« 「暮しの手帖創始者 大橋鎭子さんのこと」:雑大にて | トップページ | 今年も浜木綿(ハマユウ)が咲く&ブータンについて »

2016年7月 4日 (月)

涼しい旧正丸峠

32度になった7/2(土)に西武秩父線の正丸駅(前回二子山登山のときに降りた芦ヶ久保駅は1つ先)で下車し、旧正丸峠(標高665m)に向かいました。正丸駅は標高300m位で360m位登る。14915歩。
今は鉄道と車道があるけれど、かつては江戸と秩父を結んだ交通の要衝だった峠だそうだ。
                                     駅を出ると自然がいっぱい

460x307
すぐ花がたくさん咲く坂元集落に入る

                     ホタルブクロ460x307_2
                      マツバギク460x307_3
                      キキョウ460x384
                      アナベル460x307_4
                        トリトマ460x307_5
               峠道に入るとユキノシタの群落が続く460x307_6
              川の流れの音も涼しさを倍にしてくれる460x307_7
           苔むした石仏が往時を物語っているような感じです307x460
                      巨大な根460x307_8
カエルの卵?があちこちに山道の脇にたくさん産み付けられている。少し下方には川が流れていた。モリアオガエルの卵らしいと教えていただきました。matsubaraさま有難うございました。460x307_9
このあたりはこのキノコばかり。傘の表も裏のような感じです。オオホウライタケとshikamasonjinさまに教えていただきました。ありがとうございました。460x307_10
旧正丸峠に到着 木ばかりで遠くの景色は見えないけれど、涼しいこと!寒いくらいでした。丁度風の通り道になっている。460x307_11
307x460_2
お弁当を食べていたらそばにマルミノヤマゴボウ(ヤマゴボウ科)がもう実になっていた。ヨウシュヤマゴボウに似ているが、これは垂れ下がっていない。307x460_3
460x307_12
          直径1㎝くらい黄色い小さな花が一輪だけ咲いていた460x307_13

この日11人がしゃべりながら歩いていましたが、大勢の声がこだましていれば熊は出てこないとか。鈴を鳴らすのは熊が人間の独り歩きを察知して襲ってくるという。
そんなでしゃべりながらの話題の中に、
ある人の知人のおばあさん、105歳で昨年アメリカ西部旅行に参加し、今年106歳でハワイへのクルージングに出かけたという。凄すぎ。
もう一人は旅行で同行した時に60歳くらいの女性がいて、もう世界は全部行ってしまって、南極も北極も行き、次は宇宙への旅行を申し込んでいるとか。その元気なことと財力と情熱にびっくりです。

|

« 「暮しの手帖創始者 大橋鎭子さんのこと」:雑大にて | トップページ | 今年も浜木綿(ハマユウ)が咲く&ブータンについて »

コメント

こんにちは
 
駅が標高駅300m位で、さらに360m位登られて、標高約660mの峠は、
下界とは全然違う気温だったのですね。緑で覆われていることでも
かなり違ってくるといいますし。
かって、江戸から歩いて峠を越えて行った方たちも、夏には峠で
涼みながら一息ついたのかしら。それとも昼なお薄暗いような
森の中の峠はちょっと怖いところでそそくさと通り過ぎたのかしら…
そんなことをつらつらと想像しながら拝見しました。
クマなど野生動物の脅威は昔もあったでしょうね。
それにしても今年は里の方まで下りてくるクマの数が多いですね!
雑食性のクマが人間を獲物と思うになったら危険度が増しますね。
今回行かれた辺りも遭遇の可能性があるようでドキリとしました。

投稿: ポージィ | 2016年7月 4日 (月) 10:36

★ポージィさま

秩父方面は夏は山と言えどもとても暑いのだそうです。なるほど下に降りるにつれて1昨日、とても暑かったです。
眼前に美しい景色が広がる峠ではありませんが、風が通ること、こんな経験は初めてでした。上に1枚はおっても寒いくらい。
フィトンチッドもたくさん漂っているらしく、このくらいの丘歩きをすると元気になります。
昔の人がここで休んだ姿を私も想像しました。江戸から電車がないわけで歩いていたのですから、街道歩きの時も感じましたが、それしかないということは人間を強くしますね。
少し前ならこんな峠道には熊は出現しなかったと思うのですが、今年はどこも危険です。
おもいっきり喋りまくりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年7月 4日 (月) 11:12

tona様
写真のきのこはオオホウライタケとお見受けしました。柄は硬くて駄目ですが、傘は味噌汁等にして食べている人がいます。但し、野生のきのこを食べることはお薦めできません。
11人の山ガール&山ボーイがいれば、まずクマは出てこないと思いますが、尾瀬の木道歩きで遭遇事故があり、油断できませんね。

投稿: shikamasonjin | 2016年7月 4日 (月) 11:26

tonaさま
涼しさでいっぱいのお写真を拝見して、自分も出かけたような気分になりました。ありがとうございました。

投稿: evergrn | 2016年7月 4日 (月) 11:44

★shikamasonjinさま

オオホウライタケを教えていただきありがとうございました。
早速名前を書かせていただき、私のキノコ写真に入れたいと思います。
一応食べられるのですか。
本当にキノコは難しくて何もわかりません。いつも教えていただいていますが、次に山で見ても思い出せないのが悲しいです。じっと見ていると美しいです。
尾瀬で熊の事故があったのですか。怖いですね。
私たち、山ボーイが一人もいませんので余計賑やかです。

投稿: tona | 2016年7月 4日 (月) 12:44

★evergrnさま

下は暑いのに、途中からとても涼しくなり、もう天国にいるような気分でした。
こちらこそいつも見ていただきありがとうございます。

投稿: tona | 2016年7月 4日 (月) 12:46

多分あの卵は、モリアオガエルのものではないかと
思われます。私も60年前に見ただけですので
自信がありません。中学の時、誰かが田舎にいき
拾ってきて、理科の先生に渡したらしく、
展示してありました。
その時はじめてそういうカエルがいることを
知りました。

マツバギクも、ホタルブクロも、トリトマも
枯らしてしまいました。

投稿: matsubara | 2016年7月 4日 (月) 13:12

★matsubaraさま

良く覚えていらっしゃいましたね。
教えていただき有難うございます。
そういえば以前、どこかで木にたくさん白い泡の塊がぶら下っているのを見かけました。
今回は地面にいっぱい数えきれないほどありました。
たぬきなどが食べてしまうなどと書かれていました。1つの中に200も300も生んで生き延びるのはほんの少しなのでしょうね。

本当にmatsubara家にはいろいろなお花あって、中には枯れてしまうのがあるのは仕方ないですね。土壌に合う、合わないがあるみたいです。

投稿: tona | 2016年7月 4日 (月) 13:36

こんにちは。西武線に正丸という駅があるのは知っていますが、そのあたりを歩いたことはありません。涼しそうな山道ですね。モリアオガエルの卵でしたか。一度、見てみたいものです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年7月 5日 (火) 08:26

★多摩NTの住人さま

私はこのところ東吾野、芦ヶ久保、そして正丸と続けて3回この当たりの小さな山を歩きました。夏は凄く蒸して秩父当たりの山は歩けないそうですが、この日は暑くなったのに、山道や峠は涼しくラッキーでした。
モリアオガエルらしき卵の数はあちこち数えきれないほどありました。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2016年7月 5日 (火) 08:44

正丸峠、懐かしい響きです。
独身時代に何回か行った山上りの一つが正丸峠でしたが
tonaさんの写真で、正丸峠と旧正丸峠があるのですね。
その時の事は全く覚えて無いのですが、正丸峠に行ったのだけは覚えてます。

山に行くnao♪さんやだんだんさんも秩父の山は夏は暑くて行けない・・・
と言ってましたが、tonaさんが行った日は涼しかったようですね。

もう桔梗の花が咲いてたのですか。
桔梗と言うと秋の花だとばかり思ってました。

tonaさんは山野草の名前をよくご存じですね。

投稿: ラッシーママ | 2016年7月 6日 (水) 14:17

★ラッシーママさま

お帰りなさい。何かとお忙しいでしょうに、コメント有難うございます。
正丸峠はここ旧正丸峠からさらに登ったところです。この日は行きませんでした。
ラッシーママさんはもうすでに何回かいらしているのですね。私は何回も聞いたことがありながら初めてでした。
やっぱり秩父は暑いのですね。この日は最後の涼しい日だったのではないでしょうか(昨日今日と涼しいですが)。

私も桔梗は秋の七草ですから、7月にもう咲いているなんてと思いました。
山野草の名前と育て方はママさん方が詳しいでしょう。私はすぐ忘れてしまうのに困っています。

投稿: tona | 2016年7月 6日 (水) 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/63867274

この記事へのトラックバック一覧です: 涼しい旧正丸峠:

« 「暮しの手帖創始者 大橋鎭子さんのこと」:雑大にて | トップページ | 今年も浜木綿(ハマユウ)が咲く&ブータンについて »