« 富士山すそ野一周ウォーキング11 | トップページ | 素敵なお見舞いクリスマスカード »

2015年12月17日 (木)

日本橋・人形町から小伝馬町をぶらぶら

340x600先週12/9(水)、朝転んで骨折したことも自覚しないで、人形町から小伝馬町まで地下鉄日比谷線の一駅間を散歩しました。地図で赤く書かれた場所。

人形町:薩摩浄瑠璃や人形芝居が行われ、人形遣いが多く住んでいたことに由来。
伝馬町:通信・交通・輸送のために伝馬を担う大伝馬町・南伝馬町と江戸内部の伝馬を担う小伝馬町が設けられた(南伝馬町は現在は京橋の一部となっているが、大伝馬町と小伝馬町は現在も日本橋大伝馬町・日本橋小伝馬町として地名が残る)

人形町の駅を出ると「玄冶店(げんだなや)」の碑があります。幕府医師の岡本玄冶の屋敷跡で、歌舞伎狂言「与話情浮名横櫛 (よわなさけうきなのよこぐし) 」4幕目の源氏店 (げんじだな) 妾宅の場の俗称。当時は忠臣蔵のように、実際の話でも人や場所の名を変えたり、字を変えたりした。
古い話ではありますが、昭和29年、春日八郎の「お富さん」で「・・・死んだ筈だよお富さん、生きていたとはお釈迦様でも知らぬ仏のお富さん、ええさほう、玄冶店」という有名な歌詞の一部分に出てくる。338x450
玄冶店の通りを隔てた紫色で書かれた場所が「元吉原跡」です。振袖火事後、浅草へ移転した。
伝馬町方面と反対方向に少し歩いてみると水天宮が見えたが、今修復中です。450x338
大観音寺」江戸三十三観音・三番札所の聖観音宗450x338_2
開帳のときの御本尊・丈六観音像御首像と御前立観音像
後ろの御首像は鎌倉に関係あり。北条政子が奉祀したが火事で焼け落ちるも御首だけ助かり、その後明治の廃仏毀釈で由比ヶ浜に捨てられたが、人形町の住人、石田可村と山本卯助に助け出されたという。460x490
ここには韋駄天尊が祀られています。韋駄天が俊足なのは、仏舎利を盗んだ鬼神を追いかけて取り戻したことに由来する。ランナーのお参りが急増し、アスリートのメッカとなっている。338x450_2
              昼食は「あさりうどんとそぼろごはん」でした450x338_4

小伝馬町方面に進みます。

椙森神社(すぎもり)」
平将門の反乱を鎮定するために、藤原秀郷が戦勝祈願をした所。室町中期に太田道灌が雨乞い祈願のために、京都伏見稲荷の伍社を勧請し篤く信仰した。江戸城下の三森(烏森、柳森、椙森)の一つに数えられ、椙森稲荷として信仰された。450x338_5
富籤が盛んだった人形町、神社の境内には他に類を見ない富塚が建つ。宝くじの元祖として多くの人々が心中祈願をするところです。338x450_3
お竹大日如来井戸跡
            立派な行いのお竹さんが使っていた井戸の跡338x450_4
600x450
宝田恵比寿神社 商売繁盛、家族繁栄の恵比寿神(運慶作)を祀る。10月19日にべったら市が催される。
450x338_6
小伝馬町の駅を過ぎたあたりは、泣く子も黙ると言われた「牢屋敷」があったところで、牢屋敷跡地の公園には、「石町(こくちょう)時の鐘」と「松陰先生終焉の地」の碑がある。
石町時の鐘 江戸で最初に設置された時の銅鐘で、この鐘の音を合図に斬罰刑が執行された。450x338_7
338x450_5
道を隔てて、真言宗「大安楽寺」江戸三十三観音・第五番札所があります。
大倉喜八郎、安田善次郎など明治時代の財界人が発起人となって、獄死者を弔うために開創した。450x338_8
                     延命地蔵尊450x338_9
日蓮宗身延別院450x338_10
油かけ大黒天 名優長谷川一夫の夫人が夢の中で祀るようにと告げられ、施主となった。長谷川一夫が生まれた京都伏見には油掛町があって、油を売る商人が道端の石像に誤って油をかけて以来、商売繁盛したとの言い伝えがあるそうです。 別院内にある。450x338_11



|

« 富士山すそ野一周ウォーキング11 | トップページ | 素敵なお見舞いクリスマスカード »

コメント

こんにちは
 
あらまぁ 実は骨折されていた、というその当日に痛みを抱えつつ
お写真を撮りつつの散策をされていたのですね。カメラを構えるのは
難儀でいらしたでしょう。
 
東京もほとんどが行ったことのない場所ばかりで、人形町・伝馬町も
名前はよく見聞きしますが訪れたことはありません。
地名の由来はそういうことだったのですね。しかし江戸時代以降の
町かと思いきや、平将門や太田道灌の名前も登場して、
室町の時代やもっと前からの長い歴史ある町と知りました。
それにしても、色々拝見していると、日本人の信仰は実に多岐に
渡っていると改めて思います。

投稿: ポージィ | 2015年12月18日 (金) 10:35

★ポージィさま

こんばんは。
確かにカメラを持ち上げる時と、お店に入ってのコートの脱ぎ着のとき痛みを感じましたが打撲の痛みかとのんきに構えていました。

夫が見ている時代劇にしきりに出てくるこの当たり、私も江戸時代の歴史しかないと思い込んでいましたが、そんなことはなかったのですね。
でもいろいろな私でも知っている歴史がいっぱいでそれなりに楽しめました。
日本人は無信仰といいますが、現代でも多くの人々が信仰心を持ちお祈りしています。
今回初めて知ったのが、韋駄天信仰です。アスリートのメッカとは知りませんでした。東京マラソンの時は大賑わいらしいです。
商売してないのに、油かけ大黒天に油をかけて頭を下げました。ぎらぎらの大黒天でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年12月18日 (金) 16:49

私の友人も骨折と知らず、出歩いていて
外科でレントゲンを撮ってみてわかり
コルセットで固定しています。
でも普通に運転していますよ。
それほどひどい痛みでないようですね。
背骨が疲労骨折していたようです。

東京には地下鉄一駅にもいろんな遺跡が
あるのですね。他にもいろいろ見つかりそう
ですね。

投稿: matsubara | 2015年12月19日 (土) 08:47

★matsubaraさま

おはようございます。
友人が転んで背骨を折りました。
そうしたらすっかり背骨が曲がってしまって驚きました。
昨日レントゲンでまだ1週間ですからくっついてはいませんでしたが、自然につくのですと説明を受けて安心しました。右手が使えないのが難儀です。

そうですね。いろいろな遺跡がありそうです。
暑くない季節なら一駅分はすぐ歩けますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年12月19日 (土) 09:00

人形町には親戚があるし、現役終了後に出向した
会社が小伝馬町にあったので、あのあたりは
よくうろついていました。
しかしまあ、tonaさんのブログ拝見して
あらためていろいろ教えられることが多く、
このページ印刷させて頂きました。
今度、あちら方面へ出かけたときの参考に
させてもらいたいと思っています。
いやー、いろいろ勉強になりました。
有難うございました。

投稿: 茂彦 | 2015年12月19日 (土) 09:58

★茂彦さま

まあ、会社があの辺りにあったのですか。
人形町には御親戚もおありで、ご縁がありますね。
私は初めて足を踏み入れました。水天宮さえ行ったことがなかったです。
歴史の詰まった場所なのですね。

こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2015年12月19日 (土) 16:19

皆さんが仰るように、肩を骨折してたのによく写真が撮れましたね。
毎回、tonaさんの記事には教えて貰う事が多いですが
今回も最初からお終いまで興味深々でした。

人形町・伝馬町の名前の由来も分りました。
特に面白いのは「お富さん」の歌詞の中の玄冶店は意味が分からなかったのですが
妾宅と言う事でしょうか・・・

韋駄天尊がアスリートのメッカや富塚が宝くじの元祖だの、興味持ちます。
牢屋敷跡地の公園には「松陰先生終焉の地」があるようですが
斬罰刑が執行される前は下田で拘禁された跡地が、今は「下田中央公民館」が建ってます。

投稿: ラッシーママ | 2015年12月19日 (土) 23:35

★ラッシーママさま

まあ、興味を持ってくださって嬉しいです。ありがとうございます。
このあたりは、本所深川と同じく時代劇にもよく出てきます。
玄冶店は歌舞伎の中で複雑に話が展開しますが、そうなのですね。玄冶は医者の名前だったわけですが。

韋駄天や富くじやべったら市などこの当たりに関係していたことを知らなかったので驚いた次第です。
下田は久しく行っておりませんが、そういえば松陰に関しては拘禁されたところだったのですね。今年の大河ドラマにも出てきましたし。

投稿: tona | 2015年12月20日 (日) 08:38

こんにちは。この界隈は歴史を感じられて楽しいですね。地名がとても楽しいです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年12月20日 (日) 17:09

★多摩NTの住人さま

おはようございます。
この界隈には鍛治町、馬喰町、蠣殻町など由緒ある名前がまだ残っていますが、新宿区は殆ど残していますので、もう絶対に変えないでほしいです。庶民の生活の場にいろいろな職業が隣あっていたのがわかって面白いですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2015年12月21日 (月) 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62888743

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋・人形町から小伝馬町をぶらぶら:

« 富士山すそ野一周ウォーキング11 | トップページ | 素敵なお見舞いクリスマスカード »