« 極限 | トップページ | 「伊豆の長八」展 吉祥寺美術館 »

2015年10月 8日 (木)

鎌倉2・大町の寺社

600x600鎌倉寺社巡りの2回目は前回の小町に続く大町界隈で、日蓮宗のお寺が多い。
前回最後の本覚寺前の甘いもの処「谷口屋」の前を前回と合わせて5回も通ったので、帰りに甘い物の誘惑に負けて「あんみつ」を頂きました。
450x300_21

8.妙本寺 日蓮宗
比企一族の居館があったことに由来する比企ヶ谷(ひきがやつ)の奥に建つ。全回の最初の宝戒寺は北条氏の館跡であったが、そこからは近い。
ここで鎌倉時代最初の源氏が滅びるまでの歴史を知ることができたのです。すっかり忘れていました。

武蔵国比企郡の豪族比企遠宗の妻・比企禅尼が子の比企能員を介して頼朝の乳母となり、能員は頼朝の側近、能員の娘は2代将軍頼家の妻になり、一幡を生む。公暁は異母弟といわれる。
頼家が重病に陥った時、北条時政と比企氏が争い、能員は謀殺され、一族及び一幡は自刃する。頼家もその後毒殺されたとも言われる。残った公暁が今度は3代将軍実朝を殺して、自分も殺され、源氏はここで絶える。
この比企一族の屋敷跡に妙本寺が創建された。開山(寺院の開創者)は日蓮とも、日蓮の弟子の日朗ともいう。開基(創建に際して経済的支持を与えた者)は比企能員の末子・比企大学三郎能本である。

        立派な総門を潜ると左手には本堂に続く方丈門がある300x450
450x300
まっすぐ階段を上っていくと二天門があり祖師堂が見える。祖師堂の中の日蓮像は、日蓮存命中に日法が彫ったもので、ここ妙本寺と身延久遠寺と池上本門寺の三体を一本の木から造像したものという。300x450_2
        祖師堂の右側には比企一族の墓、左手には日蓮銅像。450x300_2
300x450_3
                       本堂450x300_3

9.常栄寺(ぼたもちでら)
常栄寺が建つ地に住んでいた有髪の尼(座敷の尼ともいう)が日蓮が佐渡に流されるとき、騾馬に乗せられ、市中引き回しされていたときに、日蓮に胡麻のぼたもちを捧げた。450x300_4
450x300_5
   香りのよいジンジャーの花が一面に咲く。キューバ、ニカラグアの国花。450x300_6

10.八雲神社
新羅(しんら)三郎義光が後三年の役に向かう途中、鎌倉に入ると悪疫がはやっており、それを防ぐため、京都の祇園社を勧請したという(1081~84頃)。450x300_7
後に子孫の佐竹氏の霊祠を合祀した。佐竹氏は後秋田県角館に入った。
ここで平安時代の前九年の役、後三年の役の勉強が出来ました。
頼朝の5代も遡って源頼義の子に3人の息子がおり

源義家=八幡太郎義家(石清水八幡宮で元服)
源義綱=賀茂二郎義綱(上賀茂神社で元服)
源義光=新羅三郎義光(三井寺北院の新羅善神堂で元服)

11.教恩寺 八雲神社から西にある一遍上人の時宗の寺450x300_8
450x300_9

12.別願寺 八雲神社の南側にある時宗の寺で本堂もない。ただ市指定有形文化財・石造宝塔があるのみである。300x450_4

13.上行寺 別願寺と大町大路を挟んだ南側の日蓮宗の寺。

              門の裏側の上にある左甚五郎の彫刻450x300_10
        癌よけにご利益のある瘡守稲荷神社はお参りする人が多いPhoto

14.安養院 鎌倉と坂東三十三観音霊場3番札所 拝観料100円
北条政子が夫頼朝の菩提を弔うために開いたのが始まり。安養院は政子の法号。450x300_11
450x300_12
                  政子の墓と伝えられる450x300_14
宝篋印塔 関東様式で鎌倉に現存するもっとも古い塔(1308年)浄土宗・尊観上人の墓300x450_5

15.大宝寺 日蓮宗
八雲神社の新羅三郎義光が後三年の役の後、居を構えたところで、子孫の佐竹氏が寺を建立、廃寺、再建されたという。
背後の山を佐竹山という。450x300_15

16、妙法寺 日蓮宗 拝観料300円
日蓮が1253年に千葉県安房で改宗した後、禅や念仏を邪宗と攻撃したので、迫害を受けて鎌倉のここ、松葉ヶ谷(まつばがやつ)の草庵に入った。また同じことをして伊豆に配流され、鎌倉に戻った後もここにとどまったという。
後醍醐天皇の第3子大塔宮・護良親王の御遺子・日叡上人が1253年に再興した寺。山頂に御両親のお墓を建て、ご自身のお墓もある。

  仁王門 朱塗りなのは徳川11代将軍家斉がよくお参りに来られたからだそうだ450x300_16
              法華堂 本尊は除厄祖師で日叡上人作450x300_17
           日蓮上人が1271年までおられた松葉ヶ谷御草庵跡450x300_18
                    大塔宮護良親王御墓300x450_6
                     日叡上人御墓450x300_19
          入り口そばの花、タカサゴフヨウと教えられました。450x300_20
×安国論寺 日蓮が『立正安国論』を起草したという寺は何故か閉まっていました。450x300_22
×本興寺 見るのを忘れました。

大変長くなって失礼しました。

|

« 極限 | トップページ | 「伊豆の長八」展 吉祥寺美術館 »

コメント

 こんにちは。
 鎌倉巡礼、着々と進んでいますね。
 「鎌倉の下町」大町方面は、妙本寺や妙法寺等を別にすると、東京のそこら辺にもあるような何気ないお寺が多く、足を向ける観光客もそれほどいませんが、一つ一つのお寺をじっくりと観ると歴史も古く、意外な見どころも多いですね。
 上行寺など、こんなところにこんな個性的な仏像が、と驚かされますよね。
 大宝寺は、完全に観光ルートからはずれていますが、好きなお寺で大昔けっこう訪れました。
 妙本寺の山のちょうど背後の谷戸に横たわる鄙びた雰囲気のお寺でしたが、写真を拝見すると、だいぶ建物の感じ等変わったようです。
 今度改めて行ってみようと思います。
 それにしても、細かい寺社もほとんどすべて参拝なさっていて、さすがです!

投稿: Nora | 2015年10月 9日 (金) 12:13

 蛇足とは思いますが、2点だけ。
 現在はどうなっているかわかりませんが、別願寺は、通りの奥に一見普通の民家風の本堂があり、鎌倉観音霊場第13番の珍しい魚籃観音様がいらっしゃいます。
 また、このすぐ近くに、これまた小さなお寺ですが鎌倉観音霊場第11番&鎌倉二十四地蔵第23番の延命寺というお寺があります。
 他のコースで訪れるのかもしれませんが、観音霊場等を全部まわられるのならお忘れなきよう。

投稿: Nora | 2015年10月 9日 (金) 13:16

★Noraさま

平安末期から室町時代の歴史はさっぱり覚えていなくて、一つ一つのお寺から特に今は鎌倉時代のことを学んでいます。
知れば当時の様子が浮かんできたりしてとても楽しいです。
仏像は殆ど拝観できないのが多いですが、さすが拝観料をお払いする所は拝ませていただけますね。老眼の目にはっきり見えないのが残念です。
大宝寺は新羅三郎義光のお墓があるらしいのですが、佐竹山の中の方でしょうか。見られませんでした。
妙本寺は方丈門なども新しく、変わったでしょうか。

別願寺はそうだったのですか。普通の家みたいなところに入って行けばよかったのですね。
気がつかなかったですが、鎌倉観音霊場の13番にあったのですね。とても残念です。またいつか機会があったら行きたいです。
延命寺はこの地図に見えていますね。教恩寺に近かったのですね。
いろいろ教えていただきありがとうございました。これからもまたよろしくご指導ください。

投稿: tona | 2015年10月 9日 (金) 16:38

こんにちは
 
鎌倉寺社巡りの2回目に登場する寺社はひとつも行ったことなく
ご紹介いただいた歴史も知らないことばかりでした。
小町に対して大町という地名があることも初めて知りました。
鎌倉幕府は初代の頼朝から、権力を巡る争いがずっと続いたのですね。
日蓮上人のことも知っていたのは名前ばかりだったと気づかされました。
ひとつひとつのお寺の由緒とそのころの時代の人々や出来事など
いろいろなことをある程度知った上で巡るのは、やはり面白さが
ぜんぜん違いますね。
…おっと、いちばんの目的は参拝ですから、面白いなどといっては
仏様に失礼に当たるかも sweat01

投稿: ポージィ | 2015年10月 9日 (金) 17:27

★ポージィさま

こんばんは。
鎌倉の地名は高校の友人が鎌倉のあちこちに住んでいましたので知っていましたが、鎌倉時代の北条氏のことや、鎌倉に日蓮がこんなに関係していたなんて知りませんでした。
実家が日蓮宗でしたが、日蓮がこんなに激しい人とは驚いたくらいです。
北条氏があの頃次々と人を蹴落としていくのは三浦半島や伊豆や千葉県なども関係してくるのだと思われます。
有名な大塔宮の墓所が山の頂上にあったなんて。山登りも楽しめました。
そう、参拝なのですが、秘仏らしく後ろに隠れていたり、開いてなくて見られないところが多いのですよ。
教えていただいて、見損なった観音様も今回2つもあったことがわかりました。
ですので歴史の方を楽しんでいます。
有難うございました。

投稿: tona | 2015年10月 9日 (金) 20:25

鎌倉は奥が深いですね。
有名な所は廻りましたがこんなにあるとは
知らなかったです。

思い出すのは、東慶寺の鈴木大拙の墓
西田幾多郎の墓、和辻哲郎の墓
安倍能成の墓などです。

我が家にもタカサゴフヨウがありますが、
下さった人から、もう一つの呼び名
ヤノネボンテンカを教えて頂きました。

投稿: matsubara | 2015年10月 9日 (金) 20:38

★matsubaraさま

京都とは随分規模が違いますが、お寺が、それもこのあたりは日蓮宗が多いのですね。
東慶寺のお墓のことをとてもよく覚えていらっしゃって驚きました。

ヤノネボンテンカを教えていただきありがとうございます。こちらの名前は聞いたことがありますが、このお花だったのですね。タカサゴフヨウという名前は初めてです。
アオイ科だそうですが、槿や芙蓉などにも似ていますね。

投稿: tona | 2015年10月 9日 (金) 21:09

相変わらずご健脚でいらっしゃいますね。
鎌倉も本気で廻ろうとしたら、大変なことになりそうです。
ジャンジャー・リリー、あの甘い香りが大好きですが
キューバ、ニカラグアの国花とは知りませんでした。

投稿: zooey | 2015年10月10日 (土) 22:47

きめの細かい鎌倉のお寺巡り、そして歴史・・・
良く歩かれましたね。甘いもの処「谷口屋」のあんみつのお味は如何でしたか?

別願寺・上行寺・大宝寺は行った覚えがありません。
鎌倉はまだまだ奥が深いですね。

ブログにはUPしませんでしたが、3月にNGO主催の鎌倉めぐりに参加しました。
その際は普段見られない仏像なども見ることができました。
ただ「撮影禁止」が残念でした。

ジンジャーのお花は今頃咲くのですね。
ハワイでお土産用の球根を買って庭に植えたら何度か咲いて見えなくなりました。
そうそう八雲神社の横から東勝寺跡まで続く祇園山のハイキングコースがあり、歩いたことがあります。


投稿: nao♪ | 2015年10月11日 (日) 00:07

★zooeyさま

おはようございます。
大町もそれほど範囲は広くないので、1万2千歩くらいだったでしょうか。
気候が歩きやすい季節になりました。
ぼたもち寺=ジンジャーリリーです。一面全部覆われていましたよ。

投稿: tona | 2015年10月11日 (日) 08:45

★nao♪さま

谷口屋のあんみつは普通でした。
どこかのササニシキやおにぎりを売っていました。テーブルにはホトトギスなどが飾ってあったり誰かの作品の陶器が並んでいたりしています。

御開帳のツアーに参加されたのですね。お近いからいいですね。京都に住んでいられる方が羨ましいですもの。
ジンジャーはあちらこちらに見られました鎌倉に適しているのかと思いました。お家ではいつか消えちゃうのでしょうか。
このハイキングコースを祇園山ハイキングコースというのですか。
距離はあまり長くなさそうに地図では思えますね。

投稿: tona | 2015年10月11日 (日) 08:54

tonaさん、こんばんわ!

鎌倉寺社巡りの2回目に出てくる寺社、私は知らない所だらけで
又その寺社には必ず歴史が付いて周り、歴史を勉強しながらのtonaさんの記事に
私も改めて歴史を知り、何事でもそうですが
歴史を知って見るのと知らないで見るのでは雲泥の差
tonaさんの書き方が上手なので、思わず引き込まれます。

寺社には疎い私ですが、又教えて下さいね。

投稿: ラッシーママ | 2015年10月11日 (日) 21:50

★ラッシーママさま

こんばんは。
お疲れのところをコメントありがとうございます。
全く空白の鎌倉、室町時代ですが、せめて鎌倉だけでも時代をお寺から知りたいものです。
今回、護良親王と日叡上人が親子であったことと、上人が両親のお墓をここに建てたこと知って感動しました。
そのうちまた鎌倉に行きますのでよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2015年10月11日 (日) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62436940

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉2・大町の寺社:

« 極限 | トップページ | 「伊豆の長八」展 吉祥寺美術館 »