« 越谷巡り(1) 庭園と植物園(ハランの花!) | トップページ | 手作りのお雛さまと皆さんにお会いできた今年の雛祭り »

2016年3月 3日 (木)

越谷巡り(2) お雛様と梅園

650x446

純和食の昼食を頂いて香取神社から元荒川桜堤を歩き越谷梅林公園に到着しました。

●香取神社
千葉県香取市にある、東国三社の一つ、香取神宮が総本社である。
御祭神は経津主大神(ふつぬしのおおかみ)。いつも神様の名前が読めたためしがなく、難しいです。(天照大御神の命令を受けて出雲の国譲り(神話)の大業を成し遂げられ、さらに荒ぶる神々を平定して日本建国の基を御築きになられた神様。勝運・厄除・交通安全・商売繁盛・縁結び等のご神徳)
600年前の室町時代後期に造立され、本殿は明治元年に再建された。450x338
越谷市指定文化財の本殿周囲の彫刻が見事。彫刻師は浅草山谷町・長谷川竹次良。450x338_2
大黒天や高砂の翁・龍などさまざまな彫刻がほどこされているが、川面で布を洗ったり、製品を竹竿にかけて干したりする紺屋の労働作業を表現した図柄が彫刻され、珍しい。江戸時代、越谷・大沢は、紺屋の盛んな所で、当時の作業状況を知る貴重な民俗資料だそうだ。450x338_3
450x338_4
丁度御雛様が飾られていました。いくつになってもお雛様飾りには胸がわくわくです。450x338_5
450x338_6
450x338_7
                     江戸享保雛450x338_8
450x338_9
                      江戸古今雛450x338_10
                    明治初期古今雛450x338_11
                  尾張徳川有職雛狩衣姿450x338_12
                     平成8年御雛様8_450x338
                  狆引き官女(香取神社蔵)450x338_13
338x450
450x338_14
450x338_15
450x338_16
450x338_17

●元荒川の桜堤を歩く
元荒川(もとあらかわ)は、埼玉県を流れる利根川水系で中川支流の一級河川である。古荒川とも呼ばれる。その名のとおり、荒川と利根川が合流していた時代の荒川の本流であった。
荒川については『大河紀行 荒川』伊佐九三四郎著を今読んでいるが、又の機会に。

この土手の右側に竹林があって、ここは宮内庁埼玉鴨場である。反対側には門がある。東京駅からの信任状捧呈式の馬車列も皇室の行事ですが、鴨場もそうだったのですね。初めて知りました。皇室のお仕事も広範囲にわたってたくさんあることを知るこの頃です。

Wikiによれば
駐日大使夫妻らを宮内庁が管理する鴨場(埼玉県越谷市「埼玉鴨場」と千葉県市川市「新浜鴨場」の2箇所がある)に招き、皇族方が接待すること。「外交団鴨場接待」のように表現されることが多い。国を代表して訪日している人々に、鳥を傷つけない日本の伝統的鴨猟を紹介し、それを通じて日本の自然・文化・歴史を感じてもらうことを狙いとした、まさに「皇室外交」の一つと言える活動である。

訓練したアヒルを使い鴨を猟者が潜む直線的な細い水路に誘導し、飛び立つ瞬間を網で捕獲する。水路で飛翔方向が限定されるため、網を振るだけで子供でも容易に捕獲が可能である。その後捕獲した鴨は国際鳥類標識調査に協力するために種類・性別などを記録し、標識(足環)をつけ放鳥される。元々は徳川将軍家や有力大名家が行っていた伝統猟で、明治時代以降は皇室が維持保存を行っている。
450x338_18
450x338_19

●越谷梅林公園
鴨場に隣接して、2.56haの公園に梅が300本植えられている。殆どが白梅でした。
450x338_20
450x338_21
450x338_22
450x338_23
450x338_24
450x338_25

|

« 越谷巡り(1) 庭園と植物園(ハランの花!) | トップページ | 手作りのお雛さまと皆さんにお会いできた今年の雛祭り »

コメント

東京に居たときに香取神宮に
行きましたが、すごい規模に
びっくりしました。
これは香取神社ですから別の
ようですね。

色とりどりのお雛様を楽しまれ
ましたね。時期的にもふさわしい
コースでしたね。

越谷梅林公園は、水戸の偕楽園より
古木がありますね。

投稿: matsubara | 2016年3月 3日 (木) 12:37

こんにちは。
越谷・・・・全く行った事のない場所です。
浅草から東武線?
何だか浅草で引っかかってしまいそう。

tonaさんのブログを拝見し、
梅とお雛様の季節は一見の価値ありと思いました。
香取神社の彫刻は珍しいです。
紺屋の彫刻があるなんて、昔はこの地域で
盛んだったのでしょうね。
一日、目いっぱい楽しまれましたね。

投稿: ☆銀河☆ | 2016年3月 3日 (木) 14:31

★matsubaraさま ありがとうございます。

香取神宮が総本社で私はまだ行ったことがないのです。鹿島神宮は行ったことがあるのですが。
今年はお雛様に会えました。とても楽しい気分になれました。いろいろなお雛様があるものですね。いつも感心してしまいます。

水戸と比較すると、なるほど素敵な古木があって、きれいに刈り込まれたのもありました。

投稿: tona | 2016年3月 3日 (木) 18:59

★☆銀河☆さま

浅草から東武線ですよ。草加の先でした。
後で知りましたが埼京線で行けばもっと時間がかからないで行けたのです。
私も初めて越谷に行きました。

一日いろいろな所を見ることが出来、なかなかいい所でした。
仰るように梅にお雛様ですね。春の始まりで楽しい気分になりました。
香取神社の彫刻には驚きました。伸子張りしている様子はリアルですね。盛んだったようですね。彫り師さんお目の付け所がいいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 3日 (木) 19:09

こんばんは
 
越谷巡りの(2)、全開地図を拝見したときから梅園を楽しみに
させていただいていました。けれど、梅園の前に香取神社の素晴らしさにも
目を奪われました。彫刻素晴らしいですね。作業風景が彫刻されているのは
ほんと珍しいですし貴重な資料ですね。生き生きとした立体的な彫刻に、
絵以上のリアリティを感じました。
そしてたくさんのひな飾りも、古いものから新しいものまで見事ですね。
朕引きの官女など、見たこともなかったものもありましたし、
貝合わせや犬張子などの玩具も楽しいです。
そして、伝統的な鴨猟というのも初めて知りました。
猟といったら食べるためのものばかりかと思っていました。
今は皇室で受け継ぎ保存して下さっているのですね。
 
さて梅園。ほとんどが白梅だったとのこと。28日の日曜に、移動中の
車の中から眺めた梅の畑が、ちょうどこのくらいの咲き具合で、
畑全体が白く染まって見えたのと同じような感じです。
畑の梅の木の形は、こういう風には整えられていませんけれど。
白中心の中に、濃淡のピンク、枝垂れ梅がアクセントになっていて
ステキですね♪

投稿: ポージィ | 2016年3月 3日 (木) 21:11

★ポージィさま

梅が一番最後でした。
その前にお雛様が見られるとは思ってもいませんでした。
ポージィさんの猫雛も凄く気に入りましたが、ここにも狆引きの官女さまがいらして見入りました。
貝合わせも日本独特でいいものですね。
昔からお雛様関係だけでもどれだけたくさんの種類があることか、いつもこの時期にテレビで観ながらも感心しています。

この彫刻素晴らしいですね。あまりに印象的でとても忘れられません。

徳川幕府から引き継いだ皇族外交、雅子さまも病気になられる前にされたそうですね。
それでなくてもこの頃、日本の面白いことをネットなどで発見してたくさん外国の方が来るようになりました。今朝やっていたのは地獄谷の温泉に浸かる猿見学ですね。見物は全部外人でした。
何でも興味を持てば、日本はやはり素晴らしい伝統と自然を併せ持っている国です。

この梅園は無料で、汚い看板や音はなく、白梅が広がっていてとても気持ちの良い所でした。つまり俗化されていないということです。
歩いていて1本でも梅は見とれてしまいます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 3日 (木) 21:33

越谷巡り1・2を楽しく拝読させて頂きました。
こんなに素晴らしい場所が沢山あり、ぜひ歩いてみたいと思っていたら
偶然、銀河さんも同じ気持ちになったようで
梅とお雛様の季節は一見の価値ありと思いました。

↑銀河さん、一緒に歩きましょ。
tonaさん、紙面を借りてゴメンナサイ。

香取神社の彫刻、素晴らしいですね。
紺屋の作業を表現してるのなんて、珍しいですね。
それに色々な年代のお雛様、これも観てみたいわ。

今回の記事の越谷、紹介してくれてありがとう。

投稿: ラッシーママ | 2016年3月 3日 (木) 23:42

★ラッシーママさま

越谷は春夏秋冬のモデルコースをパンフレットに載せていて、ボランティアガイドも配置して力の入れようが違います。
仰るように今の季節は丁度お雛様と梅なのですね。
庭園も素敵でした。お茶をされる方にもいいようです。銀河さんとご一緒出来るといいですね。

お雛様は年代によって少しずつ違うのですが、私にははっきりわかりません。基本は平安時代の衣装ですね。

この紺屋の彫刻素晴らしいでしょう。ガイドさんの説明がなかったら見逃していますね。
こちらこそコメントありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 4日 (金) 08:22

香取神宮から越生に行かれたのかと地図を拡大して見てしまいました。
神宮というと神社の格上になるのですね。
細かい彫刻とかお雛様とか手仕事を見るのは楽しいでしょう。

投稿: 佐平次 | 2016年3月 5日 (土) 11:13

 もうずいぶん前、越ケ谷はたった一度だけ、それも友人の病気見舞いに南越谷の
獨協大学病院に行っただけ。ほとんど用事のないところです。
南越谷駅周辺も結構賑やかな街でした。

江戸時代の日光街道、越ケ谷宿として栄えた所だけに,古い歴史的建造物もあるのですね。

 Webサイトによれば、人口は33万人あまり、埼玉県で4番目だそうでそんな大きな街とは知りませんでした。東武伊勢崎線があり、草加と同じく東京のベッドタウンとなっているのですね。
 また、たくさんの河川があり、水害の多い街でもありました。
今は、防止対策として調整池など作り、公園など整備してるようです。
 大藤があるとは知りませんでした。
行ったことのあるのは、足利フラワーパーク、春日部牛島藤花園です。
いずれも樹齢が古く、見事なものでした。
5月から各地の藤の名所は賑わいますね。越谷梅林公園の梅も満開で見事ですね。

 ハランに花が咲くとは、全く知りませんでした。郷にはハランがいっぱいありましたが
花は見たことありませんでした。

 


    

投稿: 夢閑人 | 2016年3月 5日 (土) 13:50

★佐平次さま

香取神宮は香取神社の総本山なのですね。
私はまだ総本山には行っていませんでした。
お雛様は見るのが大好きですが、もうずっと買っていません。家にはもうないです。ユイちゃんの家にはあるでしょうね。
ここも彫刻がに入りました。ありがとうございます。

投稿: tona | 2016年3月 5日 (土) 15:54

★夢閑人さま

越谷は日光街道の宿場だったのですね。
草加の先にあるとしか覚えていませんでした。
人口もそんな多くて埼玉県で4番目とは。
武蔵野線も通っているそうで、浅草回りより近いようです。もっとちゃんと交通を調べるべきでした。

ここを流れている川はどうやら中川のようで、これはやがて荒川に流れ込むように地図には書いてあったのですが。
昔は水害で大変でしたでしょう。
足利フラワーパークのも牛島も行ったことがありますが見事ですね。梅や桜と同様に年に一度は見てみたいものです。
いつかハランお花を見てくださいませ。今頃が花期のようです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年3月 5日 (土) 16:24

綺麗なお雛様と梅の写真、堪能させて頂きました。
梅は桜ほど豪華ではありませんが
あの甘やかな香りが大好きです。
そして前記事のハランの花!
あんな風に地面から直接咲くのですね。
驚きました~(@@)

投稿: zooey | 2016年3月 5日 (土) 20:58

★zooeyさま

ご覧いただきありがとうございました。
私は地味な梅よりぱっと咲く桜の方に何時も心が行っていましたが、今年は年のせいか、梅のほのかに香る香りを楽しむとともに独特に整姿された姿も愛でる自分がいます。
ハランのお花やはり初めてでしたか。
とても変わっている花ですね。
この日はこれだけ見られただけで行ったことが良かったと感じました。

投稿: tona | 2016年3月 6日 (日) 08:29

こんにちは。梅林を歩くのは楽しいですね。ウメの香りがなんとも言えません。そろそろ桜前線が気になる頃になりましたね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年3月 6日 (日) 16:40

★多摩NTの住人さま

コメントありがとうございました。
私も香ってくる梅の香が大好きです。
今年は暖冬だったそうで、桜が23日開花と言っていましたね。
月末は満開を過ぎるでしょうか。
いずれにしてもとても楽しみですね。

投稿: tona | 2016年3月 6日 (日) 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63292660

この記事へのトラックバック一覧です: 越谷巡り(2) お雛様と梅園 :

» 「2016ひなまつり」開催しま~す・3年ぶりです。楽しんでください [ありがとうはまほ(う)のことば]
3月3日木曜日、今日がお誕生日の方、おめでとうございます。 どうぞ、素敵な日をお過ごしくださいね。 あなたさまのお幸せを心から祈っています。 お誕生日リスト あと13日で埋まります。 ご協力くだされば嬉しいです。 「2016ひなまつり」 うれしいひなまつり♪(歌詞・クリック) みなさんとささやかなひなまつりを。 つらいことある方はこの一瞬だけでも楽しんでくださいね。 ご協力いただいた方の記事は、下記に リンク貼らせていただいています。 どうぞクリックして何が飛び... [続きを読む]

受信: 2016年3月 3日 (木) 11:11

« 越谷巡り(1) 庭園と植物園(ハランの花!) | トップページ | 手作りのお雛さまと皆さんにお会いできた今年の雛祭り »