« ティモシー・ブルック著『フェルメールの帽子』 | トップページ | 新しい年を迎えて »

2015年12月29日 (火)

南伸坊著『本人の人々』

笑いました!愉快な気分に浸れた本でした。まだの方にちょっとお薦めです。
イラストレーターで漫画家の南伸坊さんは顔真似の天才だ。知らなかったのは私だけだったかもしれない。
『本人の人々』で、実に71人の顔真似をしている。

                    南さん自身のお顔350x263_3
このお顔で71人の顔真似、そっくりで吹き出したくなる。何でも「ヒトの身」になってみようというのが動機らしい。
写真に付された文章は本人の身になって文章を書いているのでこれが笑える。もしかしたら本人も書きたくないようなことを堂々と書いて。
何でも奥さんの南文子さんが写真や小道具などを担当しているというから、実に息の合ったご夫婦だ。

                        金正日Photo_2
                       安藤忠雄263x350_5
                       五木寛之263x350_7
                        宍戸錠263x350_8
                     塩川正十郎(塩爺)263x350_9
                       矢沢永吉350x263_4

一昨日、駅ビルの前に2m以上もある立派な門松が立てられました。この頃全然見かけないし、一体どのくらいお金がかかるのかと詮索したりして、観察しました。
松に、良い香りの梅、「そぎ」に切られた竹、笹、千両、南天、柚子、金柑そしてしめ飾りが、たくさんの稲わらに縄が巻かれた上に活けこまれた感じです。
松は神が宿る祈る樹木なのです。450x338_2
Pc290010_274x450_2
追記:ピロスマニの本を読み、すぐあとに「放浪の画家ピロスマニ」を見て、本日30日、ピロスマニの絵が描かれたグルジア(ジョージア)ワインを買いました。お正月に味わいます。Pc300001_285x380
285x380_2


                          ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

この1年も大変お世話になり、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。来年どうぞよろしくお願いいたします。

|

« ティモシー・ブルック著『フェルメールの帽子』 | トップページ | 新しい年を迎えて »

コメント

こんにちは♪
 
アハハ あんまりそっくりで笑っちゃいます。見事ですね。 
全然知りませんでしたよ。他にどんな人になりきっての
お写真と文章が載っているのか見てみたくなりました。
 
今年一年ありがとうございました。
tonaさんにとって、今年は色々と大変なことも多い日々と
なられましたが、来年は運気上向き・穏やかに楽しい日々と
なられますよう祈っています。
今日の午後家を出て、羽田空港へ向かいます。
また来年、よろしくお願いいたします。

投稿: ポージィ | 2015年12月30日 (水) 11:16

写真で見るだけでも楽しい。
もしかすると読んだことがあるかもなあ。
来年もお元気でいい年でありますように!

投稿: 佐平次 | 2015年12月30日 (水) 11:50

★ポージィさま

やっぱりそっくりと思われましたね。
おかしくなりますよね。
全然似ていないのにそっくりになる仕掛けがあるのですね。

今頃機中の人でしょうか。お忙しいのにコメントいただき有難うございました。
お言葉通り来年はもう少し元気になりたいものです。ブログ消滅にならないように。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2015年12月30日 (水) 13:39

★佐平次さま

2003年の本ですからとうの昔に読まれたのだと思います。
こんな楽し事をする方がいて、なかなかです。

そういえば、娘からメールがあって1昨日でしたか、生協でピロスマニの絵が描かれたワインが売られていたそうです。
今夫が自転車で生協に向かっていますが、果たしてあるか、疑問です。
また来年もよろしくお願いいたします。
追伸:買えました。↑に写真載せました。

投稿: | 2015年12月30日 (水) 13:44

南伸坊さん、名前は知ってましたが顔真似の天才とは知りませんでした。
71人の顔真似が出来るようですが、似て無くてもそっくりになる仕掛けなどがあるのですか。
コロッケさんに対抗出来そうですね。
写真見て本当に特徴を捉えてます。

昔は一寸した商店でも門松を飾ってましたが、最近は不景気とやらで、門松置いてる店は限られてきました。
松は神が宿る祈る樹木なのですね。
それも初めて知りました。
この歳になっても、沢山のブログ仲間から新しい知識を得ています。
tonaさんからも沢山教えて頂きました。
ありがとうございました。

明後日はお正月、今年はtonaさんと知り合えて嬉しかったです。
来年も宜しく、お願いします。
良いお年をお迎え下さい。

投稿: ラッシーママ | 2015年12月30日 (水) 13:59

★ラッシーママさま

そういえばコロッケさんも面白い物まねですね。
ラッシーママさんも御存じなかったですか。
凄いことですね。どんなテクニックがあるのでしょう?

門松の竹のそぎの切りは徳川家康の三方ヶ原の戦いからきているそうです。このところずっと門松を見ていませんでしたので、懐かしく眺めてしまいました。

私も皆さんからいろいろ教えていただき楽しかったです。今年はひょんなことからラッシーママさんとお知り合いになれて、すごく嬉しかったです。
ありがとうございました。
来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2015年12月30日 (水) 14:41

南伸坊さんの名前は聞いたことがありますが
芸能人の一人ということしか知りません。
こういう楽しい才能があったのですね。
五木さんの髪型を真似た鬘を探すとか努力が
いりますね。

お酒が全くダメで話題に乗れずすみません。

我が家に今年初めて門松らしいものを貰い
飾りました。新年にアップします。
でもこんなに豪華ではありません。少し似ている
だけです。趣味で作られたものです。

投稿: matsubara | 2015年12月30日 (水) 18:58

★matsubaraさま

みなみらんぼうさんという人もいて混同したりしていましたが、はっきりしました。

本当に小道具、大変と思います。金正日の洋服なども誂えたのでしょうか。

門松を作る職人の技、まだ受け継がれているのだなあと眺めました。
まあ、matsubara家に門松ですか。ふさわしいですね。拝見を楽しみにしていますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2015年12月30日 (水) 20:57

素敵なボトルですね。
飾って楽しみたい。
味もさぞかし。

投稿: 佐平次 | 2015年12月31日 (木) 10:18

こんにちは。とうとう大晦日ですね。今年は楽し記事をいろいろ有り難うございました。また当方にもたびたびお越しいただき感謝しております。来年も宜しくお願い致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

投稿: 多摩NTの住人 | 2015年12月31日 (木) 15:02

★佐平次さま

見ていただいてありがとうございます。
このボトル捨てられません。飾ります。
中身はお正月に無くなります。私はお酒を飲んではいけないことになって、味見だけします。
グルジアに行った人によりますと、何にでもピロスマニの絵が描かれ国民的画家になっているそうです。
このワインは何故か生協だけに売られています。

投稿: tona | 2015年12月31日 (木) 16:02

★多摩NTの住人さま

こちらこそ、殆ど知らない世界にご案内いただいて、とても勉強になっています。
ありがとうございました。
また来年もいろいろ教えてくださいね。
良いお年をお迎えください。

投稿: tona | 2015年12月31日 (木) 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/62962609

この記事へのトラックバック一覧です: 南伸坊著『本人の人々』:

« ティモシー・ブルック著『フェルメールの帽子』 | トップページ | 新しい年を迎えて »