« 多摩湖(村山貯水池)の2つの富士山 | トップページ | 越谷巡り(2) お雛様と梅園 »

2016年2月29日 (月)

越谷巡り(1) 庭園と植物園(ハランの花!)

650x4462/27浅草から東武線に乗り、越谷駅で降りて、ボランティアガイドさんの案内で越谷を巡ってきました。

●花田苑
越谷市が平成3年に造った廻遊式池泉の日本庭園。美しい池を中心に特色ある木橋、数奇屋造りの茶室、園内を一望できる築山、趣きある石灯籠があり、約14,000本の樹木が植えられていて四季折々花や紅葉が楽しめます。
隣接して越谷能楽堂があり、「薪能」「紅葉能」「春の能」の他、市民の能楽養成事業もなされていて、素晴らしい越谷市です。

入口は長屋門で、名主・宇田家のを復元したもの。ブロ友のmatsubaraさまの長屋門も見学させていただいたけれども立派で、中にある御物もきちんと保存されていました。450x338
450x338_2
450x338_3
450x338_4
4_450x338
                       舟舎5_450x338
450x338_5
450x338_6
                       能舞台450x338_7
       面の説明が書いてあり、興味をそそられました。般若と若女450x338_8
                  能楽堂の松(羽衣の松)450x338_10
450x338_11

●久伊豆神社
創建は平安時代。本殿は1789年建立。手元の日本地図の中の越谷で唯一載っている神社、有名なのですね。450x338_12
天然記念物の藤は平田篤胤が植えたもので、樹齢200余年、株廻り8m、地際から7本に分かれ、棚が東西15m、南北30mと大きく、1.5mに垂れ下がり、咲いたら見事でしょう。
平田篤胤(1776~1843年)は妻に先立たれ、再婚した1818年から数年この神社内に仮の庵を結んだようである。450x338_13
         参道が長く鳥居中心に500mもある
450x338_14450x338_15

●アリタキ植物園
2002年に植物学者の故・有瀧龍雄氏が所有していた植物園が市に寄贈され、2010年に開園したもの。ここでもボランティアガイドさんに解説していただきました。
越谷市天然記念物の北米原産の「ラクウショウ」や幹回り4m以上もある「シナサワグルミ」など貴重な樹木及び多種の「ツバキ」が植えられています。

初めて見たハランの花に感動です。それはカンアオイに似た雰囲気で色も紫で似ています。お寿司の飾りや華道に使われる葉にお花が咲くなんて考えもしませんでした。
調べると、ハランはユリ科(ユリ科といえども花弁が8枚?)とかスズラン科とかキジカクシ科とか書いてあり、ハラン属です。地面からいきなり花が出ています。
白い方はまだ蕾で、開いている方の紫の花被は5枚は付いてるが、3枚はもう落ちてしまっていた。中央には柱頭があり、雄しべはこの下に隠れて見えないそうである。450x327
朴伴 花芯の雄しべが小さな花弁に変化した(唐子咲と呼ばれる)ツバキ。この花心部に大小の弁花が盛り上がっているものを獅子咲というのですが見たことがない。450x338_16
キンギョバツバキ(金魚葉椿) ツバキの葉の先が金魚の尻尾のようなので、名前が付いた面白いツバキ。450x338_17
                     シラハトツバキ450x338_18
450x338_19
450x338_20450x338_21


450x338_22450x338_23


450x338_24450x338_25

                 サルココッカ(ツゲ科)の花と実450x338_26
371x450
                 四角の茎の竹 触るとよくわかる338x450

|

« 多摩湖(村山貯水池)の2つの富士山 | トップページ | 越谷巡り(2) お雛様と梅園 »

コメント

こんばんは
 
越谷市もご縁のない所。知っているのは名前だけという有様で、
住んでいる方に申し訳ないようです。
今回tonaさんが越谷巡りを思い立たれたきっかけは何でいらっした
のでしょう? 地図を拝見すると、苑内など、一つ一つ回られながら、
結構な距離を歩かれたようですね。
今回ご紹介いただいた「花田苑」「久伊豆神社」「アリタキ植物園」は、
古い歴史があるものも、比較的新しいものも、いずれも見所も魅力も
いっぱいですね。楽しく拝見しました。
 
ハランの花って、初めて見ましたよ。ハランの葉はお馴染みですのに。
思いもかけない姿でした。果実もこのまま地際で実るのでしょうかね。
珍しいもの見せていただきありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2016年2月29日 (月) 18:12

★ポージィさま

私も住んでいる人は同僚にいたのですが、草加の先くらいしか知らなかったです。
観光に力を入れているということが頂いたパンフレットでわかりました。
いつもの同好会で行きました。
足の弱い人もいるので花田苑までとそこから次の久伊豆神社まではバスを使いあとは歩きました。約16000歩でした。
新しいものがちゃんと整備されて名所になっていることに感心しました。

ハラン、初めてでしたか。
実は見当たりませんでしたので、サイトで観ましたら、緑色で中に3粒種が入っていると書いてありました。これは発芽するのでしょうか。そこまでは書いてありませんが、ハランは株で増えそうな感じですよね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月29日 (月) 18:35

この長屋門は、川越にお住いのブログ友が以前
アップとされていましたので、行ってみたい所です。
でもなかなか実現出来そうにありません。
門の他にも見るべきところがあるようですね。

ハランの実はあることも知りませんでした。
我が家にも昔からハラン自生していますが、実は
見たことがありません。

早くからたくさんの椿が見られましたね。
今年は暖かいからでしょうか。

四角い竹はどこかで見た記憶があります。
建材にも使われますね。

投稿: matsubara | 2016年2月29日 (月) 20:20

★matsubaraさま

この長屋門ご存じだったのですね。
きれいに復元されていました。
半日あればご案内できますが、浅草からのお話になります。
ハランの下を探ってみてください。もしかして今頃咲いているのかもしれません。
咲いているといいですね。

椿が有名な植物園ですからきれいに咲かせていました。
四角い竹も御存知だったのですね。
まだまだ知らない面白い植物があるものです。楽しめました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月29日 (月) 20:42

今日から3月、椿が見頃を迎えていますね。
金魚ツバキの葉は本当に金魚そっくり!、鎌倉の長谷寺にもありました。
ハランは知りませんでした。
山で出会うカンアオイも摩訶不思議なお花ですが・・・
四角い竹も!、まだまだ知らない植物がたくさんあることを実感です。

越谷の街も行ったことがありません。
花田苑の廻遊式池泉の日本庭園お庭も見事です。
名主様の古民家などは横浜市も整備して開放していますが、これだけの規模のところは見当たりませんね。
能楽堂があり、市民の能楽養成事業もなされているとは!、越谷市の力の入れ方が素晴らしいです。

投稿: nao♪ | 2016年3月 1日 (火) 08:53

★nao♪さま

あっという間に3月、とても早く感じました。
長谷寺に金魚葉椿があるのですか。
今度行ったら探そうと思っても、広いし、そのこと自体を忘れそうで無理ですね、きっと。
葉の上に花が咲くハナイカダも面白いですが、これも傑作だと思いました。
ハランの花には大感激でした。凄くオーバーですが、生きてて良かったなんて思ってしまいました。
花田苑の庭は大名庭園や京都のお寺の庭と違って新しいですが、日本庭園の良さを凝縮しているように感じました。
能楽堂にくっついて大きなお茶やお花や三味線などの音楽などできる和室の建物があって、市民に日本文化を普及している市で、わが国分寺との落差を痛感しました。

投稿: tona | 2016年3月 1日 (火) 09:24

私も申し訳ないのですが埼玉は殆ど知らないのです。
最近は何処の市も村興し的な事で、皆に知って貰いたいと色々なイベントをしてますね。
何処も行って見ると面白いのですが、中々足が向きません。

この越谷巡り、廻遊式池泉の日本庭園は素晴らしいですね。
こんなに素敵な庭園なら行ってみたくなりました。

私、ハランの花があると言う事も知りませんでしたが、ハランの葉ってお馴染みなのですか。
キンギョバツバキ(金魚葉椿) ツバキの葉の先が金魚の尻尾のようなので、名前が付いた面白いツバキ

↑「薬師池公園」も椿が沢山あって、秋に行った時に葉っぱを教えて貰い
ブログに載せた覚えがあります。

投稿: ラッシーママ | 2016年3月 1日 (火) 19:30

★ラッシーママさま

埼玉県は秩父や狭山入間など西側しか縁がありません。山登り関係です。
越谷の位置もはっきり知らなかったほどです。
新しいけれども本当に素晴らしい庭園でしたよ。
故郷アピールが各地で凄いですね。その点わが国分寺は遺跡だけで文化面は姉妹都市の佐渡の能を一度やったにとどまります。何しろ貧乏市なので。
ハランの葉は握りずしなどに飾りとして海老の形に切ったりして使われていますね。笹より葉が広いのでいいのでしょうね。
薬師公園にもあったのですね。
私の頭に入っておりませんでした。
今度はしっかりと覚えます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 1日 (火) 22:07

越谷は土地勘が無くて、珍しいことばかり!
壮大な庭園もあって、素晴らしいですね。
久伊豆神社は歩き甲斐のある社で、鍛えられそうです。
ハランに花が咲くなんて、ビックリですよ。
土からにょきっと、摩訶不思議なこと。
様々な花をご覧になれたんですね。

投稿: だんだん | 2016年3月 1日 (火) 22:14

★だんだんさま

埼玉県はすぐお隣の県ですが、東側は新幹線で通り抜けるだけで、行ったことがなかったです。
久伊豆神社の藤の頃は人出が凄いことになるでしょうが、見てみたいです。
平田篤胤が何故こんなところに住んでいたのか?、交通機関が発達していない時代でさえ、たくさんあった人々の移動はいろいろなことを想像させてもらえます。
ハランの花にはびっくりどっきりでした。
椿は蕊を見るのが楽しみです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 2日 (水) 08:23

こんにちは。とても綺麗な庭園ですね。ハランは知りませんでした。キンギョバツバキは面白いですね。実際に見てみたいです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年3月 3日 (木) 09:05

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
今日も快晴ですね。
ハランにお花があるなんて知りませんでしたので、見られて嬉しかったです。
薬師池公園や鎌倉長谷寺にも金魚葉椿があるそうですが、見つけるのが大変でしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 3日 (木) 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63280450

この記事へのトラックバック一覧です: 越谷巡り(1) 庭園と植物園(ハランの花!):

« 多摩湖(村山貯水池)の2つの富士山 | トップページ | 越谷巡り(2) お雛様と梅園 »