« 『大英博物館展』 東京都美術館 | トップページ | 9つの城めぐり(2) »

2015年6月 1日 (月)

9つの城めぐり(1)

2009年に平成の大修理が始まる前に見に行った姫路城が真っ白になったということで、再び見るためにコースに入っていたツアーに参加しました。
『城にみる堀と石垣の造形美名城めぐり3日間』というもので、岡山県と兵庫県が4城ずつ、鳥取県が1城で全て100名城に入っています。
同行24名でしたが多くが100名城マニアで100名城のスタンプ帳を持っていて、到着すると押しています。そんなことも知らないで参加したのですが、中には90以上踏破した人も居て、50,60はざらで驚いてしまいました。

「城」とは天守があり、なくても櫓がいくつかあるものと思っていたのですが、実際は砦や土塁、堀や石垣で囲まれた寺社までも数えることがあって、その数5万とも言われている。
建造物のない城見物はつまらないものと決め込んでいたのですが、今回「日本のマチュピチュ」と呼ばれる竹田城を見て、壮大な堀や石垣を築いた先人の偉業に触れることが出来、建物を想像しながら城址を楽しむことを学びました。
多くあった城も一国に一城ということで壊されてしまったり、攻め滅ぼされてしまったり、空襲で焼失してしまったりした中、現存する天守は12城あり、そのうち4城が国宝です。

<一日目>
備中松山城 岡山県高梁市 、国指定重要文化財
岡山空港からまず行ったのが備中松山城です。現存天守を持つ山城としては最も高く標高430mに聳える。
ミニバスに乗り換えて8合目に行き、そこから頂上まで登る。
見えてきたのが石垣群。天然の岩盤の上に石垣を築き、更に土塀(半分は現存で半分は復元)を建てている。300x450
450x300
現存の天守は江戸時代に建てられたもので二層二階。天守に神棚や囲炉裏が設けられているのは珍しいそうだ。450x300_2
450x300_3
450x300_4
                              江戸時代に建てられた現存の二重櫓450x300_5
眼下には高梁市の家々が見えている。城主は麓の御根小屋に住んでいた。450x300_6

赤穂城 兵庫県赤穂市、国の史跡。
1661年に完成したが、天守は造営されず天守台のみが残っている。明治時代に建てられた建物はすべて破却される。450x300_8
450x300_9
                              円形に造られた石垣は珍しいそうだ300x450_2
復元された本丸表門。復元とは設計図があって、当時と同じ建材を用いるなど4つの条件が満たされないと復元とは見なされないそうだ。この門だけでも6億円かかったとか。450x300_10
                                   復元された本丸庭園(国の名勝)450x300_11
寄付によって徐々に復元されつつある途中の石垣。石垣の造り方がよくわかる。450x300_13
                                 復元された大石内蔵助邸長屋門450x300_14
      大石神社 明治時代になってから創建が許され1912年に竣工された450x300_15

明石城 兵庫県明石市、国の史跡。
二代将軍秀忠が西国諸藩に対する備えとして小笠原氏に築城を命じ、1618年に完成。2つの櫓と石垣・堀・土塁が現存。天守台は築かれたが、天守は建てられなかった。

阪神・淡路大震災で大きな災害を受けたが、修理された左・坤(ひつじさる)櫓と右・巽櫓450x269
                                                 坤櫓450x300_16
450x300_17
                                                   巽櫓450x300_18
宮本武蔵の庭園 宮本武蔵が藩主の命を受けて城内に御茶屋、築山、泉水、滝などを造った。又武蔵は明石城下の町割りを行った。450x300_19

|

« 『大英博物館展』 東京都美術館 | トップページ | 9つの城めぐり(2) »

コメント

こんにちは♪
『城にみる堀と石垣の造形美名城めぐり3日間』
こんなツアー旅もあるのですね。お城好きの方にとっては
効率よく説明も付いたお城巡りができるとあって人気なのでしょうね。
もうすでに90も巡って来た方もいるとはすごいです。
北海道から沖縄まで各地に行かれたということですね。
 
私は、僅かしか行ったことなくよく知りもしませんが、それでも
お城には惹かれていますので、記事がとても楽しみです。
今日ご紹介くださった備中松山城、赤穂城、明石城はいずれも
写真で拝見するのすら初めてですが、なかなか見ごたえがありそう。
備中松山城にいちばん心惹かれますが、赤穂城の円形の石垣や
作りかけで石垣の断面が見える状態なども興味深いです。
竹田城にも行かれたのですねぇ。(2)(3)どちらで登場でしょ。
楽しみです。あそこはシチュエーションがすばらしいですね。
 
市内に大庭城址公園がありますが、建物はなくその当時の城の形も
よく知らないため想像で思い描けずにいます。復元模型でもあると
もっと楽しめそうと思っています。

投稿: ポージィ | 2015年6月 1日 (月) 18:03

予定通り城めぐりをされてよかったですね。

備中高松城以外は行きました。
赤穂城は30年の間に整備されましたようです。
47士の木像などもありましたね。

明石城は新婚時代近くに住んでいましたのでこの
城内を長男を乳母車にのせて散歩しました。
とても懐かしいところです。近くに人丸神社が
あり、柿本人麻呂を祀っていました。

投稿: matsubara | 2015年6月 1日 (月) 19:14

★ポージィさま

お城めぐりが趣味の方たちの情熱も大したものでした。何でもお城めぐりのツアーがたくさんあるらしく、ある方は4つ先まで予約したとか、家族から呆れられているそうです。
私は今回8つも増えましたので27城になります。100城を目指していませんが、それでも楽しめた城めぐりでした。

備中松山城はよくあんな高い所に築いたものです。ピラミッドも凄いですが、石垣の数々、よく石を運び上げたものです。
石垣ってどのように作るのか疑問でしたが、作りかけがあったので貴重なものが見られました。
竹田城は2日目です。

大庭城址公園、聞いたことがあります。善行駅に近いのですよね。文教大学の近くに家の墓地がありますので、そこから東の方向です。
復元模型があるといいですよね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年6月 1日 (月) 20:01

★matsubaraさま

お城ばかりでどうかと思っていましたが、お陰様でとても惹きこまれたツアーでした。

赤穂城に隣接する大石神社の参道には、中国の兵馬俑製作者の指導による四十七士石像がありますが、違和感がありました。木像の方は見る時間がありませんでした。

明石城のお近くにお住まいだったのですね。いい所ですね。
人麻呂の碑がありましたが、別に神社があったのですね。調べてみなくては。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年6月 1日 (月) 20:10

こんにちは。面白そうなツアーですね。とても興味深い記事です。姫路城はずいぶん白くなったようですね。「白鷺城」ではなく「白過ぎ城」と言う口の悪い輩がいるようです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年6月 1日 (月) 21:28

こんばんは happy01
今回は中国地方のお城めぐりですか?!
備中松山城は、いつだったか他のブロ友さんが紹介したことがありました。
が、その方は個人で出かけられたので、お城まで登るのを諦めたそうです。
赤穂城や明石城も白を基調としたきれいなお城ですね。
竹田城址や姫路城も楽しみにしています。

投稿: 慕辺未行 | 2015年6月 1日 (月) 21:28

★多摩NTの住人さま

観光がすべて城というのは飽きるかと思いきや面白かったです。
まあ!「白すぎ城」ですか。大笑いです。
半年もするともう汚れ始めるのでしょうかね。大気汚染だけでなくカビも生えるのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年6月 1日 (月) 21:34

★慕辺未行さま

こんばんは。
はい、お城ばかり9つも続けて見て、どこがどんな印象だったか、3つ以外は写真を見ないと思い出せないです。
これは瀬戸内海の島を11も続けて見て、今ではどこが何島か全く思い出せないのと同じ運命を辿りそうです。
今回山城は狭い道路なので別のバスに乗り換えていくことが出来ました。ツアーはありがたいですね。
次は姫路城と竹田城址ですのでまた見てください。ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年6月 1日 (月) 21:41

9つの名城巡りですか、とても粋なツアーをされましたね。
最初から、備中松山城が登場して嬉しくなりました♪
帰郷の際、鉄道利用で岡山から伯備線に乗ることがあります。
あの沿線は小説や映画の舞台もあり、時間があると途中下車で探訪してます。
なかでも高梁の街が好きで、お城も登りました。
津山城は行きましたが、赤穂も是非行きたいです。
百名山ならぬ百名城を目指す…達成感あるでしょうね~

投稿: だんだん | 2015年6月 1日 (月) 23:10

★だんだんさま

おはようございます。
姫路城という文字が飛び込んで申し込みましたら見たことないお城8つも見られてラッキーでした。
伯備線通っていましたよ。
岡山は横溝正史の疎開先だったとかで、あの因習芬々たる世界がここから生まれたとかガイドさんが言っていました。
高梁を今まで読み方さえ知りませんでした。恥ずかしい。津山城も3日目に行きました。
私は百名山も百名城も25くらいです。どちらも目指していませんがやる人は羨ましいくらい生気に溢れています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年6月 2日 (火) 07:57

落語家の春風亭昇太が城マニアで有名です。
よく見ないと判らないような城址が好きだと言ってました。

投稿: 佐平次 | 2015年6月 2日 (火) 10:15

★佐平次さま

ありがとうございます。
昇太さんのおっしゃるよく見ないとわからないような城址好きが本当のマニアだということが今回わかりました。
昇太さんは故坂東三津五郎さんとともに城マニアとして有名ですね。

投稿: tona | 2015年6月 2日 (火) 15:31

お城マニアという人が
世の中にはそんなにいるのですね。
門だけで復元に6億ですか。
復元、修復、管理、維持にお金がかかると聞いていますが
本当にそうですね。
でも大事な文化遺産、どうにかして残して欲しいものです。

投稿: zooey | 2015年6月 2日 (火) 16:48

★zooeyさま

ありがとうございます。
お城マニアは例の有名人しか知りませんでした。普通の人々がお城を夢中になって巡っているのに驚きました。
復元と認定されるには条件が厳しく、そしてお金がかかることがわかって、復元された建物をありがたく見るようになりました。
大切な文化遺産に油をかけるという不埒な人もいる世の中、何だかやりきれない思いです。

投稿: tona | 2015年6月 2日 (火) 19:28

懐かしい記事と写真を拝見いたしました。備前松山城はまだ行ってませんが、後はすべて行ってます。
姫路城は昭和から平成に変わる時期に、2年間姫路郵便局に勤務しました。
郵便局の屋上から見る姫路城は、最高のロケーションで、特に桜のシーズンは抜群です。
明石には平成6年から1年間勤務し、宿舎が城の北西に当たる上の丸町で、
堀の真横に有りましたから、毎日石垣と堀を眺めながら出勤しました。
姫路の勤務時代はブロックの幹事局の関係で赤穂や和田山によくでかけました。
その当時竹田城では「風雲竹田城」とか言う映画のロケが行われていて、城壁も天守閣も設置されていました。
ロケ終了後に施設の存続を求める声も高かったのですが、安全性の問題で取り壊されました。

投稿: syozen | 2015年6月 2日 (火) 23:45

今度は「九つのお城めぐり」ですね。ご夫妻でお出かけですか?
知的好奇心が旺盛で、心身ともにお元気な証拠ですね。

この九つの中で私が知っているのは「姫路城」だけかと思います。
どのように白く変わったのか?とても興味があります。
写真を趣味とする者にとっては日本のマチュピチュと呼ばれる竹田城に是非行ってみたいですね。

山巡りと違い城巡りはそれぞれに深い歴史があり興味が尽きないのでは・・・?
これからは是非日本中のお城を巡りご紹介ください。

投稿: nao♪ | 2015年6月 3日 (水) 07:56

★syozenさま

コメントいただきありがとうございます。

名城を眺められるお勤め先や通勤路に恵まれていらしたのですね。
富士山を毎日眺めると同じく、素晴らしい環境です。現在も奈良?にお住まいのようで羨ましく思います。
姫路城には桜の木がたくさんあり、季節にはさぞや美しく人も集まるのでしょうと思いました。
兵庫県は赤穂、姫路、明石それに竹田城と素晴らしいお城の宝庫です。
「風雲竹田城」は見ませんでしたがよく覚えているタイトルです。
建物が一つもないのもなかなかでした。

投稿: tona | 2015年6月 3日 (水) 08:31

★nao♪さま

ありがとうございます。
姫路城と竹田城だけが目的だったのですが、お城だけのツアーが、結構面白くはまっている人の気持ちがわかりました。
友人と行きました。
雲海に浮かぶ竹田城の写真をいつか是非撮ってください。とても大変でしょうけれども。

城めぐりは、山城は登山です。山に登っていて良かったと思いました。でももう2,3年したらきっと山城は無理だと思いました。景色だけは抜群ですがね。

投稿: tona | 2015年6月 3日 (水) 08:38

城廻りツアーなどというものがあるのですね。
そして、マニアと呼ばれるような人がそんなに
大勢おられるとは、びっくりしました。
歴史と結びつけて、城探訪、面白いでしょうね。
城廻り三日間ですか?tonaさんのブログを
ゆっくり拝見して、楽しませて頂きます。

投稿: 茂彦 | 2015年6月 6日 (土) 12:29

★茂彦さま

そうなのです。他に城巡りのツアーがたくさん出ているのだそうです。知りませんでした。
たまたま姫路城が入っているのがあったのですが、検索するときっとあるのでしょうね。
クラブツーリズムなのですが街巡りだけでなく、写真、ウォーキングいろいろ、山など実にたくさんあります。
有難うございました。

投稿: tona | 2015年6月 6日 (土) 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/61679104

この記事へのトラックバック一覧です: 9つの城めぐり(1):

« 『大英博物館展』 東京都美術館 | トップページ | 9つの城めぐり(2) »