« 鎌倉1・小町の寺社 | トップページ | 高幡不動尊(高幡山明王院金剛寺) »

2015年9月24日 (木)

捨てた、捨てた!残るはノートとアルバム

昨年までの10年間の美術館・国内旅行・海外旅行の一部・山関係のチラシ、パンフレットを、又早稲田大学講座、雑学大学講座のレジメなどをすべて捨てた、捨てた。頭に入ってないから心惹かれたけれども、2度とじっくり見て勉強しなおすという気持ちや時間がないのでもうあきらめた。

525x750_2これは日本旅行からもらったノートに2001年5月1日から2005年6月10日まで、新聞にあった記事『花おりおり』文は湯浅浩史氏である。花によっては謂われ、構造、文学、用途特徴など多岐にわたって解説がなされ、実に興味深い記事。ノートがちょうど終わった時点で貼るのをやめているので、その後どうなったのかがわからない。しかし今読んでみると勉強になることが多く、これは捨てないことにする。




本箱にまだノートがいくらか残っていて、見たら、家計簿が昭和51年から今までのがあって、結婚した昭和40年から10年間は捨てたらしい。また料理ノートも途中抜けながらもあって、見たら同じような献立がよく見られて進歩は途中までで、その後はマンネリ化している。
音楽鑑賞ノートと映画鑑賞ノートと読書ノートがあって、読書のノートには中学1年生のときしか感想は書いてないけれども、『アミエルの日記』『雨月物語』『長崎の鐘』、デェケンズ、ドーデ―、シャーロット・ブロンテ、ストー夫人、ジョルジュ・サンド、シートン、シェクスピア、ロマン・ローラン、藤村、芥川龍之介、鴎外など2,3日で読んでいるので、いつ勉強したのだろう?あと大学の古ノートが4冊あった。一部を除いてこれから全部捨てるつもり。300x450_2
本箱にはもう数えてもそんなになく110冊くらい。問題はアルバム。すでに書いたように夫は全部捨てた。私はまだ全部残っているが遺影用写真だけは更新して、そのうちね。
あと音楽テープとCD、これはたくさんあってもう一度聴いてからいいのだけ残してバイバイです。
衣類はスーツは喪服を残して捨てた。1年の半分は木綿が好きなので、山登り以外は化繊は着ない。なるべく捨てる。化粧は殆どしないので化粧品はあまりない。アクセサリーは随分捨てたけれども、値段の張るものは捨てられなく、かといって家の中で外国の夫人方みたいにするのがいやだから、眺めるだけでむなしい。

来年後期高齢を迎えるが、突然友の死を知ったりして、最近どんなに物やお金に執着しても、突然死んでも、あるいは長患いで伏せては、そうしたものを一緒に持って行ってあの世で楽しむということはありえないわけであると深く悟り、思い出ばかりに浸っているという時間も結構ないということにも気づかされたというわけで、捨てて整理することに熱心になったわけです。
食器や調理器具もかなり捨てました。お人形類だけは捨てるのはよくないそうで人形供養してからそこでということでかなりあちこちに残っています。

賢い方はもうずっと前に気付いていますよね

寒川駅で降りて茅ヶ崎のはずれにあるお寺の墓地への道、常緑ヤマボウシが咲いていました。
葉が常緑で花は6月から11月まで咲くそうで、ここではちょうど咲き始めていました。中国原産のミズキ科、ミズキ属。

450x300
450x300_2

今年はエンジェルストランペットは例年だと数回咲いているのに、初めてなのです。植物のお花の咲き方がいろいろでそういう意味で変な年でした。

Torannpetto_450x300

|

« 鎌倉1・小町の寺社 | トップページ | 高幡不動尊(高幡山明王院金剛寺) »

コメント

こんにちは
連休中お天気が続きましたが、ついに雨が降り始めました。
これだけ晴天が続くのは本当に久し振りで気持ち良かったですね。
 
身辺のものの整理を始められたのですね。明日のことは誰も分からない
ものですから、私もしておいた方が良いと思いつつも、なかなか腰が
あがりません。とってあるものを見るとつい未練が出ますが、
見るまでは思い出しもしなかったのなら、とっておく意味はないはず、
くらいに思い切らないといけませんね。身辺をすっきりさせて、
身も心も軽く潔くシンプルに生きること。tonaさんの記事をきっかけに、私も真剣に考えなくてはと思っています。
 
常緑ヤマボウシにお会いになったのですね。私が6月下旬に会ったもの
(ホンコンエンシス)も、先日通りかかったらまだ咲いていました。
エンジェルストランペットはやっと開花ですか。彼岸花はほぼ例年
通りに咲きましたが、そのほかのお花は例年通りではないものが
多いと感じる今年ですね。

投稿: ポージィ | 2015年9月24日 (木) 16:16

★ポージィさま

こんにちは。
雨が降り出しました。シルバーウィーク中だけずっと晴れて、被災地の人にはお気の毒でしたが、良かったですね。ボランティアの人が1万人以上も参加したとか、私はもう体力なくてお手伝いできないのが残念です。

私がポージィさんの年の時は、まだ全然そんな思いがなく食器なども買っていましたし、お土産などもどんどん買って荷物を増やしていました。
死を考えるようになった2,3年前から急に考えが今まで以上に変わってきました。
未練を捨てるということは死を考えると出来ることのようです。
シンプルになった人を知っています。私の妹です。アルバムや本も全部なくなり、食器もかなり減っていました。作りつけがあるため、ベッドとテーブルとイスが1客、タンスが1棹と仏壇とテレビ台だけです。あと洗濯機に冷蔵庫。部屋が一つ空いていました。私はまだまだです。
でも気持ちが切り替わってきました。

常緑ヤマボウシは4種類くらいあってどれだかわかりませんでした。赤い実がしっかりなりそうですね。
コエビソウや薔薇やニオイバンマツリは繁茂といった感じでしたが、この辺ではどこの家でもエンジェルストランペットはうまく咲かないようでした。柿もうらなりのようですし。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月24日 (木) 16:49

断捨離に取りかかられているのですね。
私の断捨離の前に母のそれにもう去年から
取りかかっているのですが、はかどりません。
だって50年前の衣類がまだあるのです。
デイサービスに行って留守の時に開始します。
何も文句は言わないのですが、息子が迷惑
しないように、という基準ですので、日々しないと
間に合いません。
まだまだ書庫の中に山のように残っています。
一度にすると疲れますので、暇をみてぼちぼち
やっています。

遺影は3人とも準備しています。
置き場所も子供に告げてあります。

投稿: matsubara | 2015年9月24日 (木) 19:28

★matsubaraさま

まずはお母様のですか。なるほどデイサービスにいらしてる間にですね。matsubaraさまも本当にお忙しいですね。
よく病気せずに、お元気にご活躍でただただ羨ましく思うばかりです。私などはそれほど忙しくないせいか、かえって体がガタガタです。

私は子供が一人しかいませんが、ノートに遺産相続以外のことを書きとめました。
急に死を意識するようになりました。
自分だけはまだまだ大丈夫なんてもう言えない年齢ですものね。そしてもしかして夫より先に逝くかもしれませんから、家事をいろいろ教えています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月24日 (木) 21:03

おはようございます。
私達の歳になると断捨離と言う言葉はあちこちで聴きます。
私も昔のアルバムの内から想い出になるような写真をスキャンして
全てを捨てました。

PCが触れるようになってからはPCに保存ですから便利になりましたが
私達の年台でPCが触れたり、増してブログを書いてる人など稀だと思います。
今は普通の主婦と話しても物足りなくて、ブログ仲間と親交を暖めてます。
話しが脱線してしまいましたが・・・

tonaさんは長年に渡り、沢山の事を書き写してきたのですね。
年代物のノートが凄いです。
それだけの量があると選別だけでも大変な事ですね。

私も残された子供に迷惑が掛からないよう、日頃から気をつけるようにしてるので
前なら捨てなかった物を捨てられるようになりました。

投稿: ラッシーママ | 2015年9月25日 (金) 10:01

書類関係はつい残ってしまうのですね。
ノートやアルバム、私も山のようにあります。
アルバムを全部捨てたとは
ご主人様、思い切ったことをなさいましたね。
私の亡父のアルバムもまだ沢山あり、
母はそれを捨て切れないでいます。
帰省した折に、実家の物を少しづつ減らそうとする私と
喧嘩になってしまいます。

投稿: zooey | 2015年9月25日 (金) 11:39

★ラッシーママさま

こんにちは。
おぉ!アルバムの中の写真をスキャンされたとは。そしてアルバムを捨てられたのですね。凄いです。
私は恥ずかしいことに、結構パソコンを使いこなせなくて、すぐ仕事中の娘にSOSを出して、律儀な娘は夜中にでも飛んできます。週末でもいいよなんて言っているのに来てくれるので気の毒。それなら週末まで待って連絡すればいいのに。甘えている証拠ですね。

田中正造氏は亡くなる時に、枕元に聖書など10位のものが入った信玄袋1つだけが財産だったとか。まあ、それに比べて、あれもこれも必要としているものがこんなにもあってそれに囲まれた生活をしていることに自身に呆れています。
私もさらにラッシーママさんのように頑張らなくては。ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月25日 (金) 13:03

★zooeyさま

zooeyさまのご実家のお片づけはさぞや大変でしょうね。お母様がいらっしゃればご主人様の思い出があるから余計ですね。
我が家は10年前に母が亡くなって、それから妹が全部処分してくれて仏壇だけになりました。処分を見ているのが辛くて見てないところで全部やってもらった次第です。
私はアルバム整理ができないということはまだまだ執着心があるのだと、さらに悟っていかねばならないです。体が衰えるとそれはかなり出来そうです。
zooeyさまの年齢では、私はどんどん物を増やしていました。死が結構近い将来に見えてきた現在このような心境に到達といったところです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月25日 (金) 13:13

断捨離ですか
まだ写真はいっぱいあります
そろそろ整理しなくてはだめなのかなあ

ヤマボウシは今ごろ咲くのですね
トランペットがきれいにさいてるようです

投稿: たなちゃん | 2015年9月25日 (金) 16:29

★たなちゃんさま

ご無沙汰しております。
コメントありがとうございました。
写真はかなりのスペースを占めていますね。
この10年間のはパソコンへですからないし、自分の顔が写った写真は、今の顔を撮る気にもならないので殆どないです。

ヤマボウシは葉が散らない種類ですし、11月まで咲く種類だそうです。殆ど見かけませんね。
今年は何時も6回くらい咲くのに、1回でトランペットは終わりそうです。

投稿: tona | 2015年9月25日 (金) 16:37

思い切りのいいtonaさんご夫妻、ノート類も断捨離でスッキリしましたね。
私はまだ夫との思い出が捨てきれず、アルバムやノート、一緒に行った旅行のパンフレットが山積みです。

最近は見かねて息子がやってくるたびに「これも捨てろ、あれも捨てろ」とバタバタ・・・
冬には「暖かくなったらね」と言い、夏には「涼しくなったらね」と逃れ、今では「納骨式が済んだら」と答えています。

捨てて後悔しているのは「レコード」、中に主人の姉のがあったらしくて、プレーヤーを買ったから「私の葬式の時に流して欲しい」と言われましたよ。どうしよう!

投稿: nao♪ | 2015年9月26日 (土) 09:39

部屋の掃除だけで精一杯、押し入れや納戸の中を引っ掻き回す元気が出ないなあ。
精神状態はゴミ屋敷一歩手前です。
そうなる前に、、賢いですね。

投稿: 佐平次 | 2015年9月26日 (土) 09:57

★nao♪さま

私は夫が先に逝ったとしてもアルバムがないので偲べません。ところが海外旅行で一緒に撮ったのがパソコン何枚か残っていました。それで由とします。
息子さんにも言われちゃうわけですね。
nao♪さんの場合は事情があるわけで思い出として大切にしておいた方がいいですよね。
ご主人さまのお姉さん、忘れてくださっているといいですね。

私も捨てて後悔し、いろいろなときに思い出し100回くらいも後悔しているものがあります。これから捨てるたびにそういうものが増えそうですが、この頃諦めという観念が結構出来てきたのです。気が楽になりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月26日 (土) 10:24

★佐平次さま

私も掃除は週に1回だけです。
夏(暑いのが大嫌い)には精神状態は悪かったですが、涼しくなって張り切っています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月26日 (土) 10:31

 整理して捨てるものは捨てようと思いながら、まだいろいろ残っている。
写真がかなりある。子供のものから、自分たちの旅行に行った時のものなど。
アルバムがゴロゴロ。シュレッダーにかけて始末しようと思ってます。

 「花おりおり」私もすべてとってあります。300枚くらいかな。
その後、「けさの鳥」というのがあります。100枚くらい。
こちらは、解説文は山岸 哲氏。写真入りで参考になります。

 専門技術書なども、特に社会人になってから専門外のことが必要になり、
苦労して知識を得たものなどは捨てがたい。
 この前、大学の会報で、いらなくなった書籍など送ってほしいと言うことなので
少しでも役に立てばと思って、送ることにしてる。

 捨てられないものに日記帳と、小学生の時の思い出の記録がある。
両方とも今読むと懐かしい。日記帳は最初の頃のものは無い。捨てたらしい。
 結婚祝いにもらった文箱の底から古い手紙が何通か見つかる。昔、相棒からもらった
Love letterだった。見せたら「嫌だ」と言ってさっさとシュレッダーにかけられちゃった。
「惜しい」(笑い)こっちが出したものは結婚した時、さっさと捨てたとのこと。悔しい。

録音したクラシック音楽テープと映像テープもかなりある。
必要なものはデジタルに変換、CD,DVDにして残した。そして捨てた。
でもまだ残っている。思い切りが大事。

 過去の仕事上のものはすべて捨てた。でも、時々聞かれて資料がなく困る事もある。

投稿: 夢閑人 | 2015年9月27日 (日) 11:38

★夢閑人さま

シュレッダーをお持ちなのですね。
アルバムは低い一つの書類棚全部を占めているという、場所をとるものですね。
まあ、もう一度眺めてから捨てることになりますね。
「けさの鳥」は知りませんでした。日本には600種以上いるようですね。でも双眼鏡にもなかなか入ってこなくて、覚えられないのでテレビで時々出てくるのを楽しむだけです。
私は、日記帳がいくらかあったのですが、これは以前に捨てました。
夢閑人さんご夫妻のラブレターのお話、おかしくて大笑いしてしまいました。でも素敵なお話ですね。普通は皆さん、お持ちなのかしら。私には1枚もないことなので。
音楽テープはCDに残されたのですか。さすがですね。
私も仕事(大したことないですが)を辞めるとき全部捨てました。そしてもう勉強は全然しなくて好きな遊びばかり、悔いのない老後といったところでしょうか。
もう何が起こってもいいのですが、最初は少しは動揺してしまうかも。
コメント有難うございました。

投稿: tona | 2015年9月27日 (日) 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62344304

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てた、捨てた!残るはノートとアルバム:

« 鎌倉1・小町の寺社 | トップページ | 高幡不動尊(高幡山明王院金剛寺) »