« 越谷巡り(2) お雛様と梅園 | トップページ | 『大河紀行 荒川 ~秩父山地から東京湾まで~』 伊佐九三四郎著 »

2016年3月 6日 (日)

手作りのお雛さまと皆さんにお会いできた今年の雛祭り

遅くなってしまいましたが3/4のことです。
昨年4月初めに2日違いで柳川、雲仙、ハウステンボスなど全く同じコースを旅した方がいらして、その様子をブログにアップされたのを私と両方ご覧になったnao♪さんがご紹介してくださった方がラッシーママさん。そのママさんがなんと、私が稲取や柳川や山梨県の塩山などで見入った吊るし雛をご自分で作られ、その他のお雛さまも見せてくださるということで、お宅にお邪魔しました。nao♪さんは遠くから、そして私と同じ所に住んでいらっしゃるだんだんさん、やはり近間の銀河さんもご一緒していただき、きさくなご主人様を交えて、盛大なひな祭り会となりました(あまりに久し振りで子供の頃を思い出しました)。
玄関に入るとお雛さま(後であわてて撮らせていただいたら大ボケ写真で(x_x;涙))
そして手芸のお部屋には吊るし雛やパッチワークの作品がたくさん。いろいろな形、美しい布地、配色の妙。細かいお仕事、きっと娘さんのことなども思ってひと針ひと針丁寧に仕上げられたのですね。ママさん宅を通して何百年と続いていくのでしょうね。

338x450
338x450_2
338x450_3
338x450_4
450x338
そしてひな祭り会は、お白酒ならぬだんだんさんが作られた槇の実のお酒(生まれて初めて、珍しい!)で乾杯。
ママさん手作りのイカ飯(これ買うととても高い)やおでん、大根の佃煮、持ち寄りの美味しい品々で、食がすすみました。
450x338_2
そのまま別腹でデザート。ママさん手作りの巨大干し柿、栗の渋皮煮、無花果のワイン煮、文旦のピール。450x338_3
そしてだんだんさんのお国の雛祭りのお菓子「えが餅」。手がかかっています。きれいです。餡も入っています。お母さんにこんなお菓子で祝っていただいた地が日本にあるのですね。素晴らしい日本って思ってしまいました。
450x338_4
最後はカラオケ(実は個室のカラオケって初めてなのです!)
ラッシーパパさんとママさん、だんだんさんの歌声にはまいりました。声量があって、お金を出して(すみません、私めは出さなかったのですが)コンサートを聞きにいったようでした。世の中には歌の上手な人がたくさんいらっしゃるのですね。うーん、唸ってしまいました。
外国とは違った素晴らしいおもてなし、とても感激して帰ってまいりました。ラッシーママさん、皆さんありがとうございました。
ラッシーママさん、昨年思い切ってハウステンボスに行って良かった!!

|

« 越谷巡り(2) お雛様と梅園 | トップページ | 『大河紀行 荒川 ~秩父山地から東京湾まで~』 伊佐九三四郎著 »

コメント

こんにちは
 
旅のブログの、ご縁が次々繋がっての楽しい逢瀬となられたのですね。
吊るし飾りもパッチワークも、とても時間がかかる根気仕事ですよね。
手芸もお料理やお菓子も、皆さんの思いのこもった素晴らしい
手作りの世界に浸られ、ホームパーティーを気持ちよく
楽しまれたご様子が伝わってきます。
生活全般全てを丁寧に大切にしていらっしゃる皆さんだなと
思いながら拝見しました。

投稿: ポージィ | 2016年3月 7日 (月) 09:57

ひな祭りなんて、やったこともない(かな)、楽しそうですね。
ああ、娘が小さい頃のあれがそうだったのか。
思い出させてくださってありがとう。

投稿: 佐平次 | 2016年3月 7日 (月) 10:12

tonaさんと同じ街に住んでると分かって、それだけで親しみが湧きました♪
たまにはブログは度外視での集まりを、楽しみたいですね。
緻密な手芸の仕上がりは、重篤な病を経験した方のものと思えませんね。
催し場に飾られるよりも、より美しく感じました。
カラオケ、初めてですか?
マイクを持つのと、地で発声するのはまるで違うのです。
喉への影響が怖くて、抑えるのが大変でした~
果実を見ると捨てておけず、何でもジャムやお酒に漬けます。
槇の実、面白いでしょ♪

投稿: だんだん | 2016年3月 7日 (月) 10:43

★ポージィさま

まさか九州での小さな旅からご縁が広がるなんて考えもしませんでした。
赤い糸ではないですが、何か繋がっていたのですね。世の中そんな不思議が今まで随分ありました。
ポージィさんはココログで見つけた私の一番最初のお友達でずっと10年以上も御親切にしていただいてありがたいことです。
手作りは大切にしていきたと今回も思ったことでした。手芸はこれはとても大変、もっと若かったらなあと後悔気味です。
ちょっといい加減になってしまった自分の生活を反省もさせられた一日でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 7日 (月) 13:26

★佐平次さま

お嬢さんのお雛祭りは、きっとパパが会社に行っている昼間にされたのでしょう。
帰っていらしてひな壇を眺めていらした様子が浮かんできます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 7日 (月) 13:30

★だんだんさま

本当に同じ街の西と東、ちょっと遠いですが、親近感が増しますね。
またよろしくお願いいたします。

お雛様の飾り、細かくて凄い根気がいる作業ですね。パッチワークもそうですが、お雛様は形が立体的だし、顔を描くのもなかなか難しいです。
日本のお母さんたちがこんな貴重な飾りを伝えてきたと思うと、だんだんさんの作られたお雛様のお菓子同様に、これからもきっと伝えられていくと思いました。

カラオケは大宴会場で歌っているのを聞いたことがありますが、個室は初めてです。
だんだんさんの声量とレパートリーの広さに驚き酔いました。
いろいろありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 7日 (月) 13:43

旅で知り合われたお友達とずっと
交流できてよろしいですね。
メル友ならいざ知らず、ご自宅まで
招待とは得がたいお友達ですね。
お料理や手芸の名人はいいですね。

投稿: matsubara | 2016年3月 7日 (月) 20:45

★matsubaraさま

ブログでお知り合いになれた友人は、また違った関係でとても得難いものです。
お宅にまで押しかけた1号はmatsubaraさまでした。おまけにいきなり泊めていただいて御馳走様になり、今もって恐縮しております。
時々お会いしたく存じます。よろしく。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 7日 (月) 20:54

nao♪さんのコメント上でtonaさんのお名前は存じてましたが
同じツアーに二日違いで行ってた事をnao♪さんから教えて貰って交流が始まり
今回は私も初めて「雛祭り」を皆さんと一緒に楽しむ事が出来ました。
その中の一人がtonaさんです。

ブログって本当に不思議な縁だと思います。
会う前はドッキン・ドッキンですが、会った途端から旧知の友のように
話しは次から次と・・・
tonaさんの自然体に非常に親近感を持ちました。
これからも宜しくお願いします。


投稿: ラッシーママ | 2016年3月 7日 (月) 22:54

tonaさんとのブログ交流は5年になりますが、ラッシーママさんのお蔭でお会いすることができました。
このお仲間とは年に2~3回会っていますが、tonaさんも自然体での初参加、嬉しかったです。
私だけがちょっと遠方なのが難で、ラッシーパパさんとだんだんさんの素晴らしい歌声を聴き逃し残念でしたが・・・

少しお姉さまのtonaさん、これからも私の悩みや愚痴を聞いてくださいね。
頼もしいラッシーママさん同様、頼りにしておりますので宜しくお願いいたします。

投稿: nao♪ | 2016年3月 8日 (火) 00:22

★ラッシーママさま

おはようございます。
3日ぶりに晴れて春らしい日となりそうです。
コメントありがとうございます。
皆さんと楽しむひな祭りなんて、洒落たことを考えていただきましたね。おばあさんながら元女の子であったと思い至りました。
兎に角きりきりまいをさせてしまい、温かいおもてなしを本当にありがとうございました。
ブログ上だけでしたのに、大昔からお付き合いしていたかのようで不思議な感覚ですね。
かなり年上なのでばてないように健康管理に勤めなくてはと思ったことでした。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2016年3月 8日 (火) 08:27

★nao♪さま

あら、もう5年ですか。3年くらいだと思っていました。
月日が経つのは早いですね。
nao♪さんの広いお心で今回たくさんのお友達に出会え、感謝感激でした。
ご主人様を亡くされたことには共感を覚えました。というのも昨年病を得たときに、心が弱くなってしまって、その時に先に逝かれて一人になったら世界が壊れるような感じになるだろうと思ったりしたからです。
必死に耐えていらっしゃるご様子を拝見して、私もこのように生きていかねばならないと思ったことで、こういうことに関しては人生の先輩で、教えを乞うことがこれから多いと思いますのでよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 8日 (火) 08:36

tonaさん、こんにちは。
皆さんのブログではお名前を拝見していましたが、ラッシーママさんのおかげで知り合う事ができ、とても嬉しいです。
以前のブログも少しづつ拝見していますが、
興味がある事に対してがむしゃらに、とことん突き詰めていく姿勢に尊敬と共感を感じています。
ラッシーママさんが書いてらっしゃいましたが、
自然体・・・・サラッと知性があふれ、魅力的です。
私は50代で引退でしたが、お仕事も共通する部分があり、親しみがわきました。
こんな出会いのあったひな祭りの会、ラッシーママさんに感謝です。


先輩!!これからも宜しく。

投稿: ☆銀河☆ | 2016年3月 8日 (火) 10:23

★☆銀河☆さま

こんにちは。
私もラッシーママさんに美術がお好きな銀河さんということで、今回ご紹介いただいて嬉しゅうございました。
銀河さんのブログを遡って拝見しつつあります。
病気をされたこと、旅行好きな私としては旅のお話もと、これから少しずつ拝見させていただきます。私なんか、本当に天下泰平というか苦労を知らない人間だということがまずわかりました。食道炎なんかでへこんでいるなんて恥ずかしいですね。
さらっと苦労を苦労とも感じさせないでお書きになっていらして感動しました。
こちらこそよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 8日 (火) 16:40

tonaさま
槇の実のお酒を御馳走してくれるお友達がいるなんてとても幸せなことですね。イヌマキの実の花托を果実酒にしたものでしょうか、稀少酒・珍酒と思います。ブログを拝見して私も一度味わいたくなりました。

投稿: shikamasonjin | 2016年3月 9日 (水) 09:51

★shikamasonjinさま

この方は何の実でも果実酒にされるそうです。
実の先端部分は緑青色でこれが種だそうで毒で、枝に近い部分の果床が赤くなり、こちらを漬けるそうです。写真で見ると面白い果実ですね。
是非お試しくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 9日 (水) 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63308686

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りのお雛さまと皆さんにお会いできた今年の雛祭り:

« 越谷巡り(2) お雛様と梅園 | トップページ | 『大河紀行 荒川 ~秩父山地から東京湾まで~』 伊佐九三四郎著 »