« 大山街道1の(1)赤坂御門~渋谷 | トップページ | 頭がいい動物ランキング&天才数学者 »

2016年6月16日 (木)

大山街道1の(2)渋谷~二子玉川 

0001_750x530_2前回と同じ6/8(水)
大山(標高1252m)に果して登ることが出来るか?それを夢見て歩き出したがそれはいつになるでしょうか?

<渋谷 ~三軒茶屋>

ハチ公を見て、道玄坂を登る。坂の途中にある道玄坂道供養塔、横には与謝野晶子の碑もあった。道玄坂にも意味がありますがそれも割愛します。

307x460_2

次に大阪を登って下ると右側に「上目黒氷川神社」があって、ここには目黒富士があるのです。以前買った『ご近所富士山の「謎」』に富士塚が36ヶ所が紹介されているが、これでやっと6つ目です。ビルがない江戸時代には広重や北斎の絵のように富士山を見ながら、富士山を信仰する人々が富士塚に登ってお参りしたのでしょう。460x307
460x307_2
                                氷川神社には富士浅間神社もあります460x307_3
              この神社の道路わきには道標もあります307x460_3

道路は玉川通りとなり、目黒川を通り、東急新玉川線の池尻大橋に着く。
ここから旧道に入る。
右手に「池尻稲荷神社」に詣で、また狐さまを撮る。怖い顔。460x307_4
460x307_5
460x307_6
                      かれずの井戸307x460_4
    三軒茶屋に到着してキャロットタワー(休み)の近くの店で、和定食を頂く。460x307_7

<三軒茶屋~二子玉川>

ここから世田谷通りとなる。途中松陰神社入り口が見えたが見ないで、少し行った先を左に入って右に曲がると、ボロ市通りとなる。これが有名なボロ市が行われる通りなのですね。12月15,16日および1月15,16日に開催されて大変賑わうのはよくテレビで見る。307x460_5
460x307_8

ボロ市通り左手には代官屋敷がある。世田谷区の郷土資料館が併設されている。
江戸時代のはじめ、大場氏は彦根藩井伊家領世田谷の代官職を務め、明治維新にいたるまで世襲していて、この屋敷地はその代官役所として使用した居宅を含む屋敷跡です。
弦巻にあった道標がこの代官屋敷に保存された460x307_9
460x307_10
460x307_11
460x307_12
307x460_12
ボロ市通りが終わって左折して1㎞位行くと公園に「大山道旅人の像」があります。
そのそばの説明板に「江戸時代中期、関東一円の農村には、雨乞いのために雨降り山と呼ばれる丹沢の大山に参詣する習慣があった。しかし大山詣では、次第に信仰は口実になり、帰り道、東海道に出て、江の島や鎌倉で遊ぶ物見遊山の旅に変わってきました。この像はそんな大山詣でをする商家の主人をモデルに一服しただろうと思われるこの場所に設置した」と書かれていました。307x460_6
木の切り株にシイタケみたいなキノコが生えていて、キノコから木の葉が出ているには驚きました。460x307_13
同じ木の切り株に、柿の皮みたいのが捨ててあるのかと思ったら堅いキノコでした。460x307_14
               用賀駅の手前に大山道追分があります307x460_7
少し行った右手の駅のそばには真言宗智山派の総本山智積院の末寺である真福寺がある。玉川88ヶ所霊場第39番札所。
大山道に面したこの門が朱塗りだったので赤門寺とも呼ばれたそうだ。307x460_8
460x307_15
                       芭蕉句碑455x460
                    きれいなアジサイ460x307_16

用賀の駅を過ぎて、延命地蔵の所から街道は二手に別れ、今回は右手を行く。(次回は、二子玉川から一駅手前の用賀の駅に戻り、左手の道を二子玉川まで歩くことから始める予定。)307x460_9
307x460_10
    環八を越すと右手に「大空閣寺」が現れる。玉川88ヶ所霊場代38番札所。460x307_17
                      御大師様銅像307x460_11

少し行くと「瀬田玉川神社」がある。このあたりも国分寺崖線上で、多摩川と比べるとかなり高度があるということだ。この階段もかなり高い。460x307_18
460x307_19
                       獅子460x307_20
隣の区画に「身延山関東別院 玉川寺(ぎょくせんじ)」がありました。素敵なお庭の寺です。日蓮宗ですね。
460x307_21
460x307_22

|

« 大山街道1の(1)赤坂御門~渋谷 | トップページ | 頭がいい動物ランキング&天才数学者 »

コメント

懐かしい見所、まだ行ってない所もあって、嬉しいです。
2年前まで息子一家が、大山道に面したアパートに住んでました。
桜新町に転居して、世田谷ボロ市は数回行きました。
ほんとにボロですが、古着物などは愛好家が買っていますね。
資料館に庚申塚があって、いにしえの街道が甦りました。
代官屋敷で餅つきするのが評判で、あっという間に売り切れ!
一度も食べられず、今度こそと食い意地が張ってます。
孫の小学校も近くにあります。
近辺は、まだ由緒ある見所がありますが・・・
一度には踏破出来ないのが、残念です。

投稿: だんだん | 2016年6月16日 (木) 13:00

またまた健脚ぶりがすごいです。

大山は、東京歌会の人がよく短歌に詠まれる
ことから名前だけ覚えました。

私たちは大山と言いますと、伯耆大山
つまり、ほうきだいせんを連想し、
そこに行ったことを思い出します。
スキーに子供たちは行きました。

関東の大山も歴史ある山なのですね。

投稿: matsubara | 2016年6月16日 (木) 19:32

★だんだんさま ありがとうございます。

2年前といいますと最近のお話なのですね。
桜新町の方の道は今回は通りませんでした。
有名すぎる世田谷のボロ市って本当に古着を売っていて、買う人がいるわけですね。
このご時世でも毎年ずっと続いているなんて凄いです。
この代官屋敷では餅つきがあるのですか。こういう所で食べるのは美味しいのですよね。
本当にいろいろ見るところがありそうで、面白そうです。高級住宅地に目を瞠りました。
この間のお孫さんの運動会の小学校はこの当たりなのですね。親しみが湧きます。

投稿: tona | 2016年6月16日 (木) 20:01

★matsubaraさま ありがとうございます。

私も以前家族で、伯耆大山の麓の温泉?に泊まりました。神社参拝だけで山には登りませんでした。
そして実家が茅ヶ崎ですから、丹沢山塊の大山は良く見かける山となりました。
今でも実家に行くとき、相模線に乗るたびに眺めています。
信仰篤い人々がお詣りする大切な雨降り山とも言われた山です。
高校の遠足で登りましたがもう58年も前になります。あの頃はスイスイでしたが、今はよろよろでしょうね。

投稿: tona | 2016年6月16日 (木) 20:08

おはようございます
 
大山街道1の(2)でも、道沿いにたくさんの寺社もあり、
それぞれの歴史や信仰の思いが受け継がれ続いてきていることに
感嘆したり不思議さを覚えたりしています。
稲荷神社のお狐さんの顔はこんなに様々なのですね。面白いです。
代官屋敷まであってこれも興味そそられます。
公園に座っている旅人の像にもニヤリです。お伊勢詣りはなかなか
行けなかったでしょうけれど、大山詣のイベントは、ちょっと裕福なら
行くことができたのかもしれませんね。
遠く富士山を望み、そちらにも思いを馳せつつ大山詣。ついでに遊びも。
おおらかな文化ですね。

投稿: ポージィ | 2016年6月17日 (金) 09:43

★ポージィさま

殆ど寺社ばかりという感じですね。鎌倉は寺社巡りですが、街道にも何と多いことか。
特に稲荷神社の狐にすっかりはまってしまいました。鎌倉のとは違ったお狐さんでしょう。
歩いてきた私以上にポージィさんは当時の伊勢詣でや大山詣での文化を感じ取って素晴らしい感想をいただきました。
なるほど大山詣では江戸などでちょっと裕福になった商家の旦那などが楽しんでいた様子が伝わってくる街道ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年6月17日 (金) 13:04

tonaさま
富士山裾野一周のすぐ後に、東京から歩いて大山詣でとは、ご健脚に脱帽です。
広葉樹の切り株に生えたきのこは、ベッコウタケかヒイロタケのようですが、まったく自信がありません。
三軒茶屋には娘夫婦が住んでおり、今度行ったときに大山街道チェックしてみます。

投稿: shikamasonjin | 2016年6月17日 (金) 23:08

★shikamasonjinさま

おはようございます。晴れて、何だか水源地の雨の少なさが心配です。
キノコはヒイロタケのように赤かったですね。それもカンカチの硬さで驚きました。日が照りつけるようなこんな所に生えているのが意外でした。ありがとうございました。
お嬢様が三軒茶屋にお住まいですか。
三軒茶屋の所からは街道は二手に分かれ、私たちは右側に行ったのですが、左手の桜新町を通る方と大山道追分で合流しています。
私は三軒茶屋に降り立ったのは初めてですが、いい所にお住まいですね。

投稿: tona | 2016年6月18日 (土) 08:30

私、恥ずかしいのですが大山の名前を知ったのが10年一寸前位です。
足が悪く山にも行けないと思うと、山の名前を覚える気が起きなかったのでしょう。
今なら、人様のブログで気になり調べたりするのですが・・・

tonaさんが今歩いてる所は全く知らない所ですが
以前から紹介してる都内に、こんなに神社が多いとは驚きです。

世田谷のボロ市は有名ですが、開催されるのは1月と12月だけなのですか。
手芸仲間からボロ市では生地が安く売られてると聴きました。

「大山道旅人の像」は江戸時代が忍ばれます。


投稿: ラッシーママ | 2016年6月19日 (日) 00:27

★ラッシーママさま

大山は故郷の山なので知っている次第です。

私も玉川通りや世田谷通りを歩くのは初めてで、寺社が多いのに驚きました。
有名な豪徳寺や松陰神社もちょっと入っていくと近くにあります。
有名なボロ市は生地も売っているわけですね。
どんな市なのでしょう。ただテレビで観るだけです。
旅人の像を見ますと、よくこんな軽装でしかもわらじで長い道が歩けたものと感心するばかりです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年6月19日 (日) 08:54

とても興味深く拝読させていただきました。私も年に数回、友人達と「歩く会」で楽しんでいますが、大山街道もそのうちに歩いてみたいと思います。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年6月19日 (日) 17:05

★多摩NTの住人さま

いつもありがとうございます。
興味をもっていただきとても嬉しいです。
鎌倉などいろいろな所を歩かれていらっしゃるようですね。実現する日が来るかもしれませんね。まだお若いしたくさん歩けますね。

投稿: tona | 2016年6月19日 (日) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63785940

この記事へのトラックバック一覧です: 大山街道1の(2)渋谷~二子玉川 :

« 大山街道1の(1)赤坂御門~渋谷 | トップページ | 頭がいい動物ランキング&天才数学者 »