« 富士山すそ野一周ウォーキング9 | トップページ | 西江雅之著『ヒトかサルかと問われても』 »

2015年5月16日 (土)

品川神社と泉岳寺

ブログ友のgakisroomさんが、双龍の彫刻のある鳥居として品川神社をご紹介くださったので、行って見ました。
京急で品川駅から二駅2分の新馬場駅前の道路を挟んだ向こう側にあります。

鳥居が見えました。龍が鳥居に巻きつくように彫刻されています。凄い迫力。双龍鳥居はこの他に高円寺境内の稲荷社と阿佐ヶ谷の馬橋稲荷神社にもあり、東京三鳥居と言われている。450x300
                    左側は降り龍です269x450
                     右側は昇り龍です272x450
             鳥居の左側高く富士塚が見えています450x413
                       本殿450x300_2
450x300_3
1185年に源頼朝が安房国州崎明神を勧請し創建され、1591年に徳川家康が品川大明神へ5石の朱印社領地を賜りました。そのため提灯に三つ葉葵が見られる。300x450
                       神楽殿450x300_4
                     お稲荷さんも450x300_5
そこを回って奥には板垣退助と4番目の妻のお墓がありました。高知には3番目の妻と一緒の墓石があるそうです。450x300_6
隣に佐藤栄作の筆による「板垣死すとも自由は死せず」の石碑がある。品川神社の社域がもと東海寺の寺域であったため、社殿裏が墓となっているというわけだ。450x294
都内最大の高さ約15mの富士塚・品川富士に登る
           二合目の石室に役行者が夫婦の鬼を従えている450x300_7
                       六合目450x300_8
          頂上は平で何もなく、京急電車が走るのが見えました。450x300_9
               後ろの道を降りると浅間神社に至る450x300_10
            北馬場参道通りの所は東海道品川宿であった450x300_11
300x450_2
品川駅を挟んで北馬場駅と反対方向すぐに泉岳寺駅があるので、降りて泉岳寺に寄りました。先日日本三大仇討の一つの工藤祐経の墓を富士山で見ましたが、やはり三大仇討の一つ、忠臣蔵の四十七士の墓です。450x300_12
                   大石内蔵助良雄の銅像300x450_3
首洗い井戸 吉良上野介の首をこの井戸で洗って、主君の墓前に供えたという。300x450_4
                奥の主君の墓と四十七士の墓450x300_13
後日、三大仇討の最後の一つに関係する史跡を見ることになります。

お昼過ぎたので、築地場外に出てお寿司を食べて帰りました。

|

« 富士山すそ野一周ウォーキング9 | トップページ | 西江雅之著『ヒトかサルかと問われても』 »

コメント

車窓から品川神社は何度も見ていたのですが
近くに行ったことがありません。
いろいろ見るべきものがありますね。

泉岳寺は何度も行きました。知人の多くが
リクエストされるのです。連れて行って欲しいと・・・
大抵満足されます。赤穂にもいろいろあり
そこも近くでしたので、人を案内しました。
岐阜にも関西にも忠臣蔵ファンが多いのですね。

東京にいた時は次々と人が我が家に来られ
案内して差し上げました。関西に居た時も
岐阜の親類や知り合いを案内しました。
その時は姫路城と赤穂城がメインでした。

投稿: matsubara | 2015年5月17日 (日) 08:02

富士塚・品川富士については帰ってから知りました。
「登頂」しておけばよかったと悔やんでいます。

投稿: gaki | 2015年5月17日 (日) 18:56

★matsubaraさま

私は品川神社を初めて知りましたが、いろいろと有名なのですね。東京十社の一つでもあります。
四十七士の墓は昔行ったのに、何も覚えていませんでした。行って良かったです。
姫路城と赤穂城は今月末に行きます。
赤穂城は初めてで、楽しみです。
姫路城は修復直前に行きましたが、白くなったのを見たいので、再び参ります。

投稿: tona | 2015年5月17日 (日) 19:47

★gakiさま

この度はありがとうございました。お陰様で雙龍鳥居を見ることができました。
調べましたら、富士塚のことが書いてありました。『ご近所富士山の「謎」』という本を持っていましたので、これを見ながら登山を楽しみました。一合が階段が5段とか2段くらいしかなくておかしかったです。
昔はここから富士山が見えたそうですね。

投稿: tona | 2015年5月17日 (日) 19:56

こんにちは。3年前に友人たちとの歩く会で、泉岳寺から旧東海道を平和島あたりまで歩きましたが、この階段は昇った記憶が無いので、通過してしまったのかも知れません。泉岳寺で四十七士の墓を見ると、実際にそんなことがあったんだなあと思えますね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年5月18日 (月) 07:39

★多摩NTの住人さま

おはようございます。
歩く会楽しそうですね。
品川神社見過ごされてしまいましたか。
四十七基のお墓がずらっと、でもこじんまりした感じで並んでいるのは、おっしゃる通り、あの時代にあったことを実感させてくれます。
有難うございました。

投稿: tona | 2015年5月18日 (月) 08:22

こんにちは
 
品川神社の富士塚はTV等で見たことがありますが(多分…)
その神社の鳥居に龍が巻きついているのは初めて拝見します。
迫力がありますねぇ。同時に鳥居をくぐるときに常には感じない
緊張感を持ちそうな気がしました。
富士塚は本物の富士山に登る代わりに手軽に富士山詣でをできるのですね。
これくらいなら、私にもなんとか登れそうです。
 
近くに泉岳寺もあるのですね。先日のすそ野ウォークで
曽我兄弟の仇討ちに触れられ、今回は赤穂四十七士のお墓にも。
残るは三重県伊賀市ですね。夫方の菩提寺である萬福寺には、
討たれた河合又五郎のお墓があります。お寺は法事で何度も
行っていますが、とりたててそちらのお墓にお参りをしたことはなく、
鍵屋の辻にも行ったことがないままでいます。

投稿: ポージィ | 2015年5月18日 (月) 10:44

★ポージィさま

品川神社は有名だったのですね。
すぐ近くの東海寺の沢庵和尚の墓のある所と思っていました。関係はあるのですが。
富士塚は極々簡単に登れますよ。鳥居の所からの階段を含んで15mのようですから。

まあ、ご主人様方の菩提寺に河合又五郎のお墓があるのですか。山口県かと思ってしまいましたが、萬福寺は伊賀にあるのですね。
鍵屋の辻は史跡公園になっているなど、伊賀越の仇討ちについては全く知りませんでした。
沼津のは渡辺数馬の奥さんのお父さんのことで、仇討ちそのものではないのですが、浄瑠璃でその劇的な話が語られた場所に参りました。
思いがけないお話をありがとうございました。

投稿: tona | 2015年5月18日 (月) 14:34

ただ階段を上がり、手を合わせて来ただけでした。
もっと注意深くあらねば!

投稿: 佐平次 | 2015年5月19日 (火) 11:37

★佐平次さま

もうここへいらしていたのですね。
私も何も気がつかないでお参りだけするところでした。面白かったです。

投稿: tona | 2015年5月19日 (火) 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/61599097

この記事へのトラックバック一覧です: 品川神社と泉岳寺:

« 富士山すそ野一周ウォーキング9 | トップページ | 西江雅之著『ヒトかサルかと問われても』 »