« ヘンデル「メサイア」 | トップページ | 吉祥三福神めぐり »

2016年12月29日 (木)

シーボルトの長男、アレクサンダー・フォン・シーボルト

380x253
                   モミジバゼラニウム

雑大講義より
有名な父シーボルトはフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトという名である。フォンはドイツでの貴族階級に付けられる名で、シーボルト家は代々医者、学者の系統だ。
アレクサンダー・フォン・シーボルト(1846~1911)には13歳上の異母姉イネ(シーボルトと滝さんの子)と弟と妹がいる。
弟ハインリッヒ・フォン・シーボルト(1852~1908)は日本女性岩本はなと結婚し、2男1女をもうけ、その子孫が健在。オーストリア外交官であり、考古学者としてモースと一緒に大森貝塚の発掘をした人。

長男アレクサンダーは13歳の時日本入国が許された父とともに日本にやってきて、65歳で亡くなるまでのうちの40年間の奉職に対し、日本政府より勲一等瑞宝章を授与された。

それでどんな活躍をしたかを聴いて驚いた次第なのです。それは

・通訳官・外交官として、薩英戦争・下関事件の英国側通訳。1867年のパリ万博国覧会に同行。岩倉使節団の欧州回覧に随行。1878年パリ博に松方正義に随行。

・外務省の通訳官・参事官として、井上馨主導の2回の不平等条約改正に参加。伊藤博文の明治憲法発布の協力者として、ドイツとオーストリアの憲法、法律を英訳。

・人道家として、日本赤十字社設立に貢献。1891年の濃尾地震では義捐金を欧州で集めたそうだ。

・外務省のための情報収集と欧州の広報活動。定期的に欧州の主要新聞から日本に関する記事を抜粋し日本に送ったり、日本政府の立場に立って、欧州各国の通信社及び新聞社に正しい広報を伝える。

アレクサンダーが文書を交わした人は上記にとどまらず、明治の元勲の殆どと各国駐在の公使、日本赤十字社の人々、後藤新平、有栖川宮熾仁親王、そして欧州の王室や著名な人々、イギリスのハリー・パークス公使やアーネスト・サト― 等々。

岩倉具視がオーストリアで、美貌のエリザベート妃に謁見した時には、妃に日本のキリスト教弾圧のことについて聞かれたとか。
高橋是清とユダヤ人との仲介をしたのもアレクサンダー。
『伊藤博文の個人的な思い出』には、「博文は幕末のときにはテロリストだった。塙保己一の息子の幕臣を殺した」などが書かれているそうだ。
幕末、明治期の戦争まで関与し、明治新政権確立、憲法まで深く関わり、欧州に日本を正しく伝えた功績は計り知れなく、それがシーボルトの子どもであったことを初めて知ってとても興味深かったです。

380x254
                    アップルゼラニウム

今年もあと2日ちょっと残すのみとなりました。いつもご訪問、コメントいただきありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。

|

« ヘンデル「メサイア」 | トップページ | 吉祥三福神めぐり »

コメント

シーボルトの息子のことは全く知りませんでした。
濃飛震災に義援金を集めていただいたとは岐阜県人として
感謝をしなければなりませんのに、
私はシーボルトはスパイと聞いていまして
あまりよい印象はなかったのです。

モミジバゼラニゥムは、20年くらい前大切にして
いたのに枯れてしまいました。

よいお年をお迎え下さい。

投稿: matsubara | 2016年12月29日 (木) 18:18

★matsubaraさま

シーボルトはオランダに帰ってからドイツ貴族と結婚して3人の子供をもうけたようです。
特に長男は人道家でもあったそうで、お父さんと随分イメージが違ってきますね。
濃尾地震に心を痛めたということで、驚いたところです。

モミジバゼラニウムは毎年さし芽で更新しています。
頂戴したオキザリスの紫色の方が元気が無くなって心配です。すみません。
今年もいろいろ有難うございました。
良いお年をお迎えください。

投稿: tona | 2016年12月29日 (木) 19:34

シーボルトの子供にそんな歴史があったのですか。知りませんでした。
今年もたくさんのコメントをいただき有り難うございました。来年も宜しくお願い致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年12月29日 (木) 20:01

シーボルトと言う名前は知ってましたが、息子のフォン・シーボルトがそのような沢山日本に貢献してて
欧州に日本を正しく伝えてくれた事は知りませんでした。
凄い方だったのですね。

去年だったか銀河さんにオフ会で大森貝塚につれて行って貰いましたが
その発見者の弟さんも一人だったのですね。

今年1年、お世話になりました。
来年も宜しくお願いしますと同時に、良いお年をお迎え下さい。

投稿: ラッシーママ | 2016年12月30日 (金) 00:22

母の実家が長崎にあったことから
かつてはシーボルト邸であったシーボルト記念館に行ったことがあります。
おそらくそこにアレクサンダー・フォン・シーボルトに関しての記述なり写真なりが展示されていたのではと思いました。
残念ながらまったく記憶に残っていません。
業績から、もっと世に知られるべきと感じました。
ご紹介をありがとうございました。

どうぞ佳い年をおむかえになってください
来年もよろしくお願いします

投稿: Saas-Feeの風 | 2016年12月30日 (金) 07:27

tonaさん、おはようございます♪
シーボルトのことは歴史の教科書で習ったことと、
日本人妻の名をつけたアジサイをヨーロッパに広めた
こと位しか知りませんでしたが、
お子さんたちも日本でずいぶん活躍されていたのですね。
たくさんのことを学ばせて頂きありがとうございました。

モミジバゼラニウム、綺麗に咲いていますね。
アップルゼラニウムは良い香りがするのでしょう?
ゼラニウムは園芸種しか育てたことがないのですが、
最近は放りっぱなしで、花つきが悪くなりました。

今年はtonaさんとお知り合いになれて嬉しい年でした。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
より充実した良い一年になりますように!

投稿: hiro | 2016年12月30日 (金) 08:06

★多摩NTの住人さま

シーボルトの子供の話はイネさんのことしか知らなかったのでビックリでした。

こちらこそたくさんの知らないお花をご紹介くださりありがとうございました。
頭に入っていないで、バカな質問を時々してしまうことが申し訳ないです。
懲りずによろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

投稿: tona | 2016年12月30日 (金) 08:45

★ラッシーママさま

私も初めて知って明治政府が出来上がっていったのも、この人のお陰であることを実感しました。明治のヨーロッパと日本を結びつけた人でもあったわけですね。凄い人です。

大森貝塚にいらしたのですね。教科書で習っていてもまだ未見です。
考古学と言う言葉も弟のハインリッヒなのだそうです。

私はラッシーママさんのようには気が利かずぼーっとしていて、手芸もこのごろさっぱり手が伸びずにおりますが、旅行好きは同じです。ここ2年はたくさん食べられなかったために控えておりましたが、来年あたりはそろそろなんて頭がもたげかかっております。
ママさんも良いお年をお迎えくださいね。

投稿: tona | 2016年12月30日 (金) 09:04

★Saas-Feeの風さま

お母さんのご実家が長崎ですって。異国情緒あふれる坂の町ですね。
昨年長崎に行ったのですが、シーボルト邸があることすら知りませんでした。その前行ったのが55年くらい前の学生時代です。
次に機会があったら行きたいです。
シーボルトの博物館はヨーロッパではオランダと生まれ故郷のドイツにあるそうです。ドイツはシーボルトの次女の子孫が受け継いでやっているそうです。
hiroさまやmatsubaraさまのお陰で出会えてとても嬉しかったです。
これからもいろいろ教えていただけると思うと楽しい気分です。どうかよいお年をお迎えください。

投稿: tona | 2016年12月30日 (金) 09:10

★hiroさま

おはようございます。
ヨーロッパにアジサイを伝えたその名をオタクサでしたか、お滝さんの名を冠したのでしたね。
その息子さん二人とも日本にこんなに縁があったとは驚きでした。

アップルゼラニウムは葉をこすったり、そばを通って触れたりするとリンゴの香りがするので、毎日のように香りをかいでいます。花は酷暑の頃を除いてずっと咲いている感じです。
種が採れるはずです。頂いた小さな数粒の種をまいたら発芽して、大きな株になりそのまま3鉢くらいあって場所をとっています。
種が出来ましたらお送りしますね。

私はhiroさんのお元気な生き方からいろいろな事を教えていただき嬉しかったです。来年もよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。

投稿: tona | 2016年12月30日 (金) 09:23

こんばんは(^o^)/!
あのシーボルトのご子孫が、日本のためにこれほど活躍されていたとは・・・?!驚きました。

今年もお世話になりました。
いつも読み逃げばかりで申し訳ありません。
来年もよろしくお願いします。

投稿: 慕辺未行 | 2016年12月31日 (土) 23:15

★慕辺未行さま

新しい年を迎えました。
コメント有難うございました。

シーボルトの息子さんたちの活躍、それもお父さん同様日本と関係していたとは、私も驚きました。

今年は少しでも体調がよくなられるようにお祈りしております。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2017年1月 1日 (日) 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64691078

この記事へのトラックバック一覧です: シーボルトの長男、アレクサンダー・フォン・シーボルト:

« ヘンデル「メサイア」 | トップページ | 吉祥三福神めぐり »