« 東海道五十三次 三島宿~沼津 | トップページ | 9つの城めぐり(1) »

2015年5月26日 (火)

『大英博物館展』 東京都美術館

近所に突然今年咲いている珍しいクレマチスは初めてです。
検索したら「白万重」(しろまんえ)でした。万重咲きといい、幾重にも花弁を重ねる八重咲き種とのこと。
450x300
450x300_2
450x300_3
クレマチスの種類の多いことに驚きました。214種も挙げられていて、まだまだあるらしいのです。

         ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

495x700『大英博物館展』100のモノが語る世界の歴史 東京都美術館

大英博物館には700万点ものコレクションがあるそうです。
その中から100点をどのように選んだのか?
人類200万年の間に制作された様々な時代のモノ、様々な地域のモノを8つの時代に分けて展示している。
1つの時代区分の展示品を、まず写真と説明文で並べ、それが世界地図のどこにあるかを図示し、さらに一つ一つ実物展示品と丁寧な説明文を掲げるという3段階方式としているのが、一度に頭に入らない私には斬新な展示方式です。

200年前のタンザニアの、私には使用痕がどこに有るか分からない、礫石器(れきせっき・原石を加工せずに、そのまま使った石器)は何だという感じです。
ここから始まったモノから1番新しい作品はモザンビークの「銃器で作られた’母’像」です。ポルトガルからの独立後ずっと続いていた内戦が1,992年終結。後には多くの銃と地雷が残った。この像は銃器だけで作ったお母さんの像でとても印象的でした。
あと教科書や映画で紹介されている「ルイス島のチェス駒」や「ウルのスタンダード」、ユーラシア大陸各地のみならずアフリカ、北・中南米、オーストラリアの出土品、材質も様々で興味深い展覧会でした。2_276x450

|

« 東海道五十三次 三島宿~沼津 | トップページ | 9つの城めぐり(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/61647961

この記事へのトラックバック一覧です: 『大英博物館展』 東京都美術館:

« 東海道五十三次 三島宿~沼津 | トップページ | 9つの城めぐり(1) »