« 頭がいい動物ランキング&天才数学者 | トップページ | 府中市郷土の森のアジサイそして大自然体験 »

2016年6月23日 (木)

東松山市の吉見百穴・岩室観音堂・箭弓稲荷

6/15、東武東上線の東松山駅で降りてバスで岩室観音堂に到着。この日はボランティアガイドさん付きで丁寧な説明が受けられました。

雨に煙る松山城跡。三方を川に囲まれた地。たくさんの曲輪跡が残ってい居るそうだが、急崖になっていたり蛇が出たり、天気も悪く登れない。
460x307
埴輪の前を通り過ぎ、観音堂の手前には道を挟んだお土産屋さんの先祖が昔手で掘ったホテルがあります。実際には使われなかったそうで掘った方の遊びだったようだ。460x307_2
460x307_3

岩室観音堂
起原は弘法大師です。その後松山城が焼け落ちても観音様だけは無事で、江戸寛文年間にお堂が貴重な懸造りとして建立された。307x460
460x307_4
460x307_5
460x307_6
460x307_7
         松山城跡への登り口にはイワタバコがびっしり生えている460x307_8
四国八十八ヶ所巡りが大変な人はここに祀られた四国霊場と同じ如来・菩薩・明王天にお詣りするそうです。460x307_9
460x307_10

吉見百穴 観音堂から近くにある
以前は「ひゃっけつ」と呼んでいたが、昔の人々が「ひゃくあな」と呼んでいたそうで、「ひゃくあな」に統一された由。
小学校入学前後の数年間この東松山に疎開していたのでこの百穴は見たことがあるのですが、整備されてきれいになっている。個人的にガイドさんに、私が昔住んでいた東平と松山第二小学校が残っているかお聞きしたら、ちゃんとあるとのこと。いつかこの目で確かめたい。

この百穴は最初住居跡とされたが、後に横穴式墓群とわかり、国の重要文化財として史跡に指定された。穴を覗いてみると2人も埋葬されるスペースがあります。460x307_11
昔の百穴の写真がありました。明治・大正時代でしょうか。子供たちも着物姿。700x467
国指定の天然記念物「ひかりごけ」を見ることができました。
第二次世界大戦末期(昭和20年初頭から8月)、中島飛行機がこの百穴の地下に軍需工場を造ったそうで、トンネルは幅4m、高さ2.2m。現在公開されているのは10分の1にも満たない。460x307_12
460x307_13
            百穴は登れるようになっていて、頂上からの景色460x307_14
         この間教えていただいたヒイロタケに似ているでしょうか460x307_15
460x307_16

昼食は百穴の前のお店でうどん、麦とろろ、こんにゃく味噌田楽、天ぷら、メロンと心こもったおもてなしの美味しい店でした。1_460x307
460x307_17

箭弓稲荷神社(やきゅう)東松山駅から近い。彫刻が素晴らしい神社。

箭弓神社とボランティアガイドさん。1時間半も説明を受ける。境内のぼたん園が素晴らしいそうだ。
和銅5年創建だが、享保年間に最も隆盛を極めたそうだ。460x307_18
                        本殿460x307_19
ここの本殿の彫刻は日光廟を小さくしたような趣があって、勿論彫刻にも一つ一つ意味があります。460x307_20
460x307_21
    柱まで彫刻されているのも珍しい。日光東照宮もそうだったでしょうか。307x460_3
             元宮 元のお社として現本殿の真後ろに鎮座 307x460_4
460x307_24 460x307_25

                      神楽殿460x307_26
460x307_27
宇迦之魂社(團十郎稲荷・穴宮) 芸能向上・技術向上の守り神として、特に篤く崇敬していた七代目市川團十郎が奉納された祠もあります。5月・10月には由緒にちなみ、團十郎稲荷祭を執り行うそうです。460x307_28

|

« 頭がいい動物ランキング&天才数学者 | トップページ | 府中市郷土の森のアジサイそして大自然体験 »

コメント

こんにちは
 
全く知らなくて、見るも聞くも初めてのものばかりですが、
貴重な遺跡や建物があるところなのですね。
tonaさんにとっては、疎開していらした地という縁ある地なのですね。
古墳時代にこれだけの横穴式のお墓が作られた場所。
岩山をくりぬいて作られたのでしょうか?中も広いのですね。
当時の有力者一族が眠っていたのかしら??など興味が湧きます。
時代を下ると上杉と北条が覇権を争った地でもあるのですね。
稲荷神社も全国各地にあるのですね。箭弓神社の手の込んだ彫刻に
信仰の深さと思い入れが伝わってくるようです。
また個性豊かなお狐さんたちを何体もご覧になれましたね♪
 

投稿: ポージィ | 2016年6月23日 (木) 10:22

この暑さの中、また関東の秘境を巡られて
見聞を広められたのですね。

疎開されたところを再訪され、すっきりされた
ことでしょう。

古代の遺跡が残され歴史的な価値もありますね。

我が家の離れ座敷に東京からの疎開者一家が
住んでいたのですが、音沙汰はありません。
写真だけありますが・・・
なぜかその一家を思い出しました。
手掛かりはサカイさんです。

投稿: matsubara | 2016年6月23日 (木) 10:34

★ポージィさま

私も疎開しなかったら知らなかったですね。
丸木美術館がこの東松山市にできたのですね。これもまだ行っていません。
百穴は大きな岩山に219もの横穴墓が掘られているそうです。
中を覗いてみましたが、中央通路(玄室)を挟んで左右にベッドほどの大きさのがあり(棺座)、頭を載せる部分?が数cm高くなっていました。二人ずつ埋葬されたみたいです。
ガイドさんに戦国時代あたりを中心に松山城の歴史を語ってもらいましたが、上杉・北条も出てきました。その戦争の数たるや凄いですね。
ですから今テレビでやっている戦いはほんの有名な一部であることを知りました。
越谷もそうでしたが彫刻の立派な寺社が埼玉県にもあるのですね。
そうなのです。稲荷社ですからまた別の顔の狐を見ることが出来大満足でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年6月23日 (木) 16:17

★matsubaraさま

疎開の思い出は田舎の生活そのものの思い出です。
小学校のこづかいさん(昔はこうよばれていました)として働くなら部屋が一部屋与えられました。それで母が働いて、父は週1回帰ってきました。その場所へいつか行かれるといいと思っています。
百穴は古墳時代終末期の遺跡だそうです。

matsubara家に東京からの疎開者が住んでいたのですか。どうして場所がわかっているのですから、もっと早くに訪ねてこないのでしょう。親の世代はもう殆ど亡くなっていると思います。その子供さんたちは思い出さなかったのでしょうか。不思議です。
私はとても懐かしく「故郷」の歌のような気持ちで思い出します。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年6月23日 (木) 16:26

こんにちは。以前、去年の24時間テレビのマラソンコースをたどったランニング遠征時に吉見町も通過したのですが、吉見百穴沿いの道路ではなく、荒川沿いの道路でしたので、そこには立ち寄れませんでした。なかなか面白そうな史跡ですね。機会があれば行ってみたいです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年6月23日 (木) 16:42

★多摩NTの住人さま

吉見町の地図を見ましたら確かに荒川コースが吉見町にかかっているのですね。
そういえば以前走っていらっしゃるお話を拝見させていただきました。電車でかなり遠くまで行きましたが、随分走られたのだと感心します。
百穴と神社は地図にも出ていました。有名なのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年6月23日 (木) 19:19

吉見百穴、昔から遠見はしていましたが、近寄って、ましてや中をみるなんて考えもしなかったです。
想像以上に大掛かりなものなんですね。
東松山は独特の味噌で食う焼き鳥の聖地です。召し上がればよかったのに^^。
めっちゃうまい!

投稿: 佐平次 | 2016年6月24日 (金) 10:56

今回の題名で、確か行った覚えがあったような・・・と思っていましたが
箭弓稲荷神社(やきゅう)は昔ですがツアーで寄った覚えがあります。
只、その時も未だ足の手術前で動くのが嫌で、こんなに立派な彫刻も観てないのです。
牡丹の花が咲き終わりだったのを覚えてます。

tonaさんは小学生の時に東松山に疎開してて、この百穴をご存じだったのですね。
百穴は横穴式墓群と分かり、重要文化財として史跡に指定されたようですが
どのような方が眠ってるのでしょうね。

旅行してみると重要文化財に指定されてるのが
これほど多くある事に初めて知りました。


投稿: ラッシーママ | 2016年6月24日 (金) 13:06

★佐平次さま

この岩山に200以上も墓墳が掘られていたなんて、知って驚きました。
穴の中に入ってみると3畳はあるでしょうか。広く感じました。

お昼の田楽は美味しかったですが、東松山の焼き鳥の美味しいことを、佐平次さんのブログで知ったのですね。ガイドさんも自慢していました。自分の住んでいたところを尋ねるときに是非食べたいと思います。ありがとうございます。

投稿: tona | 2016年6月24日 (金) 13:58

★ラッシーママさま

この間、百穴など銀河さんがいらっしゃっていますね。
箭弓稲荷神社にいらしたのですね。
有名なのですね。全然知りませんでした。大体漢字が読めませんでした。

百穴は小さいころ見たのはうろ覚えで、↑の昔の写真のような感じで覚えています。
横穴式としてはこの当たりでは珍しいのでしょうか。数が多いのですが、でも中は立派ですから、一般人民は入らなかったように思えます。
本当にあちこちに重要文化財(国宝一歩手前)があるものですね。認識を新たにしたいものです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年6月24日 (金) 14:06

東松山は昔々、子供が三歳くらいの頃に森林公園に行った思い出があるだけです。
松山所跡や岩室観音、そして古墳時代の遺跡「横穴式墓群」と見どころ満載なのですね。
tonaさんの疎開の地でもあったとのこと・・・
思い出が甦りましたか?

今年の2月に湘南平を歩いた時に(転んで顔面強打した時)、登山道に「谷地横穴式墓群」を見ました。
27穴でしたから、吉見百穴の規模の大きさが想像できますね。

彫刻が素晴らしい箭弓稲荷神社も趣のある神社ですね。
息子が川越に10年住んでいました折り、東松山の温泉付きホテルに何度か泊まりました。
あの時、もっと埼玉の遺跡巡りをしておけばよかったと後悔しています。

投稿: nao♪ | 2016年6月28日 (火) 22:36

★nao♪さま

お手数おかけしました。ラッシーママさんのところまですみませんでした。
森林公園はそんな昔からあったのですか。10年くらい前でしたか、出かけました。カラジウムがきれいだったことしか記憶にありません。

吉見百穴の記憶は全然違いました。住んでいたところは今回は近づけなかったのでいつか行きたいです。

湘南平に谷地横穴式慕群があったのですね。知りませんでした。きっと同じ時代のものなのでしょう。
息子さんが川越に10年いらしたのですか。東松山に温泉というのも全く知りませんでした。
埼玉には国宝になっている神社の彫刻があるそうです。なかなかですね。

投稿: tona | 2016年6月29日 (水) 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63818171

この記事へのトラックバック一覧です: 東松山市の吉見百穴・岩室観音堂・箭弓稲荷:

« 頭がいい動物ランキング&天才数学者 | トップページ | 府中市郷土の森のアジサイそして大自然体験 »