« 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦』展 江戸東京博物館 と 都薬用植物園 | トップページ | 越谷巡り(1) 庭園と植物園(ハランの花!) »

2016年2月25日 (木)

多摩湖(村山貯水池)の2つの富士山

450x308
1927年に、東京の上水道の貯水池として掘られた狭山湖(山口貯水池)と多摩湖(村山貯水池)は多摩川から水を引いている。小学校の遠足で行ってもいるが、その時水道の勉強をした覚えがあります。
2/21に多摩湖の自転車道(湖が見えない道)を半周して、そこにある2つの富士の名前が付く山(丘)に登ってきました。その帰り薬用植物園に一人で寄り、さらに家に帰って図書館に行ったら約25000歩でした。

西武池袋線の西所沢で西武狭山線に乗り換え、終点の西武球場前で下車。

                 西武球場ドームが目の前だ450x338
●最初に立ち寄ったのが狭山山不動寺

芝増上寺をはじめとする各地の文化財をこの地に集め、西武鉄道グループが、当時のオーナーであった堤義明と親しかった寛永寺の助力により、天台宗別格本山として建立したというもの。

勅額門も御成門も、秀忠公の御廟に秀光公が建立したもので重要文化財。彫刻や色合いなど日光東照宮に似ている。450x338_2
450x338_3
           第一多宝塔、第二多宝塔はともに室町時代の様式1_450x338
2_450x338
弁天堂 井伊家建立 このお堂の御本尊は上野不忍池弁天堂の御本尊である450x338_4
450x338_5
450x338_6
               芝増上寺から持ってこられた石灯籠450x338_7

●山口観音(金乗院千手観音 真言宗・豊山派)
この寺は、古くから観音信仰の霊場として知られ、武蔵野観音霊場第13番。鎌倉時代末期新田義貞が鎌倉を攻めた際には、この寺に祈願したという。文書が残っているという。

                        山門450x338_8
                 六地蔵に名前が付いている450x338_9
450x338_10
                        本堂450x338_11
   霊馬堂の中の新田義貞の白馬像。ここでこの白馬は余生を送ったという。450x338_12
                      水子地蔵450x338_13
450x338_14
                       七福神450x338_15
                      千躰観音堂338x450
●玉湖神社 山口観音から歩き始めてすぐの所にある。今は事情により神様不在と書いてあった??450x338_16
●狭山富士(標高:151m) 神社の横をちょっと登ると何もない狭い頂上がある。昭和8年に多摩湖を掘った土を積み上げて造った富士だそうだ。
ここからは多摩湖でなくて狭山湖と、かすかに富士山が望めた。450x338_17
450x338_18
●谷津仙元富士 西に向かっていた道が三等三角点で東に向かう。すると谷津仙元富士に到着。頂上に小さな「浅間神社」と書かれた石の祠があった。ここは富士講があり、この場所は富士塚でもある。450x338_19
            すぐ近く下った所に木祠がありここで昼食にした450x338_20
450x338_21
湖の真ん中のダムサイト(上堰堤)を渡って対岸の西武ドームに向かった。
美しい青い湖面と空、爽やかな張りつめた空気を満喫しました。450x338_22
450x338_23
無信仰と言われる日本人ですが、神社仏閣のみならず、日本のあらゆる場所に、人々が信仰する山、樹木(御神木となる)、路傍の地蔵・石像などが見られることに驚く日々です。

|

« 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦』展 江戸東京博物館 と 都薬用植物園 | トップページ | 越谷巡り(1) 庭園と植物園(ハランの花!) »

コメント

亡父が書斎に飾っていた村山貯水湖の写真を
思い出し、一度は行きたいと思いながら果たして
いません。
あまりにも遠くて・・・

投稿: matsubara | 2016年2月25日 (木) 11:10

こんにちは
 
狭山湖と多摩湖は、貯水池として作られた湖だったのですね。
大正から昭和の初めに掛けての整備ですね。
自然の地形を利用してあると知りました。だから、どちらも
湖の輪郭が入り組んでいるのですね。
周囲は自然が豊かそうでとても魅力的に感じます。
鎌倉や江戸時代にさかのぼる歴史あるお寺もあり、湖を掘るのに
出た土は富士山となり…と信仰篤い土地柄でもあるのですね。
 
現代日本人は多くが無信仰といえそうですが、森羅万象あらゆるところに
神(精霊)が宿るとして畏れ敬い自然と調和して生きるのが、
元来の日本人の姿だったのかしらとも思います。

投稿: ポージィ | 2016年2月25日 (木) 16:01

★matsubaraさま

こちらにもありがとうございました。
村山貯水池の写真が書斎にですか。
国分寺からは西武線が出ていますので、とても近いですよ。

今朝雪が畑や屋根にうっすらと積もっていましたが、すぐ融けました。
とても寒いです。

投稿: tona | 2016年2月25日 (木) 19:08

★ポージィさま

遠足は昭和20年代でしたが、造られ始めたのは大正、完成したのが昭和の初めだったとは知りませんでした。
自然の地形を利用なのですね。
我が家の方の水道はここのお世話になっているのかしら。最近お水が美味しくなりました。
石原元都知事が自慢していました。あとカラス対策もしていましたっけ。
尖閣諸島のことはいただけませんでしたが。
関係ない方へいってしまいました。
ドームから近い所に以前行ったのですが荒幡冨士という富士塚もあり、この当たりも富士山信仰が盛んのようです。
あらゆるものに神を感じる日本人は一神教の民より、いい加減のようでいて、実は日本人に合っているのだと感じるようになりました。
臓器提供者の親が石ころまでにもお願いしたという、テレビでの発言に涙しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月25日 (木) 19:22

多摩湖付近を自転車で走られたんですね。3年前に仲間達との歩く会で、西武園駅から多摩湖の南側を歩き、真ん中の橋を渡って今度は多摩湖の北側を歩いて、最後はかたくりの湯に浸かってきました。玉湖神社はずいぶん寂しかった記憶があります。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年2月26日 (金) 08:41

★多摩NTの住人さま

自転車ではなく歩きでした。
東側は行けませんでしたが、西側半周だけでも結構ありました。
曲がり角にかたくりの湯の矢印があり、こんな場所に温泉があるのだと感心していました。
多摩NTの住人さまは走られるので、歩くのも長距離大丈夫でしょうね。
神様がいらっしゃらない神社ははじめでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月26日 (金) 08:57

お寺だけでも行ってみたいです。
駅から遠いのですか。

投稿: 佐平次 | 2016年2月26日 (金) 09:53

★佐平次さま

駅と西武球場ドームのすぐそば、山口観音と並んで、観音より駅に近いです。
徳川そのものです。堤氏が創建したというあ移動したというのが面白いですね。増上寺の所にプリンスホテルを建てたからですって。

投稿: tona | 2016年2月26日 (金) 15:38

先日コメント入れた筈が、入ってなくて??です。書き直しますね。
お気に入りの所で、家から徒歩、または自転車でも行ったことがありますsweat01
最近は帰りが辛くて車が多いですが、湖周辺を散歩して、かたくりの湯にも行くんですよ。
埼玉県と東京都が交差するのが激しくて、ナビが10回も境界を繰り返しますね!
玉湖神社は知りませんでした。
千手観音さまの近くに、深山豆腐のお店がありますよね。
豆腐尽くしの最後に戴いた、滝川豆腐が絶品でした。
寺社へ行くと、豆腐料理を食べたくなります♪

投稿: だんだん | 2016年2月28日 (日) 11:25

山口貯水池と多摩湖貯水池のブログ、興味深く
拝見しました。
私の自宅からは、比較的近いところにあるので、
行こう、行こうと思いながら、ついついチャンスを
逃しています。
この記事、コピーさせてもらって、それをガイドブックに、
今度、町内のハイキング同好会で行ってみようかなと
思っています。

投稿: 茂彦 | 2016年2月28日 (日) 14:09

★だんだんさま

まあまあ、お手数おかけしました。ありがとうございました。
私はしょっちゅう自分の不手際でやって泣きたくなります。でも後からの方が良いコメントが書けたりすると嬉しくなるという単純者ですが。
そちらからは随分お近くだと拝察します。
先日は狭山湖の素晴らしい夕日をお目にかけてくださいましたね。
深山豆腐のお店、美味しそうですね。お水もいいのでしょうか。
かたくりの湯の看板は目立ちました。行かれたことがあるのですね。

投稿: tona | 2016年2月28日 (日) 15:50

★茂彦さま

山口観音のお隣の狭山山不動寺の出来た経緯には驚きました。丁寧に見て回るといろいろ発見できるかもしれません。
山口観音は武蔵野の観音霊場に入っているほど有名なのですね。
狭山富士はこの観音からすぐ近くで、低いですが、お天気が良い日は富士山まで見えます。
半周が大変でしたらドームに戻られて、堰堤から多摩湖をご覧になるときれいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月28日 (日) 15:57

 こちらに来た初め、この方面はよく一家で出かけたものでした。
桜の季節、夏のプール、遊園地など。でも狭山湖の北側はなぜか行ってません。
狭山不動尊、山口観音など知ってはいましたが、近いからいつでも行けると思いながら
行かず仕舞い。狭山不動尊は初詣で賑わいます。
こうして拝見しますと、歴史的に古い建造物も沢山あるのですね。
一度は行ってみる価値ありです。
こちらには何々富士山というのが沢山ありますね。
信仰の山富士山になかなか行けない人たちが、近場に信仰の山として作ったのでしょうね。

投稿: 夢閑人 | 2016年2月28日 (日) 16:46

★夢閑人さま

お近くですね。
私の所からも結構近いものですね。
狭山湖は最近夕日を見に行きましたが、多摩湖は久しぶりでした。
観音様は知っていましたが、お寺も知りませんでした。
増上寺あたりから移築していますので立派な門で、建物も室町時代とは驚きました。

荒幡冨士は行きましたが、多摩湖のまわりにも2つもあったとは。本当に盛んだったのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年2月28日 (日) 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63261179

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩湖(村山貯水池)の2つの富士山:

« 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦』展 江戸東京博物館 と 都薬用植物園 | トップページ | 越谷巡り(1) 庭園と植物園(ハランの花!) »