« ミシン | トップページ | 画家・吉田 博 »

2016年7月28日 (木)

胃カメラ検査

今週は明日を含めて4日も医者通いです。
山歩きの友人が毎年胃カメラ検査をしていて、寝ている間に終わり、いつも起されるという話を聞いていて、それは楽だわね、と話したのは昨年のこと。
そして私も昨日体験してきました。
昨年は違う病院で、細い管を鼻から入れて撮影、モニターで自分の患部をずっと眺めるというもの。しかし入るとき一瞬うげげとなるだけで、これならバリウムよりいいわというのが感想でした。
遡って50年前は大変でした。帰宅してから昼ご飯も夕ご飯も食べられず、もう一生こんな苦しい検査をしないように体調管理に気を付けるんだと心に誓ったものでした。

さて、昨日注射を打たれてちょっといい気分になって、自分は意識がはっきりしているわと思っていたのですが、管が入るのも、検査中も、抜かれるのも気が付かず、やはり10分位寝ていたのですね。起されて後、1時間寝ながら点滴を打って行程は終わり。これなら毎年胃カメラにしよう。
終わった時先生が何だか嬉しいことを囁いて下さったのは、本当だったのか、そんなことはなかったのか、自分の願望がそいういう先生の言葉となって頭に響いたのか?確かめようとしたときは先生の姿もなく、暗いカーテンで仕切られたベットで点滴を受けていたのです。来週の生研の結果が恐ろしいけれども、天からの言葉が本当であってくれたらどんなにいいか。

        ━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

今日で7月に4回あった早稲田夏期講習『じっくり北方ルネサンス』が終わりました。

フランドルの画家、ヤン・ファン・エイクのこの絵≪アルノルフィーニ夫妻像≫は有名ですね。1434年、ロンドンのナショナルギャラリー。
338x460_338x460
モデルはブルージュに住み、フィリップ善良公に仕えたイタリア・ルッカ出身のジョヴァンニ・アルノルフィーニと、その許婚ジョヴァンナ・チェナーミ。二人の結婚の様子を表したものとの説が有力視されてきた。奥の凸面鏡には二人の結婚の証人として画家自身の姿と、1434年の年記「ヤン・ファン・エイクここにありき」という文字が描かれている。
夫妻の立像は前例がなく、室内も様々な象徴表現で溢れている(以上先生のレジメより)

ところが1990年に新資料として古文書が発見され、アルノルフィーニ夫妻は1447年に結婚したことがわかった。しかも画家自身は1441年に50歳くらいで亡くなっているのである。
従ってこの絵はアルノルフィーニ夫妻の結婚の絵ではない。
画家ヤン・ファン・エイクは、この前年1433年に結婚したらしく、1434年に長男、1345年に長女が生まれている。
もしかしてこの絵は画家自身の結婚式の絵ではないかとも言われるようになったとのこと。絵の中に窓が見えますが、カーテンのない部分から外の景色が見えるそうで、そこにサクランボが10個位数えられるという。だから季節は5月頃か。
なお、≪アルノルフィーニの肖像≫を画家が別に描いているが、夫妻の絵の夫と同じ顔である。243x350
そして画家の自画像と言われる≪赤いターバンの男≫も≪アルノルフィーニの肖像≫に似ているとも言われるのである。192x263



 

|

« ミシン | トップページ | 画家・吉田 博 »

コメント

前の記事のことですが、今ミシンを買われたと聞き
さすが・・・前向きの人は違いますね。
私はどこにあるのか、紛失中です。
最後に縫ったのは娘のピアノのステージ衣装でした。
12歳のサイズは田舎に売っていないのです。
型紙を知り合いの洋裁師に書いてもらい、
サテンのブラウスとベルベットのロングスカートを縫いました。
35年前のことでした。

胃の検査を24年していないことに気づきました。
東京にいたとき、50歳検診で初めてバリウムを飲み
そのままそれが最後になりました。

そろそろ検査をしなければならないと思いはじめています。
驕ってはいけないです。

投稿: matsubara | 2016年7月29日 (金) 08:28

★matsubaraさま

広いmatsubara家のどこにミシンガ隠されているのでしょう。きっとまだ動くと思います。
ピアノ発表会のドレスは縫うのが難しそうですね。さて、自分はどうしたのでしたっけ。思い出せません。
私の洋服の最後は夏のワンピースでした。
後は台布巾やほつれたところ(綿製品は擦り切れるまで着ます)を縫う程度でしたが、枕カバーだけは縫いたくて、ただそれだけで買ってしまいました。高い買い物ですね。

バリウムより胃カメラの方が精度が高く中の状態が良くわかるそうです。苦しくないから是非受けて安心してください。

投稿: tona | 2016年7月29日 (金) 09:00

内視鏡、私も寝ている間にやってもらいます。
気持ちがいいです。
ことしもやろうかなあ。
生研、だいじょぶですよ^^。

投稿: 佐平次 | 2016年7月29日 (金) 10:20

眠ったままで胃カメラとは!!
ぼーっとした中でささやいてくれた先生の言葉、
次回の診断の時に、またささやいてくださることを期待しましょう。

私も先日生まれて初めて胃カメラの検査をしましたが、口からでした。
某有名大学病院の、胃カメラ担当の先生だったそうで、お上手でした。
検査すると、安心しますね。

最近、絵画ミステリーを2冊読みました。
絵に描かれた謎を探るって、わくわくしますね。

投稿: ☆銀河☆ | 2016年7月29日 (金) 11:50

★佐平次さま

あら、もう経験済みなのですね。
聞いてはいましたけども、短い10分間寝ていたなんて。
全身麻酔を2回したことがあるのですが、あれは何時間も眠っているのですが、短時間というのがあるなんて驚きました。
バリウムよりずっといいですね。
今恐れているのは世にも恐ろしい腸の検査をしましょうと言われることです。水曜日まで楽しく生きます。

投稿: tona | 2016年7月29日 (金) 15:59

★☆銀河☆さま

はい、あのささやきが本当であったのか、今から期待しています。
しかし、友人から聞いて、本当にそんな胃カメラ検査があるのか、その時は鼻からの検査もしていなくて、遠い過去の恐ろしい検査しか頭になくて嘘と思いました。医学の進歩ですね。

私は原田マハを2冊、中野京子のは殆ど読みましたが、また面白いのがあったら教えてくださいね。
人から見れば、何を面白がっているのだと思われそうですが、講義もなかなか面白かったです。

投稿: tona | 2016年7月29日 (金) 16:07

  この前19日、3回目の胃カメラ検査を受けました。
以前はドロドロした喉の麻酔薬だけで、モニターを見ながら受けまいた。
今回は更に点滴を受けての検査、横になてるうちに解らなくなり、
「終わりました」という声で、目が覚めたと言う次第。
もう今回限りで止めようと思っていましたが、胃カメラも全く苦にならなくなりました。

 起きあがったら少しふらつくので、1時間くらいベッドに横になり、その後
結果を聞きました。
最初の時は経験がないのおで、嫌な思いをしました。
今は鼻から挿入するらしいですが、私は口からしてもらいました。

 昔はバリュームを飲んで、台に横たわり、ぐるぐる回しながらの検査で、
あのバリュームを飲むのが嫌でした。カメラだと結果はどうであろうとはっきり解るので、
信用できます。若い人ほどやるべきだと思います。

投稿: 夢閑人 | 2016年7月30日 (土) 10:51

★夢閑人さま

私より1週間ほど前に胃カメラ検査だったのですね。
大昔のことを考えたら朝食を抜いて出かけるだけで、気分が悪いわけでなく、寝ている間に検査が終わるのですから、夢のような話です。
これなら毎年この方法が1番良いと思いました。
バリウムを飲むのは6月12日にやったばかりですが、ポリープがあるということしかわかりません。
今回はその生検もあるようで1週間後に説明を受けることになりました。
例の食道炎が治ったように医者に告げられたような気がしたのですが、別段治った自覚がないので夢の中だったのだと思っています。幻覚というか凄いことです。
今他に気になる点があって検査が続くかもしれません。後期高齢前後になってこんなことになってしまいましたが、ただ受け入れるだけです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年7月30日 (土) 13:10

こんにちは。胃の検査でしたか。結果が良いことをお祈りしています。胃カメラは麻酔があるのですね。私は毎年、経鼻でやっていますが、喉よりは楽だと思っています。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年8月 1日 (月) 08:12

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
昨年に続き胃カメラ検診です。
昨年は鼻からで、意識がある状態ですが楽でした。
今年は口からで麻酔で意識がなく、もっと楽でした。胃カメラも大進歩です。
はい、水曜日にわかるのですが、結果が良いといいのですが。一応覚悟は出来ています。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月 1日 (月) 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63979434

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラ検査:

« ミシン | トップページ | 画家・吉田 博 »