« 富士山すそ野一周ウォーキング15 | トップページ | 晩秋の渋沢丘陵(秦野~渋沢) »

2015年11月19日 (木)

東洋文庫ミュージアム『幕末展』

今週月曜日、ブログ友のMさんと久しぶりにお会いし、駒込の六義園の向かいにある「東洋文庫」に招いていただきました。ありがとうございました。
東洋文庫と聞いて平凡社の東洋文庫が並んでいるのかと思ったのですが、昨年Mさんがいらしてそうではないことを知ったのでした。
以下HPから・・・
東洋学の研究図書館で、三菱第三代当主岩崎久彌氏が1924年に設立した、東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館であり、世界5大東洋学研究図書館の一つに数えられております。その蔵書数は国宝5点、重要文化財7点を含む約100万冊であり、内訳は、漢籍40%、洋書30%、和書20%、他アジア言語(韓・越・梵・イラン・トルコ・アラビア語等)10%です。 職員は研究員を含めて80名。・・・
ミュージアムは2011年開館

以前行ったことがありますが、二子玉川には静嘉堂文庫美術館があって、こちらにも蔵書と美術品をたくさん所蔵しています。東洋文庫設立者が三菱創始者・彌太郎の子供の第三代当主ですが、静嘉堂文庫は弥太郎の弟彌之助(第二代当主)とその子供の小彌太(第四代当主)が設立したもので、美術品が多いのが違うところです。

岩崎家はこうした蔵書、美術品の他、旧岩崎邸、清澄庭園、六義園などを持ち(今は都のものとして運営)、二つの文庫ミュージアムに加え、三菱系は三菱一号館美術館も開設したのです。東京駅丸の内の付近の土地を所有、そしてたくさんの三菱関連企業を見るにつけ、三大財閥でも群を抜いた存在と、この文庫を訪ねて知りました。

モリソン書庫を見て、オーストリアのメルク修道院やアイルランド・ダブリンのトリニティ・カレッジの図書館などの大きな美しい図書館を思い起こしますが、それとはまた違った美しい書庫です。3階まであって、私はそこにはたどり着けないし、閲覧しないが、研究者にはよだれの出るような本が並んでいるのですね。
500x375
500x375_2

<オリエントホール>にも興味引くような本が20冊近く紹介されています。歴史の教科書に出てきたような本が実際に見られるわけです。
                   新井白石自筆文書450x266
                    絵本庭訓往来500x212

<東洋文庫の名品の数々> 枕草子、太平記、東方見聞録、ロビンソンクルーソー漂流記、日本書紀など32冊。

これは徳川家康が出版した中国の本で、日本で初めて鋳造された銅活字約10万個を用いて印刷された本『群書治要』450x311
<幕末展>では37点、清朝末期に関するのや、ペリー来航や桜田門外襲撃の図など日本の幕末のあわただしさも伝わってくる。

                 ジョン・万次郎の聞き書き500x375_3
450x338
                     ペリー提督450x275
450x338_2
                    桜田門外襲撃之図450x338_3
             岩崎彌太郎日記 全部漢字で書かれている500x375_4
いやはや凄い本ばかり集めた図書館です。

|

« 富士山すそ野一周ウォーキング15 | トップページ | 晩秋の渋沢丘陵(秦野~渋沢) »

コメント

さすがに論理的に記事をまとめられましたね。
学ばせていただきました。
これからもよろしくおつきあい下さい。

投稿: matsubara | 2015年11月20日 (金) 07:58

★matsubaraさま

いつも常識のなさに泣けますが、それゆえ、今回もたくさんのことを見聞できて、とても有り難く思います。
もっともっと世の中の人に知っていただきたいミュージアムですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年11月20日 (金) 08:22

おはようございます。
 
ゎぁ… 私には高度ずぎる図書館と蔵書です。
でも素晴らしく貴重なミュージアムですね。
お写真拝見するだけで、古い書物の集まった空間の、
特有の香りが感じられるようです。
岩崎弥太郎と一族の方々の残した様々なものの意義は大きいですね。
「財閥」というと庶民にとしてはどこか負のイメージもありますが、
財閥の財力あってこそ、さまざまな貴重なものが残されていることも
事実なのだなぁ、と改めて思いました。
なんだか低次元の感想でお恥ずかしいです~ ^^;

投稿: ポージィ | 2015年11月20日 (金) 09:48

★ポージィさま

こんにちは。
夏から秋のたくさんの虫やその幼虫に出会われたそのリアルな写真に、図鑑を見ているような錯覚を覚えました。毛虫さえも可愛く感じられました。
またまたお忙しい中、コメントありがとうございました。
おっしゃるように、財閥の力で蒐集された世にも貴重なこれらの書籍には、本当に驚いてしまいました。
優秀な側近はいたでしょうが、これだけのものを集めようとするその心意気は財力だけでなく、深く文化を理解し、勉強した岩崎家の姿も見えてきました。
何だか殺伐としてきた世界情勢に、地球の宝が壊されている話も聞くにつれ、これら文化的な日本の遺産もずっと残っていってほしいと感じた次第です。

投稿: tona | 2015年11月20日 (金) 10:10

国会図書館にも入ったことがないことを国会前デモにいくたびに思う人生でした。
やりなおしたら図書館の虫になるぞ^^。

投稿: 佐平次 | 2015年11月20日 (金) 10:42

★佐平次さま

私もまだ国会図書館に入ったことがありません。
凄い意気込みで頼もしいですhappy01
私は花の百名山かしら。

投稿: tona | 2015年11月20日 (金) 20:10

国会図書館は学生時代に行きましたが
東洋文庫は未訪です。
素養のない私が行っても
ブタに真珠でしょうけど。
今はバタバタしていますが
いつか御目文字の日を楽しみにしております。

投稿: zooey | 2015年11月23日 (月) 21:36

★zooeyさま

本当に今大変ですね。
私もそんな時があって、とても悲しい日々でした。思いっきり看病されてください。そして早く回復されるようにお祈りしています。

娘が行った早稲田で講義を受けていますが、図書館にびっくり。国会図書館はもっと凄いのかと。

投稿: tona | 2015年11月23日 (月) 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62710591

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋文庫ミュージアム『幕末展』:

« 富士山すそ野一周ウォーキング15 | トップページ | 晩秋の渋沢丘陵(秦野~渋沢) »