« 鎌倉11 長谷寺~極楽寺界隈(1) | トップページ | 永青文庫「仙厓ワールド」と新江戸川公園 »

2016年11月20日 (日)

鎌倉11 長谷寺~極楽寺界隈(2)

460x336
長谷寺のあと、地図の青印の残りの6寺社を回りました。今は歩くのに一番良い季節です。

68 光則寺 日蓮宗

                                                   山門307x460
以前行ったときはたくさんのヤマアジサイの花を見て楽しみました。
拝観料をおさめる箱の横に置かれた「四季の光則寺 山野草と茶花のマップ」という手書きの印刷物を見て、何百種類か、その種類の多いことに驚かされました。花の寺として鎌倉では有名です。460x307
ウサギゴケ(タヌキモ科)兎に見える。苔ではなく藻の仲間で食虫植物だそうだ。珍しい花に出会えました。460x307_2
              ピンクと白のダイモンジソウ(ユキノシタ科)460x307_3
460x307_4
                   ジンジャー(ショウガ科)460x307_5
正式名の行時山光則寺の命名は、北条時頼の家臣、宿屋行時・光則父子の名を付けた。日蓮が佐渡に流された時に、弟子の日朗は光則の屋敷に捕えられていた。後に日蓮に帰依した親子の屋敷を光則寺として日朗を開山として仰ぎ1274年に創建した。
この本堂は1650年の建立460x307_7
                    日朗上人 土の牢460x307_8
                     土牢の中460x307_9
          ピラカンサをこんなにきれいに仕立てている家があった460x307_10
69 御霊神社
源義家の家臣で武勇名高い、鎌倉権五郎景政を祀る。志すことの成就、眼病平癒に効験があるとされる。41_460x307
460x307_11
                  鳥居のそばを江ノ電が走る460x307_12
ここには境内社がたくさんあります。稲荷神社、秋葉神社、祖霊社、第六天社、地神社、石上神社、御嶽神社、金毘羅神社です。

                      稲荷神社460x307_13
460x307_14
                      石上神社 460x307_15
239x460
                       カワラタケ460x318
70 虚空蔵堂
鎌倉十井の一つ「星月の井」があり、行基が彫ったと言われる虚空菩薩像があるが、いずれも見られなかった。460x307_16
舟守地蔵 海のまち鎌倉として、海上安全、大漁満足、海難除、水難除、船舶や水に関係する人に功徳を授けると篤く信仰される。307x460_2
● 日限六地蔵尊460x307_17
460x307_18
71 成就院 真言宗大覚寺派

アジサイが美しく海が見られる東側の坂は修繕で閉鎖中でした。460x307_19
空海がこの地で護摩を焚いて、虚空蔵菩薩求聞持法を修めたと伝えられる。460x307_20
          1219年、北条泰時が本尊に不動明王を祀って創建。460x307_21
                       江ノ電460x307_22
72 極楽寺 真言律宗

                   山門 境内は撮影禁止460x307_23
1259年 開山:忍性 開基:北条重時 元寇にさいして異国退散の祈祷を行い、幕府滅亡後も国家安泰を祈る勅願所として寺だった。

73 熊野神宮 極楽寺の鎮守社
460x307_24
本の著者(槇野修)が「平日の午後、観光客も参拝者もなく静かなひとときで、境内を一匹の猫がのんびりよこぎっていた」と結んでいるのであるが、私たちが行ったときも誰もいなく、全く同じで猫がよこぎり、神社の下に座ったのには、驚き偶然に笑ってしまいました。
作者は少なくとも4年前に訪れている。まさかその時の猫ではないでしょうね。460x254
帰り道、マユハケオモト(ヒガンバナ科 眉刷毛万年青)をやっと私も見ることが出来ました!460x307_25

|

« 鎌倉11 長谷寺~極楽寺界隈(1) | トップページ | 永青文庫「仙厓ワールド」と新江戸川公園 »

コメント

tonaさま
傘の環紋が美しいカワラタケの写真、構図もばっちり決まっています。マユハケオモト初めて拝見いたしました。きのこにもマユハキタケというタブの木に発生する珍菌があります。

投稿: shikamasonjin | 2016年11月20日 (日) 22:29

こんばんは happy01
ご無沙汰しています。いつも読み逃げして申し訳ありません。
鎌倉歩きや関東地方の山歩きの様子など、毎々楽しく拝見させていただいてます。
鎌倉は学生の頃訪れたきりで、もうかれこれ30年以上経つでしょうか?!
どこをどう歩いたのかもう思い出せませんが、江ノ電は懐かしく感じます。
ウサギゴケ、初めて見ました。名前を聞くのも初めてです。可愛らしい花ですネ!
日限六地蔵尊の看板を見て、悲しくなりました。
世の中には”罰当たり”な輩がいるものですね。
あのようなシャッターをつけねばならないほど、ひどい目に遭われたお地蔵さま、心が痛みます。

投稿: 慕辺未行 | 2016年11月20日 (日) 22:51

光則寺と極楽寺は行きました。

光則寺の本堂の前見事な花海棠を
思い出します。

極楽寺は普段公開されていませんが
忍性が亡くなった4月だけ公開される
ことを、関西から引っ越す前に知っていたので
参りました。関西のお寺との関連があり
講演会で聞いていたのです。
もう25年も前のことですが・・・
懐かしいお寺です。

このマユハケオモトは、立派ですね。
我が家は一輪だけでした。

投稿: matsubara | 2016年11月21日 (月) 07:59

★shikamasonjinさま

カワラタケは以前教えていただきこれだけは覚えていましたので懐かしかったです。
きのこにも眉に名前が関係するマユハキタケがあるのですか。
タブノキはこのカワラタケがあったところに巨大なのがありました。三浦半島に多いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月21日 (月) 08:30

★慕辺未行さま

おはようございます。
お尋ねいただきありがとうございます。
見ていただいていたそうで恐縮です。
鎌倉は以前は住まいから近かったですが、今は遠いですが、行楽気分で出かけられる距離です。
江ノ電は3輌編成で可愛いです。狭い所を走り抜け、海が見えたり、トンネルくぐったり、単線ですし、色も変わらない緑で愛好者が多いですね。
シャッター付きの野の仏は初めてです。驚きました。
慕辺未行さんがおっしゃるように、世の中には情けない人がいるものですね。

投稿: tona | 2016年11月21日 (月) 08:38

★matsubaraさま

光則寺は1年中いつ行ってもお花があるのですね。
今回は小さなウサギゴケを見る事が出来て大満足でした。
極楽寺の案内を見ましたらその通り4月に公開されますね。混むのでしょうね。
matsubaraさまは25年も前に調べて行かれているなんて凄いです。
マユハケオモトをmatsubaraさまの家のを見てから、こちらで見られて興奮しました。
たくさん花を付けていてどれに焦点を合わせたらよいか迷いました。よくぞつけられた名前です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月21日 (月) 08:43

きっと同じ猫ですよ^^。
立川というのは国営公園のこと、あそこの銀杏などがそろそろかなあと。

投稿: 佐平次 | 2016年11月21日 (月) 09:41

★佐平次さま

後で昭和記念公園と気がつきました。失礼しました。
先週は結構黄色の絨毯になっていたようです。今年はいつもより早いですね。

猫は長生き(野良猫はもっと短いかしら)ですものね。飼い猫かもしれないし、同じ猫ですね!
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月21日 (月) 14:27

こんばんは
しばしご無沙汰しました。
 
大山街道は5回目、鎌倉にいたっては早11回目なのですね。
これらのどちらも、私にも少しばかりご縁を感じる地名なども
登場しましたが、やはり初めましてがほとんどです。
時節柄、道行の紅葉もご覧になれましたね。大山は、秋になると
小田急線の駅に紅葉のポスターが貼られます。ちょうど良いときと
重なるといいですね。
 
鎌倉ではやはりかなり古い歴史を感じますね。
寺社が多いこと、それだけ信仰も篤いのでしょうけれど、
世界各地とも信仰が篤くとも流される血もまた多いのが人間の
歴史なのだなぁと、ちょっと悲しくもなります。
それはそうと、鎌倉ではウサギゴケやマユハケオモトといった
珍しい植物との出会いもおありだったのですね。
ピラカンサの仕立てには吃驚!感心しました。こんな様子の
ピラカンサは私も初めてでした(^^)

投稿: ポージィ | 2016年11月21日 (月) 19:56

マイテリトリーにようこそです。
光則寺~長谷寺~御霊神社~成就院~極楽寺のコースは、アジサイの頃のゴールデンコースです。

光則寺のヤマアジサイは風情があり、毎年訪ねたいお寺です。
御霊神社はカメラを趣味とする者には、アジサイと江ノ電のツーショットで有名なスポットで、私は何度も行っていますが・・・
境内社がこんなにたくさんあるなんて知りませんでした。
長谷寺は紅葉も有名で、ライトアップされるようですね。
私はこの長谷寺と円覚寺、そして覚園寺の紅葉が好きです。
今年はどこに行こうかしら?

昨日ハイキングで逗子に行った際に、電車の中から見た円覚寺山門のモミジは、まだまだ鮮やかさはありませんでしたが・・・
本当に歩くには気持ちの良い季節ですね。

投稿: nao♪ | 2016年11月21日 (月) 20:18

★ポージィさま

こんばんは。
いろいろ大変でしたね。
大山は来月14日なので紅葉は終わっていますね。残念ですが6人の日程が合うのがその日です。
久しぶりに1200m級の山ですが、麓の標高が低いので実際には1000mくらい登るのかと思われます。5kmほど低地を歩いた後に登るので少々心配です。

鎌倉のたくさんのお寺はそれなりに謂れがあって、悲惨な歴史の上に建立されたのも多いですね。また医学も発達していない当時に病に対する不安や想像できない不安が多かったでしょうから神仏を祀って祈った人々を思います。

ウサギゴケはかなり小さくて私のカメラでははっきり撮れませんでした。でもウサギさんに見えたので嬉しくなりました。
ピラカンサは盆栽のように曲げたりして、芸術です。出来ればやってみたいですが、これはとても難しそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月21日 (月) 20:52

★nao♪さま

もう11回も、いえ、同好会でも行っているのでこのところ13回になるでしょうか。
このコースはアジサイの時に行っていますのでその時はアジサイと海ばかり見ていたような。
今回寺社の中をよく覗いて見ましたら、前回気がつかなかったことが多かったです。
アジサイと江ノ電のツーショットは素敵ですね。走っている電車を撮るのは私には難しそうです。
長谷寺の紅葉はもう少しという所でした。ライトアップされた素敵ですね。京都の清水寺で見ましたが幻想的でしたから。
覚園寺も2回ほど行きましたが、紅葉がきれいなのですか。
nao♪さんはどちらに行かれるのかしら。鎌倉はもう少し先で遅いのですね。
色々情報をありがとうございます。

投稿: tona | 2016年11月21日 (月) 21:06

こんにちは。楽しい寺巡りが続きますね。ウサギゴケは初めて知りました。これは実際に出会ってみたいです。食虫植物に興味津々です。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年11月22日 (火) 08:48

★多摩NTの住人さま

こんばんは。
ウツボカズラ、モウセンゴケ、スミレは見たことがありますが、これは初めてです。
兎の大きな口が見えますが、虫を溶かして細い茎を通って栄養がいくのでしょうか。
面白い出会いでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月22日 (火) 19:05

青色の寺社へは、徒歩でも遠く無いのでしょうか。
一日に歩ける距離ですか?
マップ片手に行きたくなる感じです。
ウサギゴケ、耳がピンとたって可愛いけれど、食虫植物・・・
マルハケオモトの漢字が、最も特徴が出ていて可笑しかったです~^^

猫たん、多分以前と同じと思いますよ。
うちは、数年前まで四匹が交互にいて長生きでした。
主のような面構えですね。

投稿: だんだん | 2016年11月23日 (水) 17:12

★だんだんさま

午後3時間くらいですから、とても楽ちんコースですよ。
特にここは狭い範囲ですが、長谷寺に少々時間をかけました。
こんな可愛い花、ウサギゴケが食虫植物とはとても思えません。光則寺は他にも珍しいのがありそうです。
マユハケオモトも傑作ですよね。

長生きの猫は18~20年というのが以前親戚にいましたが、犬より長生きなのですね。
きっとここの主なのですね。そう思うとまたの機会があったらもう一度何て思ってしまいます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月23日 (水) 19:13

ジンジャーリリーは初夏の花なのに
今頃よく咲いていましたね?
大好きな匂いです。
香水カボティーヌの原料に使われているのだそうです。
マユハケオモトの存在も知りませんでした~

投稿: zooey | 2016年11月23日 (水) 23:05

★zooeyさま ありがとうございます。

雪が積もってきました。

今年はいろいろな花の返り咲きが多いですね。
長谷寺にはシャクナゲが満開の様相で咲いていたので驚きました。
ジンジャーリリーのそばに寄って香りを嗅いできましたがいい香り、香水カボティーヌの原料なのですか。
マユハケオモトはmatsubara家にもあるのですね。刷毛のような外観が印象的でしばらく忘れないでしょう。

投稿: tona | 2016年11月24日 (木) 08:38

tonaさん、こんにちわ!

今日は寒く朝から雪が降り出し、我が家の庭では5,6センチ積もってます。
11月に雪とは驚きです。

「光則寺」のウサギゴケと言う名前も花も初めて見ましたが
これが食虫植物とは驚きです。
本当にウサギのように耳が、ウサギの名前からきてるのでしょうね。
土牢の中には入れるのですね。
こんなところに入れられ束縛されたら、すぐにノイローゼーになりそうですが
日朗上人のような方は、自分を見失う事なく修行が出来るのでしょう。

カワラタケ、私は猿の腰掛けと思ってましたが別物ですか。
以前にも何方かのブログでマユハケオモトを見せて貰いましたが
tonaさんのブログでしたか。
写真でしか見た事ない花です。 

投稿: ラッシーママ | 2016年11月24日 (木) 12:05

★ラッシーママさま ありがとうございます。

こちらも同様に積もっております。都心は雨になったとか。
ウサギゴケにはあまりにウサギに似ているので驚きますね。

土牢には入れないで、格子にカメラを突っ込んで撮りました。
鎌倉には護良親王を始めたくさんの人が入れられたのですね。

カワラタケはサルノコシカケです。サルノコシカケにも名前がちゃんとあるみたいです。
我が家にもマユハケオモトがなくて、ネット上で見ただけです。
これは特徴ある花なので忘れないですね。

投稿: tona | 2016年11月24日 (木) 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64520543

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉11 長谷寺~極楽寺界隈(2):

« 鎌倉11 長谷寺~極楽寺界隈(1) | トップページ | 永青文庫「仙厓ワールド」と新江戸川公園 »