« 小平市 平櫛田中彫刻美術館 | トップページ | 小和田哲男著『国宝入門』と薬局経営のおばあさんの話 »

2016年7月18日 (月)

国営武蔵丘陵森林公園

昨日7/17に森林公園にヤマユリとレンゲショウマを見に出かけました。
東武東上線の森林公園駅で下車、バスで7分、南口に到着。スタッフにずっとガイドをしていただく。
途中昼食を挟んで花を見ながら歩きつづけること5時間半、西口に到着。これでもほんの一部しか歩いていません。16475歩。
昭和記念公園より広そうだなあと思って調べたら、1.7倍もあり、304ha。人工的な部分は一割に過ぎず、殆ど自然林というのが昭和記念公園と違うとのこと。
園内には古鎌倉街道があり、京都へ通じていたという。
今の時期緑が一層濃くなって、フィトンチッドを思う存分吸ってきた。

昨日はカメラを忘れ、スマホで代用。スマホで撮った事が殆どなく、ズームもマクロで写すことも出来ず、本当にしょんぼりでした。
先月、湯西川温泉に行ったときも、実は電車にリュックを忘れ、その行方を追っていて、リーダーに行かれない旨を電話すると、荷物がなくても1泊なら何とかなるから来いということで、幸い財布とカメラがバッグに入っていたので着の身着のままでバスに2分遅れで飛び乗ったのです。80歳の友人に「信じられない」と呆れられました。今回もその友人にどうして?と呆れられたのでした。最近ことのほか毎日のように信じられないことをやらかしています。頭がどうかしちゃったようです。

と前置きが長くなりましたが、ガイドさんはヤマユリについてずっと講義しておりました。
日本原産のヤマユリの原産地はこの丘陵とのことです。自然林とはいえ、7年に1回伐採などして整える。それに合わせてヤマユリも種を飛ばしてゆっくり発芽。開花まで5年以上7年かかるという。
森林に入っていくとヤマユリの濃厚な香りがいきなり香ってくる。そして大きな花が見えてきた。直径20㎝以上もあって、これはカラスアゲハが蜜を吸えるように合わせての大きさなのだそうだ。

345x460
樹がたくさん茂り、下草が生え、キノコが生えている場所で自然に遠くへ飛んだ種から発芽して開花してからも長いこと咲き続ける。下草が生えていると湿り気があり、キノコの菌種がヤマユリをウィルスから守るというわけだ。勿論木々の間から日が射すことも必要だ。
また自然のヤマユリは思い切り垂れるように茎を長く伸ばし、花を大きく咲かせ、実も大きくして種を遠くに飛ばせるようにしている。言われてみれば格好の悪い姿のそんなユリが多いこと。
このキノコたちがヤマユリに役に立っている(コトヒラシロテングタケ) shikamasonjinさま、ありがとうございました460x345
家庭で球根を買ってきて栽培すると、森の中のような条件がないのでウィルスにやられ、3年くらいで命を閉じる。よく家で植物がダメになるのはこれと同じようなことが起こっているのかもしれません。
これは日当たりのよい梅林に栽培したヤマユリ。こんなにたくさん花を付けると来年はもうだめになるそうだ。460x345_2
同じような条件の森林にはフシグロセンノウ、アキノタムラソウ、オオバノギボウシ、レンゲショウマ(標高が園内でも50mしかアップしないので、御岳山より1ヶ月早く開花)などが咲いていた。

         フシグロセンノウ(実際はもっとオレンジが濃くてきれい)345x460_2
                    オオバノギボウシ345x460_3
             レンゲショウマ(見苦しい写真で失礼しました)345x460_4
345x460_5
                 ドングリの赤ちゃん、初めてです。328x460
          秋の七草園ではオミナエシ、キキョウ、ナデシコが満開345x460_6
                       ナデシコ345x460_7
             松の樹のバンソウコウは注射の跡だそうだ460x345_3
                クサギの花の咲き始め(花もくさい)345x460_8
345x460_9
最後はハーブガーデンやボーダー花壇などを楽しむ。

                     ハマナスの実345x460_10
                    パイナップルリリー345x460_11
                      クサフヨウ345x460_12
地図で見ても道がたくさんあって、凡そしか歩いたところがわからず、人も多くないので一人では迷子になりそうな公園でした。以前行ったことがあるのに、どこを歩いたのか?3/10だったので梅だけ見に行ったのかしら。
秋はカエデ園の紅葉が素晴らしいそうだ。

|

« 小平市 平櫛田中彫刻美術館 | トップページ | 小和田哲男著『国宝入門』と薬局経営のおばあさんの話 »

コメント

頑張って遠くまで行かれましたね。
まだ車を持たない昔、子連れで行って疲れ果てて帰りました!
大人はフィトンチッド満喫して、花観賞も出来るけど。
子どもは、お弁当以外はつまらなさそうでしたねぇ。
ヤマユリの原産地ですか、種が飛んで発芽してからが長いんですね。
キノコと共生する自然が、貴重だと思いました。
フシグロセンノウ、レンゲショウマも、早く咲くのですか。
一瞬御岳山も急がなくちゃと、焦りそうになりました(笑)

スマホ、良く撮れてますよ♪
ザックの忘れんぼしたんですか~
友達とお話しに気を取られたのでしょうか、気にしない、気にしないcoldsweats01

投稿: だんだん | 2016年7月18日 (月) 17:39

★だんだんさま

ここは始まってもう42年もたつそうですね。
今はわんぱく広場がありますよ。
お孫さんを連れて昨年行った人が、そこの広場だけで1日が終わってしまったと言っていました。
森林公園はヤマユリの宝庫です。育つ条件が広い範囲にわたって存在するからです。
発芽から花が咲くまで7年とは、我が家の9年目に咲いたハマユウと大差ないくらい長いです。
ここは御岳山より標高が低いので咲くのが早いのでしょうね。
ザックはつい棚に載せてしまったのがいけなかった。わかっていたのに久しぶりにやってしまったのです。
何だかいつも夢の中にいるような感じになって無意識に手が動いているのですね。そう、気にしないでいきましょう。だんだんさん、ありがとうございます。

投稿: tona | 2016年7月18日 (月) 19:32

この暑さの中をまたお出かけとは素晴しいです。
この沿線に妹がいるのですが、なんだか
広そうでとてもついでには寄れそうにないです。
この中でフシグロセンノウとハマナスを枯らしました。

スマホの性能はよろしいですね。
これだけ撮れれば・・・

その程度の失敗は驚くこともありません。
言わないだけで・・・

投稿: matsubara | 2016年7月18日 (月) 20:44

★matsubaraさま

ここは本当に広くて、誰かと一緒でないと迷子になりそうで、おいそれとは私も行けません。

スマホはオレンジ色が出ませんし、レンゲショウマは難しいですね。
これだけ撮れればよいですか。ありがとうございます。
matsubaraさま落ち着いておられるので、こんなこともないでしょう。
私は毎日毎日ひやひやしております。命にかかわらなければいいかなあなんて思っています。

投稿: tona | 2016年7月18日 (月) 20:55

tonaさま
白いきのこは、コトヒラシロテングタケかもしれません。300ヘクタールもある自然公園なら、年間を通して色々な種類のきのこが発生することでしょう。もう少し近ければ私も観察に行くのですが。

投稿: shikamasonjin | 2016年7月18日 (月) 22:55

★shikamasonjinさま

コトヒラシロテングタケを教えていただきありがとうございます。
サイトで写真をたくさん見ました。全く同じでした。
もう1種類薄い茶色のキノコもありました。あとは見つけきれませんでしたが、1年を通していろいろ生えるのでしょうね。
家からは1時間半くらいかかりました。ちょっと遠いですね。

投稿: tona | 2016年7月19日 (火) 07:59

おはようございます
 
5時間半も歩かれて、それでもまだほんの一部なのですね。
武蔵丘陵森林公園、なんという広さでしょう!貴重な自然の空間ですね。
四季折々観察し続けられたらとても面白そうですが、
大自然は危険も伴って気軽にできることではありませんね。
たっぷりの森林浴をなされて、リフレッシュされて、これから続く
暑さへの準備にもなられたでしょうか。
いろいろと珍しいお花、素適なお花にもお会いになれましたね。
デジカメを忘れてしまわれたとのことですが、スマホがあって
良かったです。十分よくわかります♪
小学校高学年の時、担任の先生にわすれんぼ大将と呼ばれた私。
今でも時折りひどい忘れ物をドン!としますよ…
他のことに気をとられているときに多くなりますね~
あまり気になさらないでまいりましょぅ。

投稿: ポージィ | 2016年7月19日 (火) 09:23

行かれましたか。
ここは一部人工的な所もありますが、殆どが自然林のまま。そこがいいところです。
夏の森林浴はとてもいいです。森の匂いがします。
 以前行ったときは、たくさんの原生草花が
見られましたが、名前も解らず、漠然と眺めていました。ヤマユリ。この自然があるから育つのですよね。一般に山野草の栽培は、その環境を人工的に作り出すことは難しく、難しいです。
私もクロユリに何度も挑戦しましたが、せいぜい2~3年でなくなりました。
何度行ってももいいところだと思います。とても一日では回り切れません。

投稿: 夢閑人 | 2016年7月19日 (火) 17:08

★ポージィさま

こんばんは。
本当に広いなあと思いました。
隅から隅まで歩くには数日かかりそうです。
古鎌倉街道は道幅が狭いですが、いたるところにこのような道があって、標識を見ながらでも迷いそうでした。
森の空気は確かに体にいいような気がします。

私のスマホは色がいまいち同じでないことがわかりました。
あら!ポージィさんも忘れんぼ大将だったのですか。これこそ信じられません。
これを見た娘に「ボケたのではなく、若い頃から変わってないのではないか。
せっかちで慌て者でおっちょこちょいなのが原因なのではないか」と言われました。そう言われるとその通りでした。まあ、その頻度は多くなりましたけど。
そうです。いつも他のことを考え夢見ているようなことが多いですからそんなときですね。
気にしないこと、その通りですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年7月19日 (火) 19:08

★夢閑人さま

行けども行けども、森ですね。
ガイドさんの後をついて行ったので、今度行くとしたら、メイン道路を歩くだけになりそうです。どこに出るかわからないですから。
ヤマユリが自生するには随分贅沢な環境でないとだめなのですね。
以前はもっといろいろな野草が咲いていたのでしょうか。
山野草の自宅での栽培が難しいのはカビやウィルスが原因だったとは、今まで知りませんでした。
植物には自分に合った環境があるのですね。園芸種はその点改良されて、元気に街を美しくしてくれます。
また別の季節に行ってみたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年7月19日 (火) 19:21

★tonaさん
私、森林公園という名前のゴルフ場には行ったことがありますが、
森林公園そのものには行ったことがありません。
南口から歩いて5時間半で西口ですか?
昭和記念公園も広いと思いましたが、
その比ではないとのこと、驚きました。
ブログ拝見して、tonaさんもいろいろ
失敗されているようで、ほほえましく感じています。
時期がいいとき、私も一度是非森林公園へ行ってみたく
なりました。

投稿: 茂彦 | 2016年7月19日 (火) 20:54

★茂彦さま

ゴルフ場に同じ名前のがあるのですか。
昭和記念公園の2倍まではないですが、広い公園ですね。
秋の紅葉の季節、カエデ園が真っ赤だそうです。また行ってみたいです。

娘に指摘されたのですが、若い頃からずっとそうだったということで、それがこの頃もっとひどくなったという感じで、毎日今日は何をするかしらという感じで過ごすようになりました。
あきらめ、気にしないことにしました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年7月19日 (火) 21:11

私も枚挙にいとまがないほど、どうかなっちゃってます^^。
森林公園も40年も前に板橋に住んでいた頃子供を連れていきました。
あの頃でも遠いと思いました。
せんじつ秩父からの帰りに電車の窓から見て懐かしかったです。

投稿: 佐平次 | 2016年7月20日 (水) 09:39

昭和記念公園の17倍の広さで、9割は自然林という国営武蔵丘陵森林公園、素晴らしい公園ですね。
私は三鷹に住んでいた時、3~4歳の息子を連れて家族で車で坂戸の方の森林公園に行った覚えがありますが、それと別かしら・・・?
広すぎて貸自転車で巡りました。

武蔵野丘陵が日本原産のヤマユリの原産地とのこと!
ヤマユリは神奈川県の花でもあり、我が家近辺でも野生で咲いている姿が見られます。
キノコとの共存関係が必要とは知りませんでした。
私の好きなフシグロセンノウやレンゲショウマ、ナデシコモ咲いていて良いところですね。

私も探し物はしょっちゅうですよ。
3年前に「滝子山」に登った時、カメラを忘れ仲間3人のガラケー携帯で撮りました。
tonaさんはスマホを使いこなせるのですから尊敬致しますよ。


投稿: nao♪ | 2016年7月20日 (水) 09:46

★佐平次さま

そう聞きますと、何だか安心したり、ちょっと仲間意識が芽生えたりします。
どうしちゃったのでしょうね。頭の中が見たいです。
40年前にいらしたそうですが、出来て2年目くらいでしょうか。
今は子供の遊び場が出来ていてそこだけ混んでいました。

投稿: tona | 2016年7月20日 (水) 19:50

★nao♪さま

1.7倍です。昭和記念公園も一度に端から端まで行かれません。ましてや森林公園は広すぎて何日かかるでしょう。
坂戸から近いですからいらしたのはここではありませんか。自転車専用道路があって昭和記念公園と同じです。

ヤマユリは神奈川県の県花だったのですね。
自然のヤマユリにはそれなりに条件があったのですね。
レンゲショウマもフシグロセンノウもそうなのでしょう。
あのキノコがこんな役目をしていたなんて、全く知りませんでした。
山野草や高山植物の強さにはいつも心打たれますが、それなりに助けてもらっていることもありなんだと納得でした。

私スマホを持っているのに使いこなしていないのですよ。メールと電話だけといっていいです。カメラ機能も使わなかったし。
やはり何でもPCで調べたり打ったりしている方がいいです。というわけで全然尊敬されるに値しないです。

投稿: tona | 2016年7月20日 (水) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63932335

この記事へのトラックバック一覧です: 国営武蔵丘陵森林公園:

« 小平市 平櫛田中彫刻美術館 | トップページ | 小和田哲男著『国宝入門』と薬局経営のおばあさんの話 »