« ヨシダナギ著 『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』 | トップページ | 鎌倉11 長谷寺~極楽寺界隈(1) »

2016年11月14日 (月)

大山街道5 海老名~愛甲石田~石倉橋

小田急線海老名から伊勢原の石倉橋まで17.5㎞。歩数は合わせて33452歩(約18㎞)で歩数更新です。次回は最終回で大山の山頂に立つ予定です。
480x359
[9]の2<海老名~厚木>4㎞

海老名駅前の道を外れると山が見えてきたが大山には雲がかかっている。この日木枯らし一号が吹いたと後で知ったのですが、大山街道には吹いていませんでした。550x367
                                             ケヤキの紅葉480x320_460x307
                                              相模川460x307
                                             相模大橋を渡る460x307_2
対岸に「厚木の渡し」の碑がある。厚木村渡船場跡で、常時5艘の舟が備えられていた。明治41年(1908)に相模橋の開通によって、この渡船場は廃止された。
厚木を訪れてた渡辺崋山が『厚木六勝』を残した内の「仮屋喚渡」はここを描いたもので、この碑と同じ場所に記念碑が建っている。「厚木六勝」ってどんな絵でしょう。→こちらを見つけました。墨絵のようです。崋山は1831年(天保2)9月20日から25日まで、田原藩主の妾腹の子、三宅友信の母親を訪ねた時に『游湘日記』を書いていて大山街道の道中の風物や江戸時代末期の厚木の様子が詳しく記され、当時の農民の生活などを知る大変貴重な資料となっている。・・・というわけで街道歩きしていると、例えば渡辺崋山に関する本を読んでみたくなるし、江戸時代のことも・・と気持ちだけが忙しくなって読書の方が伴わないのが悩み。550x367_460x307
相模川に沿う厚木の通りの店の多くのシャッターには、店がわかる絵がペイントされていて面白い。550x367_460x307_2
550x367_460x307_3
550x367_460x307_4
           厚木神社 那須与一が眼病平癒祈願した伝説がある550x367_460x307_14

[10] <厚木~愛甲石田> 6.9km

                   最勝寺の子抱き仏像460x307_3
まだまだ相模川に沿って歩く。熊野神社の大銀杏の根元は直径3m、樹齢450年以上の市の指定天然記念物だ。ここ下宿の熊野神社は厚木の総鎮守社であった。渡辺崋山がここの神社のカラスを描いた絵が『厚木六勝』の「熊林の暁鴉」。367x550_307x460
550x367_460x307_5
                     バラの花と実550x367_460x307_6
               柿の木の間から大山の頂上が見えた550x367_460x307_7
        三嶋神社 伊豆三嶋大社の祭神「大山祇神」を勧請している550x367_460x307_8
「長徳寺」 浄土真宗の美しい日本庭園のお寺 金色の鯉にうっとりです550x367_460x307_9
550x367_460x307_10
                   親鸞和尚の像も珍しい367x550_307x460_2
大釜は五右衛門風呂だったのでしょうか。中にはイネ科が植えられた植木鉢のまわりを金魚が泳いでいた。550x367_460x307_11
この石造物あたりから相模川に背を向け、西へと街道は向かう。小田急の愛甲石田駅に近くなる。550x367_460x307_12
                     大厳寺の六地蔵550x367_460x307_13
その左の円光寺にある、頼朝の家来・愛甲三郎季隆の供養塔。このあたりは愛甲氏居宅跡である。367x550_307x460_3
午後1時を回っていて愛甲石田で食事。10時頃にお団子やパン、チョコレートのおやつを食べていたけれども、良く歩いたので、お昼もしっかりといただけた。

[11] <愛甲石田~石倉橋> 6.6km 石倉橋は小田急伊勢原駅から3㎞の大山街道筋のバス停

愛甲石田駅を過ぎると、珍しい茅葺屋根の山門の「浄心寺」があり、1574年(天正2年)の開山だそうだ。360x550_301x460
  「高部屋神社」は創建が4世紀末で延喜式内社。ここの銅鐘は1386年と古い460x307_4
          新嘗祭奉納のかぼちゃは大53㎏、小43㎏で見事だ。460x307_5
  東名高速から見える巨大な東海大学附属病院の裏側を歩いていることになる460x307_6
咳止め地蔵 泥で作った団子を備え、治ったら本物の団子をお礼にお供えしたそうだ。460x307_7
                 昔の街道の面影が残る所460x307_8
三軒茶屋 3つの通りが交差する所で三軒の茶屋があり、旅人はお茶を飲んで一服した。460x307_9
草むらの中の道標 「右 いヽやまみち 左 ひなたみち 七五三引村 明和九年」と読めるそうだ。こんな石像があちこちにある街道だ。460x307_10
太田道灌公霊廟 江戸城を築き、山吹伝説で有名な室町時代の後期の武将だが、主君扇谷上杉定正により、この地で暗殺された。首塚など数か所に墓がある。
460x307_11
                     太田道灌墓307x460

大変長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

|

« ヨシダナギ著 『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』 | トップページ | 鎌倉11 長谷寺~極楽寺界隈(1) »

コメント

まだまだ関東の遺跡を訪ねておられるのですね。
渡辺崋山は隣県の愛知県三河の田原の出身で
あるのに、著書は読んでいません。
絵もすごくうまくて、社会科の教科書にも
出ていましたね。

ただ切腹されたことが残念でなりません。

投稿: matsubara | 2016年11月15日 (火) 08:06

★matsubaraさま ありがとうございます。

田原藩は愛知県三河だったのですね。
蛮社の獄で類が藩に及ぶことを懸念して自害されたとのこと。
藩主の妾腹の子のお母さんのおぎんさんを訪ねて行ったなど藩にとても尽くしていた方だったと、この歩きで知りました。
こんな知識人を当時はあっけなく失ったので、残念なことでした。

投稿: tona | 2016年11月15日 (火) 08:25

印象深い所を歩いていろんな情報を得ると、そのことを突っ込んで調べたくなる、同感です。
本で読んで行ってみたくなるのより、その気持ちは強いような気がします。
ますます強行軍、すごいなあ。

投稿: 佐平次 | 2016年11月15日 (火) 10:01

★佐平次さま ありがとうございます。

本当にそうですよね。
でも先人には偉大な人がたくさんおられて、ちゃんと勉強している人が多いですね。

最後はケーブルを利用しないで下から1200m余を登山します。この頃低山ばかりで果たして?

投稿: tona | 2016年11月15日 (火) 13:05

tonaさま
いよいよ次回が大山街道歩きの最終章ですか。下社までケーブルに乗れば楽なのですが、表参道を正直に歩くのは結構ハードかもしれません。でもtonaさんなら大丈夫、ご健闘とご無事をお祈りします。

投稿: shikamasonjin | 2016年11月15日 (火) 19:13

★shikamasonjinさま ありがとうございます。
この頃せいぜい2,300m級の低山ばかりで、かなりの標高差があり、果たして大丈夫でしょうか。平らな所は3万歩は歩けたのですが。
呼吸の方は自信がありますが、膝が問題ですね。下りはケーブルを使いますので何とか頑張りたいです。高校の遠足とその後子供と一緒に登って以来です。
北岳に登ったのも6年前になってしまいました。

投稿: tona | 2016年11月15日 (火) 20:41

次回が最後の、大山詣でですか。
もう9回を歩かれて、充実感ありますね。
渡辺崋山はよく知りませんが…
六勝の絵画、スケッチみたいですが巧みですね。
厚木の渡しがあったんですか。
川が多いから、昔は渡しが当たり前にあったんでしょうね。

投稿: だんだん | 2016年11月15日 (火) 20:44

★だんだんさま ありがとうございます。

12月に最後の登山で頂上をめざし、お詣りしてきます。
果たして足が持つか怪しいこの頃ですが、頑張ります。
渡辺崋山は蘭学など学問にも優れ、そして絵も描いた人ですね。
この頃検索するとその絵まで見られて今回は満足でした。崋山が歩いた頃と様変わりしていることがわかりました。
東海道も大きな川を渡るのは大変だったようですが、相模川は舟で渡っということは時代がさらに後だったのでしょうか。大井川を渡る広重の絵などとは異なります。

投稿: tona | 2016年11月15日 (火) 21:18

17.5㎞。歩数は合わせて33452歩!、とは歩きがいがありましたね。
残す所あと一回でいよいよ大山、神社周辺の紅葉が見られると良いですね。

相模川大橋、私も相模川歩きの時に渡った覚えがあります。
ここは渡辺崋山も縁があり・・・
街道歩きをしているとたくさんの歴史にふれ、文化に触れ、興味は尽きませんね。

先日、渋沢丘陵をハイキングしましたが、あそこには赤坂見付から続く「矢倉沢往遠道」が通っていました。
道祖神や馬頭観音などにも出会え、ハイキングや山登りは昔の人の生活を知る機会でもありますね。
交通機関がなかった江戸時代は、とにかくどこに行くにも歩け!歩けでしたから・・・

投稿: nao♪ | 2016年11月16日 (水) 12:18

★nao♪さま

次回は登山口まで5km歩いてから登ることになります。以前、nao♪さんも登っていましね。降りる方はケーブルを使います。
相模大橋立派ですね。河口になると馬入川になるのでしょう。
歴史にいろいろ触れ勉強になります。
渋沢丘陵と言えば、伊勢原を通り、秦野をすぎ、その次でしたか。矢倉沢往還道が通っているのですね。
昔の人の足の達者な事にまた驚く街道歩きです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月16日 (水) 19:32

お疲れ様でした。あと少しですね。以前、相模川下りで走った時に、相模大橋の右岸を通過しました。この橋を見た記憶があります。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年11月18日 (金) 08:55

★多摩NTの住人さま

ありがとうございます。
次回は大山の頂上に立ちます。登山口まで5km歩いてから登るのでそれが心配ですが。
相模大橋立派ですね。所々に展望スペースがついているのですね。
下に降りてみましたがアーチが素敵でした。

投稿: tona | 2016年11月18日 (金) 16:24

tonaさん、おはようございます♪
海老名から伊勢原の石倉橋まで17.5㎞。
今回もずいぶん歩かれましたね。

渡辺崋山は厚木市にも訪れていたのですね。
綾瀬市ではお銀さま(三宅友信の母親)を訪ねた
ことでよく知られていますが、そのお銀さまの
お墓は我が家のすぐ近くにあるのですよ。
厚木市は娘の出身校があるので何度か行っていますが、
厚木神社の所在も、商店街のシャッターがこんなに
綺麗にペイントされていたことも知りませんでした。
長徳寺、円光寺、高部屋神社もしかりで、
知っていたのは東海大学附属病院だけでした。
次回はいよいよ最終回ですね。
大山は誰に聞いても厳しい山と聞いていますが、
頑張って登って下さいね。楽しみにしています。

投稿: hiro | 2016年12月 2日 (金) 09:46

★hiroさま

hiroさん、こんばんは。
アルプス登山以外では今までこの日が一番歩いた日です。
まあ!お銀さまのお墓がhiroさんの家のそばにあるのですか。
そしてあの目久尻川のそばでもあるのですね。
渡辺崋山の碑など3カ所も見たことになります。
こんなことがあったとと言うことを知ったり、絵を知って面白かったです。
街道を歩くとお寺や道祖神などを多く見かけ、昔の旅人も見て歩いていたことを感じました。
商店街のシャッターはまだまだありましたよ。
東海大附属病院はいつも東名高速から見ていましたが、こちら側から見たら巨大でした。
大山登山の応援をありがとうございます。

投稿: tona | 2016年12月 2日 (金) 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64493645

この記事へのトラックバック一覧です: 大山街道5 海老名~愛甲石田~石倉橋:

« ヨシダナギ著 『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』 | トップページ | 鎌倉11 長谷寺~極楽寺界隈(1) »