« 鎌倉6 二階堂周辺の四寺社 | トップページ | 10余年前のドイツ と 大楠山 »

2016年2月 4日 (木)

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』を観てきました。

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演 弁護士(ジェームス・ドノバン):トム・ハンクス
   スパイ(ルドルフ・アベル):マーク・ライランス

トム・ハンクスは勿論ですが、共演するスパイ役のマーク・ライアンスの演技に見惚れた映画でした。アカデミー賞助演男優賞にノミネートされている。本命はシルヴェスター・スタローンと言われているそうでどうなるでしょう。

のっけから自画像を描いている男、鏡に映った男、男の描いている自画像と三つの顔が映し出されます。自画像ってこのように描くのかと感心したりしたのですが、きっと男の心は複雑でも表情は穏やかでとてもスパイとは思えない。
このスパイのアベルが捕まってしまって、裁判にかけられる。その弁護士がトム・ハンクス演じるドノバンで、本来は保険関係の仕事をしているが抜擢されたわけである。法廷場面はさらっとしていて、激しいやり取りはそれほど見られないのですが、どこまでもスパイの無罪を訴えて闘う。そのおかげで家族までも銃弾を浴びるはめになるが、ドノバンは上告までして頑張り死刑判決を回避する。
舞台は東ベルリンへ。1960年にソ連で撃墜された偵察機のパイロットのパワーズともう一人の学生スパイ、二人のスパイの交換の交渉を米国政府から秘密裏に依頼され、交渉を開始する。この裁判とスパイ交換の2つの大役をこなしたドノバンは、決してひるむことなく、信念を曲げることなく困難な仕事に立ち向かっていくのです。最後の別れのシーンが感動的でした。
素晴らしい弁護士がいたものです。
内容に比べたら、静かだと言ってもいい映画でした。

隣にイギリス人の男性二人が座ったのですが、映画が始まる前、やおらサツマイモの皮をむき始めたので、思わずそちらを見物。そしたら「石焼き芋」と石焼き芋屋さんの口上をまねて言うのです。石焼き芋が大好きだそうで、外国人が・・・と驚いてしまいました。

          ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°

P1260019_380x285
今日は立春、日が沈むのも少し遅くなり、そこここに春の兆しを感じます。この日豆腐を食べるといいなんて聞きました。
娘の所の文旦が今年は150個くらいなったらしくて、半分貰った一部を今日も干して熟させています。実が生り始めた年の頃より大きく、美味しくなってきました。来年再来年にはさらに美味しくなるでしょう。
450x300

|

« 鎌倉6 二階堂周辺の四寺社 | トップページ | 10余年前のドイツ と 大楠山 »

コメント

キューバ危機にも活躍したと出てましたね。
凄いやつがいたもんです。
錯綜し対立する人たちの仲立ちをするときは自分自身に一本筋が通っていないとどちらからも相手にされないという典型です。

投稿: 佐平次 | 2016年2月 4日 (木) 17:42

★佐平次さま

そうですね。キューバ危機にも活躍したとか驚きました。
>仲立ちをするときは自分自身に一本筋が通っていないとどちらからも・・・
これから先、こんな場面は自分にはないと思うのですが心していきたいです。
佐平次さんのご紹介で行きました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月 4日 (木) 18:58

こんにちは
 
ブリッジ・オブ・スパイ ストーリーをまだ知らずにいて、今見てきました。
信念の通った骨のある弁護士なのですね。内容に対して静かな印象の
映画だったとのこと。その静かさの中から内なる信念が伝わってきそう。
ぜひ観てみたくなりました。これまたいつものことで、いつ観られるかは
不明ですが…
 
映画館で隣に座った人が焼き芋を食べ始めたというのもびっくりですが、
それがイギリスの人だったとはさらにびっくりです。
甘い石焼き芋はどこの国の人でも美味しいと感じるかもしれませんが。
お菓子のスイートポテトは日本生まれかしら?

投稿: ポージィ | 2016年2月 5日 (金) 11:00

追伸
文旦すごくたくさん生りましたね!
木が順調に生長しているのですねぇ。
わが家にも2月中に土佐文旦が届くかもしれません。楽しみ。
(夫の両親からのプレゼント)

投稿: ポージィ | 2016年2月 5日 (金) 11:03

スマホにて、見舞い中のひと時にコメントです。
シネマシティでしたか~
1/21日のブログで「ブリッジ・オブ・スパイ」を観たことを書いてます。
お互いに同じ想いを抱いたようですね。
橋の上での交換場面・・・
ソ連側に歩いたスパイが、後部座席に乗り込むシーンでした。
今までの流れで、願っていたことと外れました。
反面、冷徹な国が快く迎え入れる筈は無いだろうとの予測も感じて。
思わず、胸が詰まりましたよ。

投稿: だんだん | 2016年2月 5日 (金) 13:49

★ポージィさま

私は映画は殆どWOWOWでやっているのを娘が録画してくれて観ますので、いつも2年遅れくらいです。
ベルリンで交換の所で出てくるチェックポイント・チャーリーにこの間見てきて、映画の中の映像を懐かしく見ました。

日本人の男の人はさつまいもを食べない人が多いみたいですが、外国人は男女問わず食後に甘いケーキなどを食べますから、さつまいもも甘いから抵抗ないでしょうね。
「石焼き芋」屋さんの口上まで真似して大笑いでした。
スィートポテトは100年前に日本人のお菓子屋さんが作ったみたいですね。

文旦の種は発芽率がいいですよ。是非お庭に埋めてみてください。実がなるまで10年くらいかかりそうですが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月 5日 (金) 19:11

★だんだんさま

毎日病院通い大変ですね。順調に回復されていらっしゃると思います。
どうぞお大事になさってください。

立川の同じところで観ました。
だんだんさんのを読みました。私はその後で観に行きました。
別れのシーンが何とも言えませんでしたね。
その後あのスパイはどうなったのでしょう。
アメリカ側の人のその後は書かれましたが。
今もスパイ活動のすさまじさは様々な映画、小説になっていますが、あの時代のソ連の冷酷さは恐ろしいものがあります。
お忙しい中、コメントいただき恐縮です。ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月 5日 (金) 19:19

偶然ですが私も2日続けて観に行ってしまいました。
その1本が「ブリッジ・オブ・スパイ」でした。

映画は観るようになると次々と観たくなります。
私は予告編を観てて、観たいと思ってたのです。
実話に基づいた映画が好きなので、また実話の映画の予告編を観てしまい、行くかも・・・

世の中、広いと言っても、こんなに凄い人はそうそう居ないでしょうね。
自分の信念を曲げずに遣り遂げた業績、でも早死にされたようで
米国の損失ですね。

娘さん宅で文旦の木があるのですね。
私は毎年四国から40キロ~50キロ直送して貰い
姉妹や友達に送ってます。
そろそろ美味しくなる頃ですから注文しなくっちゃ・・・

投稿: ラッシーママ | 2016年2月 5日 (金) 21:02

★ラッシーママさま

ご覧になったのですね。
仰る通り、本当に凄い弁護士さんです。
私も実話に基づいた映画が好きです。
また次も行きそうなのですね。凄い!
この弁護士さんは早死にされてしまったのですか。それは惜しい人を亡くしました。

娘の家の文旦は高知の親戚の孫です。茅ヶ崎の実家に種を蒔いて、そこで出来た文旦の種からです。まだ4年目くらいなので、少々酸っぱいのがありますが、だんだん酸っぱくなくなると思います。
50㎏も買われるのですか。楽しみですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月 5日 (金) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63163312

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ブリッジ・オブ・スパイ』:

« 鎌倉6 二階堂周辺の四寺社 | トップページ | 10余年前のドイツ と 大楠山 »