« 小和田哲男著『国宝入門』と薬局経営のおばあさんの話 | トップページ | 胃カメラ検査 »

2016年7月25日 (月)

ミシン

先日壊れたミシンを前に、もう買わないと決めたのに、やはり作りためた枕のカバーがなくなり、手縫いがなかなか大変で、やっぱりミシンを買いました。
450x300
値段がなんと19224円、以前は3,4倍したように思う。足のコントローラーがなくて(つけてもいいようになっている)、ボタンで縫い始めたり縫い終えたりするところが違う。
それに縫い終わるたびに下糸を手間かけてもとに戻さなくてはならず、怠ると縫えないというところが不便。買ったからには他にも少しは何かを縫わなくては。
早速縫った枕カバーが白布なので、白いと何でも刺繍をしないといられず、10数年ぶりに刺繍、すっかり腕が衰え、不器用の極み。そういうのは写真を小さくしてごまかす。昔練習したのはましだったけれど。227x340
400x267
一緒に入れてあった、アンデルセン編み、型染め、絞り染めの道具は廃棄。千代紙、フェルト、パッチワーク用布とたくさんの毛糸と手芸関係の本は一部を一応残しました。

壊れ始めると一斉に壊れました。ミシンの他、スキャナー、体重計、CDラジカセ、風呂のシャワーと水道栓。おまけに西日対策の日よけと断熱ガラス張替えなどとお金と時間が飛んでいきました。

        *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

数本の茗荷が20年近くで増えて一坪にびっしりでさらに増えつつあり、もったいないけど抜いちゃうのであります。毎日収穫があります。460x307
400x267_2
隣からいただいたミニトマトの形は丸い形の苗は1本で、後はこんな細長い形。とても甘いというわけでないが、新鮮さがなかなかによい。460x307_2
ゴーヤは12本植え、2階まで到達しているのもあるけれども、まだ実が一つも見えません。待ち遠しい。

|

« 小和田哲男著『国宝入門』と薬局経営のおばあさんの話 | トップページ | 胃カメラ検査 »

コメント

こんにちは
 
電動ミシンを買い換えられたのですね。アナ雪の絵がついてるんですね♪
私は結婚のときにコンパクトミシンを買って、ちょっと厚手の生地を
縫っていたら壊れてしまい、頑丈な物に買い換えました。
でも買い換えてからは手作りをほとんどしなくなってしまいました(^^;)
 
tonaさんも色々な手芸をなさってきたのですね。刺繍作品の色々可愛いです。
私は刺繍の経験はほとんどゼロに等しいです。根気の要る手仕事に、
足を踏み入れられませんでした。
 
あらら、ミシンにとどまらず、そんなに次々と壊れてしまったとは
大変ですね。挙げられた中、水道栓(うちは洗面所)は同じくです。
水の止まりが悪くなったので夫が取り替えてくれようとしたら、
ネジが動かなくなっていて、頑張って回そうとしていたら折れてしまって
にっちもさっちも行かなくなりました。部品が届くのを待っている所です。
わが家も立て続けに他の物も壊れるかもしれません。くわばらくわばら…
 
ミョウガが元気いっぱいすごいですね。間引きもいたし方ありませんね。
細長い形のミニトマト、スーパーで時々買います(アンジェレとか
アイコと言う名前のもの)。tonaさんのミニトマトは何でしょうね。
ゴーヤ、今年はどうしたのでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2016年7月25日 (月) 16:00

★ポージィさま

そうなのです。アナ雪です。ブラザーミシンと何か関係あるのでしょうかね。
あらまあ、頑丈なミシンガ眠ってしまっているのですね。ミシンすぐに眠ってしまいました。
私は直線縫いしかしないと思います。いろいろな機能が付いているのに何も使わないなんてもったいないですが、今更洋服など縫うものがないしこの頃殆ど洋服は買わないで繕いものばかりです。
色々捨てたのですが、ビーズ刺繍の小物が高価だったのでもったいなかったですが、思い切りました。
洗濯機と冷蔵庫はセットでだめになり、テレビやビデオ、印刷機なども連鎖的に続いたりしました。
洗面所、ご不便でしょう。早く直るといいですね。

細長い形のトマトはアンジェレ、アイコという名前ですか。私はスーパーでもまだ見たことないです。
夢閑人家のゴーヤは凄い勢いですね。植えるのが遅かったのは確かなのですが、それにしても。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年7月25日 (月) 17:03

tonaさま
茗荷が茂っていますね。夏の冷たい素麺には何といっても茗荷が一番だとおもいます。

投稿: evergrn | 2016年7月26日 (火) 11:25

子供のころ、父がミシンを買ってきたのです。
とうてい買う余裕などないのに。
泣きそうになった母の顔を今も覚えています。

投稿: 佐平次 | 2016年7月26日 (火) 11:27

  昔のミシンは足踏み式。革製の丸いベルトがかかっていた。よく外れることはあり、その度に掛け直していた。
 今のミシンは、卓上式電動ミシン。価格もリーズナブル。然もコンピューター制御ですべてボタン一つでなんでもやってくれる。直線縫い、ジグザグ縫い、ボタン穴かがりなどすべボタン一つ。誰でも使える。
そしてあまり失敗もない。便利な時代になったものだ。

 ミョウガ。何年か前、お隣さんから頂いて植えました。一時増えてましたが、あちこちに移してる間に少なくなり、まったく収穫なしです。採りたては香りがいいでしょう。
ミョウガ入り味噌汁はいい香りで格別です。

 ミニトマトもいろんな形がありますね。
でも味は同じでしょう。

投稿: 夢閑人 | 2016年7月26日 (火) 12:56

★evergrnさま  ありがとうございます。

そうなのですよね。夏の素麺にはなくてはならないもので、たくさん生えてくる紫蘇と茗荷は重宝しています。

投稿: tona | 2016年7月26日 (火) 18:54

★佐平次さま ありがとうございます。

まあ!どうしてお父さんがミシンを?
ちょっと驚きました。
何か事情がおありだったのでしょうか。
お母さんのお顔も想像できます。

投稿: tona | 2016年7月26日 (火) 18:57

★夢閑人さま ありがとうございます。

私は最初は足踏みミシンでした。これで3台目で、全部縫い方が違います。これで今回のやり方もマスターできました。
ボタン穴かがりは簡単ですね。でも手縫いの方が頑丈です。ジグザグもありがたい機能です。
重さが5㎏なくて軽いですね。

茗荷、残念でしたね。我が家はニラと茗荷と紫蘇に適してるのですが、三つ葉はどうしてもだめです。土に問題があるのかもしれません。

ミニトマトの味はかわりありませんね。


投稿: tona | 2016年7月26日 (火) 19:07

酔っ払った気まぐれ、給料をもらうとその日のうちに呑み果たす人でした。

投稿: 佐平次 | 2016年7月26日 (火) 20:08

★佐平次さま

そうでしたか。
私の父親も大酒飲みで母を泣かせていましたね。良く働いて大学まで出してくれたので感謝ですが、佐平次さんのお父さんは早くに亡くなられて、お母さんがまたまた苦労されたのですね。そんなお母さんに頭が下がります。

投稿: tona | 2016年7月26日 (火) 20:43

高尾にブラザーの会社がありますが、昔はミシンも嫁入り道具の一つでしたが
今は価格も安いし、ミシンを持って無い人も結構いるでしょ、だから経営は大変みたいです。

私もミシンはポータブルに買い換えましたが、その後はミシンで作る事が無くなって
ミシンが順調に動かせるようになるのに2,3時間掛かってしまうので
殆どが手縫いで済ませています。
私が作る物は小さい物なので、手縫いでも時間は掛かりません。

1坪、茗荷が生えていれば食べ切れないほど採れるでしょ。
我が家も去年の秋に裏庭のフェンスを新しくした時に
裏庭に生えてる植物全てを抜きましたので、今年は今迄の半分ほどしか生えてませんが
それでもかなり採れると思います。
tonaさん宅で茗荷が採れてるので、今日茗荷の苗を見ましたが
未だ茗荷は付いてませんでした。

投稿: ラッシーママ | 2016年7月26日 (火) 21:47

茗荷、羨ましいです。
実家の裏庭から根ごと持って来て
ベランダのプランターに植えましたが
緑の葉が伸びるだけで、食べる部分はまったくできませんでした。
3個198円で買っています。

投稿: zooey | 2016年7月26日 (火) 23:12

★ラッシーママさま ありがとうございます。

ブラザーの会社が高尾にあるのですか。割合と近い所に存在していたのですね。
壊れてから1年、いいと思っていたのですが、結構繕い物などもあって不便な想いでした。やっぱりこれから洋服など縫わないとは思うのですが、買ってよかったと。安いし。

そうです。毎日汁物、酢漬け、漬物、薬味などと食べない日はありません。
早くできるといいですね。

投稿: tona | 2016年7月27日 (水) 07:18

★zooeyさま ありがとうございます・

ご実家からのは出来たらさぞかし美味しいでしょうに、ダメでしたか。
残念です。
3個198円ですか!
お隣でしたらお届けするのに、これまた残念です。

投稿: tona | 2016年7月27日 (水) 07:21

こんにちは。子供の頃に母の横に座って蛇の目ミシンを踏んだ記憶があります。
毎日、ミョウガの収穫があるとは良いですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年7月27日 (水) 08:14

★多摩NTの住人さま

ありがとうございます。
まあ、ミシンを使えるのですね。
今も体が覚えているでしょう。
蛇の目ミシンは小金井駅の所にありましたが、いまはどちらに移転縮小したのでしょう。
一家に一台の時代でなくなってきたのでしょうね。
茗荷はこれから9月まで殆ど毎日収穫があるはずです。

投稿: tona | 2016年7月27日 (水) 14:06

ミシン、スキャナー、体重計、CDラジカセなどなど、壊れる時は続きますね。
我が家も同じです。
新しいミシンでたくさんの枕カバー作成、それらに刺繍をほどこし温かみが感じられますね。
tonaさんの女らしい面を感じさせていただきました。

私も昔は結婚祝いでもらった蛇の目ミシンで子供の洋服をたくさん作りましたが、15年くらい前に壊れて・・・
私も似たようなミシン買いました。
蛇の目は鋳物でとても重いミシンでしたが、安いミシンは本体が軽いので厚手の物は縫えません。
利き手の甲を骨折して以来、手先の細かい作業が上手くできなくなり、ミシンもほこりをかぶっています。

ミョウガが見事に茂りましたね。
主人がミョウガ好きで、我が家の北東の角にたくさん植えていましたが・・・
私がしょっちゅう通る通路なのでずいぶん少なくなりました。

投稿: nao♪ | 2016年7月27日 (水) 23:57

★nao♪さま ありがとうございます

nao♪さんの家もこの間次から次へと壊れていましたね。こういうことって、不思議にも続くのです。前も同じようなことが数回ありました。
前のポータブルはこれの倍以上の重さがあったような気がしますが、これは5㎏ないので驚きました。高齢者向きです。
手の甲を骨折したのでしたか。大変でしたね。
私はそんなこともないのに、この頃目が見えなくなったのと比例して不器用になったのが嘆かわしいです。

ミョウガは我が家は南東の門で日当たりは夕日が少し当たるくらいですからその方が生育にいいみたいですね。通り道になるとだめになるのでしょうね。

投稿: tona | 2016年7月28日 (木) 08:21

tonaさんのお宅でもミョウガは大豊作のようですね。拙宅でも庭の北側と、家庭菜園の2か所で採れるので、消費するのが大変です。汁物は連日、ミョウガの卵とじが続いています。ただでさえ物忘れが激しいのに、こんなにミョウガを飽食して大丈夫でしょうか、直ぐに惚けないかと心配な今日この頃です。

投稿: shikamasonjin | 2016年7月28日 (木) 10:01

★shikamasonjinさま

大笑いしてしまいましたヽ(;´Д`)ノわらいすぎた~っ!!
昔から物忘れの事、言われていますよね。
実はもうミョウガを食べる以前からかなりひどくなっているので、余計心配なわけです。
駅員さんのように指さし称呼したりして。

そうそう、ミョウガの卵とじをすっかり今年は忘れていました。
ありがとうございました。早速今日作ります。

投稿: tona | 2016年7月28日 (木) 16:00

まぁ、おニューのミシンですか!
昔取った杵柄を生かして、腕がなりますね♪
試し縫いもお上手です。
娘に頼まれて、孫の保育園の布団カバーをミシンがけしたのが最後です。
もう蓋を開けることも無いかも・・・
不思議なことに、壊れる時は1度に壊れますね。

ミョウガ、凄いですね~
来年の収穫を期して、機会があれば少し根を頂けますか?
厚かましいですねー、ごめんなさい!

投稿: だんだん | 2016年7月28日 (木) 18:27

★だんだんさま ありがとうございます。

手縫いがとても力がいるので、やっぱり買ってしまいました。
ターシャ・チューダーはあの19世紀のドレスまで手縫いだったのですから、信じられないです。

ミョウガ、どうぞどうぞ。株分けしますよ。
何時かいいか検索したら9月末頃とか、葉が枯れてからとか書いてありました。
その時が来たら、国立でお渡しし、お茶をご馳走します。憧れの国立のお店に一度も入ったことがありませんから。

投稿: tona | 2016年7月28日 (木) 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63963889

この記事へのトラックバック一覧です: ミシン:

« 小和田哲男著『国宝入門』と薬局経営のおばあさんの話 | トップページ | 胃カメラ検査 »