« 旧新橋停車場プラットホームと鳥居などにまつわる3つの神社 | トップページ | 日本橋・神田川クルーズ »

2015年11月 9日 (月)

鎌倉3・材木座の寺社(1)

367x650
大町の南は材木座で突き当りは材木座海岸です。この日は北側の方を駅から歩きました。今回こそ本興寺が道筋にあるので寄ろうと思ったのに、またも忘れてしまった迂闊な私です。
今回のメインは元八幡宮と三浦氏が関係する寺と日蓮の第一弟子の寺です。

17.延命寺
鎌倉三十三観音霊場の11番で聖観音菩薩がある、浄土宗の寺。予約しなかったので外からしか見られなかった。Noraさんに教えていただき見ることができました。450x300
300x450
18.由井若宮(元八幡宮)
鎌倉に拠点を持っていた源氏の氏神であった。
頼朝より五代前の源頼義が陸奥の平定に赴くさい、京都の石清水八幡宮に戦勝を願い、その通りになったので、1063年に八幡宮を勧請した。
1081年に頼義の長子、八幡太郎義家が社殿を修復した。小さな社殿だが、今の八幡宮とあわせて国の史跡になっている。450x300_2
450x300_3
境内には義家の「旗立の松」が空洞の幹根になって残されている。
社域に入る横には芥川龍之介の旧居跡があって今はアパートが建っている。300x450_2

◎昼食は喫茶ギャラリーAKIで。3代続いた酒屋さんの3代目が酒屋をやめて、アーティストとして木工チャームなどの作品を販売し、貸しギャラリーと喫茶と3種類の食事(ドライカレーとチキンライスとリゾット)を提供している店。建物が古くて味わい深いお店だった。Aki1_450x300
Aki4_450x300
Aki2_450x300

19.長勝寺 創建1263年 開山は日蓮300x450_3
参道を進むと増長天、広目天、毘沙門天、持国天の四天王に囲まれた西郷さん像を思わせる大きな日蓮の銅像(高村光雲作)がある。背後に帝釈堂が建つが、日蓮が帝釈天の使いである白猿に助けられたことから、帝釈天ゆかりの霊場とされる。
先日行った横須賀の猿島で日蓮は白猿に助けられたと聞いたところです。帝釈天のお使いだったのですね。450x300_4
                     本師堂の中450x300_5
1960年前後に活動した日活スター、赤城圭一郎の墓と像が境内にある。鎌倉高校出身。450x300_6
               お墓の石塔が観音様という墓が多い300x450_4
                      六地蔵450x300_7

20.妙長寺 創建1299年
開山の日実は伊豆に配流になった日蓮を助けた漁師とも、またその子供とも言われる。泉鏡花が明治24年の7,8月をこの寺で過ごし『星あかり』を執筆した。450x300_8
450x300_9
21.向福寺
             鎌倉三十三観音霊場の15番で聖観音菩薩450x300_10
ここは花のきれいなお寺
                     シャクナゲ450x300_11
               サンパラソル
450x443450x403

                       ネリネ450x300_12

22.五所神社
材木座一帯の氏神でもともとあった五社を合併した。450x300_13
国の重要美術品の「不動種子板碑」種子を「しゅじ」と読み、仏や菩薩をあらわす梵字のこと。1262年の銘があり、貴重なもの。次回に行く光明寺との板碑と対をなしているそうで楽しみだ。300x450_8
                      摩利支天像300x450_9
                神輿が三基保管されている300x450_10
23.来迎時
来迎時の前身能蔵寺は、源頼朝が鎌倉幕府の重臣、三浦大介義昭の霊を弔うため建立した寺だ。真言宗を時宗に改宗し、寺名も来迎寺になった。
三浦半島の衣笠城主だった三浦義昭は、石橋山の合戦に敗れた頼朝のもとに一族を向かわせ、自身は一人城にとどまり畠山重忠の軍勢と闘い、89歳で戦死した。
三浦氏は義昭の孫の代で北条氏に滅ぼされる。
畠山氏の重忠も最初頼朝と敵対するが、後重臣となる。しかし源氏亡き後北条時政の策謀で、北条義時軍に滅ぼされる。これも北条氏による有力御家人の排斥の一つ。

来迎時は、鎌倉三十三観音霊場の14番で、子育て観音(聖観音)をおまつりしている。本尊阿弥陀如来は三浦義昭の守護佛で、着衣の素晴らしい截金文様が高い評価を得ている。しかしあいにく両方とも閉まっていて見られなかった。450x300_14
                    三浦大介義昭の墓450x300_15
          三浦一族と家来の墓。100余の五輪塔が並んでいる。450x300_16
24.実相寺 曽我兄弟の父の仇として討たれた工藤祐経の屋敷跡と伝えれる。
日昭創建。日昭は日蓮宗六老僧の筆頭。つまり松葉ヶ谷に、最初に日蓮をたずねて弟子になった人で、母親は工藤祐経の娘である。450x300_17
450x300_18
                       日昭の墓300x450_11
                     サネカズラ450x300_19

|

« 旧新橋停車場プラットホームと鳥居などにまつわる3つの神社 | トップページ | 日本橋・神田川クルーズ »

コメント

こんばんは
よく歩かれましたね
長勝寺では冬に裸で水を被る水行をみたことがあります

赤城圭一郎の墓と像が境内にあるそうですがまだ行ってないです
近いうち行ってみます


投稿: たなちゃん | 2015年11月 9日 (月) 19:38

★たなちゃんさま

こんばんは。

2月11日という最も寒い頃にある荒行ですね。
国祷会と言われているとか。
初めて知りました。それをすでにご覧になっているとは!
赤城圭一郎のお墓はこの方の本名がわからなかったので、一番上まで登ってみたのですけれどもわかりませんでした。表示が見当たりませんでしたので。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年11月 9日 (月) 20:36

こんばんは
 
材木座辺りのお寺は一つも行ったこともなく、名前すら知らない
ところばかりで、興味深く拝見しました。貴重なものもたくさん
ご覧になりましたね。
やはり源氏や北条家等、時の権力者と関わりの
深いところも
少なくなく、寺社も歴史との関わりなど知った上で回ると関心も
深まると改めて感じています。若い頃鎌倉のお寺をいくつか
回ったときは、何も知らないままただ歩いたせいか、ほぼ全部
忘れてしまいました。

投稿: ポージィ | 2015年11月 9日 (月) 21:34

★ポージィさま

おはようございます。
高校のクラスメートが材木座に住んでいたので、材木座の名前だけ知っていて歩いたことはありませんでした。
日蓮関係のお寺や源頼朝の重臣の話などがこのエリアにも出てきました。
鎌倉時代成立前後や、源氏の祖に近い頃からの歴史も少々知ることが出来ました。
頼朝がなぜ鎌倉に幕府設立したかは、元八幡宮の由来でわかりました。拠点だったところだからみたいですね。
私も全く同じで、北鎌倉近辺や極楽寺近辺のお寺を廻ったことだけで、お寺の中の様子は忘れています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年11月10日 (火) 08:25

こんにちは。横浜出身なので、鎌倉には若い頃から何度も行っていますが、材木座界隈は歩いたことがありませんでした。材木座海岸ではよく遊びましたけどね。写真をたいへん興味深く拝見しました。次に鎌倉に行くことがあれば、歩いてみたいと思います。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年11月10日 (火) 08:49

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
横浜出身でいらっしゃいますか。
私は茅ヶ崎でしたから、最初は鎌倉八幡宮、のち寒川神社にお正月に参拝していました。
私は小町も大町も材木座も全く初めてでした。こんなに小町大路の両側にお寺があるとは知りませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年11月10日 (火) 09:00

光明寺だけであとは海岸のカフエでお茶を飲みました。
こんどはこっちの方まで攻めてみようかな。

投稿: 佐平次 | 2015年11月10日 (火) 09:24

★佐平次さま

ありがとうございます。
次回、光明寺に行きます。大きなお寺のようですね。
海岸にカフェがあるのですか。見つけたら入りたいです。

投稿: tona | 2015年11月10日 (火) 16:16

鎌倉の寺社を飛び飛びに歩いた記憶はありますが、南はよく知りません。
鎌倉アルプスハイキングで、建長寺から材木座海岸へ出たことがありました。
その途中に確か実相寺があり、お参りしました。
ミモザの大木があると教えてくれたのです。
友達が持参した旅冊子の表紙に、この寺のミモザが載っていたのですね。
丁寧にご覧になって、良かったですね♪

投稿: だんだん | 2015年11月11日 (水) 17:03

★だんだんさま

私も鎌倉歩きここまでは全く初めてでした。
天園コースハイキングは私は瑞泉寺で終わってしまいましたが、材木座まで随分歩かれましたね。
実相寺にミモザがあるのですか。
全然気がつきませんでした。思えば黄色い花が咲いていればわかりますが、葉を見ていません。そんなものですから、いつまでたっても木がわからないのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年11月11日 (水) 20:07

ますます鎌倉通になられましたね。
行ったことがないところばかりです。

唯一既に知っていたのは、「種子」のこと。
これは仏教遺跡を周っていた30年前に
学びました。関西でもよく見られます。
梵字の本も購入し、かなり読めたのですが
今はご無沙汰です。

投稿: matsubara | 2015年11月12日 (木) 08:45

 鎌倉はもうずいぶん前、車とバスツアーで2回ほど行きましたが、
主に北鎌倉と鶴が岡八幡宮のあたり。車では休みの日など渋滞と、駐車場探しで
思うようにじっくり見られませんでした。ツアーはこれまた時間の制約があり、
思うようにいきません。やはり個人で電車がいいようですね。

 鎌倉駅周辺の材木座辺りは寺社が近くに点在し、歩いて回るのに便利なようですね。
やはり鎌倉観光は、地区を決めてじっくり観光するのがいいでようです。
以前から思ってるのですけど、泊りがけでじっくり見たいと思っています。
 鎌倉は歴史の町。っ歴史探訪にはもってこいのところです。
じっくり見られてよかったですね。参考になりました。

投稿: 夢閑人 | 2015年11月12日 (木) 17:24

★matsubaraさま

種子のこと、全く初めてでした。
こんなところで出会うとは。
もう30年も前に勉強されていらっしゃるとは、そのことに驚きました。
梵字って難しそうですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年11月12日 (木) 19:36

★夢閑人さま

鎌倉の道路の渋滞は凄いですね。48年前に車の免許を取った頃、鎌倉に繰り出しましたらその頃からすでに凄い渋滞で歩いたほうが早かったです。
小町、大町、材木座と小町大路の左右を見ているうちに海岸に着きますね。さすがに材木座の帰りはバスに乗りました。
この頃バスもスイカですから小銭を用意などびくびくしないですみます。
鎌倉の宿泊施設は京都のように激混みではないでしょうね。宿泊というのもいいですね。以前クラス会で場所は忘れましたが宿泊しました。
駅周辺や有名なお寺は混んでいるようですが、このあたりは人影も少なかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年11月12日 (木) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62645761

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉3・材木座の寺社(1):

« 旧新橋停車場プラットホームと鳥居などにまつわる3つの神社 | トップページ | 日本橋・神田川クルーズ »