« 忍者と隠密 | トップページ | 『放浪の聖画家ピロスマニ』はらだたけひで著 »

2015年10月26日 (月)

富士山すそ野一周ウォーキング14

2_650x56210/22(木)晴  すそ野ウォーク第14回は「精進湖民宿村から富岳風穴」18380歩。 第11回から13回までは暑さなどで飛ばしてしまって、まだ歩いていないので、田貫湖から突然精進湖にまで飛んでしまいました。

この日は精進湖自然研究路と青木が原樹海(東海自然歩道)を歩きました。
このあたりについても、富士山の爆発に関係しています。800年に爆発したころ、富士山の西山麓と三坂山塊の間に周囲23㎞の湖「セの海」があって、現在の長尾山付近の爆発で大量の溶岩を流出し、セの海を分断して本栖湖が出来、864年の爆発で残ったセの海の大半を埋め、残った所が西湖と精進湖となり、本栖湖の方もさらに縮少したのだそうだ。この三湖の湖面の標高は約900mと一緒で、地下水系が繋がっていると推測されている。

                精進湖自然研究路を歩いていく450x300
ベニタケがところどころに。有毒なのとそうでないのとあるそうで、食べない方が良いとガイド先生。450x300_2
                    精進湖に到着450x300_3
  精進湖を奥に進んで絶景ポイントへ。晴れているのに富士山が見えなかった。450x300_4
   かすかに富士山の裾野と上の方が見えたけれどこの写真では無理ですね450x300_5
              ここはかの有名な上九一色村でした300x450
    精進湖を見ながら昼食。創作和食で誠意がこもっていて美味しかった。450x300_6
               ウズラの卵をドングリに作っていた450x300_7
             マリーゴールド 高原の花の色はきれいだ450x300_8
いよいよ青木が原樹海へ
標高900~1400mの溶岩台地は数百年の間に苔が生え、草が育ち、保水力が出て樹木が生育出来る森林地帯となった。その木が倒れて腐り、土となり、幼木の栄養となりサイクルを繰り返して緑の森となった。高い所から見ると海のようで「青木が原樹海」と呼ばれるようになった。
青木が原の溶岩は玄武岩で鉄分を含んでいるので、樹海内では磁石が利かないと言われのはこのためだが、溶岩から1m以上離れれば問題ないそうだ。
「自殺の名所」となったのは松本清張の『波の塔』が昭和48年にTVドラマで放送された影響だ。450x300_9
450x300_11
       途中で落雷かで曲がった場所からまた上に逞しく生えていった450x300_10
樹海の秋はカエデが多い中、一番多いのが黄葉したハート形のヒトツバカエデ(マルバカエデ)だ。こんな形の葉でカエデとは! 450x300_12
450x300_13
450x300_14
タカノツメ(ウコギ科)の葉は3枚の小葉でたくさん落ちていた。小葉が5枚が同じウコギ科のコシアブラで春の山菜として愛されている。見上げるとあちこちに見えた。450x300_15
                    ボタンヅルの実450x300
                   センニンソウの実450x300_2
                   ミヤマシキミの実450x300_16
                    ツルリンドウの実350x238
                    ツルアリドオシの実350x233
            押し寄せるマグマがそのまま固まった溶岩棚450x300_17
到着した富岳風穴は次回に中に入るとのことでこの日のウォークは終わりました。

|

« 忍者と隠密 | トップページ | 『放浪の聖画家ピロスマニ』はらだたけひで著 »

コメント

おはようございます
 
しばらく前、クラブツーリズムを取り上げた番組の中で、
富士山すそ野一周ウォーキングの場面も出てきて、tonaさんは
こんな雰囲気で歩いていらっしゃるんだなーと思いながら見ました。
今回は精進湖の辺りを歩かれたのですね。
精進湖は行ったことがないかなぁ…チラとはあったかなぁ…?
こんなでは行ったことないのと同じですね。
本栖湖・西湖・精進湖の成り立ちのお話、興味深く読ませていただきました。
精進湖の近くでは、真っ赤に紅葉した木もご覧になれましたね。
お料理はモミジの形に切られたニンジンや栗が秋らしく素適 maple
青木が原樹海の成り立ちのお話も、溶岩が流れた後の土地が
緑豊かな土地に変わっていく過程がよくわかりました。
樹海の中は黄葉の方が多いのですね。黄葉した樹海を上空から
見てみたくなりました。
色々な植物の実もたくさんあって、実りの秋ですね。
 

投稿: ポージィ | 2015年10月27日 (火) 09:51

★ポージィさま

クラブツーリズムを取り上げた番組があったのですか。今も1000人くらいの人が歩いているらしいと聞きました。
精進湖は5湖の中で一番小さくて、全容が見えない湖なのですね。やっと今回わかりました。こんな小さな湖でボート漕ぎ大会が行われるようでたくさんのレーンの目印が浮かんでいました。
爆発を起こした長尾山は大室山のすぐ近くで、確認は難しいかもしれませんね。

紅葉はドウダンツツジで樹海の中はツタウルシでした。ツタウルシは桜の葉のようで、うっかり拾うとかぶれる人も多いらしいです。
圧倒的に黄葉が多いのです。
実はミヤマシキミが多くて、とても綺麗な色でした。
今回狸の糞も見てしまい、狸のためふんと言うくらい、同じところにする習性があるのだそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月27日 (火) 13:00

またまた富士山に詳しくなられましたね。
先日のブラタモリで少し知った程度です。

55年くらい前に精進湖にワンゲルで行ったとき
のことを久しぶりに思い出しまし。
富士五湖の中では静かでよかっです。

当時の500円札か千円札の裏側の
富士山が精進湖から見たものであると
聞いたことがありますが、
記憶違いかもしれないです。

投稿: matsubara | 2015年10月27日 (火) 18:56

★matsubaraさま

私も今の富士山が美しいのは奇跡の重なりとブラタモリで認識しました。
まさに日本の宝の山といった感じです。
精進湖は人が殆どいませんでした。静かな湖ですね。
昔は5千円札にあったらしいですが、今は千円札の裏に富士山がありますね。本栖湖からだと富士山散策地図に書いてありました。
毎回少しずつでも富士山に関することを知って、裾野一周はやって良かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月27日 (火) 19:15

実は昨夜寝てから間違いであることに
気づきました。失礼しました。
本栖湖でしたね。

投稿: matsubara | 2015年10月28日 (水) 06:58

こんにちは。すそ野ウォーキングはお疲れ様でした。精進湖は学生の頃に行った場所で懐かしいです。カエデもいろいろな種類がありますね。ヒトツバカエデは実際に見てみたいです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年10月28日 (水) 08:17

★matsubaraさま

お陰様で私もお札の富士山を確かめられて、勉強になりました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月28日 (水) 08:28

★多摩NTの住人さま

学生時代にすでに精進湖にいらしたのですね。ロマンティックでしたでしょう。
カエデはいろいろ教えていただきましたが、さっぱりわからず覚えてきませんでした。
樹海にはヒトツバカエデが圧倒的に多かったですよ。この日はこれだけ知っただけでもよかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月28日 (水) 08:32

再びこんにちは♪
 
狸のため糞 ご覧になったのですね。
実は私も見ました。冬の頃、最初はよりによってうちの狭い庭で!!
最初は猫に糞された?と思ったのですがどうも様子が違う…で、調べてみて
狸のため糞 というのを知りました。
まだ溜め始めたばかりだったので、もう入れないように枝をたくさん
刺して防御。それからしばらくしたら、お隣空き地の奥の方に
こんもりと盛り上がったため糞が見られました。
夏の間は葛が生い茂って何も見えなくなります。
その後どうなったのやら…

投稿: ポージィ | 2015年10月28日 (水) 10:00

もう半分くらいは踏破なさった?
精進湖で富士を見損なったので羨ましいですよ。

投稿: 佐平次 | 2015年10月28日 (水) 11:13

★ポージィさま

狸がいるのですね。
ポージィ家の庭でよりよって、狸のため糞をやられてしまったのですか。ビックリですね。
お隣の空き地でさらなるため糞をご覧になって、早めに処置して良かったですね。
変な習性ですねというか、人間に近いのでしょうか?
ガイドの先生に教えていただいて初めて知りました。
小学生の時に箱根に1学期間いたときに高原学園の隅で狸を飼っていましたが、勿論そんなことにも気がつきませず、ただただ狸って臭いなあと思ったことでした。
再訪ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月28日 (水) 16:36

★佐平次さま

とうとう暑いとか言ってさぼったので順番がめちゃめちゃになってしまいますが、17回中、11回終わりました。あと6回で1周できます。
歩いた後は何となく体に良かったみたい気がします。
精進湖の富士山は写真では見えないくらいうっすらでしたが良しとします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月28日 (水) 16:39

富士五湖には若い頃から何度も通っていますが、本栖湖・西湖・精進湖の成り立ちは知りませんでした。
なるほどなるほどと思いながら読ませていただきました。

富士山は車で何度か分けて一周したことはありますが、歩くと色々な事が見えてきて、歴史も一緒にお勉強・・・
ツァーで行けば、方向が分からなくなると言われている「青木ヶ原」の樹海の中も歩けて、良い経験をなさいましたね。

氷穴や風穴は昔家族でドライブで行った際に入った覚えがありますが、もう35年以上前のことでした。

投稿: nao♪ | 2015年10月30日 (金) 12:38

★nao♪さま

冨士の三湖の成り立ちを私も初めて知って、大室山のすぐ隣の長尾山がかかわっていたとは驚きました。
青木ヶ原樹海の中に東海自然歩道が通っていまして、案外道路のそばにありますので、樹海の中という感じは持てませんでした。でも意外や亡くなる方は自然道の近くらしいのです。
樹海の真ん中を精進口登山道が貫いているのですね。
今回は落ち葉の道でしたが、舗装道路を歩くのは楽しくはありません。ということで全周はそういう所が多いですが、それもまた歩くという訓練をしているということで良しとします。
私も昔風穴と氷穴に真夏に入りました。次回11月に行く予定にしていますが寒いのでしょうね。

投稿: tona | 2015年10月30日 (金) 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62555486

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山すそ野一周ウォーキング14:

« 忍者と隠密 | トップページ | 『放浪の聖画家ピロスマニ』はらだたけひで著 »