳に地味なお花を見て感動していました。2年前なのでさすがに覚えていました。
前回は白秋の生家に行きませんでしたので、今回初めてさげもんの意味を知って楽しく見る事が出来ました。生まれてきた女児への思いは世界的に見ても素晴らしいですね。

楽譜のキリシタン弾圧はすさまじいです。それでも誰も信仰心篤く神の名前を唱えながら殉教したそうです。強いですね。

投稿: tona | 2015年4月13日 (月) 12:53

★nao♪さま

ありがとうございます。
今日も雨です。春で心浮き浮きなのにこのお天気では気が滅入ってしまいますでしょう。

まあ!ご友人も私の4日前のでいらしたのですね。とても混んでいまして、ツアー人数も45人という最大人員でした。
一度ハウステンボスのライトアップとチューリップを見てみたかったのですが、どうやら間に合いました。
雲仙温泉は硫黄泉で肌がつるつるするような感じでした。
nao♪さんは風邪を引かれてしまったので、参加しなくてよかったことになりますね。来年もありますし、バラやアジサイの季節もあります。バラの頃は、仁田峠のミヤマキリシマが見られるそうです。
個人ではなかなか行かれないハウステンボスですので参加できてラッキーでした。

投稿: tona | 2015年4月13日 (月) 13:06

★佐平次さま

ありがとうございます。
ぶらたもりはまた再開しました。京都編を観ましたが長崎は観ていませんで残念です。
長崎と吉村昭とは『ふぉん・しいほるとの娘』tとか『戦艦武蔵』ですね。奥様とのご旅行とは当時としては珍しく遠いところですね。

投稿: tona | 2015年4月13日 (月) 13:12

ブログで自分の過去をくぐって見ましたら
10年前と5年前に、そして記憶によれば
25年前に柳川に行っていました。
白秋生家も訪ねました。
のんびりとした船の風情を思い出しています。

温泉地獄も周りましたのでコースに入って
いたのでしょう。

しかし、ハウステンポスは、行かずじまいでした。
九十九島など見るべきところが多い九州ですね。
臼杵石仏も思いだしました。
高千穂峡もよかったです。

長崎は異国情緒が漂い、格別の場所ですね~

投稿: matsubara | 2015年4月13日 (月) 13:14

★orangepekoさま

ありがとうございます。
「ブラタモリ」をご覧になられて良かったですね。私は見損ないました。
今回は殆ど長崎県をうろうろしたわけですが、50年以上も前でしたので何も覚えていませんでした。もちろんハウステンボスは当時はなかったですし、旅の中身も変わってきました。当時はユースホステルを利用し、食事もお粗末でした。

投稿: tona | 2015年4月13日 (月) 13:17

★matsubaraさま

ありがとうございます。
私も柳川は3回目くらいです。53年前に九州を廻りましたがその時は柳川が入っていたかも忘れました。記録も全然ありませんし。
雲仙地獄は行っているはずなのに全く記憶にありませんでした。凄い湯煙ですね。
臼杵の石仏ですが、吉田茂に似た方は良く覚えています。六郷満山も面白かったです。これは九州に住んでいた時に行きました。
忘れるので何度行ってもいいものです。

投稿: tona | 2015年4月13日 (月) 15:18

こんにちは。九州旅行にお出掛けでしたか。長崎はまだ行ったことが無く一度は行きたいと思っています。雲仙の温泉も気持ち良いでしょうね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年4月14日 (火) 07:31

★多摩NTの住人さま

おはようございます。
コメントをありがとうございました。
坂の町、長崎は高台からの眺めがすばらしいですね。稲佐山からの夜景は残念ながらまだです。
雲仙温泉は黒い温泉ですが、なんとなくつるつるになったような良い湯でしたよ。

投稿: tona | 2015年4月14日 (火) 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/61429628

この記事へのトラックバック一覧です: ハウステンボスと雲仙温泉(1):

« 富士山すそ野一周ウォーキング8 | トップページ | ハウステンボスと雲仙温泉(2) »