« 大山街道4 津田沼~海老名 | トップページ | 施設見学(ごみと水関係) »

2016年10月20日 (木)

仙元山でパラグライダー離陸を見る

10/16、低山ハイキング。東武東上線で埼玉県のほぼ中央部の小川町駅下車で、仙元山(298.9m)に登ってきました。

                      駅を出るとすぐ仙元山(中央右高い山)が見えてきます460x307
                              マユミらしいのですが実がびっしりです460x307_2
                                     登山道入り口に30分位で到着460x307_3
                           左手には見田稲荷神社の鳥居だけが見える460x307_4
百庚申に到着。庚申塔が100基ほど並んでいます。普通は1基ですが、1860年ふもとの12ヶ村の信者に呼びかけ造立したそうです。大山街道では道祖神を知り、ここで庚申を学びました。鎌倉にもあったのですが無視していました。460x307_5
460x307_6
217x460
                                                  頂上に到着307x460
小川町が良く見えます。遠くの山に2ヵ所白く横長に見えるのが本多技研の工場だそうです。460x307_7
青山城跡の空堀。松山城の支城だそうで、このまわりには他に4つも城跡があるという。460x307_8
            今年初のサラシナショウマ(葉が見えなかった)460x307_9
パラグライダーの離陸場で離陸する場面に出会った。山の中は無風状態なのに、ここは凄い風が通り抜けています。この日は気象条件が良かったようです。
そのまま麓に飛んで着陸かと思いきや、ずっと空中を回っている。家に帰って調べたら2~3時間も飛べるのだそうだ。高い所では2000mにも上るとか。気持ちよさそうだ。
ハーネスを付けている。460x307_10
460x307_11
460x307_12
460x307_13
460x307_14
460x307_15
307x460_2

下里のオオモミジ 推定樹齢600年、樹高7.2mで埼玉県指定の天然記念物。幹に穴があいてしまっているのが痛々しい。460x307_16
307x460_3
   下って、見晴しの丘公園展望台から 浅間山や榛名山なども見えるそうだ。460x142
今回は雨の後でもなく、きのこはひとつも生えていなかったけれども、展望台の所の桜の木にカワラタケ?のようなきのこを見つけた。
ハカワラタケのようとshikamasonjinさまに教えていただきました。ありがとうございました。460x307_17
     そこに毛虫みたい(サナギに見えなかった)のからこの虫が出てきた。
ヨコヅナサシガメと教えていただきました。ポージィさま、ありがとうございました。460x286
下に降りて最後に「カタクリとオオムラサキの林展示館」で蝶や世界一大きい蛾などを鑑賞
460x307_18
460x307_19
460x307_20
                    枇杷の花の蕾460x356

|

« 大山街道4 津田沼~海老名 | トップページ | 施設見学(ごみと水関係) »

コメント

こんばんは
 
仙元山、埼玉県の山なのですね。知らない町・知らない山なので
参照に検索もして2~3のページを見てきました。
駅を降りて川と住宅の向こうに見える山ははるか遠くに感じますが、
ふもとまで30分でしたか。意外と近いような。
お写真拝見すると、たっぷりの自然を感じながら、割と歩きやすそうな
山道に見えました。ずらりと並んだ庚申塔に驚きました。
見かけたことはありますが、私も無視していて、庚申信仰のことを
初めて知りました。ずいぶん盛んだった時代があることも。
パラグライダーをする人がいたり、施設があったり、昔も今も
いろいろな人に親しまれていそうな山ですね。
 
ご覧になった見慣れない虫、何だろう?と調べてみました。
ヨコヅナサシガメという虫の幼虫のようですよ。
ちょっと気持ち悪い写真もありますが、こちら↓のページに詳しく…
http://mushinavi.com/navi-insect/data-kame_yokodunasasigame.htm

投稿: ポージィ | 2016年10月20日 (木) 21:21

tonaさま
遠くまでお出かけですね。健脚と旺盛な好奇心。羨ましいです。少しは見習わなければ。

投稿: evergrn | 2016年10月21日 (金) 03:05

今年はまだ暖かいですのでウォーキングも
長くできますね。

パラグライダーの写真を見ますと、10年位前に
行った大室山を思い出します。初めて間近で
見ました。けっこう大きいものですね。

庚申塔は35年位前に、その意味とか習った
ことがありますが、関西には少ないので
東京に行くとき見られることを楽しみに
していました。その後移転し、関東で
実際見ることができ、22年前納得しました。

投稿: matsubara | 2016年10月21日 (金) 08:15

★ポージィさま

いろいろ検索して見ていただきありがとうございました。
仙元山は葉山にもありますね。
山は遠くから見るとまだまだとても時間がかかりそうと思うものですが、ここはまだ平らな所を歩いて向かうところですから、短時間で到着できるのですね。
急登がなくて誰でも登れる山と感じました。
庚申塔は今度はちょっと頭に入れなくては。
都の貴族から始まったのに、根付いたのはこちら関東方面ですね。
山頂付近にこんなにあったのには驚きました。
ヨコヅナサシガメを教えていただきありがとうございました。
もしかして毛虫みたいのに、数匹がよってたかって食べたいたのでしょうかと思いましたら、サイトには成虫の体液を吸うとありますので、さっぱりわからなくなりました。やっぱりこの撮影者も桜の木で見ているのですね。
今、秋ですが、わたしには成虫に見えます。
名前もユニークで覚えやすいです。
オオムラサキはネットの中で生育させているようでした。

投稿: tona | 2016年10月21日 (金) 09:35

★evergrnさま

ここからですと、evergenさまの方より少し近いかもしれない場所です。神奈川や埼玉は出かけますが、千葉、栃木、群馬になると遠く感じてなかなか参加できません。
今の所、一時悪かった膝が治って歩くことが多くなっています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年10月21日 (金) 09:41

★matsubaraさま

今頃は寒くもなく、汗もかかなくて歩きやすい季節です。
大室山でご覧になりましたか。あそこでは飛んでいるのしか見ませんでした。
まさに離陸、その装備が見られラッキーでした。10m以上も広がるように見られましたが実際はどんな大きさでしょう。

庚申塔はもうちゃんと勉強されていらっしゃるのですね。何でも遅い私です。仏像に至ってはなかなか頭に入らなくてそれが悩みといえば悩みです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年10月21日 (金) 09:47

落語に「庚申待ち」という噺があります。
庚申待ちの夜、みんなが他愛のない話をする前半(庚申待ち)と、宿屋でウソの自慢噺をして隣りの侍に脅されるという爆笑「宿屋の仇討ち」の後半と二つに分かれて上演されます。

投稿: 佐平次 | 2016年10月21日 (金) 10:28

★佐平次さま

そうなのですか。
勿論知りませんでした。面白そうですね。
庚申の時の夜は寝ないで一晩中飲んだり食べたり話したりで、都合の良い口実になって楽しんだようだと何かに書かれていました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年10月21日 (金) 12:49

tonaさま
今晩は。今日は筑波山に登ってきましたが、つくば高原キャンプ場(標高500m)にもサラシナショウマがたくさん咲いていました。清楚な花ですね。さてtonaさんが見つけたサクラの木に出ているきのこですが、色白の傘が多いようなので、多分ハカワラタケだと思います。?付きですが。

投稿: shikamasonjin | 2016年10月21日 (金) 19:11

★shikamasonjinさま

筑波山に登られたのですか。お天気がよくて良かったですね。
私も以前秋に行きましたがずるしてケーブルカーで途中まで行きました。500m地点のつくば高原キャンプ場も知りません。
サラシナショウマが今そこでも咲いているのですね。
ハカワラタケを教えていただきありがとうございました。以前一度カワラタケを教えていただきました。ちょっと似ていたのですがいろいろあるのですね。
今年はこの間までたくさんのきのこに会えて、記念すべき年になりました。

投稿: tona | 2016年10月21日 (金) 21:09

低山ハイキング、楽しそうですね。
一人では行けない所でも仲間と一緒なら楽しく歩けますね。
これから寒くなりますが、冬でも歩かれるのですか。

パラグライダーは細野高原で飛んでて、何度か見てます。
私、1度飛びたいとは思ってますが難しいのかしら・・・

投稿: ラッシーママ | 2016年10月22日 (土) 17:30

★ラッシーママさま ありがとうございます。

この山は今まで一番楽でした。
一人では高尾山しか歩けません。みんなと歩くととても楽しいですね。
冬の方が汗をかかなくて歩きやすいですから、緑はないですが、頂上からの眺めを楽しみに行きますよ。

パラグライダーは学校があってそこで訓練を受けてから、インストラクターに付き添ってもらってでないと飛べないようです。
私も若い頃にチャンスがあったら高い所が好きなのでやりたかったです。

投稿: tona | 2016年10月22日 (土) 20:29

こんにちは。庚申信仰とはそういうことでしたか。サラシナショウマは今年は見ることができませんでした。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年10月22日 (土) 20:40

★多摩NTの住人さま

コメントありがとうございます。
私もちゃんと庚申を知ったのは今回が初めてです。説明板を書いて建てるということも大変な作業ですね。どこにもあってありがたいです。
サラシナショウマは私も久しぶりですし、今年はこれで終わりです。

投稿: tona | 2016年10月22日 (土) 21:07

知らない山で調べたら、八高線がそばを走ってましたね。
程よいハイキングで、パラグライダーも見られて面白かったですね。
庚申塔が百基もあるのは、大変珍しいこと。
地域の信仰の厚さが分かりました。
マユミやサラシナショウマ、そして新たなキノコにも逢えたんですね~
展示館にある蝶々の標本。目が覚める青色はモルハ蝶。
主がアジア出張の折り、羽根だけを並べた額縁を買いました。
賞状を入れるほどに大きい額です。
自宅だけでなく、両家にもプレゼントしました。
灯りの加減で玉虫色にもなり、インパクトが凄いです!
とにかく昔はオーケーだったんですね、夢みたいです。

投稿: だんだん | 2016年10月23日 (日) 13:55

★だんだんさま ありがとうございます。

小川町駅は八高線と東武東上線が停まる駅なのですね。
パラグライダーは何か操作して歩き出すとすぐに開いて飛ぶのですね。若かったらやって見たかったです。

平安時代の京都で始まった庚申信仰が関東で盛んになったのが面白いです。

蝶の標本のお土産があるのですか。
この展示館にもいろいろな種類のが展示されていました。
おっしゃるように、この美しい色の蝶は「アマトンテモルファ」ペルーと書いてありました。
他にもモルファ蝶がたくさんありました。あとオオルリアゲハやカラスアゲハの色もきれいでした。
ご自宅にあるなんて素敵!!

投稿: tona | 2016年10月23日 (日) 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64375715

この記事へのトラックバック一覧です: 仙元山でパラグライダー離陸を見る:

« 大山街道4 津田沼~海老名 | トップページ | 施設見学(ごみと水関係) »