« 北斎と鴻山 | トップページ | 捨てた、捨てた!残るはノートとアルバム »

2015年9月20日 (日)

鎌倉1・小町の寺社

652x700四国巡礼はあまりに遠く体力も及ばないので、訳あって鎌倉の寺社を巡ることにしました。鎌倉三十三観音霊場があるのですが、山折哲雄監修・槙野修著『鎌倉の寺社122を歩く』にしました。
私の鎌倉巡り(その1)は、鎌倉駅東域の小町大路の左右に点在する寺社で1時間半で回れます。

鎌倉時代と室町時代には疎く、歴史的には一番興味を持っていない時代なのに、宗教活動やお寺はたくさん建って鎌倉と京都では歴史を辿れる。
せめて鎌倉時代だけでも少しは勉強出来たらといいと期待しているのです。

         鎌倉駅からすぐの小町通りは魅力的なお店が並んで、混雑している450x316
                     小町通りの突き当りを右に曲がると左手が鶴岡八幡宮450x300
                                          お囃子が出ていた450x300_2
1.宝戒寺
八幡宮の前の道の金沢海道は左に曲がり、右に曲がるのが小町大路、突き当りが「萩の寺」と呼ばれる宝戒寺だ。拝観料100円。
                           参道の敷石が巨大な八角形の一枚岩である300x450
                        萩や木で覆い尽くされ、本堂全体が良く見えない。450x300_3
450x300_4
300x450_2
ここは執権北条義時以来の執権の屋敷地跡だったところで、幕府が滅びた後に後醍醐天皇が足利尊氏に命じて北条一族の霊を弔うため執権屋敷跡に創建した。
天台宗、本尊は地蔵菩薩
鎌倉江の島七福神(毘沙門天)
鎌倉観音霊場第二番
鎌倉地蔵尊霊場第一番

本堂で、御本尊地蔵菩薩様と七福神の毘沙門天様にお祈りしてきました。
観音霊場としての観音様は秘仏の歓喜天らしく、立派な扉の中におわします。300x450_3
                                                  鐘楼450x300_5
                                                彼岸花450x300_6
450x300_7
450x300_8
450x300_9
                                                     地蔵300x450_4

2.東勝寺跡と切腹やぐら
幕府滅亡時(1333年)、北条高時と一族郎党は、北条氏代々の墓のあるこの寺で自刃した。その数870余人といわれる。
                   東勝寺橋からの滑川450x300_2_2
                      東勝寺跡450x300_10
     切腹やぐら 高時の墓とされる石塔が多くの卒塔婆に囲まれている。450x300_11
3.妙隆寺
日蓮宗
鎌倉江の島七福神(寿老人)
自分の生爪を一日に一指ずつ十指をはがしてここで修業した日親は、厳しさゆえ焼け鍋を頭からかぶせられる迫害を受けたので「鍋かむりの日親」と呼ばれた話が有名なのだとか。450x300_12
300x450_5

4.日蓮上人辻説法跡
この小町大路一帯は日蓮が説法を行った主要な場所で、日蓮宗のお寺が多い。大きな石碑と腰掛石が残る。450x300_13
450x300_14
5.蛭子神社
明治の神仏分離令で一村一鎮守によりできた。祭神は大国主神。450x300_15
6.大巧寺(だいぎょうじ)
真言宗から日蓮宗に改宗した寺。安産祈願の寺。450x300_16
                     格天井が美しい450x300_17
野花の美しく咲くお寺でもある。シュウメイギク、ハギ、ワレモコウ、オトコエシ、コシキブ、アマギノクサキなど。450x300_18
450x300_19
450x300_20
450x300_21
450x300_22
450x300_23
7.本覚寺
日蓮宗。
鎌倉江の島七福神(夷)
                      夷尊堂450x300_24
                  門は立派。本堂は修理中。450x300_25
日蓮が佐渡に配流されたのち、鎌倉に帰り滞在したところで、ここから身延山へ旅立った。身延山へなかなかお参りに行けない人達のため、日蓮の遺骨を分け、当寺におさめた。日蓮分骨堂である。本覚寺を「東身延」という。450x300_26

|

« 北斎と鴻山 | トップページ | 捨てた、捨てた!残るはノートとアルバム »

コメント

 こんにちは。
 鎌倉には常に行きたいと思っているのですが、最近はなかなか行く機会が無いので、まるで自分が行っているような気持ちで写真を拝見させていただきました。
 宝戒寺の萩が満開ですね。本覚寺は改修中なのですか。
 今回tonaさんが行かれたコースは駅のすぐ近くなのに、それでも、自然が多く、秋の花も咲き誇っていて、写真だけでも、鎌倉の初秋を満喫することができました。
 ご紹介の本は知りませんでしたが、その2、その3と続くのでしょうか。
 今後も楽しみにしております。

投稿: Nora | 2015年9月20日 (日) 22:48

★Noraさま

おはようございます。
巡礼のつもりで続けることにしました。
何しろ鎌倉時代が一番嫌いなのに、鎌倉は好きという矛盾があります。歴史に少しでも明るくなれば楽しみも増えますね。
今回も鎌倉の最初と最期あたりの関係の所に少しいました。
宝戒寺は素晴らしいですね。
七福神も33観音霊場もいつかは全部拝むことが出来そうです。続けばの話ですが、少しは続けようと思っております。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月21日 (月) 08:00

マイフィールドへようこそです。
我が家は子供も孫たちも、七五三は必ずこの「鶴岡八幡宮」でした。
最近は羽織はかま姿と白無垢の花婿花嫁の姿も良く見かけれらますが、如何でしたか?

宝戒寺は白萩で有名なお寺で「萩寺」とも言われています。
そろそろ見頃のようですね。
安産祈願で有名な「大巧寺」はいつ行ってもお花が咲いています。
濃いピンクのクサギが咲きだしましたね。
本覚寺の次は妙本寺でしょうか?
このコース、私も初秋に歩くことが多いです。

北条氏終焉の地である東勝寺跡と切腹やぐらは昼なお暗い感じがしますが、あの横からハイキングコースがあります。
歴史を学びながら、山折哲雄監修・槙野修著『鎌倉の寺社122を歩く」を全部巡る予定ですか?
私もご紹介を楽しみにしております。


投稿: nao♪ | 2015年9月21日 (月) 11:58

萩にひヒガンバナ。
秋の鎌倉散策いいですね。
鎌倉には、車か、バスツアーでしか行ってませんので、限られた所しか見てません。
 古刹めぐり、歴史探訪こそ、鎌倉散策の醍醐味がありますね。
いつか泊りがけでゆっくり行こうと思ってます。

投稿: 夢閑人 | 2015年9月21日 (月) 12:46

こんにちは
 
願を掛けて鎌倉の寺社122を巡られるご計画でしょうか。
122といったらすごい数!と思いましたが、記事を拝見しながら
案外回れるものかも…と思い直しました。
今回はまずは鎌倉駅周辺といったところですね。
これらの中、あらら…私は鶴岡八幡宮しか行った事がありませんでした。
大巧寺は花が色々楽しめるということで一度行ってみたいと
思いながら何年。結局一度も行っていません。
今回のお写真拝見しても、やはり見ごたえありそうですね。
寺社にも、それぞれ歴史にまつわる話もあって、興味深いです。
鎌倉・室町時代は知らないことが多いですが、これからtonaさんの
寺社巡りも興味関心を持って拝見したいと思います。

投稿: ポージィ | 2015年9月21日 (月) 16:41

★nao♪さま

久しぶりの鎌倉です。この日16日は大安でしたが結婚式はありませんでした。
もしかして流鏑馬だったからかもしれません。

さすがnao♪さんのフィールド、どのお寺もよく御存じでいらっしゃいます。
私はこのエリアは初めてでした。歴史をひもときながら、短い時間でしたがなかなか楽しかったです。お花も丁度咲いていましたしね。
切腹やぐらの横からハイキングコースがあるのですか!知りませんでした。
富士山の方が暑かったり(暑さに弱い)都合がつかなくてまだまだ先になりそうですが、鎌倉は近いので気軽に行けそうです。
楽しみにしていただけるとのこと、ありがとうございます。

投稿: tona | 2015年9月21日 (月) 18:35

★夢閑人さま

鎌倉は泊まりがけのクラス会でバラの頃行きました。そのころもなかなか良かったです。
アジサイの頃、そして萩の咲く頃、梅の頃といろいろ楽しめそうですね。回るうちにきっと歴史も少しわかるかなあと思うのです。
泊りがけというのはいいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月21日 (月) 18:38

★ポージィさま

はい、願掛けで回ろうと思いました。四国と規模が全然違いますし、家からもさほど遠いというわけではありませんので、少しずつなら気軽に歩けそうです。
まずは鎌倉駅から一番近い所です。普通の人は一番遠くからでしょうね。百名山も一番大変な山から踏破する人が多いです(年がいった人の話ですが)。
私も鶴岡八幡宮しか行っておりませんでした。
宝戒寺と大巧寺がお花がたくさん咲いていて見ごたえがありますね。
鎌倉にはやぐらもいっぱいあるそうで本だけは買ってありますが、まだいくつかしか見ておりません。このやぐらも曰くがあってちょっと感動しました。
これからもまた興味を持っていただけるそうでありがとうございます。

投稿: tona | 2015年9月21日 (月) 18:47

鎌倉は何度足を運んでもその都度新しい発見があり、
魅力ある街ですね。tonaさんのブログを拝見して、
また行ってみたいと思っています。
鎌倉には、こんな場所もある、あんな場所もある、
と再発見です。
tonaさんのブログは市販のガイドブックも顔負けの
内容の濃いものです。

投稿: 茂彦 | 2015年9月21日 (月) 20:28

★茂彦さま

こんばんは。
私はこの地帯は初めてなのですが、日蓮のこと、北条氏のことをわずかですが知ることが出来ました。
いろいろ発見できてとても楽しいですね。
茂彦さんもいらした折はまたいろいろ教えてくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月21日 (月) 20:59

tonaさん、こんばんわ!

『鎌倉の寺社122を歩く』は思うところがあっての計画なのですね。
鎌倉の大仏に小学校の遠足で行き、その後は社会人になってから2.3度鎌倉に行き
1回は神社めぐりをした覚えがあるのですが
1日に沢山巡り、何処が何処やら全く覚えてないのです。

nao♪さんが鎌倉に詳しく1度お寺を案内して貰いましたが
他は殆ど知りません。
今回の記事で初めて知ったのが殆どです。
これからも見ても覚えられないと思いますが楽しませて貰います。

投稿: ラッシーママ | 2015年9月21日 (月) 22:55

★ラッシーママさま

おはようございます。
年取って神頼みが多くなりました。欲張らないで謙虚にお祈りすることにします。
確かに京都のお寺など、たくさん回ると何が何やらごちゃごちゃでわからなくなりますね。
1回に5.6つが限度でしょうか。
今度から見っぱなし、それっぱなしをやめようと決心しました。
そうそう、さすが今回のお寺はnao♪さんはよく御存じでいらっしゃいます。
また読んでいただけるそうでありがとうございます。

投稿: tona | 2015年9月22日 (火) 08:30

先ごろ鶴岡八幡宮に久しぶりに行きましたが
他は知らないお寺ばかりです。
東京にいたころ結構行ったはずですが、
まだまだです。

秋の花が咲き始めよい季節に訪問されましたね。
我が家はまだですが、もうシュウメイギクが
見られるのですね。

投稿: matsubara | 2015年9月22日 (火) 13:09

★matsubaraさま

京都などはそれこそ数えきれないほどありますが、あの狭い鎌倉にも随分たくさんあるものです。殆どは鎌倉時代以後に創建されてるのですね。
10%くらしか行っていません。
シュウメイギクの白とピンクがきれいに咲いていました。秋を感じました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年9月22日 (火) 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62319346

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉1・小町の寺社:

« 北斎と鴻山 | トップページ | 捨てた、捨てた!残るはノートとアルバム »