« 今日の神代植物公園 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング17 最終回で完歩 »

2016年5月16日 (月)

懐かしい江の島へ

5/11、ミニミニ・モン・サン・ミッシェルとずっと思っていた江の島。もういつ行ったのか忘れてしまった。
その頃はサザエのつぼ焼きの匂いが充満していた記憶だけ。植物園にも岩屋洞窟も見学していません。今回行ってみると、イカ焼きやシラス丼ばかりでサザエは見かけませんでした。
気温25℃、日差しが強いのに海風が快く、東京とはまるで違います。

江の島と言えば、安芸の宮島、近江の竹生島と合わせた日本三大弁財天で有名。
奥津宮、中津宮、辺津宮の三姉妹の女神様を江島大神と称しています。仏教との習合によって、弁財天女とされ、江島弁財天として信仰されるに至ったそうです。

                                             鳥居と瑞心門460x307
最初の辺津宮の境内の八角のお堂・奉安殿に八臂弁財天と有名な裸弁財天・妙音弁財天 が安置されていますが見ませんでした。460x307_2
            銭洗白龍王 お詣りすると御利益が得られる場所があちこちにある297x460
                                        ニワゼキショウの群落460x307_3
                                           ヨットハウスが見える460x307_4
                                 中津宮では結婚式が行われていた 460x382

江の島サムエル・コッキング苑と展望灯台(江の島シーキャンドル)入場料500円
イギリスの貿易商のサムエル・コッキング氏が江の島頭頂部に別荘を建築し、大庭園を造園したのが明治18年で平成14年にリニューアルされた。当時東洋一の温室は震災などで遺構が残るのみ。
苑内は花や熱帯木や珍しい木がある460x307_5
460x307_6
460x307_7
460x307_8
460x307_16
海抜101.5mの展望台から
                                            江の島弁天橋460x307_10
               湘南海岸 大山がうっすらと見え、住んでいた茅ヶ崎が見える。460x307_11
                                          伊豆半島・大島方面460x307_12
                                             三浦半島方面460x307_13
                                コッキング苑 樹木が多くて美しい460x307_14
島を巡って驚くのは、句碑や詩碑が多いことです。これは一遍上人が井戸を掘り当てたという「一遍上人成就水道」460x307_17
                                 島の南側は断崖絶壁が連なっている460x307_18
                    頼朝寄進の鳥居をくぐると奥津宮があってお詣りしました460x307_19
                     龍恋の鐘 周りには恋人同士の南京錠が溢れています460x307_20
岩屋洞窟へ 入場料500円460x307_21
岩屋の中のギャラリーには広重と北斎の絵が飾ってあって、前日にサントリー美術館で広重の「六十余州名所図会」の中の「相模 江之島岩屋ノ口」を見てきたばかりでした。307x460
                     広重は「富士三十六景 相模江之島入口」も描いていた307x460_2
                                    広重「相州江之島岩屋之図」460x281
                                北斎の「富嶽三十六景 相州七里ヶ浜」460x297
    洞窟内には江ノ島発祥の地や龍の像や与謝野晶子の歌碑などがありました460x307_23
                      弘法大師像460x307_24
島内はまだまだ見てないところも多いですが、もう2度と行かないでしょう。

|

« 今日の神代植物公園 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング17 最終回で完歩 »

コメント

10年前くらいに行きましたが、こちらを拝見して
何も見ていないことが分かりました。
全島を廻っていませんので歌碑のことも
知らなかったです。残念ながら・・・
おのぼりさんコースだけでした。
歴史ある島なのですね。

投稿: matsubara | 2016年5月17日 (火) 08:10

★matsubaraさま

おはようございます。
10年前ですと割合最近ですね。
書き忘れましたが句碑が一番多く、歌碑などと合わせて10以上あります。
歴史的にもいろいろな人が訪れていたのですね。今は信仰より観光客が多いようです。
外国人の方が多かったみたいです。
片瀬江ノ島駅方面には岩窟がないけれども、この岩屋を見ていると鎌倉の切通しにつながっていると感じました。

投稿: tona | 2016年5月17日 (火) 08:23

なんだか知らない島のようです。
入場料なんて昔もあったかなあ。
はじめて行ったのは中学の修学旅行、ビニールのレインコートを着て歩いたことを思い出します。

投稿: 佐平次 | 2016年5月17日 (火) 09:49

こんにちは
 
トップの、よく見知っているお写真に あらっ!? と(^^)
ずーっと以前以来の久し振りの江の島でいらしたのですね。
「ミニミニ・モン・サン・ミッシェル」と思っていらっしゃったとは
思い出の中でだいぶ美化されていたのではありませんか? 笑
江の島のある市にいながら、私も5~6回しか行っていませんし
隈なく見て回ったわけでもなく、上ったことのないシーキャンドル
からの眺めなど新鮮な気持ちで拝見しました。結婚式も!

神奈川に越してきたばかりの頃に行ったときよりも、
最近では若い観光客を意識した感じに変わったような気もします。
岩屋洞窟は、危険が増してある期間入れなくなっていたのが、
整備されてまたは入れるようになったようですが、
俗化?したかもですね。
広重と北斎が題材にした絵をこんなに残していたことも
初めて知りました。

投稿: ポージィ | 2016年5月17日 (火) 11:32

★佐平次さま

初めての江の島は雨だったのですか。
修学旅行は信州からはここだったのですね。
東京の小学生だった私は日光でした。
小学生の頃江の島に行ったことを何も覚えていませんでした。
その後も神社2つくらい参拝しただけの思い出しかありません。本当に知らない島!です。

投稿: tona | 2016年5月17日 (火) 14:26

★ポージィさま

こんにちは。
まあ、5~6回も行かれたのですか。8km先の茅ヶ崎の東海岸に住んでいましたが、合わせて2回しか行っていませんでした。
実際のモン・サン・ミシェルは教会・修道院が高々と聳え重厚な造りで島の中央を覆っています。江の島は階層のない神社だけで、シーキャンドルが遠くから目だっているのですね。
でもお店が並んでいる状態や人が多いのはそっくりです。食べ物屋さんの名物はあちらは巨大オムレツでこちらは海産物と言ったところでしょうか。

そうそう、若い人が多かったですよ。龍恋の鐘みたいなところが出来たのですね。
広重の絵はデフォルメされていますが、江戸時代終わり頃の様子が偲ばれます。
岩屋洞窟は一時そんな状態だったとは知りませんでした。
帰る頃400m位の弁天橋にはこれから島に入る外国人の列がずっと続いていたのは驚きました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年5月17日 (火) 14:45

我々の世代は、江ノ島と聞くと
何といってもサザン・オールスターズを思い出します。
彼らの歌に歌われているのですよ。
だからひと夏の恋、海辺を駆ける青春、といったイメージです。
日本三大弁財天があったなんて…
存じませんでした(恥)

投稿: zooey | 2016年5月17日 (火) 16:23

★zooeyさま

サザン・オールスターズの江の島を歌った歌を聞いていません。こちらこそ恥ずかしいです。
サザンの桑田佳祐が茅ヶ崎出身で私もそうなのですが、サザン通りまで出来て一頃盛り上がっていました。
それなのに歌を殆ど聞いてないなんてね。
同じ茅ヶ崎に関係ある加山雄三の方は歌はよく聞きます。雄三さんは中学校が同じで4年先輩です。

投稿: tona | 2016年5月17日 (火) 16:45

江の島は独身時代に1度行ったきりですので
tonaさんの記事で「へぇ、そうなんだ」ばかりです。

江の島と言うと若かりし頃に付き合ってた彼とは自然消滅になりましたが
今回、tonaさんの記事を読んだら、何故か心が疼きます。
懐かしい想い出を思い出せて貰って、ありがとうでした。

投稿: ラッシーママ | 2016年5月17日 (火) 22:59

 こんばんは。
ここ数年、一年に一度は行ってます。
シラスを食べに(笑)
去年はくまなく回った気がしていましたが、
コッキング苑は知らなかったです。
去年は江ノ島に続く橋の袂から、船に乗り、
岩屋まで行ってみました。新鮮でしたよ。


>島内はまだまだ見てないところも多いですが、もう2度と行かないでしょう<

この言い切り方、ドキッとしました。
確かに俗化していてどこも混雑してますものね。

投稿: ☆銀河☆ | 2016年5月18日 (水) 00:29

★ラッシーママさま

おはようございます。
私も両側に並んだお店と辺津宮くらいしか記憶になくて、岩屋までぐるっとかなり広く、また細かいいろいろ句碑などたくさんあって全部見きれませんでした。
青春時代の思い出の場所、ロマンティックですね。龍恋の鐘なんてなかったのでしょうね、多分。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2016年5月18日 (水) 05:27

★☆銀河☆さま

おはようございます。
まあ!1年に1度もいらしてるとは、ちょっとびっくりです。シラス美味しそうですね。鎌倉で食べています。
岩屋から帰りに船に乗るのもいいなあと思いました。凄い階段を登らなくていいですから。
景色もまた違って面白そうです。
今回は広重の絵を同じものを前日美術館で見ましたので、岩屋の中のギャラリーで見たときはとても嬉しかったです。

投稿: tona | 2016年5月18日 (水) 05:34

こんにちは。江ノ島にお出掛けでしたか。大学までは神奈川県民(横浜市民)でしたので、とても馴染みのある場所です。海があり、遠くに富士山も眺めて良いロケーションですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年5月18日 (水) 08:34

我が家から江ノ島までは車で30分もかかりません。
ドラマ「坂の上の雲」に感化され、4~5年前のお正月明けに夫と「児玉神社」に行きました(そのあとに弁財天に寄りましたが・・・)
大賑わいの江島神社の前にありながら、静寂の中にありました。ご存じですか?
あの時岩屋洞窟まで行き、すっかり整備されていたのに驚きました。
独身時代の思い出がよぎりましたが、その後立ち入りができなかった・・・
私にとっての江の島の若かりし頃の思い出は、あの洞窟のある奥の風景だけです。
今でも途中の観光化された施設は興味なし・・・
サムエル・コッキング苑も入ったことがありませんが・・・
カメラをやりだしてから、あそこの真冬のチューリップと、イルミネーションが素晴らしいことを知りました。

映画「海街ダイヤリー」を観た時に出てきた素朴なお店の「シラス丼」が少し興味があります。
それとトンボロ現象でしょうか・・・
(これが日本のモンサンミッチェルと言われるゆえん?)
tonaさんの>島内はまだまだ見てないところも多いですが、もう2度と行かないでしょう<
という言葉も分かりますが・・・
私は夫と晩年に行ったあのコースを、カメラを抱えて江ノ島大橋から「ダイヤモンド富士」が見える日に行ってみたいと思っています。
それと真冬のチューリップもね。

投稿: nao♪ | 2016年5月18日 (水) 14:36

naoさんの長文を読んで、ここは彼女のブログかと勘違いしました!

「もう2度と行かないでしょう」に、再び一人笑い♪
tonaさんは茅ヶ崎にいらしたんですね。
横浜に住んだことありますが、主婦業に埋没してまして。
観光も少ししかしませんでした。
ですから、珍しくて行きたいです~
外地から来た人々で潤った地域という感じがしますね。
三女神の江島大神。洞窟に興味津々です。

投稿: だんだん | 2016年5月18日 (水) 15:54

★多摩NTの住人さま

私も大学までと結婚してからちょっと茅ヶ崎に住んでいました。ですから同じくこの風景は懐かしく、そしてなじみ深いです。
でも殆ど江の島の中に入っていないのです。
面白かったです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年5月18日 (水) 22:42

★nao♪さま

そういえばお近いですね。
児玉神社も地図にありますね。でも深く調べていませんで知らないです。「坂の上の雲」に関係ありですか。
岩屋洞窟も立ち入ることが出来なかったときもあったそうで、整備されてた中をしっかり見てきました。やっと念願達成です。
トンボロ現象はモン・サンミシェルと同じ。でもあちらにもとうとう橋が出来てしまったのですね。

コッキング苑のチラシに、なんとダイヤモンド富士の写真が載っていて、感動しました。
nao♪さんも是非挑戦してみてくださいね。
楽しみにしています。

投稿: tona | 2016年5月18日 (水) 22:52

★だんだんさま

私は東京から引っ越して中学1年生からずっと茅ヶ崎に住んでいて、結婚しても子供を親に見てもらって通勤していました。30年前に東京に引っ越しました。
ですから江の島は海に出るたびに見ている懐かしい島なのです。
でもその割には行ってなくて何も知らないに等しいです。
一度行かれると見るところが多くて楽しめると思います。是非!

投稿: tona | 2016年5月18日 (水) 22:56

写真でしか見てない江の島。
実際に歩くと、結構広いみたいですね。
四季を通じて、たくさんの観光客が訪れてるみたい。
歴史的なものもあり、老若男女を問わず楽しめるところみたいですね。
「しらすどん」で有名ですね。TVでよく見ます。
tonaさんのブログを拝見すると、行ってみたいところばかり。
今のところは記事のみで楽しんでいます。

投稿: 夢閑人 | 2016年5月20日 (金) 11:18

★夢閑人さま

こちらにもコメントありがとうございました。
あちこちのお店に「しらすどん」のメニューが書いてありました。
わざわざ食べに行く人もいるとか。
観光客はここも鎌倉八幡宮みたいに凄かったです。
若い人が多いし、外国人も多いですね。驚きました。
植物園と洞窟が面白かったです。
洞窟の帰りは船に乗ると階段を登らなくていいのですが。
気が向きましたらお出かけくださいね。

投稿: tona | 2016年5月20日 (金) 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63640604

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい江の島へ:

« 今日の神代植物公園 | トップページ | 富士山すそ野一周ウォーキング17 最終回で完歩 »