« 『メアリー・カサット展』横浜美術館 | トップページ | 『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・L・スコット著 »

2016年8月15日 (月)

サギソウとヒマワリ

今日は曇っていたので、午後2時ごろ家を出て、昭和記念公園でサギソウを見て涼を感じ、夏そのものの花、ヒマワリを見て4時過ぎに帰ってきました。

サギソウの花言葉は「夢でもあなたを想う」ラン科サギソウ属、別名サギラン

日当たりが良く、ミズゴケの中で細い葉を伸ばし、先端近くに1~3輪の花を付けていた。何て涼しそうで美しい真っ白なサギそっくりなことでしょう。育ててくださったボランティアの人に感謝です。

460x427
                            葯室には黄色い卵形の花粉塊が入る460x307
460x357
4_460x307
460x307_2

ヒマワリの花言葉は「私はあなただけを見つめる」キク科の一年草。ロシアの国花。
460x307_3
460x307_4
3_460x307 460x307_5

460x307_6
6_460x307
7_460x307
                           パンパスグラス(イネ科、別名シロガネヨシ)460x307_7
             3時過ぎていたけれどたくさんあるプールには子供の姿が見られた460x307_8
                           池もいつもよりボートを漕ぐ人が見られた460x307_9
                     サルスベリ満開460x307_10
              オイランソウ(フロックス・パニキュラータ)460x307_11

|

« 『メアリー・カサット展』横浜美術館 | トップページ | 『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・L・スコット著 »

コメント

ヒマワリがロシアの国花だったとは知りませんでした。有難うございます。

投稿: evergrn | 2016年8月15日 (月) 21:37

★evergrnさま

こんばんは。コメントありがとうございます。
ウクライナ(当時ソ連)で撮影された、ソフィア・ローレンの『ひまわり』を思い出します。
ゴッホの見たひまわりを南仏プロバンスで見ましたが、ロシアの方が印象的でした。

投稿: tona | 2016年8月15日 (月) 21:46

こんにちは。昭和記念公園のサギソウは、私はプール帰りに良く行っていました。鉢植えがあったり、沼に咲いていたり、本当に綺麗ですよね。今年はプールに行けそうになく残念です。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年8月16日 (火) 08:10

★多摩NTの住人さま

マラソンもされるけれども、プールでも泳がれるのですね。プールや海は50年以上も入っていないことに気づきました。
サギソウは沼にも咲いているのですか。
今年は鉢植えはありませんでした。
しばしうっとりの花でした。
コメントありがとうござました。

投稿: tona | 2016年8月16日 (火) 08:25

サギソウは世田谷区の花でしたっけ、そのくせにあまり見たことがないのです。
立川まで、、行く元気がないなあ。

投稿: 佐平次 | 2016年8月16日 (火) 10:16

サギソウを、こんなにアップで見たことないかもです。
本当に鷺そっくりですね!
ありがとうございます。
ヒマワリがロシアの国花だというのに、私も驚きました。
映画「ひまわり」の印象は強いのですけど
もっと南国の花というイメージがしていました。

投稿: zooey | 2016年8月16日 (火) 11:31

暑さにめげずまたまたお出かけですね。
サギソウは、何回も枯らしますのでもう
諦めています。亡父はうまく管理していたの
ですが・・・もう40年も前のことです。

ヒマワリはあの映画を思い出しますね。
こういう場所は花からエネルギーを頂けますね。

パンパスは、zooeyさんのお母上から頂いたのに
夫が大きくなり過ぎだと剪定してしまい、来年を待ちます。
無知な人は困ります。

オイランソウも枯らしてしまいました。

投稿: matsubara | 2016年8月16日 (火) 11:32

たびたび失礼します。昭和記念公園のサギソウは、以前は、ボランティアの方々が育てられた鉢植えを、西立川口付近の水鳥の池手前にたくさん並べていました。そのほか、トンボの湿地では自然に生えている感じで育てられいます。入口からは少し遠いですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年8月16日 (火) 12:28

★佐平次さま ありがとうございます。

世田谷区の花ですね。
九品寺にはかつてたくさんあったそうですが、今はちょっとだけ咲いているそうですね。
私も世田谷まで行くのは結構遠いです。
育てるのが大変そうです。

投稿: tona | 2016年8月16日 (火) 13:08

★zooeyさま ありがとうございます。

よくも動物と植物そっくりなものが創造されたものと思います。
鳥の羽と花弁の切れ目がそっくり。色も形態も。
ひまわりと言えばゴッホ。南仏の太陽の下でのひまわりは素晴らしかったです。
でもなぜかソフィア・ローレンとひまわりなのですね。
ひまわりの生産はロシアとウクライナとフランスで世界の5割だそうです。

投稿: tona | 2016年8月16日 (火) 13:18

★matsubaraさま ありがとうございます。

まあ、家でサギソウを栽培されていたとは驚きました。お父様のお世話はそれはそれは念がいっていたのでしょう。

暑い夏にひまわりは見ているだけで、確かにエネルギーがいただけます。木と違って花が太い茎の上に輝いているのですから。
パンパスグラスもお庭に!zoooey家からやってきたのですか。昨年の神代植物園はパンパスグラスがダメでしたが今年はどうでしょう。
オイランソウの白は近所にないのです。お宅にもあったのですね。残念でしたね。

投稿: tona | 2016年8月16日 (火) 13:26

★多摩NTの住人さま

再度の来訪で、いろいろ教えていただきありがとうございます。
もう10回以上は行っていると思われる昭和記念公園ですが、トンボの湿地の存在を知りませんでした。調べたらみんなの原っぱの西北にあるとありました。
トンボは日本庭園で見ていましたが、その湿地で育ったのも飛んできていたのでしょうね。

投稿: tona | 2016年8月16日 (火) 13:34

サギソウ、見るからに涼しく感じますし、本当に鷺そっくりでサギソウと言う名を付けたの自然です。
このサギソウですが、私も欲しくて4,5回買ってるのですが翌年出ないので
もう諦めました。
でもtonaさんが大きく写してくれたので、こんなに改めて見たの初めてです。

昭和記念公園に夏に行った事が無かったので知らなかったですが
こんなにヒマワリが咲いてるのですね。
春にポピーが植えられてた場所かしら。
私が子供だった頃はヒマワリはあちこちの家に植えられてましたが
今では普通のお宅で見るのは少なくなりました。
ヒマワリ=夏の代名詞みたいでした。

私も昭和記念公園のパスパスグラスを初めて見て、ススキのお化け化と思ってしまいましたが
今は我が家にもありますが、鉢植えで買ったのですが鉢植えでは咲かなくて
家の前の街路樹の根元に植えたら去年から咲きました。
やはり広い場所が無いと無理ですね。
でも道を通る人に葉っぱが伸びて触ると切れてはいけないので
周りを縛って伸びた葉っぱは切ってるので、あの伸び伸びとした姿とは全く違ってて
貧弱でかわいそうなくらいです。

投稿: ラッシーママ | 2016年8月16日 (火) 22:21

★ラッシーママさま ありがとうございます。

まあ!サギソウも育てたのですね。難しかったですか。
満開の様相でしたので、サギがたくさん飛んでいるように見えました。
サギといえばいつも池や田んぼにじっと佇んでいる印象で空を飛んでいるのは見たことがないです。
ヒマワリとパンパスグラスは春にネモフィラが咲いている場所です。バーベキュー広場に向かって右側ですね。
パンパスグラス、そんことになっているのですか。可哀そうですが、咲いているのを家から見られて植えた甲斐がありますね。1本で数坪いりますものね。

投稿: tona | 2016年8月17日 (水) 08:12

 広い園内に、四季それぞれに咲き乱れる花たち。
暑い夏はなかなか行きたくありません。
ヒマワリがいっぱい咲いてるのですね。見事です。
 チューリップ、ボタン、シャクヤク、ポピー
いづれも見ごたえがあります。行ったのは春の時期が多かったです。
 サギソウも愛らしいです。うちのサギソウも今年は沢山蕾が出てます。
あと、2・3日で咲くでしょう。
 プールはどこも子供たちの天国ですね。
手入れ、面倒を見てくださる方々に感謝ですね。

投稿: 夢閑人 | 2016年8月17日 (水) 15:55

★夢閑人さま

その通りです。暑い夏は近いのに昭和記念公園さえ行きたくありません。
今年は比較的涼しいのと、曇っていたので見たくなりました。
予想に違わず満開の状態で涼しさをもらいました。
ヒマワリはこの日あたりに丁度咲いたそうです。見ごたえありました。
夢閑人家のサギソウ、いつも咲かせてお上手なのですね。さすがです。
今年は北関東は水不足で利根川水系はダメですが、こちらの水源はそんなこともなくプールは大賑わいのようでたくさんの子供が丁度行ったときに帰りかけでした。
ほんと、維持してくださる方々、有り難いことです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月18日 (木) 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64064704

この記事へのトラックバック一覧です: サギソウとヒマワリ:

« 『メアリー・カサット展』横浜美術館 | トップページ | 『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・L・スコット著 »