« 老舗企業の美学 | トップページ | 反ユダヤ思想の形成(なぜ嫌われたか) »

2015年8月31日 (月)

ショクダイオオコンニャクの花

世界最大級の花「ショクダイオオコンニャク」の開花間近ということで、今日臨時開園した都立神代植物園に見に行ってきました。
サトイモ科、インドネシア・スマトラ原産。絶滅の危機に瀕している。

7月に小石川植物園から預かった花が咲き、今回開花すると国内で12例目だそうで、神代植物園で栽培した花としては2011年11月以来なのだそうだ。ちなみに日本での最初の開花は1991年の小石川植物園だそうです。

今日は117㎝で昨日より6㎝成長した。
紫部分が花序付属体で緑の部分が仏炎苞、両方合わせて花序といい、仏炎苞が開いたときに開花という。気温が低いので今週いっぱいという話もある。開くと1~2日で閉じるが、開いたときに肉の腐った強烈なにおいがするそうだ。
花序付属体は開かないから中を見られないけれども、付属体の最下部に小さな花の集まりの雄花群とその下に雌花群があって、受粉するとたくさんの果実が出来、ひとつに種が2つ入っている。300x450_2
300x450_3

説明板によれば、コンニャクイモに葉が出て、葉の光合成によってイモが養分を蓄え大きくなり葉が枯れ、また葉が出て同じことを繰り返し、イモが十分大きくなると花序が出てくるということだ。
これは前回2011年に咲いた時の写真で、中央の付属体が変形して伸びていないもの。今回の展示の個体は2011年のこの個体と同じものだそうです。348x450
今回開花は見られなかったけれども12例目の花序全体を見られて良かった。

<園内>
                       ギボウシ

450x300
               睡蓮ではなくてパラグアイオニバス450x300_2
450x300_3
                     ルドベキア450x300_4
                   ルドベキアタカオ450x300_5
                       ガウラ450x300_6
                     ハナトラノオ450x300_7
                      なんでしょう?300x450_4
450x300_8
                        ハス450x300_9
450x300_10
Photo
                      キキョウ450x300_11
               芝生にキノコがたくさん生えていましたPhoto
450x300

<深大寺>

                    元三大師堂450x300_12
          木島平米コシヒカリ (木島平村と調布市が姉妹都市)450x300_13
     ムクロジ(無患子)の実 羽根つきの玉、果皮は石鹸のように泡立つ450x300_14
葉が朝顔と違う朝顔のような花 モミジバヒルガオ  ポージィさんありがとうございました。

450x300_15
















|

« 老舗企業の美学 | トップページ | 反ユダヤ思想の形成(なぜ嫌われたか) »

コメント

この巨大な花のことは連日テレビで話題に
なっていますね。前回咲いた時もニュースに
なりました。
実物は迫力があるのでしょうね。

挙げられている花の中で、ハナトラノオだけ
我が家に咲いています。いずれアップしたいと
思います。放りっぱなしでも元気です。

ムクロジはブログの友人が実生に成功しました。
殖えたら下さるそうですが、何年後かは
未定です。

投稿: matsubara | 2015年9月 1日 (火) 09:42

こんにちは
 
ショクダイオオコンニャクの花をご覧になっていらしゃいましたか。
もうあと少しで開花の時期。何年か前にガラス越しのを見たことが
ありますが、大きな大きな花ですね。絶滅の危機に瀕しているものが
守られ続けているのですね。開花したらハエがいっぱい集まってくるかしら。
私たちが食べるコンニャクの芋も、5年くらい育てると花が咲くんですよね。
 
神代公園の園内では色々な花が楽しめますね。5年位前に1度だけ
真夏に行ったのを思い出しながら、ホームページも覗いてきました。
睡蓮とご紹介のお写真の中の、大きな葉の水生植物は
パラグアイオニバスというのですね。カイツブリが葉の上で
ちょこんと休憩中の写真があって、可愛かったです。
ワレモコウに似た花穂(?)のものはなんでしょ?わかりません。
ハスは今年は開花が早かったという言葉をあちこちで目にしましたが、
今もまだ咲いているのですね。なんだか嬉しくなりました。
深大寺でご覧になったもののラストのお写真。面白い葉っぱですね!
気になってヒルガオ科で調べてみましたら名前が分かりました。
モミジバヒルガオとか、モミジヒルガオ、モミジ(バ)アサガオ、
などと呼ばれているようです。
 

投稿: ポージィ | 2015年9月 1日 (火) 10:37

★matsubaraさま

そうですね。あちこちで話題になっています。
近いので行ってきました。
とても大きかったです。
ハナトラノオは家にもありますが、家のは全部曲がってしまいました。
地面に咲いていたのは年々なくなって今は鉢植えだけです。

深大寺のムクロジはとても大きいです。
早くmatsubara家にやって来るといいですね。その時は拝見しに行こうかしら。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月 1日 (火) 12:24

★ポージィさま

パラグアイオニバスとモミジバヒルガオを教えていただき、ありがとうございました。
そういえばオニバスはどこかで見た覚えがあって、直径1m位あって人間が乗れる大きさだなあと思ったことを思い出しました。カイツブリが乗っているのですか。かわいいですね。睡蓮と間違えてしまいましたので訂正させていただきます。

モミジバヒルガオを、ヒルガオ科と見当を付けて調べていただき感謝です。葉が面白くて忘れられないヒルガオです。

ショクダイオオコンニャクは花が開くと、燭台のようなのですね。仏炎苞が開かなかったのが残念ですが、大きさがわかりましたのでよしとします。以前薬用植物園で見たこんにゃくの花に比べたら本当に大きかったです。
こんにゃく農家は掘り上げては植えを何回も繰り返すのですから大変な作物です。こんにゃくを食べるときいつもそのことを思い浮かべます。

投稿: tona | 2015年9月 1日 (火) 12:41

これは大きな花ですね。絶滅危惧種なんですか。大きい割には繊細なのかも知れませんね。一度実物を見てみたいものです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年9月 2日 (水) 07:24

★多摩NTの住人さま

高さが1mを超えるお花ですから大きいです。
スカートのように仏炎苞が開いたらまさしく燭台ですね。
寒いのでなかなか開かないらしいですが、今日は29度とか、開くでしょうか。
多摩NT住人さまの休日まで間に合うといいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月 2日 (水) 08:07

初めまして!
nao♪さんのブログからお邪魔しました。
以前からnao♪さんの所でお名前は拝見してましたし
春にはハウステンボスに2,3日違いで、同じコースに行った事で
時々覗かせて貰ってました。

今回の記事で、私も「ショクダイオオコンニャク」を神代植物園に観にいってるのですが
2011年なのですね。
私が行った時には中央の付属帯がもっと腐っていたようでしたが
その臭いたるや凄まじいもので、息を止めて通り過ぎました。
お花はその時期ピッタリは難しいですね。
これから宜しくお願いします。

投稿: ラッシーママ | 2015年9月 2日 (水) 12:18

あ、ラッシーママさんが来てますね♪
ショクダイオオコンニャク、名前は聞いてますが117cmとはびっくり!
スマトラ・インドネシアのコンニャク芋が元ですか?
芋で蒟蒻を手作りしますが、同じものなら、そのままにしたら花が咲くかな?
オニバスに幼子が乗ってるイベントを見ました。
ヒマワリの子どもみたいな花が、分からなくて困ってました。
ルドベキアアタカオですか、これですっきりしました~♪

投稿: だんだん | 2015年9月 2日 (水) 17:18

★ラッシーママさま

初めまして、なのですがハウステンボス以来そんな感じがしませんでした。
2,3日違いで同じところに行っているのが何とも面白く、また感性の違い、なんて豊かな方だと思っていました。
伊豆のまりも荘と八王子の家でのみなさんの集まりについてはnao♪さんのところでずっと拝見しています。

↑の2011年の写真の時にいらしたのですね。花序付属体が変形して十分伸びなかったそうなのですね。臭いをかぐことが出来たのですね。いいえ、かぎたくないほどひどい臭いだったのですね。
ショクダイオオコンニャクでも共有できて嬉しかったです。
お尋ねくださって本当にありがとうございました。こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2015年9月 2日 (水) 19:06

★だんだんさま

ラッシーママさんと柳川・雲仙・長崎・ハウステンボスの同じ旅行社の同じコースで2,3日違いで行っているので、nao♪さんが教えてくださってびっくりしたのでした。

ショクダイオオコンニャクはスマトラオオコンニャクとも言われているそうで、まさしくあの地域のものですね。
都立薬用植物園で蒟蒻の花の開花を以前見ました。だんだんさん、咲かせてください!

オニバスに幼児が乗っても大丈夫なのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月 2日 (水) 19:23

ショクダイオオコンニャクの開花、
以前、小石川植物園で大騒ぎしてましたね。
私も興味はあったのですが
「物凄い臭い」に恐れをなして近づけませんでした。
開花する前は、匂いはまったくしないのでしょうか?

投稿: zooey | 2015年9月 6日 (日) 10:17

★zooeyさま

開花する前は全く臭いません。
小石川植物園では臭いがしはじめるとビニールで覆うとのことですが、神代植物園では覆わないで臭いとのことです。
興味あるもののやっぱり臭いのはいやですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月 6日 (日) 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62193098

この記事へのトラックバック一覧です: ショクダイオオコンニャクの花:

« 老舗企業の美学 | トップページ | 反ユダヤ思想の形成(なぜ嫌われたか) »