« 大山の晴れ乞い?に「気象神社」へ | トップページ | ヘンデル「メサイア」 »

2016年12月22日 (木)

人身事故

我が中央線は事故の何もない日は珍しく、今は毎日利用していないが、毎日利用している子供の話を聞くと遅れない日の方が珍しいという。
特に人身事故に出遭えば動くまで一番早くても30分、1時間以上は当たり前。通勤者にとってこの上ない迷惑な話です。
身を投げる人の心の心情になってみればそれはそれは悲愴な心の状態で計り知れないものがあるが、社会や鉄道会社に対する迷惑は多大なものがある。

ある日、山でご一緒の男性から聞いた話にショックを受けました。
その方は「私は人を数人殺した殺人者なのですよ」と突然仰ったのです。
電車の運転士さんだったのですね。人を刎ねたのですね。山に登っていても以前どんな職業についていたかなど聞いたことがないから突然の会話の内容に驚きました。
何でも同僚には数人、この事がきっかけで心を病んで途中退職された人がいたとか。この方は心は病まなかったけれども、体調を崩したそうな。今は83歳だかで私よりずっと元気に登っていってしまう。現在も車の運転がうまいのも、もと電車の運転士だったから運動神経が発達しているからと頷けました。

損壊した遺体は、独特な強い臭いを放つ。マグロというのだそうだ。その臭いを鼻が覚えてしまい、テレビや映画で人が殺されるシーンを見ると、鼻が臭いを思い出してしまうということを元鉄道員が書いている本も出ている。刎ねてしまう運転士だけでなく飛び散った遺体を拾い集める鉄道マン、車体の下まで潜って清掃する人々も大変らしい。そういえば殺人事件などにも従事する警察官も同じですね。こんな身勝手な人の行為が、立派な職業についている人を病や退職に追い込めてしまうことを今まで思いもしなかったのでこの日は、ちょっと衝撃的な日でした。

     ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お隣の奥さんの山梨の実家からの人参、柚子、柿を頂きました。
この人参の長いこと。根の先まで45㎝でこんな長いのを食べるのは始めてです。昔の濃い味、甘い匂いがしてちょっとかたいけれども美味しい。
1221_460x207


|

« 大山の晴れ乞い?に「気象神社」へ | トップページ | ヘンデル「メサイア」 »

コメント

中央線に自殺者か多いのは、沿線に朝鮮人労働者が
多く死んでいるせいであると聞いたことがあります。
あまり信じる人はいませんが、そういう恨みの霊が
漂っているという説もあります。

たまに上京しますが人身事故で遅れたこともあり、
やはり頻度が多いと言えますね。


投稿: matsubara | 2016年12月22日 (木) 19:16

★matsubaraさま

>沿線に朝鮮人労働者が多く死んでいるせい
今まで聞いたことがありませんでした。
そうなのですか。
それにしても多過ぎで、私はいつも出先で20分以上待つ覚悟で出かけます。
この間早稲田の講義に1時間も遅れて一人だけ入って行ったこともありました。
12年前より圧倒的に多くなりました。

投稿: tona | 2016年12月22日 (木) 19:53

電車利用者に大きな影響があるばかりでなく
運転士さんに心的外傷が残るのですね。

Saas-Feeの風の通勤は車ばかりですので
人身事故の影響を受けたことはありません。

幼いころ両親と大阪から長崎に汽車(当時は蒸気機関車でしたね)で行った時
その列車が長崎本線を走る途中で人身事故を起こしたことを覚えています。
どれくらいの時間、汽車が停まっていたのか判りませんが
父が「窓を下ろして!」と云ったことを覚えています。
(窓とは木製のブラインドのことです)
子どもに悲惨な光景を見せないようにしたのでしょう。
目にしていたら、それがトラウマになっていたかもわかりませんね。

投稿: Saas-Feeの風 | 2016年12月22日 (木) 22:24

こんばんは happy01
ご無沙汰しています。いつも読み逃げして、すみません。
この鉄道員の方の話、なんとなく分かります。
私の父は鉄道員で運転士をしていました。
詳しくは知らないのですが、父が運転する電車の窓から飛び降り自殺を図った乗客がいたそうで、以来父は運転士を辞め改札や窓口などの任務に就いたと聞きました。
(父はこの事件については、一度少し話しただけで、思い出したくないのか二度と話すことはありませんでした。)
自分が運転していた列車で、何かしらの事故が起こると、トラウマになるのかもしれないですね。

投稿: 慕辺未行 | 2016年12月22日 (木) 23:26

tonaさん、おはようございます♪
中央線は昔、毎日のように乗っていましたが、
いつも満員で、駅員さんに背中を押されながら
乗車していたことが思い出されます。
人身事故があると30分以上は遅れ、その中で
運転再開を待つのは非常に苦痛でしたが、
今のように事故は多くはなかったかもしれません。
損壊した遺体のことは初めて知りました。
ショックを受け退職に追い込まれたり、
心の病から立ち直れない方が多いことは容易に想像できます。
自殺する人は判断力もなにも無くなっているのかも
しれませんが、人に迷惑がかかるような死に方
はして欲しくありませんね。

投稿: hiro | 2016年12月23日 (金) 07:56

★ Saas-Feeの風さま

被害を受けたホームに溢れる人々の事ばかりしか頭になかったので、事故にかかわる電車の当事者のことを思ったこともなかったです。
車通勤も道路に事故があったこともあるでしょうね。

木製の窓やブラインドの時代、私も覚えています。学生時代の北海道旅行でトンネルに入る時、その窓を閉めましたっけ。夏ですからストーブ列車には乗れませんでしたが。
長崎への幼い頃の旅、そんなことがあったのですか。忘れられませんね。そんな昔も人身事故があったということ、私は全く初めて聞くお話です。悲惨なトラウマ残らなくてご両親に感謝ですね。

投稿: tona | 2016年12月23日 (金) 08:42

★慕辺未行さま

おはようございます。
まあ!お父様が運転士だったのですか。
私の知り合いでは山友達と慕辺未行さまのお父様と二人だけです。
お父様もひどい目に遭われたのですね。
勤務を変わるほどのショック、どんなにか辛いことだったのでしょう。
ご家族にもお話になれない気持ちもわかるような気がしました。
たまに遭遇してイライラして待っている私たちとは比較にならないと思いました。

投稿: tona | 2016年12月23日 (金) 08:50

★hiroさま

おはようございます。夜のうちに降ってしまって、またまた雲一つない青空です。
私も12年半以上前まで長いこと中央線通勤者でした。
確かにその頃も今ほど多くなく、西武線で回って行ったのは10回もなかったと思います。
茅ヶ崎から東京へ通学通勤も長期間ありましたが、これまた台風が来たりして小田急周りで遅れて行ったり、鶴見事故に遭って朝3時ごろ家に帰ったり、ストライキで1週間電車が走らなかったこと以外は殆どなかったのが不思議なくらいの今の中央線です。
鉄道側の運転者などの鉄道員のことに、この方に出会わなければ考えが及ばなかったのですが、酷い話でもあります。
事故を起こす側の身勝手さが招く甚大な被害、よくよく常日頃みんなが頭に入れて置かなくてはならないことの一つですね。

投稿: tona | 2016年12月23日 (金) 09:03

関東圏での鉄道事故のトップが、JR中央線とあります。
嬉しく無いランキングですが、不慮の事故と自殺なんですね。
お宅と同じで、子どもは度々の遅延に悩まされています。
朝起きてスマホを見ると、中央線のトラブルニュースがどさっと載ってます!
立川駅で大勢が降車した時、線路に落ちた人の瞬間を見ました。
すぐに引き上げた後、車掌の初めの言葉は「目撃者!目撃者!」と。
大半が見たので代表の人が証言して、それをもとに理由が判明するんですね。
気分が悪くなって倒れたそうです。轢かれなくて本当に良かったと思いました。

投稿: だんだん | 2016年12月23日 (金) 10:47

こんにちは
 
中央線が特に多いとは知らずにいましたが、人身事故で列車遅延と聞くと、
またか…とやりきれない思いになります。自死であっても事故であっても
悲しいことにとても多く、後を絶ちませんね。
その時の運転士や、後処理に関わる方たちにしてみたら、
それこそ心を病んでしまうほどのものですね。
人を数人殺した と、その方が悪い訳でもないのに、そういう心情に
させてしまうとは何と痛ましいことでしょう。
無関係の人々をどれほど多く巻き込み傷つけるかと考えたら、
とてもできないことです。悩み苦しみ深く、他への気持ちは
回らなくなってしまっているものなのでしょうけれど‥
先日は見ず知らずの人をいきなりホームから突き落とした人もいましたね。
怪我ですんで何よりでしたが、犯人のしたことは許しがたいことです。

投稿: ポージィ | 2016年12月23日 (金) 12:25

★だんだんさま

中央線はやはりトップだったのですね。
お嬢さんがやはり通勤に苦労されていらっしゃるそうで、毎日が本当に大変です。
私はまだ一度もそのようなトラブルに出会ったことがないのですが、だんだんさんは目撃されたのですか。
理由の判明を調べるなど様々なことで電車がさらに遅れていくのですね。
突き落とし事件もありましたし、ラッシュ時の2,3分間隔での運転も凄いものがあります。
運転士など鉄道マンにもう負担はかけたくないです。ホームドアが早く設置されるとよいのですが。

投稿: tona | 2016年12月23日 (金) 18:22

★ポージィさま

こんばんは。
昔からあとを断たない鉄道事故の多くが人身事故。
それゆえに鉄道側にこんなことがあったなんて、山友達に聞くまで全く知らなかった私です。
こうしたことで職場を去る、あるいは入院だなんてお気の毒です。ご家族も。
自分の命を絶つということはそれはそれで本人には人の迷惑なんか考えられない状態なのでしょうが、でも自身が電車遅延にあったなら考えられるのではと思うのは素人考えなのでしょうね。
そうそう先日は突き落とされた事件が起こりましたね。イライラしてあるいは心が病気なのか、変な人が溢れていて、いつ自分も不慮の死を遂げるかわからないと思うようになりました。気をつけられることは注意して気をつけましょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年12月23日 (金) 18:35

中央線の遅れは有名でしたが、最近では東海道線もしょっちゅうで、長い区間走るるだけに
何かあるとすぐに影響が出ます。
ワタクシ、最近では主人の父の13回忌に人身事故で電車がストップになり大変な思いをしました。

実際に飛び込みにあった経験もあります。
丹沢前衛の山に登るため、山仲間と伊勢原で待ち合わせしていた3年前でした。
鎌倉の友人と小田急の藤沢駅を出発した次の駅で急ブレーキで電車が止まりました。
飛び込みがあったそうで、レスキュー隊が処理する1時間半ほど電車にとじ込められました。
トイレを済ませて友人と二人で座席に座っていた事、携帯電話で待ち合わせの友人に連絡ができた事・・・
それで慌てないで済みましたが・・・
一回だけ、急いでいる人は車掌の案内で電車から降りられると廻ってきました。。
→http://blog.goo.ne.jp/nao5512/e/1e5d8466e1753223fcda22f5afb3c9b7
こちらでUPしています。
それ以来、長距離の電車に乗る時はトイレを済ませるようになりました。

山梨の長いニンジン、正月用の紅白ナマスに使う京ニンジンに似ていますね。
今年も残す所あと一週間・・・
今日はクリスマスイブで、これから孫たちとクリスマスプレゼントを買いに行きます。
お財布が軽くなる季節が続きますわ。


投稿: nao♪ | 2016年12月24日 (土) 16:15

★nao♪さま

小田急での事故の記事、拝見してこんな事があったのだと思い出しました。やはり1時間は小田急でも動かなかったのですね。
東海道線でも今は頻繁にありますか。
私も茅ヶ崎から東京へと学生時代から30年前東京に来るまで、北九州時代を除いてずっと通学通勤で乗っていました。約1時間前後です。
自然災害や人身以外の事故などで数回遅れたことはありますが、今みたいに人身事故で遅れるということはありませんでした。遅刻しませんでしたもの。
私も中央線に乗る時は特にトイレは行っておくように気をつけるようになりました。

京人参はそういえば長いですね。冬の京都に行って食べたことがありません。11月の紅葉の時に行っていろいろ食べているのですが、覚えがないのです。

今日はお孫さんたちにクリスマスプレゼントですか。その後はクリスマス会でしょうね。
そしてお正月、可愛いお孫さんのためならお財布が軽くなっても仕方ないですね。

投稿: tona | 2016年12月24日 (土) 18:58

電車の運転士さんはそういうご経験をされたかたが多いでしょうね。つらいことだと思います。確か松本清張の『砂の器』のイントロ部分でマグロが出てきました。

投稿: 多摩NTの住人 | 2016年12月25日 (日) 14:20

★多摩NTの住人さま

電車の運転士さん、全国ではかなりの数おられるのでしょう。特に都会では体験してしまう方も多いでしょうね。
このことにも胸が痛みます。
「砂の器」は読みましたし、映画も観ました。
マグロが出てきたのですね。マグロの事も初めて知りました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2016年12月25日 (日) 20:06

こんばんわ!

私も通勤の時に理由は何か分かりませんでしたが、3、4度電車が遅れるのがありました。
当然、他の沿線で行かなければなりませんが、その迷惑な事
理由が飛び込みなら、飛び込んだ人の心情など推し量る前より
こんな時間に飛び込むなんて・・・などと思いましたが
運転手さん達も心を病んでしまう方もいるんですね。

最近ですが痴呆の家族が電車に轢かれ、電車を遅らせ通勤者達の振替輸送に掛かった金額を
その家族に請求した事が問題になってましたね。
今は通勤の電車に乗らずに済む事が嬉しいです。

投稿: ラッシーママ | 2016年12月25日 (日) 23:35

人身事故で、運転士さんにこんなひどい後遺症を残すことに
初めて思い至りました。
心身症になったり辞めてしまったり、大変な仕事ですね。
急にそんな話を聞き、tonaさん、ビックリされたことでしょう。

30代の時、勤めていた会社に元自衛隊員という
若者がいました。
鉄道事故に駆り出されることがよくあり、
後始末が大変という話を聞いたことがあります。それが原因で辞めたようです。
飛び込みは、精神的にも色々な人に迷惑をかけます。

蛇足ですが、日本で初めての列車の人身事故は、明治18年、京浜東北線・大森駅で起き、
死者1名でした。
大森ツァーを企画し、友人たちを案内した時に
知りました。木碑もあります・・・・・


投稿: ☆銀河☆ | 2016年12月26日 (月) 00:46

★ラッシーママさま

本当に事故の時は迷惑をこうむり、混んでいる電車に缶詰めになり、遅刻を余儀なくされ、押せ押せで仕事もこなせばならず、自身も一日中大変な思いをします。
だからなぜこんな所で人々に迷惑をかけるのよと思ったものでしたが、轢いてしまった側のことを考えませんでした。
心を病んでしまうなんて恐ろしいことであり家族も気の毒な事です。
やはり飛び込む人の身勝手な行為はいけないことだと思います。それはそれは本人に大変な事情、例えば電通社員の方のようなことがあるにせよです。
今は通勤電車に乗るのは学校にいく時だけ、始まる40分も前に到着するように心がけています。
災害が起こるたびにあちこち駆り出される自衛隊員も大変なのですね。今は駆けつけ警護でスーダンなどに派遣されている隊員に何事もなければと心配します。
そうです。通勤電車に乗ることから解放されてほっとしましたね。

投稿: tona | 2016年12月26日 (月) 08:39

★☆銀河☆さま

事故に遭ったとき、自分のイライラで運転士さんたち関係のことを一度も考えないで今まで来てしまったことで、よけいショックでした。

元自衛隊員のお話を聞いて、これまた自衛隊員まで鉄道事故が迷惑をかけているとは初めて知りました。大きな災害が起こるたびに、とんでもないところに派遣され、特にイラクやスーダンなど命の危険にさらされながら、死体にも遭遇して、辛い任務がたくさん待ち受けていると思うと、耐えられなくなって辞める方もいるし、この法案で自衛隊志望者が減るという話も聞きました。

初めての列車人身事故が、何と明治18年ですか。知りませんでした。大森駅なのですか。碑もあるそうで、なかなか行く機会はなさそうですが、頭の片隅に入れておきます。すぐ抜け落ちそうですが。
意外と早い時期だったのに驚きました。

投稿: tona | 2016年12月26日 (月) 08:51

田園都市線も人身事故による遅延、多いです。
何しろ距離が延びましたので
増えるのも仕方ないかと思いますが
通勤に差し障りのある夫や息子、
しょっちゅう怒っています。
人身事故による鉄道の損害は何億円という莫大なものになるのだそうですが
殆どの遺族は払えないので、実際には請求されないのだと以前、新聞に書いてありました。
なのであの認知症の人の事件には驚きました。

投稿: zooey | 2016年12月28日 (水) 20:38

★zooeyさま

何度も利用させていただいた田園都市線まで人身事故が多いとは思いませんでした。
今大山歩きは小田急を利用しているのですが、小田急も利用者に寄ればこの頃遅れるのですって。
ご主人さまや息子さまが怒るのはよくわかります。娘も婿も夜中2時過ぎに帰ったこともありましたし、この頃多すぎますね。
そうですね。凄い賠償金の額だそうで、払えないのが普通ですね。
認知症事件は一体どういうことなのでしょうか。私も驚きました。
事故の多い所こそホームドアが早く設置されると良いのですが、事故の多さで赤字を出す中央線にはなかなかつきそうにないです。

投稿: tona | 2016年12月28日 (水) 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/64658437

この記事へのトラックバック一覧です: 人身事故:

« 大山の晴れ乞い?に「気象神社」へ | トップページ | ヘンデル「メサイア」 »