« 和田博著『海の上の世界地図』 | トップページ | 『メアリー・カサット展』横浜美術館 »

2016年8月 8日 (月)

衣類の「取扱い表示」が変わります

平成28年12月1日から衣類の「取扱い表示」が変わります。これは国際規格の表示記号と同じになります。
数年前に娘が買ってきてくれたスペイン製の衣類に付いていたのと同じです。これで国内外で表示が統一されることになりました。
 
               従来と新しい表示のイメージ
600x199
                     5つの基本の記号380x192
                <家庭での洗い方>460x459
                   <漂白>4_460x321
                 <乾燥のやり方>600x343
                <アイロン仕上げ>460x336
              <クリーニング店での洗い方>460x439
12月以降に買われたら、確認して洗濯の仕方を間違えないようにしたいものです。

   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

娘たちが由井の広重美術館に行っての土産
ついでに東海道五十三次の17の由井の薩埵嶺に行ったら晴れていたのに富士山が見えなかった由。
1683_600x391_2
安倍川もちの包装紙は東海道五十三次の20の府中・安倍川の絵が描いてあったが手前に大きく描いてある人足はいない。広重の絵をお借りしました。
460x300
「桜えびご飯の素」で作ったご飯の美味しいこと。本場で食べたかったので大満足。
1683_300x200
「じゃがマッシュ」のジャガイモはホクホクで大感激。
由井の広重美術館にも行きたいけれども、これらの食べ物も手に入れたく出かけたくなるほど美味。

|

« 和田博著『海の上の世界地図』 | トップページ | 『メアリー・カサット展』横浜美術館 »

コメント

こんばんは
 
衣類の取り扱い表示、やっぱり変わるのですね。12月からでしたか。
もうだいぶ前になりますが、変わる例が新聞(?)に出ていたように
思います。あまりにこれまでの表示に慣れすぎていて、
『新しいのなんて覚えられないよ~~』と思った覚えがあります。
tonaさんが見せて下さった↑このパンフレットでは、覚え方の
ポイントが書かれていて、これなら何とかなるかなと思えました。
世界共通の表示になるのですから、頑張って覚えなくちゃですね。
 
お嬢さんたちのお土産のなかの「しらすご飯の素」、先だって
愛知県豊川市に行ったとき、新東名の静岡SAで買って、兄夫婦へ
あげてきました。そのとき桜えびご飯の素もあって、自分たち用に
買おうかと迷って買わずじまい。美味しかったのですね。
次に機会があったら買いましょ。

投稿: ポージィ | 2016年8月 8日 (月) 21:49

★ポージィさま

世界共通にやっと日本も仲間入りですね。
基本の5つを知れば、あとはなんとかなりそうですね。
縦線、横線、斜め線や点も凡そでいいから頭に入ればOKです。
この頃洋服を買わなくなって久しいですが、下着だけは。でも下着なんかクリーニングに出しませんし。
結構書かれているのに今までいい加減に洗ったり干したりしていました。布地を痛めていたかもしれません。

今日、しらすごはんご飯を炊きます。さすが原産地のものは桜えび美味しかったです。
お兄さんご一家も美味しくいただいたのではないでしょうか。静岡県は我が家に車がないのでSA(富士山の裾野歩きの時足柄SAしか入っていない)に入ったことがなく、鉄道も沼津と浜松位しか降りたことがないので、桜えびは憧れです。骨粗鬆にも最高によさそうですし。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月 9日 (火) 08:43

洗濯表示が統一される前に、こんなにいろいろ
あるとは知りませんでした。
漂白や乾燥や干し方まであるのですか。
ろくろく見ていなかったということですね。
これからは見ます。

いつもおみやげが娘さんからたくさん届いてよろしいですね。
我が家は子供より友人が多いです。

盆正月だけですから直接は年二度ですが、
母の日や老人の日や父の日にも届きますから
文句は言えないです。

投稿: matsubara | 2016年8月 9日 (火) 09:27

★matsubaraさま

衣類の表示っていい加減に見ていました。
洗濯表示より繊維などの組成の方を見ていました。世界共通というところが、日本は遅かったという印象です。

matsubaraさまは3人のお子様からですから嬉しいですね。
若い世代は自分が考えもつかない良い品々を選んでくれて、つくづく自分に見る目がないと感じます。
年に3,4回コストコで面白い商品を大量に買ってくれるので勉強にもなります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月 9日 (火) 09:39

去年、東海道ぶらり一人旅で、由比宿をぶらぶらして広重美術館も見ました。
もう一年、まだ一年です。

投稿: 佐平次 | 2016年8月 9日 (火) 10:35

私、今迄に洗濯する時に衣類の表示を気にした事無いのです。
普段に着てる物は洗濯機で洗えるような物しか買いませんし
アイロンを掛けなくてならない物は敬遠してます。
セーターなどは着ると洗濯が面倒なので殆ど着ません。
クリーニングに出すような洋服は何着も持ってませんし
要はお洒落とは程遠いという事でしょうか。
国際規格の表示記号などと言うのがあったのさへも知りませんでした。

以前、ツアーで由比に寄って食事が出ましたが
桜エビのご飯に桜エビのかき揚げ天婦羅と桜エビ一色でした。
その場で作ってすぐに食べれば美味しいですが
お土産に買って来て家で作って食べても、その場で食べた味は出ないので最近では試食だけですが
娘さんからのお土産の「桜えびご飯の素」は美味しかったようで良かったです。

投稿: ラッシーママ | 2016年8月 9日 (火) 15:23

★佐平次さま ありがとうございます。

そうそう、佐平次さんは由井を歩いていらっしゃいました。
もう1年経ってしまいましたか。
百聞は意見に如かず、行ってみないことには話になりませんね。

投稿: tona | 2016年8月 9日 (火) 15:39

★ラッシーママさま ありがとうございます。

私はお勤めをやめて12年、殆ど娘が贈ってくれる洋服しか増えません。
外国のにちゃんと書いてあったので、こんなふうに日本もなるのだと思ったことでした。
もう勤めないと洗濯は洗濯機でまわすだけでのが多くなりましたね。
毛糸と絹は手洗いで干し方も気を付けています。
ママさん、毛糸を着ないなんて、寒がりじゃないのね。私はだめ。もこもこです。

桜えびご飯ですが、現地で食べたことないです。行ったこともないから。でもお土産のでさえ、美味しかったから、現地で一度食べたいものです。そういう目標が出来ると元気になれます。

投稿: tona | 2016年8月 9日 (火) 15:47

衣類の取り扱い表示が万国共通になることはいいことだと思います。
でも,今まで国内の表示を見慣れていただけに、しばらくパンフレットがないと
なかなか覚えられそうにありません。 
 
 なんでも本場のものは美味しいみたいですね。
長年のノウハウがあるのでしょう。
「さくらえびご飯の素」で作ったご飯、美味しさが伝わってきます。

投稿: 夢閑人 | 2016年8月10日 (水) 17:20

★夢閑人さま

国内のに慣れてしまって戸惑いしますが基本5つを覚えれば後は何となく勘でいきます。
しかしこの頃高級なのを買わないのであまり必要ないような感じです。

今日は「しらすご飯」を食べましたが、これもなかなかに美味しく、お店のより美味しく感じたくらいです。随分お土産の品物も品質がよくなったものですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月10日 (水) 19:45

衣類の「取扱い表示」変更の詳しい情報をありがとうございます。
世界共通になるのですね。
オーストラリアで購入した衣類が何点かあり気になっていました。
最近は殆ど洗濯機で洗える衣類が中心で、絹物やウールも手洗い可が多くなりました。

由井の薩埵峠には今年の冬に行き、桜エビのお料理食べてきました。
かき揚げが絶品でしたね。
撮影目的だったので「広重美術館」に寄らなかったのが心残りです。
電車の駅からもそう遠くないのでいつかまた行きたいと思っています。

投稿: nao♪ | 2016年8月11日 (木) 08:56

★nao♪さま ありがとうございます。

オーストラリアのもその時すでにこれと同じ世界共通表示でしょうか。
今まで全く知らないでいました。
そうですね。この頃家での手洗いが出来るものが多く、クリーニングには殆ど出さなくなりました。
これを守れば衣類が長持ちするわけですね。

そういえば由井にいらっしゃったのですね。
やはりかの地で食べるとさらに美味しいでしょう。
「広重美術館」は私も行きたいと思っています。

投稿: tona | 2016年8月11日 (木) 10:30

夫や息子のスーツはクリーニングに出しますが
自分の物は、コート以外、殆ど洗ってしまいます。
お洒落着であっても、今は自分で洗えるのが増えましたね。
シルクやレーヨンでも、大抵は洗えます。
以前はこうしたものは、再起不能な位しわくちゃになってしまいましたが
今は大丈夫なものが多いようですよ。
洗濯表記とどう兼ね合いをつけるかが、私には難しいところです。

投稿: zooey | 2016年8月11日 (木) 13:33

★zooeyさま

お帰りなさい。まだロンドンにいらっしゃるものと思い込んでいました。

いつも素敵なお召し物を着られていますが、手で洗えるのですね。
この頃繊維が複雑になりましたが、質が良くなってかえっていたまないわけですね。
洗濯表記をうまく使って美しい洋服が維持できるといいです。
日本が今頃国際表示になるというのが驚きました。

投稿: tona | 2016年8月11日 (木) 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64031054

この記事へのトラックバック一覧です: 衣類の「取扱い表示」が変わります:

« 和田博著『海の上の世界地図』 | トップページ | 『メアリー・カサット展』横浜美術館 »