« 「伊豆の長八」展 吉祥寺美術館 | トップページ | マリー・ローランサン展 府中市美術館 »

2015年10月15日 (木)

東京湾「猿島」と記念艦「三笠」

猿島は、東京湾に浮かぶ無人島であり、湾内最大の自然島でもあり、行ってきました。この島も日蓮上人に関係しています。

前々回のブログで、1253年に日蓮上人が安房鴨川小湊を追われて、鎌倉の松葉ヶ谷の草庵に落ち着いたという場に行きました。
その日蓮上人が安房から船に乗って鎌倉へ渡る途中に嵐に遭い、船の進む方向さえ分からなくなった時、どこからともなく一匹の白猿が現れ、船の舳先に立ち島へ案内したという言い伝えから、「猿島」という名がついたとされる。

島内からは縄文時代の土器や弥生時代の土器・人骨が出土している。幕末から第二次世界大戦前にかけては、東京湾の首都防衛拠点となる。幕末の1847年(弘化4年)に江戸幕府により国内初の台場が築造され、明治時代に入ると陸軍省・海軍省の所管となり、東京湾要塞の猿島砲台が築造された。
要塞跡も残されていて、国の史跡に指定されている。仮面ライダーの撮影地でもある。

三笠から乗船すると8分位で猿島に到着。往復乗車券は1300円で島(猿島公園)へ入園料は200円。450x300
横須賀の町とその背後には三浦半島の山々が見える。横須賀の町を歩いて整然として道路も綺麗で驚きました。基地の入り口も見えました。450x300_2
                                            要塞や弾薬庫跡450x300_3
300x450
                               海岸へ降りていくと日蓮洞窟があるPhoto
                         薄暗い洞窟内はボケボケ写真では良く見えない450x300_5
                                                 海岸450x300_6
450x300_8
450x300_9
             浜辺の植物はこういうときしか見られない450x300_10
450x300_11
3_450x300
三笠港まで戻って、記念艦「三笠」内をボランティアガイドさんに案内していただく。東郷平八郎の銅像が前に安置されている。450x300_12
450x300_13
艦内は外観より倍以上の広さに思える。大砲やマストのある甲板上は1回壊された部分。450x300_14
                 船員はハンモックで休んだ450x300_15
                  碇は5000㎏もあるという450x300_16
船首に日章旗、船尾に旭日旗、中央マスト右舷にZ旗。Z旗を東郷司令官がマストに掲げ「皇国の興廃この一戦にあり 各員一層奮励努力せよ」と号令を全軍に伝えて奮戦し、日本海海戦で大勝利を収めた。450x300_17
450x300_18
                   菊花紋章(花弁は16枚)300x450_2
絵画 東郷平八郎はずっとここで指揮しこの場を離れなかったという。白い布地で作った弾除けは皆のハンモックで作ったものという。
東郷さんは身長が153㎝だったそうで等身大の絵画や残された軍服が展示されている。450x300_19
階級の高い軍人さんの中に皇太子妃雅子さまの母上の二人の祖父がいらして全体写真に載っていました。

この三笠公園内に「めだかの学校」の歌碑があるが、作詞家の茶木滋も作曲者の中田喜直もここには関係ないようである。450x300_20

|

« 「伊豆の長八」展 吉祥寺美術館 | トップページ | マリー・ローランサン展 府中市美術館 »

コメント

tonaさま
当地まで御運び頂き有難うございます。昨日は猿島を見下ろす公園からスケッチしました。風があって少し寒いぐらいでした。

投稿: evergrn | 2015年10月15日 (木) 16:15

★evergrnさま

音楽会の時は町を歩きませんでしたが、今回は横須賀中央駅から三笠桟橋まで歩きましたので、町が碁盤の目のようになっていて、建物もきれいで、タイルやレンガ敷きの道路に目を瞠りました。大都会ですね。
米海軍横須賀基地や、遥かかなたに防衛大学校のある山が見えました。
スケッチをされたとか、いいところですね。
おまけに品川から特快みたいな電車に乗りましたから、45分もかからないで到着して随分近い所と思いました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月15日 (木) 16:40

地理に疎く、東京湾に島があるとは知りませんでした。東京湾にあるのは人工の島、第二海堡だけだと思っていました。
ネットで検索しました。
横須賀沖にあるのですね。横須賀なんて全く用がなく行ったことありません。元小泉総理の出身地ですかね。
 戦時中の要塞があり、出入りは禁止されてたのですね。その遺跡も残っているのですね。
 自然と歴史遺産のある島なんですね。
少しは知識を得ました。

投稿: 夢閑人 | 2015年10月15日 (木) 17:09

NHKドラマ「坂の上の雲」を熱中して観ていた時に、夫と一緒に「三笠公園」に行きました。
3~4年前のことでした。
日本海海戦で勝利した「東郷ターン」が有名ですね。
三笠は二度と戦艦として使われないように、係留されているのではなく、セメントで固められていて驚きました。
すぐそばのレストランで軍艦カレーも食べましたよ。

猿島にはまだ行ったことがありません。
猿島の名前の由来は日蓮上人に関係しているようですね。
黄色いイソギクの蕾がいっぱい!、名前が分かるのはこれだけです。

三浦半島の山々を歩くと、砲台などの跡を見る機会が多く、第二次大戦の防衛基地だったことが偲ばれます。
まして「猿島」は海の中にあるのですから、当然ですね。

シーナマコトさんの本に、「猿島は猫島だった」と書かれていたのを覚えていますが・・・
猫の姿は見られましたか?

投稿: nao♪ | 2015年10月15日 (木) 17:16

★夢閑人さま

東京湾には夢の島や海ほたるなど人工島がたくさんあるのですね。唯一自然の無人島だそうですが、これがこんな湾の横須賀寄りにあるなんて知りませんでした。
島内は木が生い茂っています。
それに名の由来とか、中に要塞や砲台跡がたくさんありました。
洞窟を日蓮洞窟と名付けたのも面白いです。
ついでに横須賀の町中心部が歩けたのもよかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月15日 (木) 21:11

★nao♪さま

こんばんは。
記念館「三笠」の中に坂の上の雲で撮影された部屋があります、と教えられました。会議をした場所ですね。
軍艦カレーの匂いが街中でもしましたよ。
私は娘が以前軍艦カレーを買ってきてくれたので知ってはいたのですが、本当に有名なのですね。
イソギクありがとうございました。近所の家にもあって、それと同じなのですが、同行した人が浜菊とおっしゃるので調べたら全然違い、イソギクでいいのですね。
三浦半島の山、大楠山が見えました。まだ登っておりません。

猿島が防衛基地だったことを初めて知って、レンガ造りの格納庫やトンネルなどたくさんありました。
シーナさんの本に猫のことが書いてあったのですか。猫は見かけませんでした。どこかにいるのかしら。無人だから自分で餌を調達しているのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月15日 (木) 21:22

こんにちは。
横須賀にお出掛けでしたか。
猿島は一昨年行きました。
行くまではたいしたものはないと思っていましたが、なかなか面白いところでした。戦艦三笠も良かったですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年10月16日 (金) 07:32

★多摩NTの住人さま

ありがとうございます。
小さな島ですぐ一周で来てしまいますが、遺物もあり、海岸の景色も良くて、私も面白く回りました。
「三笠」も「坂の上の雲」を思い出しながら、戦場では気を張り詰めていた様子もうかがえたし勉強になりました。

投稿: tona | 2015年10月16日 (金) 08:19

猿島の存在すら知りませんでした。
多分行くことは難しいですので
こちらでいろいろ拝見出来て
有難く思いました。

11月も上京します。

投稿: matsubara | 2015年10月16日 (金) 09:05

★matsubaraさま

私も最近聞くようになったところです。
電車の特快に乗ると案外近い所でした。
東京湾の入り口に近い方ですから、要塞が築かれたのも納得でした。
11月も上京をお待ちしております。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月16日 (金) 09:28

横須賀には何度か行っても商店街で食事をするくらいでした。
こんど行ってみようかな。

投稿: 佐平次 | 2015年10月16日 (金) 10:01

こんにちは
 
横須賀と猿島へお出かけでしたか。
何年か前に横須賀側の公園から海の向こうに望んだことはありますが、
渡ったことは一度もありません。その当時は渡ってみたいという
興味も湧かなかったのですが、その後他の方のブログ記事を拝見したり
今日またこうしてtonaさんの記事を拝見して、次第に興味関心が
膨らんできているのを感じます。
軍事関係の跡が多いようですが、一度そうした歴史の跡を実際に見て
感じておくべきかなという気がしています。
 
島の植物を見るのも面白そうですね。3枚のお写真のうち、
いちばん上のものが分かりません…場所がらからハマウド??
2枚目はクコ、3枚目はイソギクのようです。

投稿: ポージィ | 2015年10月16日 (金) 10:39

東京湾に「猿島」があるというのを始めて知りました。
要塞や弾薬庫跡の写真の下の穴は、大砲の弾が出る長い首を出す所かな?

そういう場所を一般に開放して見せてるのですね。
横須賀に「三笠」が停留してるのは知ってましたが
これだけでは見に行く気は起きませんが、猿島に行けるなら面白いかも・・・

ブログって凄いです。
このように沢山の方から、色々な事を教えて貰え興味が沸きます。

投稿: ラッシーママ | 2015年10月16日 (金) 11:49

★佐平次さま

横須賀はまだ2度目でした。
「三笠」の中が説明があったので、とても面白かったです。午後2時とか3時とか丁度にあるようです。
猿島へは船は1時間に1本、9時半とか10時半とかで、帰りは45分発となっていました。
時間がわかっているとついでに寄ることが出来そうですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月16日 (金) 16:52

★ポージィさま

こんにちは。
今は猿島がブームのようですね。
立派な連絡船で200人運びますが、少し前は小さな漁船で揺れながら渡ったそうです。
帰りに乗りそびれると野宿だったとか。
ツアーで来ている方はガイドさんが説明をしていて、おまけに要塞の中まで予約されてい入っていました。

クコは小さいときから良く知っていて、クコの実も食べましたが、お花を知りませんでした。
教えていただきありがとうございました。
今頃咲くのですね。もう実になっている頃でもあるでしょうに。
ハマウドらしきお花、もうちょっとちゃんと葉までアップで写せば良かったです。
というのもアシタバにも花が似ているのですね。葉の形が全然違うので区別ができたのにすみません。これまたありがとうございました。
イソギクは以前ブログにアップしていました。
浜で咲いているのは初めてです。
あまり海岸の花を見る機会がなくて知らないのが多いです。

投稿: tona | 2015年10月16日 (金) 17:03

★ラッシーママさま

猿島は少し以前に知りましたがやっとチャンス到来で行くことができました。
要塞の下の写真の穴は何でしょう?
砲台跡は何カ所か通りましたが海を見通せる所でしたが大砲もなく実感がわきませんでした。
「三笠」は「坂の上の雲」を見ている時に興味がありまして、これまた中に入ったら結構面白かったです。
何故日露戦争が起きたのかも説明されて、いい加減な歴史の知識に活を入れてもらいましたが、復習をちっともしないのですぐ忘れるのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月16日 (金) 17:10

猿島ってそういう意味だったのですね?
知りませんでした。
東郷さんがそんなに小さいことも知りませんでした。
しかし三笠公園内の「めだかの学校」の歌碑、
作詞家も作曲家も関係ないのに
何故建てられたのでしょうね?

投稿: zooey | 2015年10月16日 (金) 22:38

★zooeyさま

伝説というのはにわかに信じがたいですが、鎌倉での日蓮つながりで興味深かったです。
猿がいるのかと思っていましたが、島内にはいないです。
ただ大きなネズミの死骸があったのでそうした小動物はいるのでしょうね。

歌碑ですけれども、ここに何か関係ないと建てる道理がありませんね。横須賀市に尋ねればいいのですが、そこまで行動に移せません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月17日 (土) 08:13

ブログの友達は、故郷の方や縁がある人、または地域的に親しみのある人がほとんどです。
この猿島についても、横須賀在住で故郷が伯備線「高梁」の人。
高梁市は私の大好きな街です~
毎日海辺を散歩して、三笠や猿島の様子を載せてあるんですよ♪
無人島探訪に行かれたんですね。
島の歴史も知って、海から見る横須賀をご覧になったんですね。
日蓮上人の洞窟、修行したのですか?
バルチック艦隊をやっつけた東郷平八郎、当時は国中に名を知らしめたでしょう。
ポーツマス条約で腕をふるった小村寿太郎も、156cm。
2人とも背が低いですよね。

投稿: だんだん | 2015年10月18日 (日) 11:54

★だんだんさま

高梁市は5月28日に参りました。
備中松山城からも眼下に高梁を眺めましたよ。
良いところですよね。
そこの方が今は横須賀にお住いなのですね。
日蓮上人は嵐に遭って、ここからすごそこの横須賀に上陸して鎌倉へ入ったのだと思われますが、嵐が治まるまでの間かもっと長く滞在されたのか、わかりません。洞窟の中で修行された感じですね。

三笠艦内にはその後のポーツマス条約で大変な思いをされた小村寿太郎の写真も飾ってありました。よく身長までご存知、なかなか博学のだんだんさんでいらっしゃいます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年10月18日 (日) 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62479892

この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾「猿島」と記念艦「三笠」:

« 「伊豆の長八」展 吉祥寺美術館 | トップページ | マリー・ローランサン展 府中市美術館 »