« すみだ水族館 | トップページ | 見沼通船掘 »

2016年8月29日 (月)

ヘブライ語(ユダヤ)と日本語の類似性

雑大で、元外交官、元衆議院議員の末松義規氏の『アメリカの行動原理を探る』という講義を聞きました。

世界を牽引するアメリカそのものの行動原理。それは
自由主義、民主主義を主要テーゼとして掲げ、世界最強の軍隊を持ち、これを外交道具として、伝統的ヒエラルキーを破壊していった。つまり言うことを聞かない国々や伝統社会、旧世界の破壊者としての役割を演じてきた。
「パックス・ロマーナ」ならぬ「パックス・アメリカーナ」の下、アメリカの正義を貫いてきたが反米主義が出現し、その対応やら様々なダブルスタンダードが見られる。
誰がアメリカを牛耳っているか?① 米国民の70%の富を1%の人が握る ② 巨大な軍産複合体構造 ③ イスラエルびいきにさせる大存在 とのこと。
アメリカの衰退する時期もなくはない。日本の対米外交もアメリカの属国化が進むかもしれないなど、アメリカの行動から考えていく必要がある。

イスラエルの話から、日ユ同祖の話に驚き、更に次のような紋や彫刻は本当か!とさらにびっくり。レジメから写真を撮りました。
●イスラエルの嘆きの壁やヘロデ門に日本天皇家の十六弁菊花紋がある。
460x307

●伊勢神宮の灯篭の上には十六弁菊花紋、下にはダビデの星(ユダヤ王の紋章・六芒星)が刻まれていて、日ユ同祖の証拠として良く取り上げられるそうだ。
P1020445_460x307

そして「ヘブライ語と日本語の類似」です。ポルトガル語が日本語になっている(金平糖、ビスケット、ボタン、カステラ、合羽など)は聞いてはいましたが、これは類似で、ニュアンスが違います。

カク=書く
トル=取る
スム=住む
バレル=明らかになる
ダベル=おしゃべり
コオル=凍る
カサ=傘
クモツ=捧げ物
ミツ=蜜
ナク=泣く
シャムショ=社務所

ハッケ ヨイ ノコッタ=ハッケ(撃て)ヨイ(やっつけろ)ノコッタ(打ち破れ)
ジャンケンポン=ジャン(隠して)ケン(準備)ポン(来い)
アリ・ガト(幸運です)=アリガトウ
ヤッホー!(神様)=ヤッホー
ヨイショ(神が助けてくださる=ヨイショ
ワッショイ!(神が来た)=ワッショイ
ヤーレンソーラン=神が答えてくださった。見てください。 等々。

|

« すみだ水族館 | トップページ | 見沼通船掘 »

コメント

tonaさま
小生はこういう話にとても興味があります。

投稿: evergrn | 2016年8月29日 (月) 14:18

こんにちは
 
雑大の講義は毎回思いがけない内容で驚かされます。
思ってもみなかったこと、というのもありますが、今回は素直に
そのままポンとは受け入れ難く感じるお話でした。
やだ、うんと昔、実は世界は現代私たちが感じているよりもずっと
狭かったのかもしれませんね。人口も現代よりはるかに少なかったでしょうし
遠い場所との文化交流も、現代よりもむしろ影響を受け合ったり
取り入れられたりされやすかったのかもしれない… ふとそのように
思いました。
 

投稿: ポージィ | 2016年8月29日 (月) 14:18

★evergrnさま

信じられませんが、長い歴史に中に何かがあったような。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月29日 (月) 17:06

★ポージィさま

この2枚の写真には驚かされました。
伊勢神宮には行ったことがありますのに、灯篭まで見ていませんし、一体どこに灯篭があるのかさえもわかりません。
イスラエルは行ったことがありません。テレビでよく嘆きの壁などを見ますが、菊の紋章が彫られているなんて今まで映し出されたことがありませんね。
天皇家の紋章は何時決まったのでしょう?そんなに大昔ではないような気がしたりしています。長くてもこの2000年の間に日本史の中に出てこない感じです。
謎がいっぱいで不思議がいっぱいの講義でした。ポージィさんのおっしゃる通りだと思いました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月29日 (月) 17:16

伊勢神宮にユダヤの痕跡があるということは
どこかの後援会で聞きました。
本当だったのですね。

ヘブライ語は、放送大学でも教科でありますが
難しそうでやめました。発音が特に・・・
日本語との関連は知りませんでした。
ワッショイだけは、韓国語の来たという意味で
あることを習いました。いろいろな説がありますね。

投稿: matsubara | 2016年8月29日 (月) 20:14

★matsubaraさま

伊勢神宮の灯篭のことご存知だったのですね。
びっくりしました。

日本語の掛け声がヘブライ語の神様に関係ある言葉なのですね。
ワッショイは韓国語にもあるのですか。
いろいろ面白いですね。
しかしどうしてかがわかりません。
ヘブライ語はイスラエル建国のころは途絶えたそうですが、今また復活させたそうですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月29日 (月) 21:15

こんにちは。大変興味深く拝読しました。ヘブライ語との類似は面白いですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年8月30日 (火) 08:17

★多摩NTの住人さま

ありがとうございます。
ヘブライ語をしゃべっているのなんて聞いたことがありません。聖書の時代から途中途絶えたと言っても使われている言語。日本語と同じのが見られるのが面白いです。
掛け声も神様に関係していて興味深いですね。

投稿: tona | 2016年8月30日 (火) 08:29

ヘブライ語との類似、おもしろいですね。
専門家はなんというのかなあ。

投稿: 佐平次 | 2016年8月30日 (火) 10:05

神道にはユダヤ教と類似した点が多く見られるとのお話は以前何かで見聞きした覚えがありますが・・・
この様にたくさんの言葉も類似しているとは驚きです。

飛鳥時代の遺跡はペルシャのゾロアスター教の影響を受けていると、昔読んだ松本清張の本に書いてありました。
遠い中近東ですが、古代から案外交流があったのでしょうか?
ユダヤ人は国が滅んで、全世界に散りましたから、案外日本にも来ていたかもです。

迷走台風は大騒ぎした割には肩透かしを食った感じですが・・・
東北地方上陸はこれからとTVでの情報です。
被害がない事を願っています。

投稿: nao♪ | 2016年8月30日 (火) 13:55

★佐平次さま ありがとうございます。

専門家の意見が聞けませんね。
どこかでわかったらいいですが、何しろ聞いたばかりで面白いと思っただけなのです。

投稿: tona | 2016年8月30日 (火) 16:23

★nao♪さま ありがとうございます。

神様に関係した言葉が、掛け合いの言葉に多くあってこの点も面白いですね。
私も松本清張の本でゾロアスター教のことを知りました。ときの天皇、斉明天皇が影響を受けていたのですよね。
ユダヤ国が散ってヨーロッパ各地のゲットーに住まわされたとき、おっしゃるように日本まで流れてきた人がいるでしょうか。
お上がキリスト教にうるさくなる以前かその後か、一体どこに隠れて住んでいたのかなどいろいろ想像してみたりしたくなります。

nao♪さんは今回の台風にも備えたのでしょう。被害がなくて良かったですが、これから上陸すると思われる東北、その後の北海道、大潮の時でどうなるか心配ですね。被害が出ませんように。

投稿: tona | 2016年8月30日 (火) 16:33

嘆きの壁の紋を菊花紋と見るのは良いとしても,皇室の菊花紋(十六八重表菊)の正式な制定は明治2年の太政官布告によります。慣例としては鎌倉時代まで遡れるようです。
また,ダビデの星のある伊勢神宮の灯籠は昭和30年に民間団体が建立したもののようです。
それで日ユ同祖論の論拠になるのかなあ。

投稿: gaki | 2016年8月30日 (火) 16:51

★gakiさま

菊の紋章は鎌倉時代までさかのぼることが出来るのですか。
でも嘆きの壁やヘロデ門に誰がいつ彫ったのかが、いたずらか?いろいろ符丁しませんね。
伊勢神宮の灯篭は長い歴史から見れば最近ということになりますね。
「なんだ」という感じです。
なぜ刻んだのか?がわかりませんが、日ユ同祖論は成り立ちませんね。
教えていただきありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月30日 (火) 17:19

tonaさん 今晩は

日ユ同祖論、面白く拝見しました。

ヘブライ語と日本語の類似は韓国語と日本語の類似に通じるものがあり、
元はヘブライ語からきたのかしら?とにわか推理をしたり・・・
都市伝説にある、千円札の裏の湖に映った逆さ富士がシナイ山であるというのも、
日ユ同祖に関連しているのかもしれませんね。

青森にあった戸来村(現在は地名が変わっています)は、
ヘブライに通じるとも言われていますね。

世界は不思議に満ちていますね。

投稿: グレン | 2016年8月30日 (火) 21:26

★グレンさま

こんばんは。
韓国語と日本語の類似、飛鳥時代?から日本にいろいろな事を教えてくれ、帰化した人も多く、私たちはその血を引いているのですよね。ですからもっと似ていてもよさそうに思ったりします。
でもヨーロッパもフランスとドイツとオランダ、隣り合ったり近くなのに全然言語が違っているくらいですから。
逆さ富士がシナイ山の都市伝説知りませんでした。あとでシナイ山を映像で見てみます。
そして青森のこと知りませんでしたが、何でも青森の民謡の言葉の意味が日本人にはわからないそうですが実はヘブライ語だそうです。と講師がおっしゃっていました。
面白いお話をありがとうございました。

投稿: tona | 2016年8月30日 (火) 21:48

ヘブライ語と日本語の類似、びっくりで面白いです~!
そう言えば昔、イザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」がベストセラーになりましたね。
中学生の時分に読んで、殆ど忘れてしまいましたが
後日、著者が山本七平だと知った時は驚きました。

投稿: zooey | 2016年9月 2日 (金) 11:03

★zooeyさま ありがとうございます。

本当に類似が面白いですね。
私もこの本を2回くらい読みましたが内容を思い出せません。
日本人の山本七平が書いたのを知った時の驚きもzooeyさまと全く同じです。
その後ユダヤ人はなぜあんなに嫌われるかなどの本をいろいろ探して読みましたが、あの頑固なまでのユダヤ教にあるという結論が一番ぴったり来ましたっけ。

投稿: tona | 2016年9月 2日 (金) 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64126756

この記事へのトラックバック一覧です: ヘブライ語(ユダヤ)と日本語の類似性:

« すみだ水族館 | トップページ | 見沼通船掘 »