« バスツアー・東京桜めぐり | トップページ | 初めての練馬区立美術館『国芳イズムー歌川国芳とその系脈』展 »

2016年4月 3日 (日)

鎌倉8 扇ガ谷

8_465x288_450x279
3/25 鎌倉駅西口から出て今小路を北へ、線路の西側や東側の扇ガ谷の寺社を10ばかりお参りしてきました。約16000歩。横須賀線の西側が扇ガ谷1丁目と4丁目、東側が扇ガ谷2丁目と3丁目。北鎌倉からの扇ガ谷トンネル(約250m)のこちら側で鬱蒼とした山地で、山襞ごとに谷戸があり、やぐらもたくさん見られました。
沢山あるので、とばして太字の寿福寺、英勝寺、海蔵寺だけでもご覧頂けたらありがたいです。

50 巽神社
今は扇ガ谷一帯の「鎮守さま」。古くは征夷大将軍・坂上田村麻呂が勧請したというので、京からこの地を通って奥州へ行ったらしい。450x338

51 八坂神社
相馬師常が勧請した。相馬師常とは千葉常胤の二男で頼朝挙兵、一の谷の合戦、奥州合戦に参加。源氏の武将として名を高めた人物。最期は念仏行者として、端坐したまま逝ったという。この人物について知ったのも初めてで鎌倉歩きがなかったら永遠に知らなかった人物でしょう。450x338_2
                 老木が鳥居のように立つ450x338_3

52 寿福寺 鎌倉五山の第三位 鎌倉三十三観音霊場24番 臨済宗建長寺派
北条政子が明庵栄西を開山として建てた。栄西は臨済宗の開祖で、博多に聖福寺を創建し、京都に建仁寺を開創した。日本に喫茶の習慣を伝えた人。『喫茶養生記』が有名ですね。栄西は再入宋後、茶種を持ち帰り、筑前の背振山に植え、「岩上茶」のおこりだといわる。栂尾の明恵上人に茶種を贈られたことも有名で、「栂尾茶」の始まりといわれる。宇治の茶は、この栂尾から移されたものです。450x338_4
450x338_5
450x338_6
450x338_7
                     やぐら群450x338_21
この地には元々、頼朝の父、義朝の館があった所と言われている。
ここにも北条政子の墓がありました。450x338_8
                 そして息子の実朝の墓も450x338_9
                     高浜虚子の墓450x338_10

53 岩窟不動尊 
   不動明王が祀られる平安後期からあった窟不動。店舗奥の崖下にある。450x338_11
338x450
店舗での昼食がチャーシュー丼。あとで汁をかけたりしてひつまぶしのように食べてみた。450x338_12
上野の美術展に行った時に食べたのがうどんとシラス丼だったのですが、ごはんにシラスと湯葉ときゅうり賽の目切りがのったシラスの味しかない面白い丼。もしかしてこれも揚げ茄子の入ったうどん汁をかけて食べたらよかったのかも。450x338_13

54 英勝寺 浄土宗 拝観料200円
元は太田道灌が暗殺された地域で、家康夫人の道灌の5代孫のお梶の方(家康と戦争に行くと何時も勝つのでお勝の方、のち出家して英勝院となる)が道灌の屋敷跡に立てた尼寺。
お勝は水戸家の頼房(家康11男)を養育し水戸徳川家の基礎を築いた。頼房の子が光圀で、その姉の玉峯清因がこの寺の開山で英勝因が開基というわけだ。
総門屋根には三つ葉葵の紋が掲げられる450x338_14
             仏殿 軒の十二支の装飾彫刻が印象的だった450x338_15
          山門 後水尾天皇ご宸筆の「英勝寺」の扁額が見えた450x338_17
               スカートをつけたような袴腰鐘楼450x338_18
                        唐門338x450_2
                       竹林450x338_19
英勝寺からでたすぐの道筋に、『十六夜日記』の阿仏尼の塔が建っている。奥にお墓があるらしい。訴訟のために鎌倉に下ってきたが、勝訴の結果が出る前にこの地で没したという。450x338_20

55 海蔵寺 臨済宗建長寺派 鎌倉三十三観音霊場26番 拝観料200円
鎌倉第2代公方・足利氏満(尊氏の孫)の命により上杉氏定が再建した。

                        本堂450x338_22
                    茅葺屋根の庫裏450x338_23
                   薬師堂の薬師三尊像450x300
                        庭園450x338_24
十六井戸 岩窟内に観音菩薩像と弘法大師像が安置され、直径70㎝、深さ50㎝程の穴が16あり、それぞれ水が湧き出ている。16菩薩にちなんでいるなど伝承が冊子に詳しく書いてあった。450x338_25
450x338_26
450x338_27

56 岩船地蔵堂 源頼朝の娘、大姫を供養する地蔵堂 木曽義仲の長男義高が婿で、義仲が敗れ義高も殺されてしまった悲劇の姫。450x338_28
57 薬王寺 日蓮宗450x338_29
本堂の日蓮坐像は、11代将軍家斉の命により幕府が造立、説法形の口を開けた珍しい像。450x338_30

58 浄光明寺 京都・泉涌寺に属する真言宗の寺。創建当時浄土宗。鎌倉三十三観音霊場25番。
鎌倉6代執権北条長時の子孫の菩提寺。室町鎌倉公方歴代の菩提寺とのこと。
また、阿仏尼の息子・冷泉為相も鎌倉に訴訟に来ており、このあたりに住み、ここに墓があるという。450x338_32
450x338_33
450x338_34
450x338_35

59 妙法寺 日蓮宗450x338_36

|

« バスツアー・東京桜めぐり | トップページ | 初めての練馬区立美術館『国芳イズムー歌川国芳とその系脈』展 »

コメント

寿福寺は覚えがあります。
鶯が鳴いてました。
他はまたいつか行けるかな。

投稿: 佐平次 | 2016年4月 3日 (日) 21:41

★佐平次さま

今回は海蔵寺だけは行った覚えがあります。
北鎌倉の5寺と長谷寺界隈の5寺くらいしか行っていませんでした。
この界隈は駅から近いのに谷戸で静かで、やはり歴史がいろいろですね。

投稿: tona | 2016年4月 4日 (月) 08:23

こんにちは
今回もたくさん巡られましたね。それにしても鎌倉に、こんなに
たくさんの寺社があったとは、過去に行ったことがあるところが
ごくごくごく一部に過ぎなかったことがよくわかります。
それぞれの由来や歴史人とのかかわりなど、まとめられるのも
大変な労力と感嘆するばかりです。
今回いらした辺りも全く行ったことなく、存在も歴史も
何も知らないところばかりでした。
どこも、一般に観光の方がよく行く寺社とは異なり、
ひっそりと、でも現代も確かにそこに息づいている、
そんな印象ですね。
鎌倉時代の後、政の中心がが西へ東へと大きく変わっていく中でも、
埋もれ消滅していくことなく在り続けた鎌倉という、
これまでと少し違う感覚が広がりつつあります。

投稿: ポージィ | 2016年4月 4日 (月) 10:32

一日に鎌倉の10寺を周られたとは凄いです。
10寺で16000歩は、私が先日「金冠山」のハイキングが13500歩でしたから
ハイキング並みですね、やはり健脚です。

今回、紹介してくれたお寺、其々の謂れを説明してあり
面白く拝読させて頂いたのですが、今は頭に残っていてもすぐに忘れる私です。

ですがtonaさんが紹介してくれましたので、何かの話しがあった時には思い出せると思います。

投稿: ラッシーママ | 2016年4月 4日 (月) 13:57

 何回目かはわかりませんが、さすが鎌倉には
神社、仏閣が多いですね。
 今日ネットで鎌倉の地図を調べましたらかなりのお寺が散在してますね。
 今までは割と観光に名の知れたところしか行ってませんが、今となってはとても回り切れません。
 もっぱらtonaさんの記事で楽しまさしていただいています。

投稿: 夢閑人 | 2016年4月 4日 (月) 14:42

★ポージィさま

八幡宮を除いて、今回の海蔵寺に来て初めて、8回目になるお寺巡りで、2度目のお寺です。北鎌倉と長谷寺付近しか行ってないことに気づきました。
最初本で読んで行きましても頭に入っておらず、帰ってきてからもう一度読み、拝観の栞をもらった時はまたそれを読んで、ここに書いて初めて頭に入ります。結構頭が鈍いなあと情けないです、
それに最初の頃のお寺がもう忘れているのがあって、またまたそのことに驚いたりしています。
鎌倉時代以前、鎌倉、室町、そして徳川まで関係していることもあり、水戸光圀近辺まで関係あって面白いですね。そして多くのお坊さんも関係しています。
私は鎌倉・室町時代の人に疎く好きでなかったですが、ちょっと変わりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年4月 4日 (月) 16:21

★ラッシーママさま

またまた丁寧に読んでくださってありがとうございます。
私も予習したり、復習したり、そしてここに書いたりしてやっと頭に入ったところなのです。
ところがママさんも仰っていますが、最初回った頃のお寺をすっかり忘れ去っています(/_<) ナケルネェ
毎回ハイキング並みの歩数になりますね。歩くととても体にいいような感じです。

投稿: tona | 2016年4月 4日 (月) 16:32

★夢閑人さま

私の持っている本位は122ヵ所の寺社が載っています。
これでやっと半分回れたところです。
冨士山を回るのと同じくらい日数がかかります。
富士山はあと2回で終わってしまいますが、鎌倉は暫く楽しみたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年4月 4日 (月) 16:40

こんにちは。鎌倉には何度も行っていますが、このあたりのお寺には行ったことがありませんでした。けっこう多いですね。とても参考になりました。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年4月 5日 (火) 08:23

鎌倉のお寺の1割も知らないということが
よく分かりました。奥が深いです。

文章中、千葉常胤の名前だけが目にとまり
ました。岐阜県に縁のある方ですので。
郡上市にある、古今伝授の里の近くに
お城跡があり、そこの城主でした。
千葉県からはるかに遠い岐阜に来られた
人です。

投稿: matsubara | 2016年4月 5日 (火) 08:30

★多摩NTの住人さま

鎌倉駅からとても近いお寺群ですね。
静かで人も少なく、八幡宮側の人の多さが嘘のようでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年4月 5日 (火) 09:04

★matsubaraさま

私も行ったのは1割ほどしかないです。
今回の海蔵寺に来て、初めて2度目であると気がつきました。
みなそれぞれ歴史を秘めていますね。
千葉常胤が後に郡上市の方の城主であるということは初めて知りました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年4月 5日 (火) 09:07

教えて頂いた鎌倉の寺社の本、
鎌倉の駅前の本屋で早速買いました。
私には全部めぐる度胸はないのですが、それに挑戦しているtonaさんはすごい!!

先月、寿福寺と、海蔵寺に行きました。
この二つのお寺は、とても好きで、よく行きますが、
海蔵時は梅の花が楚々と咲き、静かでのんびりと過ごしました。

投稿: ☆銀河☆ | 2016年4月 5日 (火) 12:11

★☆銀河☆さま

まあ!鎌倉の本屋さんにあったのですね。
気になることは調べますが、全部本に頼っています。
この本の地図はほぼ正確で、人に聞かなくても行かれるところが凄いです。
治療に通われるたびに素敵なお寺巡りをされていらっしゃいますね。
海蔵寺で初めて八重のドクダミを見ました。と言うことは以前は6月頃に行ったのですね。
鎌倉は歴史があって京都や奈良と同じく、小規模ですが面白いです。
お疲れのところをありがとうございました。

投稿: tona | 2016年4月 5日 (火) 15:46

鎌倉駅の西口から近いこのコースは私も年に1~2回は必ず歩きます。
季節季節にその良さがありますね。
「海蔵寺」は花の寺と言われていて、これからのシーズンが楽しめます。
私はいつも岩船地蔵堂から北鎌倉に向かうのでで、浄光明寺や妙法寺は行ったことがあったかしら?と・・・
考えてみたら別途行った記憶がありますね。

それにしても好奇心&向上心&脚力と三拍子そろっての鎌倉めぐり・・・
あと半分もバッチリですね。
私も勉強になります。

投稿: nao♪ | 2016年4月 5日 (火) 21:08

★nao♪さま

おはようございます。
nao♪さんは、さすがお膝元、殆ど行っていらっしゃるのですね。
このあたりは海蔵寺以外は行ったことがありませんでした。確かに6月のお花もいろいろ咲いていました。
このあたりまで来ると北鎌倉のお寺が近いのですね。
丁度半分くらいが回れました。これからは少し行ったところが増えるのでまた違った見方で見る事が出来そうです。
しかし暑くなるのが問題です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年4月 6日 (水) 06:08

ちょっと忙しく、失礼致しました。

銭洗弁天と鶴岡八幡宮の間を歩かれたんですね。
多分忘れたか行って無いかで、こんなに寺社があったかと驚いています。
偶然ですがブログ友さんが鎌倉へ行かれました。
同じ写真を見つけて、また驚き!
北条政子の寿福寺、お墓。英勝院の方の参拝路と門。
お2人の画像を拝見して、興味を抱きました。
ずっと想い出せずにいるミモザの大木。
海蔵院を見て、似てるなぁ~ここじゃなかったかと調べてる最中です。

投稿: だんだん | 2016年4月 6日 (水) 16:07

★だんだんさま

お忙しいときにありがとうございます。
今回は北鎌倉と鎌倉の間のトンネルを出た鎌倉側で駅からそんなに遠くなかったのです。
まあ、同じお寺にお友達もいらしてるのですね。
北条政子と実朝母子のお墓にはお花が飾ってありました。
英勝院のお墓は入れない建物の裏側で横の方から拝ませていただきました。

海蔵院にはいろいろな木やお花があって、ミモザはもう咲いてなくてわかりませんでしょうか。
他のお寺でも見たような見ないような、すぐ記憶がなくなって困りものです。

投稿: tona | 2016年4月 6日 (水) 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63435489

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉8 扇ガ谷:

« バスツアー・東京桜めぐり | トップページ | 初めての練馬区立美術館『国芳イズムー歌川国芳とその系脈』展 »