« 椎名誠の本から&「藤田嗣治」展 | トップページ | 仙元山でパラグライダー離陸を見る »

2016年10月16日 (日)

大山街道4 津田沼~海老名

10/12、田園都市線長津田駅から小田急小田原線海老名駅まで約15.6㎞ 歩数は合わせて31888歩(約17.3㎞)で今までの最高値。とはいえ、当時の旅人は一日に30㎞も40㎞も歩いていたのだから比較にもなりません。翌日足が痛くならなかったのが嬉しい。

[8]<長津田~さがみ野>10.6㎞

まず長津田駅から隣のすずかけ台駅までは線路から離れて南側を大山街道は続く。
街道歩き3回目で見た長津田上宿の常夜灯に続き、ここで二基のもう一つ、下宿の「常夜灯」が出てきた。307x460
ここを上ると「大石神社」だ。説明板によると長津田の鎮守であり、在原業平に由来するらしい。桜の木がたくさんあって「大石観桜」として長津田十景に入る。460x307
すぐ上りになってススキとセイタカアワダチソウの原が広がりその向こうに山らしきものが見えてきた。460x307_2
            左が大山(1252m)、中央には富士山が見えた。460x307_3
振り返ると旧街道の面影を残す細い道だ。空を見上げるとすっかり秋の雲に覆われている。307x460_2
すずかけ台の駅のそばには「東京工業大学キャンパス」があって、国道をくぐって学生が行く。丁度女子学生が3名も通って工業を学ぶなんて凄い!と感嘆してしまった。
ノーベル賞受賞の大隅良典栄誉教授のお祝いのプレートが掲げられていた。
街道の左側は横浜市緑区だが、右側は東京都町田市になる。307x460_3
すぐ右手には「こうま公園」に親仔馬(昭和46年竣工)の像が置かれているが何故かはわからない。460x307_4
                    歩道橋からの景色460x307_5
横浜水道道路を越すと左手は横浜市瀬谷区に入り、右側に「大ヶ谷庚申塔」。後ろ側に塚があって天明の大飢饉の時に、江戸から来た難民に犠牲者が出て、村人が供養したそうだ。ここは大ヶ谷宿があった所だ。460x307_6
                  すぐ左手に「日枝神社」460x307_7
そして右手に「圓成寺」。本堂の聖徳太子立像は、室町時代後期作で町田市の指定文化財。460x307_8
「五貫目道祖神」北は青山世田谷、西は伊勢原小田原、南は戸塚鎌倉の三方分離点だった。460x307_9
         境川を渡ると神奈川県大和市に入ってすぐ「観音寺」がある460x307_10
ここは下鶴間宿で、江戸から11里(42.9㎞)、海老名市の国分宿まで2里(7.8㎞)の位置にある。大山街道と八王子往還が交差する交通の要衝でもあった。 
宿に入ってすぐ右側に「大山阿不利神社御分霊社」があり、江戸方面からの旅人はここで草鞋を履き替え、身と財布を清めて、金運にあやかるよう祈願したという。460x307_11
         新田軍の鎌倉進撃地図も掲げられ、石碑が建っている307x460_4
少し行った左手に下鶴間ふるさと館がある。昔の高札場であって、太政官高札が3つ掲げられていた。460x307_12
ふるさと館には、大和市指定重要文化財の旧小倉家住宅の母屋と土蔵がある。母屋は安政3年(1856年)建築で、下鶴間宿に残された唯一の商家建築だ。460x307_13
                   店(雑貨商兼郵便局)460x307_14
道祖神(展示) 街道を歩くとよく見かけるが、その意味する所は、村の境などの道端にまつられて、災いを防ぐ神だとされる。今頃やっと道祖神の意味を知る。庚申塔は次回の山の記事で。460x307_15
         ふるさと館の斜め向かいには石段脇に「不動明王」がある307x460_5
            階段を上ると鶴林寺の不動尊(右)と天神様がある460x307_16
鶴林寺の「名誉の木」。大和市シンボルツリーの特別賞のイチョウの木。背が高く、刈り方が面白い。307x460_6
それから30分歩いて小田急江ノ島線の鶴間駅に到着し、この近所で昼食。
鶴間駅から相模鉄道・さがみ野駅まで泉の森公園があるが少し遠いので見ず、他に見るべきところもなくひたすら歩き続ける。右手は座間市で左手は海老名市に入る。

                     大山街道石碑307x460_7

[9]の1<さがみ野~海老名>

さがみ野駅過ぎると左手は綾瀬市、右手は海老名市になり、海老名駅まで相模鉄道に少し離れているが沿って歩いていく。

          中間点辺りに「渡辺崋山ゆかりの道」の案内板があった460x298
                   大山が近くなってきた460x307_17
                      道祖神2_460x307
                      目久尻川460x307_18
逆川碑 目久尻川からの用水掘で、海老名高知の潅漑や運搬などに使われた水路。低い方から高い方へ流したので逆川という。碑だけで水路が見当たらない。307x460_8
               海老名駅近くに相模国分寺跡がある460x307_19
460x307_20
ここは国分宿で江戸から14里(54.6㎞)、下鶴間宿へは2里(7.8㎞)、厚木宿(3.9㎞)。

この日も6時間の行程でした。

|

« 椎名誠の本から&「藤田嗣治」展 | トップページ | 仙元山でパラグライダー離陸を見る »

コメント

この中では、相模国分寺跡だけ行きました。
勿論お住まいに近い武蔵国分寺跡も参りました。
関東にはまだまだ面白そうなところがありますね。

すずかけ台にも東工大があるのですね。
大田区にいましたので近くの大岡山の
東工大の前を通ったことがあります。
それでなんとなく大隅博士には親近感があります。
恐れ多いですが・・・

投稿: matsubara | 2016年10月17日 (月) 08:12

★matsubaraさま

川崎市も横浜市も南の方のJR付近しか知らなくて、今回も横浜市の北の方が初めてで、大山が見える風景を、当たり前ですが昔から旅人が拝んだことがわかりました。
沿道には昔日の面影を残すものが少しあって、興味深かったです。
武蔵国分寺と相模国分寺、やっと国分寺跡は2つだけ。どちらも七重の塔跡があり、史跡の風景が似ています。
思いがけないところで大隅博士のお名前に接しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年10月17日 (月) 08:40

こんにちは
 
31888歩・6時間・17.3km うわぁ…長距離でしたね!!
いよいよ、境川、大和市、泉の森といった馴染み深い名前が登上して、
全く見たことのない場所ばかりながら親近感湧きあがりながら拝見しました。
大山の姿も望めるようになって、歩かれるtonaさんたち皆さんの
お気持ちもupされてきたのではないでしょうか。
今回は古い物もいくつも見られ、旧街道の面影も強く感じられますね。
常夜灯に想像の翼を広げて、昔の街道の夜の様子を勝手に思い描きました。
一晩中明かりを灯し続けたということは、火のお世話をする人が
いたのでしょうね。何を燃やしたのかな?と思いましたら、
ろうそくや菜種油と書かれていました(Wikipedia)。

投稿: ポージィ | 2016年10月17日 (月) 09:56

★ぽージィさま

こんにちは。
後期高齢者になってしまいましたが、秋、気温が低くなってきてどうやら歩けました。
大山は下から登るので、頂上にはあと3回目くらいで到着かなあなんて期待を抱いています。
境川って町田のあたりは知りませんが、小田急に沿っていて相模湾にそそいでいましたね。
常夜灯のことを調べていただきありがとうございます。ろうそくや菜種油が燃やされていたのですね。この灯を頼りに歩いた人も想像してしまいます。
大山街道は町田街道や鎌倉古道や八王子街道などと交差してそこがまた賑やかで宿があったこともわかりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年10月17日 (月) 14:44

こんにちは。秋空の下で気持ちが良さそうですが、17.3キロ、6時間とはすごいですね。お疲れ様でした。いろいろな史跡がとても面白いです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年10月18日 (火) 08:24

★多摩NTの住人さま

前回が真夏の暑さで大汗をかきながらでしたが、今回は秋らしいお天気の中、快適でした。
アスファルトの道歩きでは今までで一番長かったです。
日本の街道は道祖神や庚申、地蔵尊、馬頭観音などいろいろな石碑が神社やお寺の中や合間にたくさんあることがわかりました。
いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2016年10月18日 (火) 09:42

17km以上の街道歩き、恐れ入りました!
大山も富士山も、迎えてくれたんですね。
子どもが住む地域で無ければ、一生知らない所だったでしょう。
あの道この道と、踏破するって楽しいですね。
教室で日本の地理を教わってる感じです。
最終地は大山登山ですか?

投稿: だんだん | 2016年10月18日 (火) 16:29

★だんだんさま

私もこの頃では初めてです。
一見、面白そうでもない街道歩きですが、いろいろな発見もあって、知らないところですし、面白いものです。
Yes,ケーブルカーに乗らないで、下から登ります。実際にはどのくらい登るでしょうか。麓の標高を調べていないのでわからないですが、最近低山ばかりで登れるか?頑張ります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年10月18日 (火) 16:59

15.6㎞,私にはとてもできないことです。
うらやましい限りです。

ところで,きょうからブログも12年目ですね。
これからも旅行記,紀行文を楽しみにしています。

投稿: gaki | 2016年10月18日 (火) 19:29

17,3キロも歩くのですね、凄いの一事です。
横浜線の駅に長津田と言う駅がありますが、小田急線の海老名まで歩いたのでしょうか。
私には全く知らない地域ですが、海老名に住んでる友人に先日会いましたが
相模線の海老名駅を出た所に六十の塔が建ってましたが
近くに国分寺と言うお寺があったそうだが、取り壊す事になり
その寺に建ってた六十の塔の縮小版を建てたと友人から聴きました。

きしくもtonaさんの記事を読み、話が噛み合いました。

投稿: ラッシーママ | 2016年10月18日 (火) 19:34

★gakiさま

このところ高い山に登れませんが、これが低地を歩くのに役立ったかもしれません。

あら、今日18日でした。
またまた全然忘れていました。
12年目、そんなに過ぎたとは自分でも信じられません。新たな気持ちでまた出発です。
どうぞよろしくお願いいたします。
教えていただいてありがとうございました。
昨年の病気以来、外国の食べ物が食べられなくなって、外国には行かれなくなりました。
国内もまだ1泊も控えて日帰り状態です。
出歩くのが好きな私にはとてもショックなことですが、街道歩きが出来るだけでもありがたいことです。

投稿: tona | 2016年10月18日 (火) 20:28

★ラッシーママさま

そうです。横浜線と田園都市線が交差している長津田です。
地図で見ても長津田と海老名は結構な長さです。

この時は行かなかったのですが、海老名駅(小田急の駅からの方が近い)の海老名中央公園に、国分寺七重の塔のモニュメントが建っているそうです。次回に時間があったら見ようと言っています。
わが武蔵国分寺にも七重塔の跡があり、レプリカがあります。
国分寺という昔の寺とは違いますがその跡継ぎ寺院の国分寺があります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年10月18日 (火) 20:41

すごいすごい!
半分でも大変です。

投稿: 佐平次 | 2016年10月20日 (木) 10:31

★佐平次さま

ありがとうございます。
少し涼しくなったのでどうやらですが、私の唯一の取り柄で、歩けなくなったら認知症老人になっては困りますので、ならないように準備を今からしなくては。

投稿: tona | 2016年10月20日 (木) 18:51

tonaさんこんばんは~♪
こちらにコメントを書かせて頂きました。
というのは大山街道歩きの記事を5から遡って
拝見していると、なんと見覚えのある風景が
何枚も目に飛び込んできたからです。
長津田駅から海老名駅まで約15.6㎞もあるのですね。
私はさがみ野まででさえ歩いたことがありません。
せいぜい自宅から海老名駅までですが、
距離にして2.6㎞位です。
tonaさんの健脚ぶりにはほんとに驚きました。
大山街道歩きは興味がありましたが、
もっともっと歩きこまないと無理のようです。
それにしてもtonaさんはいろいろなところを歩かれて
いらっしゃいますね。
私も見習わなくてはと思います。
これからもブログを拝見して私の外歩きの参考に
させていただきます。ありがとうございました。

投稿: hiro | 2016年11月30日 (水) 19:23

★hiroさま

おはようございます。
読んでいただき、コメントをありがとうございました。
そうですか。そちらの方に住んでいらっしゃるので馴染の風景だったのですね。
このあたりはずっと坂が多かったですが、その分景色が良かったです。
私も以前韓国の山や国内のアルプス登山以外で平地では3万歩を超えて歩いたのは初めてです。数年前膝痛でヒヤルロン酸の注射を1本打ってもらったことがありますが、その後はいたわりながら歩いている次第です。
年齢も後期高齢になったところで無理がきかないですが、歩くことで少し元気を維持できればと心を奮い立たせている状態です。
私もhiroさんのブログを楽しく拝見させていただいています。
お庭のお花のお世話をされ、きれいにたくさん咲かせたり、生活を丁寧に楽しんでいらっしゃるご様子、私と正反対でもう感心するばかりです。少しはあやかりたいと思った次第です。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2016年12月 1日 (木) 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64357575

この記事へのトラックバック一覧です: 大山街道4 津田沼~海老名:

« 椎名誠の本から&「藤田嗣治」展 | トップページ | 仙元山でパラグライダー離陸を見る »