« 鎌倉10 佐助~葛原岡へ | トップページ | 「カリエール」展 と 本『森を食べる植物』 »

2016年9月22日 (木)

鷲峰山~覚園寺ハイキングコースと鎌倉湖

650x603_2
鎌倉湖(散在ヶ池)から天園コース途中の鷲峰山~覚園寺から行くのが最も早いが、この日の行程は鎌倉湖に行かない日程だったので、まず大船駅からバスで「半僧坊下」まで行き、そこから天園コーへ入って覚園寺へ降り、皆と分かれて4人で半僧坊下に戻り、そこから鎌倉湖をまわって「今泉不動」のバス停に出て大船駅に戻りました。約15000歩。
鎌倉湖は昭和52年に行ったことがあるが、鎌倉湖が散在ヶ池森林公園として整備されたのは昭和57年だそうだ。全然昔の面影がなかった。

● 鷲峰山~覚園寺コース

バス停を降りて歩くと、コスモスの咲く草地があって天園ハイキングコースの標識がある。

460x307
460x307_2
460x307_12
                                       鷲峰山の三角点か?460x307_3
                                              やぐらがある460x307_4
そしてたくさんのきれいなきのこをとアカボシマダラを見るうちに覚園寺に降りてしまった。クリックすると大きくなります。きのこの名前をshikamasonjinさまに教えていただきました。

550x411 550x367_2
     テングタケ             ハナオチバタケ褐色型

550x367_3 550x367_4
    ツチカブリ?              ドクカラカサタケ?

550x367_5 550x367_6
    ベニタケ属               ニオイワチチダケ?

550x367_7 550x367_8
    クサハツ?                ベニタケ属

                    アカボシゴマダラ460x342
寺近くのよそのお宅のハナナス。彼岸花とツルボが咲くころハナナスもあってこの3種はいつも一緒に記憶に残る。460x307_5
            懐かしい覚園寺、今はハスの実が出来ていた。460x307_6
460x307_7
    家にもあるのにホトトギスの蕾を見るのは初めて。いつもうっかりばかり。460x307_8

●散在ヶ池森林公園(鎌倉湖)へ
この道祖神などのあるところが覚園寺コースの登り口、登りなおして鎌倉湖へ向かう。460x307_9
                 ノブドウの実のなり始めか460x307_10
森林公園の南口から入る。鬱蒼とした森林で鎌倉湖は行けども行けども見えないで、深い谷底だけが見えている。460x307_11
ミヤマクワガタ 途中でレンジャー訓練の人たちの会って、ミヤマクワガタを教えていただいた。370x280
                     池が見えてきた370x247
鎌倉湖の北口に到着。湖というより池なので、散在ヶ池の名前がぴったりだ。
江戸・明治時代、大船・岩瀬の一帯は大水田が広がっていたが、雨の少ないときなど水争いが多く、小菅谷村と岩瀬村との話し合いの結果、称名寺の谷あたりに水をためたのが、鎌倉湖とも呼ばれる散在ヶ池だそうだ。 460x307_13
460x307_14
                            せせらぎの小径から公園を出てバス停に出た307x460
せせらぎの小径にはケイワタバコ(イワタバコより早く咲くらしい)が岩にびっしりであった460x307_15
                  バス停のセンニンソウ460x307_16

覚園寺から鎌倉宮、荏柄天神を歩いた人たちは晴天の中を歩き、人が多くてくたびれてしまったとのこと。私はハイキングコースを再び戻ったけれども森の中を歩けてラッキーでした。この日は9/17(土)でこのあたりでは唯一朝からずっと晴れた日でありました。

|

« 鎌倉10 佐助~葛原岡へ | トップページ | 「カリエール」展 と 本『森を食べる植物』 »

コメント

こんにちは。この道は知りませんでした。天園ハイキングコースは青春時代の思い出です。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年9月22日 (木) 11:39

tonaさん、お久し振りですね。
ウオーキングといっても、アップダウンが結構ありますよね。
かなりの距離を歩かれて、流石です!
天園ハイキングを何度かしましたが、ここはまるで知らない所です。
鎌倉湖(池)は計画が無いと行かないでしょうね。
前の記事を拝見して、飛び飛びで行った所はありました。
弁財天でお札と小銭を洗ったのを想い出します。
鎌倉を知るには、コースを全て踏破するのが大切ですよね。
お疲れ様でした。

投稿: だんだん | 2016年9月22日 (木) 14:34

こんばんは
 
間一日空けて、続けて鎌倉へ行かれたのですね!
鎌倉湖(散在ヶ池)はもちろんのこと、散在ヶ池森林公園というのも
知らずにいました。天園ハイキングコースの存在は知っていたのにはて?
鎌倉歩きをしようと雑誌を買ったのははるか昔、それもほんのちょっぴり
歩いただけで続きませんでしたから、完全に見落としていたのでしょうね。
もっとも、天園ハイキングコースも歩いたことなく来てしまいました。
植物や茸や虫たちなどいろいろ見られて池もありの、自然がいっぱいですね。
鬱蒼としているところでは蚊がいっぱいいそうとも思いましたが、
大丈夫でしたか?笑
散在ヶ池というのは、もとは溜め池だったということになるのかしら。
お写真で、鯉がたくさんいるのが見えます。
機会があったら歩いてみたいなぁと思えるところでした。
鬱蒼としていそうで、一人では気が進みませんけれど。

投稿: ポージィ | 2016年9月22日 (木) 17:40

★多摩NTの住人さま

青春の思い出の地、良い思い出がおありでしょうね。
私も建長寺から瑞泉寺のコースを2度ほど歩きました。散在ヶ池から入るコースや途中から覚園寺に下りるコースや亀ガ淵・獅子舞コースもあることを知りました。明月院の方から入るコースは道が長かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年9月22日 (木) 19:14

★だんだんさま 

お帰りなさい。
無事に所用が終わってホッとされたことでしょう。
天園コースは昔建長寺から瑞泉寺まで歩きましたが、ミニ登山という感じでした。当時は運動靴でしたからね。
富士山の裾野回りより面積は狭い鎌倉ですが、そして京都と違って規模が小さいし、近いですからこうして回ることが出来るのが楽しいです。
弁財天ではお札も洗ったのですか。私もたった5円しか洗わなかったので倍に増えるというほどのことはなかったかと思いました。
今は増える当てがないので洗いませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年9月22日 (木) 19:22

★ポージィさま

そうなんです。このあと19日に墓参した日にはダウンしました。
無理は出来ないことを今回はよ~くわかりました。多くて週に2回を目標にします。
散在ヶ池は南から入ると下りだけですよ。北から入ると南へは登ることになります。でも池を一周すると両方楽しめるわけです。
鯉がたくさん泳いでいます。
そう、溜池だったのですね。今は田んぼが見えません。
自然がいっぱい、植物や小鳥もいろいろいるようです。もちろん蚊もいましたので蚊よけを吹きつけました。
バス停から近いのがなによりです。是非。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年9月22日 (木) 19:35

鎌倉に池があるとは初耳です。
本当に奥が深いところですね。

健脚ぶりも羨ましいです。
昨日1.5kでくたくたになりました。

ハスはわが菩提寺でも大きな鉢で
栽培しておられます。

ホトトギスは我が家にもありますが
遅くてまだ蕾もありません。

投稿: matsubara | 2016年9月23日 (金) 09:56

★matsubaraさま ありがとうございます。

私は子供が小学生の頃、鎌倉湖のことを知り行きました。
今は整備され、登山のできる池で珍しいです。

大きな鉢でも栽培は大変なのでしょうね。それが10鉢くらいありましたっけ。
我が家のホトトギスはもう咲き終わってしまって今年は蕾を見損ないました。

投稿: tona | 2016年9月23日 (金) 10:10

本当にフットワークの軽いことに驚きます。
無理なさらないで下さいね。
ハスの花は、タイなどでは、とてもありがたい花のように扱われていたように思いますが
実はよく見ると気持ち悪いですね。
ピパピパという、背中に卵を産み付けるアマゾンのカエルを思い出してしまいました。

投稿: zooey | 2016年9月23日 (金) 10:55

マイテリトリーの鎌倉に、9月15日と9月17日に続けていらっしゃったようですね。
雨の降らない日で良かったです。
17日は久しぶりに晴れて、私もたくさんのお洗濯をしました。

銭新井弁天から源氏山コース、そして天園から覚園寺のコースは数えきれないほど歩いていますが(秋の紅葉時がベター)、鎌倉湖はまだ行っていません。
夫が眠るお墓近くにありますから、墓友の親友と毎回「今泉不動」や「六国見山」と合わせて歩こうと話していますが・・・
いつでも行けると思うとなかなか実行できないものですね。

今年は雨が多いのでどこでもキノコはたくさん見られるようです。
ただ素人は毒キノコが怖くて、採って食べる勇気は出ませんね。

投稿: nao♪ | 2016年9月23日 (金) 10:58

★zooeyさま

はい、ちょっと無理しました。19日に墓参が終わったらダウンしました。これが年取るっていうこと。元気な人もいるけれども、自分は普通以下と新たに認識しました。2日続けて出ないようにしようと思ったところです。

ピパピパを知らなかったのでネットで見ました。よく似ていますね。
こんな子育てをする蛙がいるのですか。驚きました。
教えていただきありがとうございました。

投稿: tona | 2016年9月23日 (金) 16:07

★nao♪さま

紅葉の頃がきれいだそうで、その頃はきっと混むのでしょうね。
この日暑かったのに、鎌倉宮方面はとても混んでいたのだそうです。
鎌倉湖の方にお墓があるのですか。そういえばバス停のそばにも墓地がありました。
以前鎌倉霊園を下に実ながら歩いたときはその大きさにビックリしました。
六国見山もここから近そうですね。
雨が多いので、おっしゃる通り、いつもの年よりキノコが多くていろいろな種類を見る事が出来ました。鎌倉の山にも結構ありますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年9月23日 (金) 16:14

こんにちは。
雨続きでそろそろスカッと晴れて欲しいと熱望しています。

一度花水木さんが山小屋さんから鎌倉ウォーキングに誘われ、
私もお供したことがあります。

そうそう、散在が池に行きました。
鎌倉にこんな池があるのかとびっくりしたものです。
六国山に行き、天国コースも歩きました。
tona さんの写真を見ると、ひなびた道を奥深く歩いていくようですね。
素人は道に迷いそうです。
鎌倉には、たくさん歩くコースがあり、奥深い
ですね。

投稿: ☆銀河☆ | 2016年9月23日 (金) 17:12

★☆銀河☆さま ありがとうございます。

こんばんは。
明日晴れると思いましたら関東だけ曇りや雨、あさってやっと晴れますね。その後暑くなるそうで、この夏もそれはそれで異常です。
六国見山や散在ヶ池、天園を歩かれたのですね。
天園コースは全部で4ヶ所に降りるコースがあるとか。私はあと一つ来年歩きます。
源氏山も結構登りますがアップダウンは天園コースほどではありませんね。
まわりが全部山に囲まれている鎌倉は特異な地であると感じました。

投稿: tona | 2016年9月23日 (金) 19:11


また、鎌倉散策に行かれたのでね。
いくらか涼しくなり、森の中を歩くのは気持ちよかったでしょう。

 鎌倉は三方山に囲まれた要衝の地。切りどうしを通らねば行かれません。
街の近くに山があるだけに、まだまだ自然が沢山残っています。
昔の手掘りのトンネルの件で、安全を考えるか、歴史的価値を重視するかで
住民と役所の対立が報道されていましたが、どうなったのでしょう?

 学友が、鎌倉霊園の近くに住んでいますが、街の近くにまだこんな
自然豊かな所があったのだと、驚きました。鎌倉はいいところですね。
 健脚万歳。私の朝の散歩も気持ちよく出来るようになりました。

 それでは、お元気で!

投稿: 夢閑人 | 2016年9月24日 (土) 16:08

★夢閑人さま

ひょんなことから鎌倉の寺社を全部回ろうなんて思いまして、やっと半分が過ぎたところです。
お陰様で色々な路地を歩き、周囲全部山に囲まれた特殊な地形も理解でき、何より少しずつではありますが歴史、歴史上の人物を知ることが出来ました。
江戸になるともっと広範囲になるでしょうか。
それもまた楽しいかと期待しています。
京都・奈良は広すぎて、有名なお寺さえ全部回っていません。いつかまた行けたらと思っています。
鎌倉霊園の上はハイキングコースですね。とても広くて驚きました。迷わないで自分の家のお墓に皆さん辿り着けるのかなあと思ったものでした。

涼しくなって、朝の散歩も気持ちよいでしょうね。
これでお別れだと思うと、胸が痛みますが、どうぞ、お元気で、ご趣味や旅行に励まれてくださいね。ご家族全員に幸あれとお祈りいたしております。
いつも温かいコメントをありがとうございました。

投稿: tona | 2016年9月24日 (土) 16:38

tonaさま
鎌倉の天園ハイキングコースは、横浜に住んでいたころ、会社の山仲間と歩いたことがあります。きのこの発生には寺院の裏山など最適な環境と思います。tonaさんが今回撮影したきのこ写真は、上からテングタケ(左)とハナオチバタケ褐色型(右)、ツチカブリ?(左)とドクカラカサタケ?(右)、ベニタケ属とニオイワチチタケ?、クサハツ?とベニタケ属のようです。現物を表と裏から眺め、匂いをかいだり、かじって味見したりすれば、もう少しすっきり同定できるはずですが・・、すべて?付きで申し訳ありません。

投稿: shikamasonjin | 2016年9月29日 (木) 23:01

★shikamasonjinさま

寺院の裏山はきのこの発生に最適だったのですね。
今回もテングタケやハナオチバタケが秀逸な色、形で感動しました。まだまだ他にたくさんあったのですが、微妙な色の違いなどだけで同じかなあと適当に流してしまったのが多かったです。
今回も教えていただきありがとうございました。
またブログ上にも書かせていただき、自分のきのこ写真集にも加えました。
匂いは低いので這いつくばってみないとわかりませんね。

投稿: tona | 2016年9月30日 (金) 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64239431

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲峰山~覚園寺ハイキングコースと鎌倉湖:

« 鎌倉10 佐助~葛原岡へ | トップページ | 「カリエール」展 と 本『森を食べる植物』 »