« 永青文庫「仙厓ワールド」と新江戸川公園 | トップページ | 『おまつり万歳』たかぎなおこ著 »

2016年11月27日 (日)

亀戸大根&ジャズコーラス

亀戸で亀戸大根の料理を食べ、その後ジャズコーラスを聴きに行ってきました。

まず亀戸駅から7、8分にある「升本」で幻の大根、亀戸大根あさり鍋を食べました。
首都圏では昔から練馬大根、三浦大根、そして今幻の亀戸大根が有名ですが、亀戸大根は初めてでした。460x307
亀戸大根は日本一小さな大根です。長さ30㎝程度でわずか200g。色白でキメが細かく普通の大根より甘みが強く、ビタミンCも豊富だそうです。
鮮やかな緑の葉に対して、真っ白な軸(葉柄)が特徴で、他の花粉が付くと軸が緑に変わってしまうため、近くに作物を植えないようにして自然交配を防止する。升本が育てているそうだ。460x307_2

文久年間(1861~1864)の頃から亀戸の香取神社付近で栽培が始まり、最も盛んに栽培されるようになったのは明治で、可愛らしい姿から「おたふく大根」「あかめ大根」と言われていたが、大正時代に産地の名を取って「亀戸大根」と呼ばれるようになった。367x460_2
頼んだのは刺身と亀戸大根あさり鍋。あさりの炊き込みご飯に鍋から具と汁をかけながらいただくもので、あさりが鍋にもたくさん入ってとても美味しい。他につみれの揚げ物、亀戸大根たまり漬けも美味しい。別室では「お食い初め」のお祝いのようで赤ちゃんの泣き声が時々聞こえてきました。324x380
460x307_3



『映画とミュージカル音楽をジャズコーラスで!』By BREEZU 於すみだ生涯学習センター

ジャズコンサートは初めてです。
「シェルブールの雨傘」「いそしぎ」「シャレード」」など殆ど私の学生頃の映画からのが多く、勿論観客も同年代が殆どで、若い頃を思い出して楽しんでいます。
演奏のピアノとベースの演奏にも熱が入っています。ソプラノ、アルト、テノール、バリトンの混声ジャズボーカルカルテットで親しみやすく、トークも洗練されていて楽しかった。
342x460
392x650

|

« 永青文庫「仙厓ワールド」と新江戸川公園 | トップページ | 『おまつり万歳』たかぎなおこ著 »

コメント

こんにちは♪
 
亀戸大根ってどんな大根?‥ と思いましたら、幻の大根と
いわれるほど希少な大根なのですね。江戸野菜のひとつと知りました。
特産を守り育て料理する人がいて受け継がれている伝統の味、
とっても美味しそうで、お写真を拝見しただけで元気が出る感じです。
 
ジャズコーラスも楽しそう♪ 私は音楽全般的に疎い方ですが、
ジャズのライブは十数年ほど前に2~3回行ったことがあるのを
思い出しました。ただ、その時のはアップテンポでかなり賑やかな
演奏ばかりで、おだやかなのが好きな私にはちょっとうるさく感じて
しまいました。もっと昔のジャズの方が心地よいです。
そんな私にとって、tonaさんが今回お聴きになっていらした各曲は
心地よさそうだなぁと思いました。
すてきな アフタヌーンをお過ごしになられましたね(^^)

投稿: ポージィ | 2016年11月28日 (月) 10:05

練馬大根しか知らなかったです。
貴重な大根なのですね。
今の時期から大根が美味しくなりますね。
漬物も鍋物もおいしそうです。

懐かしい曲の数々もジャズで聞くのも
楽しそうですね。

投稿: matsubara | 2016年11月28日 (月) 12:53

★ポージィさま

練馬大根はその昔食べた覚えがあります。
三浦大根は美味しいですね。神奈川県の方に多く出回っていますかしらね。
亀戸大根は写真にあるたまり漬けの隣の白いスティックのが生で辛みは全くなかったです。
鍋の中にも煮えたのがたくさん入っていました。幻の大根にお目にかかれ、賞味できて、こんなこと久しぶりです。

ジャズもいわゆるあのジャズと違ってこんなふうですと、快く耳に入ってきます。好きな人は手拍子も上手です。
この当たりの映画音楽はたくさんテープにとってあって、時々聴いています。
その代り現代のはジャズだけでなくあらゆる音楽がさっぱりわかりません。紅白歌合戦も最近はもう見ていません。
はい、食べて聴いてとても楽しく体に良かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月28日 (月) 16:26

★matsubaraさま

練馬にはまだ畑があってかなり前ですが、練馬大根を作っていると聞きました。
今年はそろそろ大根料理の季節なのにものすごく高価ですよ。
亀戸大根を少し太くしたのが160円もしますから驚きです。そろそろ大きな太い大根を期待したいです。

映画音楽をジャズでなんて面白かったです。
ジャズって拍子をとるのが難しいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年11月28日 (月) 16:32

東京の大根と言えば「練馬大根」しか浮かびませんでしたが、江戸時代から亀戸大根は栽培されていたのですね。
中々スマートな姿ですが、お味は如何でしたか?
今の時代はクセのない青首大根が主流ですね。

我が家の畑の大根も、昨日初収穫しました。
まだ売っている大根の半分くらいのミニ大根ですが・・・
煮物・サラダ・酢の物・大根おろし・味噌漬と幅広くお料理に使えるので重宝します。
アサリ鍋も作ってみたくなりました。塩味ですか?

亀戸大根のお料理を楽しんだ後は映画音楽のジャズライブ・・・
懐かしい曲ばかりですね。
私も9月に似たようなライブに行きました。
しみじみと良かったです♪

投稿: nao♪ | 2016年12月 1日 (木) 09:09

★nao♪さま

もう若い人には練馬大根も幻、ましてや亀戸大根なんて知らないでしょうね。
甘いというほどではありませんが、食べやすくお味噌でいただきました。
nao♪さんの大根、無農薬で新鮮でさぞかし美味しいことでしょう。冬の大根はブリ大根などでもたくさん食べられ、しかも胃に優しくて、↑の5つのお料理も美味しいですね。
アサリ鍋は塩で醤油は殆ど感じられなかったのですが、記憶がもう曖昧。情けないです。

ジャズはレコードだけでしたが、初めての生演奏がなかなか良かったです。
何しろ知っている曲ばかりでしたから余計でした。ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年12月 1日 (木) 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64552430

この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸大根&ジャズコーラス:

« 永青文庫「仙厓ワールド」と新江戸川公園 | トップページ | 『おまつり万歳』たかぎなおこ著 »