« なばなの里・美濃淡墨桜・犬山城の旅(2) | トップページ | 『黄金のアフガニスタン』展 東京国立博物館・表慶館 »

2016年4月21日 (木)

まだヒルは出なかった高取山(東丹沢)



                今朝、毎年アップしていますモッコウバラが満開となりました450x207
450x300450x300_2

庭は青と紫系の花が殆どです

       亜麻                フロックス
450x300_3450x300_4

     ミヤコワスレ               ビオラ
450x300_5450x300_6

             ツリガネスイセン
450x300_7450x300_8

      シャガ                ヒメフウロ
450x300_9450x300_11

    シラユキゲシ               スズラン
450x300_12300x450_2


        ;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

4/10(日)に宮ヶ瀬湖畔の東丹沢の高取山(標高:706m)に登ってきました。この日も曇。
小田急本厚木駅からバスで50分位、下りたバス停の前は宮ヶ瀬湖でした。450x300_13
今年も10日頃、「山笑う」季節で、歩くにつれ、まだ芽吹いたばかりの落葉樹の薄緑が、様々な色相で山を彩り、桜やピンクのミツバツツジが加わって、この季節だけの佇まいです。450x300_14
1ヶ月前の山より花が見られました。

                   ミミガタテンナンショウ300x450_3
                    こちらはマムシグサ450x300_15
     タカオスミレ? 葉の表はそうでもないが、裏が黒味を帯びていたので。450x300_16
450x300_17
                      リンドウ450x293
                      モミジイチゴ450x300_18
                     ミヤマシキミ2_450x300
高取山頂上到着 前日雨は降ってなくて、地面が乾いていたので、さんざん脅されてたヒルはいなかった。顔以外は露出せず、ハッカや「ヒルサガリのジョニー」などを吹き付けて準備万端整えて頑張った人は以前ひどい目に遭ったトラウマがある。けれどもやっぱり登ってきてしまう。450x300_19
      この高取山の頂上には大きなソメイヨシノが1本あって満開でした450x300_20
<展望台から>

               この桜の木の下のベンチで食事しました450x300_21
                        景色450x300_22
450x300_23
450x300_24
450x300_25
                 
                 下った里は静かな所でした450x300_26
450x300_27



|

« なばなの里・美濃淡墨桜・犬山城の旅(2) | トップページ | 『黄金のアフガニスタン』展 東京国立博物館・表慶館 »

コメント

こんにちは
 
お庭のお花たちが見事ですね!色んなお花たちがいっぱい咲いて
春爛漫・花浪漫。ひとたびお庭に出たら、眺めているだけでも
知らない間に時間が経ってしまいそう。
あ、ツリガネスイセン、今日の花レッスンの花材の一つとして、
先生がお庭のを数本持ってきてくださいました。
ヒメフウロにスズランももう咲いているのですね。
わが家のヒメフウロは今年はとても遅くて、まだ全然育ってきても
いないのですよ。スズランは二歩くらい後といった様子です。
 
高取山へ登っていらしたのですね。まさしく山笑う時季。
柔らかな春山の色はいいものですね。野の花たちもあれこれ咲いて、
どれも可愛いですね。ヒルに吸い付かれたら、春山も可愛いお花たちも
楽しむどころではなくなりそうです。いなくて本当によかったですね。

投稿: ポージィ | 2016年4月21日 (木) 16:41

★ポージィさま

こんばんは。
今自治会役員になってしまったので会議から帰ってきました。
コメントありがとうございました。

万年、多年草と種を採った一年草だけで全く変わらない庭です。春の今の季節だけ地面全部花が覆っています。
蕾を持ったバラの1本が虫にあっという間に食べられてしまいました。毎日見てないとダメですね。
ヒメフウロやスズランはそちらの方がちょっと遅いのですね。ヒメフウロだけは早かったです。

春の山って、よく「山笑う」と言ったものですね。独特の風景が広がって、これからの新緑を想像させます。
丹沢は一番高い山が蛭ヶ岳といいますくらい、ヒルが多いので有名なのだそうです。ですからこれからの季節は絶対に丹沢方面は行きません。
この日はこわごわでしたが、お陰様でいなくて本当に良かったです。

投稿: tona | 2016年4月21日 (木) 21:37

景色もよし、桜も良し、最高ですね。
お城があったのですか。

投稿: 佐平次 | 2016年4月21日 (木) 21:45

★佐平次さま ありがとうございます。

山の頂上に桜があるなんて思いがけませんでした。
お城はここから少し先に津久井城址・城山があったようですよ。

投稿: tona | 2016年4月22日 (金) 11:19

相変わらずの健脚ぶりが羨ましいです。
比較して私は半ば病人みたいに怠けて
います。

お庭の花も健在ですね。私は、この中で
枯らしたものがたくさんあります。
白雪芥子、鈴蘭、ビオラ、シャガ、
都忘れ、フロックス。それに頂いた
亜麻まで・・・申し訳ありません。

投稿: matsubara | 2016年4月22日 (金) 19:49

tonaさま
ヤマヒルに遭遇しなくて良かったですね。横浜に住んでいた時(1984~89、1994~1996)、丹沢には何回も出かけましたが、当時はヤマヒルは殆ど居ませんでした。最近は丹沢だけでなく、千葉県の清澄山系、群馬県の谷川連峰、妙義山系にもヤマヒルが多く、登山靴に10匹も入って血だらけになったことがありました。ご自宅の庭は花が一杯でイングリッシュガーデンの様に綺麗ですね。

投稿: shikamasonjin | 2016年4月22日 (金) 22:57

★matsubaraさま

matsubaraさまはお風邪もひくことなく、いつもお元気ではありませんか。私は昨年来ずっとで、一つ終わると次へと、今は風邪でございます。
matsubara家のお庭には一体何種類あるのでしょう。植物園みたいですね。
やっぱり消えていく花はありますね。
自分の家の土地に合わないみたい。
ところで、昨晩もう、つきみそうが咲きました。ありがとうございます。

投稿: tona | 2016年4月23日 (土) 07:13

★shikamasonjinさま ありがとうございます。

そうだったのですね。私も子供が小学生に時に丹沢に登ったのですが、ヤマヒルの話は何も聞きませんでした。
千葉県も群馬県もその山系によりヒルがいるのですね。
同行の人たちは新潟県の山でやられたらしいのです。
sikamasonjinさま自身もとんだめに遭われたのですね。
凄く小さな庭ですから素敵なガーデンになりようもありませんが、今だけ何だか全部いっせいに咲いて、この後は3本のバラが咲くのと鉢物が少しだけなのです。

投稿: tona | 2016年4月23日 (土) 07:19

こんにちは。素敵なお庭ですね。よくお手入れされているご様子がわかります。高取山にはヒルがいるんですか。高校生の頃、丹沢方面にハイキングにいってヒルに吸い付かれたのを思い出しました。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年4月23日 (土) 20:02

★多摩NTの住人さま

コメントありがとうございます。
写真と実際とは天と地ほどの差があります。恥ずかしいです。ありがとうございました。
まあ、高校生の頃ヒルに丹沢で刺されたのですね。
それ以前は大丈夫だったそうで不思議ですね。
私は絶対に刺されたくなくて、近づかないようにします。

投稿: tona | 2016年4月23日 (土) 21:17

おはようございます。

モッコウバラが綺麗に咲いてますね。
我が家は色々な種類の花があるのですが、バラの相性が悪くて1本もありません。
以前は忙しくて庭の面倒を見るのが悪く、バラが蕾を持ってもアブラムシに食べられ
まともに咲かせた事が無かったので、それからはバラは植えてません。
庭の花達も綺麗に咲いてますね。

これからの山は全てが楽しみですね。
高取山はヒルが出るのですか。
子供の頃、河原でヒルに食い付かれ泣いたのを覚えてます。
山でヒルが出るの、初めて知りました。

投稿: ラッシーママ | 2016年4月24日 (日) 07:57

★ラッシーママさま ありがとうございます。

モッコウバラはとげもなく、虫にもやられないでいいですが、一季咲きなので花柄の始末が終わると伸びるのを剪定ばかりして1年が過ぎますね。
バラは大変。3本しかないのに、もう1本は花の新芽を突然全部やられて花が1回目は見られなくなってしまいました。あわてて消毒してもしょうがないです。厄介でやりたくないですが、命ある限り殺さないで咲かせたいです。

ママさん、ヒルに吸われたことがあるのですか。私はありません。やられた友人によると1年経ってもまだ痒くて跡が残って散々なおもいをしたそうです。            

投稿: tona | 2016年4月24日 (日) 09:15

昨日投稿したコメントが表記されなかった。
多分送信忘れかな、うっかり者でして・・・
オープンガーデンの如き風情の、満艦飾ですね。
いつか拝見したいですよ。

高取山へ行かれて、私より歩みは現役ですね。
丹沢方面は蛭で有名ですが「蛭は出なかった」に一人笑いしました~
仲間はボルネオのジャングルで食いつかれて、傷跡を見せてくれました。
あれは無理に剥がすと、皮膚が剥がれますね。
また、奥多摩からダニを持ち帰った人も!
お風呂で肩に食い込んでいるのに気付き、悲鳴だったとか。
私は田植えシーズンの手伝いで、常に脚絆の上に蛭をくっ付けてました。
平気で水道で洗いましたが、今は気絶するかも~

投稿: だんだん | 2016年4月24日 (日) 12:03

★だんだんさま

こんにちは。
写真の魔法を感じます。
一つ一つの花はきれに撮られるわけですが、狭い所に配置がめちゃめちゃ、成り行き任せで、穴があったら入りたい風情であります。
是非ギャップを眺めて欲しいものです。
腰が痛くなってしまって150くらいあった植木鉢を半分くらいに減らしたところです。もっと減らします。

怖いお話伺っちゃいました。ヒルをはがすと自分の皮膚がはがれてしまうとか、ダニが皮膚に食い込んでいるなんて、想像しただけでも怖いです。臆病ものですね。
田植えをされたことがあるのですね。私はそのような体験を一度もしたことがありません。そうか、ヒルの心配もあったのですね。
いろいろ知らないことを教えていただいてありがとうございます。

投稿: tona | 2016年4月24日 (日) 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63516599

この記事へのトラックバック一覧です: まだヒルは出なかった高取山(東丹沢):

« なばなの里・美濃淡墨桜・犬山城の旅(2) | トップページ | 『黄金のアフガニスタン』展 東京国立博物館・表慶館 »