« ハマユウの花が遂に咲く! | トップページ | 椎名誠の「活字四部作」 »

2015年7月20日 (月)

富士山すそ野一周ウォーキング10

6/4(木)快晴  すそ野ウォーク第10回は「白糸の滝~田貫湖」20526歩

2_650x562_2前回9回目なのに「8」書いてしまい失礼しました。この10回目はバルト三国へ行く3日前の話であります。

9回目以降、今回10回目もバスは中央高速を通り、河口湖から富士山を反時計回りに走り前回の白糸の滝に着き、そこから時計回りに田貫湖に向かって歩き始めました。

          中央高速からの東北側の富士山には6/4まだ雪がありました450x300
               西の方へ回って朝霧高原あたり空の富士山にもまだ雪が450x127
                白糸の滝付近からの富士山450x316
歩き始めると1ヶ月前とはまた違ったお花が咲き、道端には園芸種まで植えられていました。
                                           ユキノシタ450x300_2
                                                   ニゲラ450x300_3
450x300_4
450x300_5
                                              マタタビ450x300_6
                                          ハナイカダの実450x300_7
                                           フタリシズカ450x300_8
                                        トリアシショウマ?450x300_9
                                               ヤブレガサ450x300_10
                                          ナワシロイチゴ450x300_11
                                            コアジサイ450x300_12
                                         昼食(富士宮市)450x300_13
                                       ここからの富士山450x300_14
お店のすぐ横に陸軍少年戦車兵の教官、生徒六百有余を祭神として祀る、若獅子神社がある。以下Wikipedia による。
この地には昔、陸軍少年戦車兵学校があったのです。
昭和40年(1965年)12月、陸軍少年戦車兵学校の跡地に戦没同窓生の慰霊・顕彰のため若獅子の塔を建立したのを起源とし、昭和59年(1984年)10月に神社を創建したそうなのです。450x300_15
         若獅子の塔 「若獅子」とは、戦時中の少年戦車兵の愛称である。300x450
安置されるサイパン帰還戦車
機甲部隊の主力としてサイパンの戦いにて使用された九七式中戦車(チハ車)が置かれている。昭和51年(1976年)夏に発見されたこの戦車は、戦後30年余りが経ち、この地に安置された。サイパンの戦いで戦死した40余名の少年戦車兵への追悼の願いが込められている。
車体には貫通した弾の跡が各所に見られ、激戦の跡を物語っている。発見時、車内から二振の日本刀と人骨が発見された。人骨はその後の調査で、戦車第九連隊第三中隊砲手 鈴木正軍曹と判明され、遺族に返還された。
なお、同じく戦車第九連隊所属で、同時期に帰還したもう1輌は現在、靖国神社の遊就館に修復され展示されている。450x300_16
450x300_17
                                            ホタルブクロ450x300_18
イタチハギ(マメ科イタチハギ属)・・あまりきれいな花とは言えない。黒紫が涸れたような茶色に見えて葯も黄色だから。初めてです。
北アメリカ原産の落葉低木(2~5m)崩壊地や河原に野生化。
長さ6~20㎜の穂状花序を数個伸ばし、長さ8㎜の黒紫色の花を多数付けているのである。450x300_19
途中、天子の森キャンプ場がある。天子ヶ岳の麓の小川に沿ってあって、ニジマス釣りが楽しめるところ。450x300_20
午後1時半頃田貫湖に到着した。
長者が岳の麓にある周囲4㎞の、農業用水として造られた人造湖。4月20日と8月20日前後の1週間は、湖面に映るのと一緒にダブルダイヤモンド富士が見られるビュー・スポットだそうだ。また冬の夕映えに赤く染まる紅富士の逆さ富士は見事だそうだ。450x300_21
450x300_22
ガイドの先生によるとミミガタテンナンショウということで、これにも初めて出会えた。300x450_2
450x300_23
450x300_24
450x300_25
                             西湖 このほとりの温泉に寄りました。450x300_26

11回目は7月、12回目は8月でとても暑くてパス、完歩したいですが、ここを歩けるのはいつになるやら。

|

« ハマユウの花が遂に咲く! | トップページ | 椎名誠の「活字四部作」 »

コメント

おはようございます
 
梅雨入り前の6月4日の第10回目は、お写真からも爽やかな乾いた空気が
感じられるようです。青空と、雪のない夏山へと変身中の富士山が
綺麗ですね。田貫湖のビュースポットからの富士山もとても素適。
晴れて風もなければ逆さ富士もくっきり。
季節ごと時間ごとの気象条件によってさまざまな素晴らしい
シーンが見られるでしょうね。
今回は慰霊のウォークにもなられたのですね。
若獅子という少年戦車兵のこと、初めて知りました。
靖国神社にはついつい違和感や反発を覚えてしまうのですが、
容赦なく駆り出され散っていった命は心から悼むものです。
道沿いではさまざまなお花をご覧になれましたね。
自然のままの草木もあれば、園芸種あり、外来種あり…
バラエティに富んでいましたね。楽しませていただきました。

投稿: ポージィ | 2015年7月20日 (月) 09:47

 富士山一周、全行程何キロになるのですかね。今半分ちょっと。よほど脚と意志が強くなければできませんね。
 2万歩、12~13キロくらいですかね。
富士山も見る位置によって形が変わって見えます。景色や植物を観察しながらのウォーキング
楽しさもありますね。
歩いた後の食事、おいしそう。

投稿: 夢閑人 | 2015年7月20日 (月) 13:43

国内外を踏破されて健脚ぶりが忍ばれます。
自然の花を長らく見ていません。
富士山を見れば疲れも吹っ飛ぶでしょうね。

西湖は大学の時ワンゲルで行ったきりです。
もう50年も行かずじまいとは・・・

サイパンの戦車を見ると心が傷みます。
従兄は名古屋大学の前身の学校卒業間近いとき
サイパンで玉砕しました。遺髪が我が家の
金庫にあります。見るのも辛いです。
とても優秀な従兄でしたので・・・
三菱重工の就職も決まっていたのに・・・

投稿: matsubara | 2015年7月20日 (月) 14:34

★ポージィさま

そういえば梅雨入り前のお天気だったのですね。梅雨が明けて、いくら高原とはいえ、富士山裾野も今日の直射日光は耐え難いでしょう。
田貫湖はご覧のとおり波が立って逆さ富士はだめでした。
この日は富士山の最後の雪を名残惜しく見ました。富士山も5000m級ですと雪が残っているでしょうに、残念です。

少年の戦車兵がいて、この富士山の麓に学校があったのですね。
ただれた弾の跡だらけの戦車を見て、一方には特攻隊のことなども同時に思い出していました。
植物観察ではないので、ゆっくり見ている暇がないのが残念ですが、ガイドの先生の植物の知識は半端ででないので楽しかったです。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2015年7月20日 (月) 14:49

★夢閑人さま

富士山裾野一周は140kmくらいだったと思うのですが、ですから1回8km平均でしょうか。
富士山の形はどんどん変わっていきました。頂上も南側と北側では違うのですね。須走だったかあの辺りの富士山は格好が悪いです。宝永山があるので。
まだ三分の二までも達していませんが完歩出来たらなあと思う次第です。
お食事はお腹が空いているのでいつも美味しいです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年7月20日 (月) 15:00

★matsubaraさま

はっきり言って、冬は晴れれば、雪を被った富士山がくっきりと見えていいのですが、あたりは枯れ野原で面白くありません。良い季節になれば、草花を楽しみますが、雪のない富士山はちょっとさびしいです。
このように人間は実に強欲なものと我ながら呆れてしまったのがこの裾野歩きです。
でも所々史跡や遺産、そして戦争の傷跡をも見られて考えさせられました。
お従兄さんがサイパンで玉砕されたのですか。
今になりますがご冥福をお祈りいたします。
こうして優秀な若者がどんなにたくさん戦争で命を落としたのでしょう。
今の安保闘争にも反対の力入ります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年7月20日 (月) 15:10

こんばんは happy01
久しぶりに富士山すそ野ウォーキングのお話ですね。
富士山を眺めながら、ふと足元にはこの季節ならではの花や山野草!
ハナイカダ、本当に不思議な姿ですね。
一度実物を見てみたいです。
少年戦車兵と呼ばれる人たちがいたこと、初めて知りました。
そして彼らを祀る神社があることも初めて知りました。靖国だけではなかったのですね。
ボロボロになった戦車の姿が激戦を今に伝えていますね。
とても痛ましいです。

投稿: 慕辺未行 | 2015年7月20日 (月) 21:38

こんにちは。10回目はお疲れ様でした。夏の富士山の姿は、冬とは全く違う雰囲気ですね。おおらかさと力強さを感じられて好きです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年7月21日 (火) 08:08

★慕辺未行さま

おはようございますsun
暑さにばてないようにしてくださいね。

ハナイカダは裾野に結構多かったです。どこの山にでもありそうですが、どこでも見つけられるというものでなないですね。本当に葉の真ん中に花が咲いて実がなるなんて不思議です。
私も少年戦車兵がいるということさえ知りませんでした。たくさん亡くなって痛ましくなります。
戦車もまた残骸というう形で展示され、戦争の愚かさを示してくれていると思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年7月21日 (火) 08:22

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
まだ三分の二にもなりませんが、とばすことになるのですが、秋に再開したいと思っています。
毎回富士山の様子が違いますね。季節によってかくも違うのかと、雨の日は見られませんが、それだけでも楽しみです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年7月21日 (火) 08:25

快晴に恵まれた中での富士山すそ野ウォーク、素晴らしい富士山が出迎えてくれましたね。
梅雨前の6月4日の高原は多くの花々も咲いていて、ウォーキングも楽しめたことと思います。
そして若獅子の塔・・・
この地にこの地に陸軍少年戦車兵学校があったとは知りませんでした。
もう二度とこのような悲劇を繰り返してはならないと思います。
改めて今の政情に危機感を覚えますね。

田貫湖はダイヤモンド富士で有名ですね。
昔夫と、蛭ヶ岳登山の時に車を置き、ここから往復しました。バンガローが点在する静かな湖でした。

投稿: nao♪ | 2015年7月22日 (水) 08:46

★nao♪さま

雨だったらどんなでしたか、田貫湖の富士山が見られなかったです。
この日晴れて本当に良かったと思いました。
蛭ヶ岳って丹沢の最高峰ですね。帰りに寄られたのですね。
田貫湖がこんな素晴らしい所とは知りませんで、とても気に入りました。ダイヤモンド富士はなかなか個人で行くには遠くて無理ですが。
(車がないので)

若獅子神社や塔、戦車、やはり初めてでしたか。こんな所にとただただ驚き、もうすぐ終戦記念日ですが、改めて考えさせられました。もう70年も昔のことなのですね
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年7月22日 (水) 09:16

富士山ウオーク、梅雨前はお天気で良かったですね~♪
友達によると、ガイドさんのタイプは色々らしいですね。
歩け歩けだけで疲れた時や、植物を丁寧に教えてくれて嬉しかったとも言ってました。
山野草は大体見てますが、イタチハギは初めて!
何だか可哀想な色合いですよね。
ヤブレガサは食べられないけれど、モミジガサはとても美味しかったです。
逆さ富士は場所によって見ることが出来ますが、田貫湖の水面も美しいでしょうね。

若獅子と呼ばれた少年戦車隊のことは、初めて知りました。
時代を遡れば、会津白虎隊のような少年だったでしょう。
沖縄の地獄の最終戦では、熱血少年隊が組まれました。
軍部は年端もいかない子どもを軒並み刈り出して、前線に放り出しました。
無理なく楽しくウオーキングされてくださいね。

投稿: だんだん | 2015年7月22日 (水) 12:41

★だんだんさま

こんにちは。
本当にお天気でラッキーな裾野歩きでした。
ガイドさんについてはそうでしょうね。10回のうち7回は同じ植物に詳しい先生でした。
私にはそれが何よりです。
可愛そうな色合いの花、イタチハギはそれだけで忘れられない花となりました。6月に咲くのですね。
モミジガサは美味しいそうですね。
5月ごろ東北の民宿で山菜を食べるのが今の夢です。以前田沢湖温泉の民宿では感激しました。同じく秋田駒ヶ岳の麓、同じような所ですが、種類が多くて美味しかったです。
信州方面、八ヶ岳界隈も美味しいのでしょうね。

田沢湖は初めてでして、心が洗われるとはこのような場所だと思いました。

少年戦車隊の存在は知りませんでしたが、沖縄の熱血少年隊のことも思われますね。
会津白虎隊のお話も涙が出てしまいました。
もう二度とこんなことがないように祈るばかりです。
はい、決して無理しないつもりです。申し込んでいた7月11回目は、暑くて3割のキャンセル料が発生しましたが、きっぱりやめました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年7月22日 (水) 14:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/61920626

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山すそ野一周ウォーキング10:

« ハマユウの花が遂に咲く! | トップページ | 椎名誠の「活字四部作」 »